20160105_221316

 

要約

 長所は外観がとてもリアルで良いこと、ブローバックの反動が他社に比べ強いことである。欠点はスライドが若干縦に長いこと、アウターバレルが射撃の衝撃で抜けてしまうことである。命中精度は比較的高い。1970年代からトイガンを製造しているWAの製品だけあって全体的には非常に満足度は高い。

 

デルタフォースカスタム

 

 デルタフォースカスタムとは『Gun Professional』で紹介されたカスタムガバメントである。デルタフォースとは米陸軍の特殊部隊で米陸軍の中で最も機密性が高い。このデルタフォースでは隊員に2挺のガバメントが支給しており、それを個人が自由にカスタムすることが認められている。

 このガバメントは元米陸軍特殊部隊デルタフォースの隊員マクナマラ氏が現役時代に使用したカスタムガバメントを再現したもので作戦用の銃ではあるがロングマガジンの装備や競技銃で行われているカスタムが施されているのが特徴である。

 

WAデルタフォースカスタム

 

外観

 外観は細かいところまで手が入っている。サイトやセイフティ等の亜鉛パーツもちゃんと表面を研磨してある。バトルダメージ処理も一度ブルーイングしたのち、全体のブルーを薄く落としているのだろう。エッジ部分をHW材むき出しにしただけではない。メタルグリップのお陰で重量は1圓鯆兇┐襦そしてその金属の感触がまた実銃を彷彿とさせるのでたまらない。

 全体的に小さな部分にまで気を使っているのが分かる。ここらへんはかつてモデルガンメーカーであっただけのことはある。WAの店員さん曰く、今でもモデルガンメーカーであると思っているとのことだ。但し、残念な点が一点だけある。それはスライドの高さが高すぎることだ。

 これはMGCのガバメントもそうだったがスライドの形状がディフォルメされてしまっている。細かすぎるのかもしれないが気になっているファンは多いと思うが、MGCのガバメントの流れを引いているWAのガバメントも以前に比べれば相当修正されたが、やはりスライドの高さが若干縦に長すぎるようだ。東京マルイやその他海外メーカーもちゃんとしているだけにここは非常に残念。

 

実射性能

 実射性能に関しては東京マルイ製には及ばないものの大変良い。WAのガスガンの最大の良さは外観のリアリティと反動の大きさだ。WAは素材にカーボンブラックヘビーウェイト材を使用しているからなのか反動に質量を感じる。マルイ製の「シャコーン」という軽い反動に比べてWA製は「どーん!」という感じだ。感覚的なことなので文章で表現するのは難しいが・・・

 ただWA製の銃のすごいところは、シングルカラムマガジンでありながら気温が低くても良く動く。少し作動は鈍かったが、ロングマガジンを使用すれば軽快に作動した。因みに私は本体と共にノーマルマガジンを3本購入したのだ。私は基本的に本体を購入した時にマガジンは2本購入することにしている。リボルバーなら予備カートリッジ18発。オートなら予備マガジン2本が私の基本だ。

 今回3本購入したのは基本ロングマガジンは使用しない予定だからだ。ノーマルマガジンのみで動かす予定。そのために本体に1本、予備で2本、計3本とした。ノーマルマガジンはウィルソンマガジンのブラックタイプにした。シルバーは塗装丸出しなので見た目が安っぽい。ブラックは艶消しなので見た目が「シュッ」と締るのだ。

 外に出して撃ったところ、ホップが若干鬼ホップになっていた。10m位は直進するが、10m位から急激に上昇する。これはちょっといただけない。何らかの対策をしなければならない。命中精度は結構良い。WAは5mで500円玉に命中する精度を謳っているだけある。WAガバは反動が結構あるので撃ちこなすのはそれなりに修練が必要だ。

 

残念ポイント

 デルタフォースカスタムはトイガンとしては非常に完成度が高い。1970年代からトイガンを製造しているWAの集大成と言っても良い。WAの製品の特徴は完全に新規の金型で製品を作るというものではなく、ガバメントをベースにバリエーション展開をするというもの。デルタフォースカスタムも新規の金型を作ったものではなくガバのバリエーションの一つである。

 このためベースとなるガバメントの長所が全てのバリエーションの長所となるのだが、短所もまた全てのバリエーションの短所となってしまう。長所は反動が強いことやリアリティが高いこと等が上げられるが、短所としては上記のスライドの縦の長さ、さらには実射時にアウターバレルが衝撃で外れてしまうというものがある。これはティッシュペーパー等をねじ切り部に巻き込むことで対応できるが是非修正して欲しいところだ。

 

まとめ

 

 今日はWAデルタフォースカスタムのレビューを総括すると外観のリアリティは80点くらい。やはり昔から気になっていたスライドの高さが高いことだけがどうしても気になってしまう。メタルグリップのお陰で重量バランスもいい。あまりにもいいので、ついつい持ってしまうほどだ。全くこの銃を肴に私はウイスキーを何杯飲んだことか。実射性能と外観のリアリティ。両方を求めるならWA製の銃は最適かもしれない。WA製の銃の良さはとにかく買ってみれば分かるといいたい。ホントに素晴らしいから。

 

⇒銃一覧へ戻る

 

amazonでWA デルタフォースカスタムを探す

楽天でWA デルタフォースカスタムを探す

 




 

 

↓良かったらクリックして下さい。


ミリタリーランキング