トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

タグ:S&W

(画像はwikipediaより転載)   要約  S&W M29は1955年に発表、1956から発売されたリボルバーで当時世界最強のカートリッジである44口径マグナムを発射することができる。M1950のフレームを強化した銃で装弾数は6発、映画『ダーティハリー』で一躍有名になった。S&W社の ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  S&W M&Pとは、2005年にS&W社が発表したポリマーフレームオートである。M&Pはミリタリー&ポリスの略で、100年前にリボルバーの歴史を変えたS&W社の名銃ミリタリー&ポリスの名を継承していることからもS&W社の期待の度合いが分かる。 ...

(画像はS&W M41 wikipediaより転載)   要約  M2206は1990年にS&W社が22口径プリンキング用ハンドガンである。既製品であるM61エスコートを大型化したピストルで重量650g、装弾数12発であった。製造方法を工夫することでコストダウンが図られているが操作性は今ひと ...

(画像はS&WM442 wikipediaより転載)   要約  M&Pボディーガード38は38口径の小型リボルバーでデザインはM38エアウェイトの影響を強く受けている。しかしサムピースが廃止されフレーム上部にシリンダーのリリースボタンが設置された他、エジェクターロッドが延長され ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  2008年にスタームルガー社が発売したLCPに対抗してS&W社が2011年に発売したのがボディーガードM&Pである。380ACP弾を使用する護身用のハンドガンで装弾数は6発、小型であるがショートリコイル機構を備えている。スライドはステン ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  S&W社が創立100周年を記念して発売したJフレームリボルバーである。最大の特徴はハンマーレスであることでハンマー部分はホルスターから抜いた際に服に引っかからないように滑らかな角型に成形されている。ダブルアクションオンリ ...

(画像はwikipediaより転載)    S&WM10ミリタリー&ポリスは、まさにマスターピースである。現在では今ひとつパッとしない拳銃という印象があるM10であるが、1899年に登場して以来、現在に至るまで生産が続けられている安定した人気を獲得している銃である。S&Wのスタンダ ...

(画像はwikipediaより転載)   S&W M5906     性能 全長 191mm 重量 1,070g 口径 9mm 使用弾薬 9mmパラベラム弾 装弾数 15発 完成 1988年 設計・開発 S&W社   S&Wオートの歴史  現在、S&W製自動拳銃といえば2005年に発売されたポリマーフレームを採 ...

(画像はwikipediaより転載)   S&W M41     性能 全長 270mm 重量 1,200g 口径 22口径 使用弾薬 22LR 装弾数 10発 完成 1957年 設計・開発 S&W社   競技用ピストル  最も精密な競技用ピストル。S&W社は1940年代にこの競技用ピストルの開発を開始し ...

(画像はwikipediaより転載)   S&Wガバナー     性能 全長 216mm 重量 839g 口径 41口径 使用弾薬 410番ショットシェル、45口径ロングコルト、45ACP弾、45スコフィールド弾 装弾数 6発 発売年 2011年 設計・開発 S&W社   ハンドガンとショットガン ...

(画像はwikipediaより転載)   S&W No1リボルバー     性能 全長 178mm 重量 315g 口径 22口径 使用弾薬 22口径RF 装弾数 7発 総生産数 253,000丁 完成 1857年 設計・開発 S&W社   概要  ハンドガンには主に自動拳銃とリボルバーという二種類があ ...

(画像はwikipediaより転載)   M34キットガン、M35、43、51、63等々     性能(2インチ) 全長 157mm 重量 627g 口径 22口径 使用弾薬 22LR 装弾数 6発 完成 1911年 設計・開発 S&W社   概要  そもそもは1911年に発売されたIフレームモデルの22LRカ ...

(画像はwikipediaより転載)    S&WM27/28とは、1935年に357マグナム弾と共に発表されたS&W社のNフレームリボルバーである。新しく開発された357マグナム弾を発射するために大型のNフレームを採用、当初は受注生産の高級モデルであった。発売してみるとS&W社が想定してい ...

(画像はwikipediaより転載)    ニューナンブM60とは、1960年に日本警察に初めて納入された国産リボルバーである。S&Wのリボルバーをベースに独自の改良を加えた銃で、命中精度はS&W社のJフレーム拳銃よりは高い。日本警察は2003年頃よりM37を制式採用しているため現在は ...

(画像はwikipediaより転載)   超要約    S&W初のスイングアウト方式のリボルバーでS&Wリボルバーの基本型となっただけでなく、その後の世界のリボルバーに大きな影響を与えた名作中の名作である。38口径モデルはのちにM10ミリタリー&ポリスと呼ばれ3世紀にわたって ...

(画像はwikipediaより転載)    S&W M39とは、S&W社が1954年に開発、1955年に発売したS&W初のダブルアクションオートであった。このM39をベースにダブルカラム弾倉に改良したM59、38スペシャル弾を使用するM52、45口径化したM645等様々なバリエーションが誕生している。 ...

(画像はwikipediaより転載)    S&WM1917とは、第一次世界大戦時、米軍はM1911を装備していが数量が足りず、不足分を補う目的で製造されたリボルバーである。このM1917はS&W製とコルト製の2タイプ存在する。構造は全く異なるが、米軍の要請により、同じ45ACP弾を使用する ...

↑このページのトップヘ