トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

タグ:38口径

(画像はwikipediaより転載)    ダイアモンドバックは1966年にコルト社より発売された。一般にはパイソンの廉価版と誤解されることもあるが全くの誤りで本銃は非常に高品質であり、逆に高品質故に製造中止になったモデルであった。口径は38口径と22口径で1988年まで製造 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  コルトパイソンは1955年に発表されたコルト社の最高級リボルバーである。38口径で357マグナム弾を使用することができる。メカニズム的には古いものの銃身上部のベンチリブや下部のアンダーラグによる外観の美しさは圧倒的である。 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  コルトトルーパー(Trooper)は1953年に登場したコルト社の中型リボルバーである。同時に発売されたコルト357の廉価版として発売された。中型フレームを採用フレーム内にファイアリングピンを装備している。コルト357がパイソンの登 ...

(画像はS&WM442 wikipediaより転載)   要約  M&Pボディーガード38は38口径の小型リボルバーでデザインはM38エアウェイトの影響を強く受けている。しかしサムピースが廃止されフレーム上部にシリンダーのリリースボタンが設置された他、エジェクターロッドが延長され ...

(画像はM1878 wikipediaより転載)   要約  コルト社初のDAリボルバーM1877の口径をウィンチェスターM1873と互換性のある44-40弾を使用できるようにしたモデル。大口径化したことによりフレームを大型化して各部を強化している。メインスプリングが弱かったため不発 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  S&W社が創立100周年を記念して発売したJフレームリボルバーである。最大の特徴はハンマーレスであることでハンマー部分はホルスターから抜いた際に服に引っかからないように滑らかな角型に成形されている。ダブルアクションオンリ ...

(画像はwikipediaより転載)    S&WM10ミリタリー&ポリスは、まさにマスターピースである。現在では今ひとつパッとしない拳銃という印象があるM10であるが、1899年に登場して以来、現在に至るまで生産が続けられている安定した人気を獲得している銃である。S&Wのスタンダ ...

(画像はwikipediaより転載)    エンフィールドNo.2Mk1とは、イギリス軍が1931年に制式採用した中折れ式リボルバーである。製造は1957年まで続けられ、合計27万丁が生産された。中折れ式リボルバーは威力の強いカートリッジは使用できないもののリボルバーとしては弾薬の ...

(画像はwikipediaより転載)    ニューナンブM60とは、1960年に日本警察に初めて納入された国産リボルバーである。S&Wのリボルバーをベースに独自の改良を加えた銃で、命中精度はS&W社のJフレーム拳銃よりは高い。日本警察は2003年頃よりM37を制式採用しているため現在は ...

(画像はwikipediaより転載)    ディテクティブスペシャルとは、コルト社が1927年に発表した世界初の「スナブノーズ」リボルバーである。発売当初はその過激なまで斬新な外観は衝撃的だったという。現在では一般的となってしまっているが新しいスタンダードを作り出した ...

(画像はwikipediaより転載)   超要約    S&W初のスイングアウト方式のリボルバーでS&Wリボルバーの基本型となっただけでなく、その後の世界のリボルバーに大きな影響を与えた名作中の名作である。38口径モデルはのちにM10ミリタリー&ポリスと呼ばれ3世紀にわたって ...

(画像はwikipediaより転載)    マテバ2006Mとは、イタリアのマテバ社が1990年に発表したリボルバーである。最大の特徴は銃身がシリンダーの下部に位置しており、シリンダー下部のカートリッジが発射される構造になっている。このため反動が非常に低く抑えられ、トリガー ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  M1892は、当時の世界の軍用拳銃の潮流である小口径化、ダブルアクション(DA)化の流れでコルトSAAに代わり米軍制式採用となったDAリボルバーである。口径は38口径ロングコルトでスイングアウト方式を採用している。シリンダースト ...

(画像はコルトM1892 wikipediaより転載)   コルトM1889     性能 全長  - mm 重量  - g 口径 38、41口径 使用弾薬 38口径ロングコルト弾、41口径ロングコルト弾 装弾数 6発 完成 1889年 設計・開発 ウィリアム・メイソン カール・J・エーベッツ / ...

(画像はwikipediaより転載)   コルトM1877     性能(サンダーラー2.5インチ) 全長 215mm 重量 420g 口径 41口径 使用弾薬 41ロングコルト弾 装弾数 6発 完成 1877年 設計・開発 ウィリアム・メイソン / コルト社   開発  1872年にイギリスでブリ ...

↑このページのトップヘ