トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

タグ:陸軍

(画像はwikipediaより転載)   要約  九五式戦闘機は川崎航空機が1935年に開発した陸軍主力戦闘機で初期の日中戦争で活躍した複葉機である。複葉機としては究極の高性能であり、最高速度は400km/hと海軍の九五式艦戦を50km/h近く上回り、九六式艦上戦闘機とほぼ同じ速度 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  キ87は中島飛行機が最後に製作した高高度迎撃用の重戦闘機である。成層圏での運用を想定した究極の戦闘機であった。1945年2月に試作機が1機完成、同年4月に初飛行、5回飛行を行ったが不具合が続発した。計画通りであれば最高速度700 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  キ74は立川飛行機が開発した長距離偵察爆撃機である。初飛行は1944年5月で排気タービン過給器と与圧キャビンを装備しており、高度8,500mで570km/hの高速飛行を実現した。航続距離も四発重爆並みにあったことから陸軍の次期主力爆撃 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  キ83とは大戦末期に三菱重工業が試作機が完成した双発複座戦闘機であった。初飛行は1944年11月で最高速度は686km/hと高速であった。構造は極めてユニークで一見双発単座戦闘機のように見えるが後席が胴体内にある機体で高空性能、速 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  三式指揮連絡機は日本航空工業により開発された航空機である。滑走路の整備されていない前線の不整地でも使用可能な短距離離着陸機であり、離陸距離はわずか58m、5m/s程度の風速があれば30mで離陸が可能であったといわれる。このた ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  五式戦闘機は三式戦闘機のエンジンを液冷から空冷のハ-112Ⅱに変更した機体である。このため機体は三式戦闘機の機体と大きな違いはないが、途中から風防が胴体一体型のファストバック式風防から涙滴型風防に変更されている。初飛行 ...

(画像はwikipediaより転載)    三式戦闘機は1942年12月に初飛行した日本では珍しい液冷エンジン搭載の戦闘機である。陸軍の軽・重戦闘機という区分に疑問を持った設計者が完成させた中戦ともいわれる機体は日本の航空機には珍しく頑丈であった。最高速度は590km/hである ...

(画像はコンベアB36 wikipediaより転載)   要約  超重爆撃機 富嶽とは、太平洋戦争後期に中島飛行機創業者中島知久平の独創によって計画された超大型戦略爆撃機である。これは米国でも実現不可能な計画であり、大型機の開発経験すら無い日本には不可能な計画であった ...

(画像は一式貨物輸送機 wikipediaより転載)    ロ式B型高高度研究機とは、陸軍が開発した高高度研究機である。名称がキ番号ではなく「ロ式B型」という妙な名称であるのは本機が「極秘」よりもさらに上の「特秘」扱いであったことによる。具体的に研究していた内容は成 ...

(画像はwikipediaより転載)    キ77長距離研究機とは、朝日新聞社が東大航研に製作を依頼、のちに陸軍も加わって開発された長距離飛行を目的とした実験機であった。戦時中であったため国際機関からの公認はされていないが、総飛行距離16,435km、滞空時間57時間11分とい ...

(画像はwikipediaより転載)    カ号観測機とは、日本陸軍が制式採用した唯一のオートジャイロで終戦までに98機が生産された。当初の目的は砲兵隊用の着弾観測機としてであったが、太平洋戦争開戦後は一部が対潜哨戒として使用されたがほとんど目立った戦果を挙げること ...

(画像はwikipediaより転載)    キ115剣とは、太平洋戦争末期に中島飛行機が開発した特攻専用のレシプロ機である。大量に余ったエンジンを有効活用するために木材や鋼鉄などの入手が容易な材料で簡単に製造できるように設計されていた。完成した試作機は長所が一つもない ...

(画像はwikipediaより転載)    九七式戦闘機とは、日本陸軍が1937年に制式採用した主力戦闘機で分類としては軽戦闘機になる。この軽戦闘機としての本機の性能は世界最高で世界の軽戦闘機の頂点を極めたといっていい。最高速度でも前年に制式採用された海軍の九六式艦上 ...

(画像はwikipediaより転載)    局地戦闘機秋水とは、太平洋戦争末期に日本陸海軍によって計画されたロケット戦闘機である。開発は三菱重工でドイツのMe163の設計を元としているが、設計図の一部しか日本には届かなかったため独自開発の部分が多い。1号機は1945年7月に初 ...

(画像はwikipediaより転載)    九九式双軽爆撃機とは、1940年に制式採用された日本陸軍の双発軽爆撃機である。三式戦闘機飛燕の設計で有名な土井武夫技師の設計である。航続距離、爆弾搭載量こそは少なかったものの、速度、運動性能は抜群であり太平洋戦争終戦まで活躍し ...

(画像はwikipediaより転載)    九九式襲撃機・軍偵察機とは、1939年に初飛行した日本陸軍の襲撃機・偵察機で、機体は堅実な設計で固定脚を採用、安定したエンジンを装備していたため信頼性が高く使い勝手の良い機体であった。このため本来の用途以外にも練習機や連絡機と ...

(画像はwikipediaより転載)    九八式軽爆撃機とは、川崎航空機によって開発された陸軍の単軽爆撃機である。三菱製九七式単軽爆撃機と制式採用を競ったが三菱に軍配が上がり、不採用になるところであったが、日中戦争の勃発により制式採用された。液冷式エンジンを装備 ...

(画像はwikipediaより転載)    太平洋戦争中の軍用機で最も有名な機体は海軍の零式艦上戦闘機、通称「ゼロ戦」と陸軍の一式戦闘機隼、通称「隼」の2機種であろう。この2機種、実は使用しているエンジンも同じであれば設計思想も同じで非常に似通った機体なのである。同 ...

(画像はwikipediaより転載)    九七式軽爆撃機とは、連合軍のコードネーム「アン」。三菱重工製の軽爆撃機であった。日本陸軍では数少ない単発軽爆撃機で1938年に制式採用され、日中戦争、太平洋戦争の初期まで使用された。固定脚で信頼性も高かったが、旧式化に伴い前 ...

(画像はwikipediaより転載)    四式重爆飛龍は三菱重工が開発した航続重爆で、最高速度537km/h、航続距離3,800kmであった。軽量コンパクトにまとめられた機体は、のちに雷撃機にも改造され1944年の実戦配備以来、終戦まで戦い続けた。日本が生んだ最高傑作機の一つであ ...

(画像はwikipediaより転載)    九七式重爆は陸軍初の近代的重爆撃機であった。中島、三菱の競作であり、その採用には政治的思惑も噂されているが、性能は素晴らしく、同時期の海軍の爆撃機九六式陸攻の最高速度を100km/h以上上回った傑作爆撃機である。   九七式重爆 ...

(画像はwikipediaより転載)    百式重爆呑龍は、戦闘機の援護を不要とすることを目的に設計された陸軍の重爆撃機である。このため設計者も一式戦闘機隼、二式単座戦闘機鐘馗を手掛けた小山悌技師を充て開発に乗り出した。結果、九七式重爆撃機と大差ない重爆撃機となっ ...

↑このページのトップヘ