トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

タグ:1941年

(画像はwikipediaより転載)   要約  当初は、長大な航続距離を誇る陸上攻撃機の援護のために生まれた長距離戦闘機が月光の母体であった。初飛行は1941年5月2日であるが性能が海軍の要求を満たさず不採用となった。しかし二式陸偵として生まれ変わり、さらには夜間戦闘 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  二式水上戦闘機は、中島飛行機が零式艦上戦闘機をベースに開発した水上戦闘機である。初飛行は1941年12月8日で最高速度は437km/h、航続距離1,150kmと大幅に低下したものの運動性能は良好であった。当初は整備等で工場に戻された零戦 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  三式指揮連絡機は日本航空工業により開発された航空機である。滑走路の整備されていない前線の不整地でも使用可能な短距離離着陸機であり、離陸距離はわずか58m、5m/s程度の風速があれば30mで離陸が可能であったといわれる。このた ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  紫雲は川西航空機が開発した水上偵察機である。潜水艦隊旗艦用巡洋艦として建造された大淀に搭載するために製作された機体で初飛行は1941年で最高速度は468km/h、航続距離3,371km、フロートは緊急時には投棄可能であった。生産数は ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  M1カービンとは、1941年に米軍で制式採用されたカービン銃で後方部隊で使用することを前提に、取り回し易さ、適切な威力のカートリッジを採用した銃である。カートリッジは独自の30カービン弾を使用する。名称に「M」を付ける米軍の ...

(画像は零戦21型 wikipediaより転載)   要約  零式艦上戦闘機、通称零戦は、堀越二郎技師の設計による三菱製の艦上戦闘機で1939年4月に初飛行、1940年9月13日に初空戦を行った。特徴は圧倒的な運動性能と20mm機銃という強力な火力で日中戦争から太平洋戦争初期には威 ...

(画像は九九式機銃。上が1号銃、下が2号銃 wikipediaより転載)   要約  九九式機銃とは、零式艦上戦闘機など海軍航空機に搭載された機銃でそれまでの7.7mm機銃に比べて圧倒的な威力を誇った。スイスのエリコン社製で日本でライセンス生産された。初期の1号銃は短銃身 ...

(画像はwikipediaより転載)    三式戦闘機は1942年12月に初飛行した日本では珍しい液冷エンジン搭載の戦闘機である。陸軍の軽・重戦闘機という区分に疑問を持った設計者が完成させた中戦ともいわれる機体は日本の航空機には珍しく頑丈であった。最高速度は590km/hである ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  航空母艦ヨークタウン級はワシントン条約制限内で建造された米国空母である。排水量19,000トン、全長251mで最高速度は34ノット、空母レンジャーの経験を踏まえ防御力が強化されている。太平洋戦争では初戦から活躍、1番艦ヨークタ ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  仏印進駐とは、日中戦争の相手国中華民国への補給路を遮断するために日本軍が北部仏印に進出、これに米英が怒って日本への資源の輸出を禁止、資源が欲しい日本は、今度は東南アジアの資源を求めて南部仏印に進出。激ギレした米国は ...

(以下画像はwikipediaより転載)    要約  大和級戦艦は米戦艦を上回る戦艦を目指して建造された世界最大の戦艦であった。主砲は46cm砲で射程は4万m以上、装甲はバイタル・パート方式で艦橋構造物も計画的に設計された。4隻建造予定であったが2隻完成、1隻は航空母艦と ...

(画像はwikipediaより転載)  要約    真珠湾攻撃とは、1941年12月8日に日本海軍の空母部隊、小型潜水艦が真珠湾に停泊中の艦船、軍事施設を奇襲した。これにより太平洋戦争が開戦する。合計2回攻撃を行い、戦艦を中心に多くの艦艇を行動不能にしたが、石油タンク、修 ...

(画像は瑞鶴 wikipediaより転載)   要約  航空母艦翔鶴型は前級飛龍型を大型化した空母である。機関は大和級戦艦と同じ機関を使用しているため大型空母でありながら34ノットという高速を発揮できる。飛行甲板が若干小さかったことを除けばバランスの良い空母で日本 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  大鷹型3隻は戦時には軍艦に改装することを条件に海軍が助成金を出して建造した貨客船改造空母である。太平洋戦争開戦後3隻とも特設空母に改装、1941年から42年にかけて竣工した。しかし空母としては小型、低速であったため艦隊空 ...

(画像はwikipediaより転載)    カ号観測機とは、日本陸軍が制式採用した唯一のオートジャイロで終戦までに98機が生産された。当初の目的は砲兵隊用の着弾観測機としてであったが、太平洋戦争開戦後は一部が対潜哨戒として使用されたがほとんど目立った戦果を挙げること ...

(画像はwikipediaより転載)    ノースカロライナ級はアメリカがロンドン海軍軍縮条約が無効になった後、最初に建造した戦艦である。太平洋戦争では新鋭戦艦として参加、ソロモン海戦では戦艦同士の砲撃戦を行い戦艦霧島を撃沈する戦果を挙げた名艦である。   戦艦ノ ...

(画像はwikipediaより転載)    流星は戦闘機、爆撃機、攻撃機の3機種の機能を全て兼ね備える万能機として設計された。戦争後期に生産され実戦にも参加したが、ほとんど活躍することなく終戦を迎えた。基本性能だけを見れば世界最高級の航空機であるが、エンジンの不調や ...

(画像はwikipediaより転載)    キ60は太平洋戦争開戦前に開発された液冷重戦闘機で、三式戦闘機飛燕とは「姉妹機」に当たる。最高速度は560km/hを記録、運動性能も比較的良好であったが同時に開発されていた三式戦闘機飛燕が高性能を発揮したため試作機のみの製作となっ ...

↑このページのトップヘ