トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

タグ:1939年

(画像はwikipediaより転載)   要約  B-17の後継機として開発された機体でデイビス翼を採用することにより長い航続距離を獲得した。最高速度は475km/hで航続距離は3,380kmを発揮した。反面、防御力が弱く武装もB-17に比べて若干弱い。それでも各種改良型が開発され総生 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  航空母艦飛龍は蒼龍と姉妹艦として建造が開始されたものの軍縮条約脱退により設計の自由度が増したため蒼龍とは異なる準同型艦となった。最大の特徴は蒼龍よりも大型化された艦橋が飛行甲板上左側に設置されていることである。日 ...

(画像はwikipediaより転載)   一〇〇式機関短銃     性能 全長 872mm 重量 3.7g 口径 8mm 使用弾薬 8mm南部弾 装弾数 30発 発射速度 450発/分 完成 1939年 総生産数 10,000挺 設計・開発 陸軍技術本部・中央工業・名古屋造兵廠鳥居松製造所   戦 ...

(画像はwikipediaより転載)    零式水上偵察機(零式三座水偵)とは、愛知時計電機(のちの愛知航空機)が開発した三座水上偵察機で、当時としては快速で安定性が良い傑作機で、日中戦争から太平洋戦争全般にわたって偵察任務だけでなく、船団護衛、哨戒、魚雷艇攻撃等 ...

(画像はwikipediaより転載)    九九式双軽爆撃機とは、1940年に制式採用された日本陸軍の双発軽爆撃機である。三式戦闘機飛燕の設計で有名な土井武夫技師の設計である。航続距離、爆弾搭載量こそは少なかったものの、速度、運動性能は抜群であり太平洋戦争終戦まで活躍し ...

(画像はwikipediaより転載)    九九式襲撃機・軍偵察機とは、1939年に初飛行した日本陸軍の襲撃機・偵察機で、機体は堅実な設計で固定脚を採用、安定したエンジンを装備していたため信頼性が高く使い勝手の良い機体であった。このため本来の用途以外にも練習機や連絡機と ...

(画像はwikipediaより転載)    工作艦明石は日本海軍で初めて工作艦として建造された艦であった。能力は非常に高く、当時は国内にすらなかった貴重なドイツ製工作機械を多数装備していた。太平洋戦争中は主に海軍の拠点であったトラック島において活躍。数えきれないほ ...

(画像はwikipediaより転載)    百式重爆呑龍は、戦闘機の援護を不要とすることを目的に設計された陸軍の重爆撃機である。このため設計者も一式戦闘機隼、二式単座戦闘機鐘馗を手掛けた小山悌技師を充て開発に乗り出した。結果、九七式重爆撃機と大差ない重爆撃機となっ ...

(画像はwikipediaより転載)    一式陸攻は1941年に制式採用された双発爆撃機でその性能は当時としては随一のものであった。そのため多くの改良型が開発されたが、防弾装備を軽視したため戦場では「ワンショットライター」と呼ばれるほど脆く、多くの機体が撃墜されてい ...

(画像はwikipediaより転載)    戦艦シャルンホルスト級はポケット戦艦ドイッチュラント級の4番艦、5番艦として計画されたが大型艦に計画を変更されて完成した艦である。第二次世界大戦時にはドイツ海軍の主力として活躍、英空母撃沈の戦果もあげた殊勲艦である。   ...

↑このページのトップヘ