トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

タグ:米国

(画像はP89 wikipediaより転載)   要約  P85は米軍の次期制式採用拳銃トライアルのために開発されたハンドガンで生産を工夫することで品質を落とさずに低価格を実現している。構造はシンプルで頑丈、高性能であるが外観は好みが分かれるところである。後継機が開発 ...

(画像はS&W M41 wikipediaより転載)   要約  M2206は1990年にS&W社が22口径プリンキング用ハンドガンである。既製品であるM61エスコートを大型化したピストルで重量650g、装弾数12発であった。製造方法を工夫することでコストダウンが図られているが操作性は今ひと ...

(画像はS&WM442 wikipediaより転載)   要約  M&Pボディーガード38は38口径の小型リボルバーでデザインはM38エアウェイトの影響を強く受けている。しかしサムピースが廃止されフレーム上部にシリンダーのリリースボタンが設置された他、エジェクターロッドが延長され ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  米軍に制式採用されたM1892は38口径弾の低威力が問題となった。このためM1892を45ロングコルト仕様にしたのがニューサービスである。1909年に制式採用、M1911の登場まで米軍で使用された。その後も45ACP弾仕様に改造されたものがM ...

(画像はCZ社の伝説CZ75初期型! wikipediaより転載)   要約  Z40はダブルアクション(DA)ピストルの実績が少ないコルト社がDAピストルに豊富な実績を持つCZ社に設計を依頼して発売した40S&W弾仕様のピストルである。DAO(ダブルアクションオンリー)で全金属製でマ ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  2008年にスタームルガー社が発売したLCPに対抗してS&W社が2011年に発売したのがボディーガードM&Pである。380ACP弾を使用する護身用のハンドガンで装弾数は6発、小型であるがショートリコイル機構を備えている。スライドはステン ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  コルトシングルアクションアーミー(SAA)はそれまでのコルト製品がオープントップ方式であったのに対してソリッドフレームを採用した。これによってフレームの強度が高くなり高威力の45口径ロングコルト弾を発射出来るようになっ ...

(画像がなかったのでベストポケット! wikipediaより転載)   要約  コルトジュニアは1958年にコルト社から発売したポケットピストルである。コルト社が以前に発売したベストポケットがストライカー方式で薬室に装弾されていることを確認することが難しいという問題 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  S&W社が創立100周年を記念して発売したJフレームリボルバーである。最大の特徴はハンマーレスであることでハンマー部分はホルスターから抜いた際に服に引っかからないように滑らかな角型に成形されている。ダブルアクションオンリ ...

(画像はwikipediaより転載)   トンプソン サブマシンガン     性能 全長 860mm 重量 4.9g 口径 45口径 使用弾薬 45ACP弾 装弾数 20,30,50,100発 完成 1921年 総生産数 約1,750,000挺 設計・開発  ジョン・T・トンプソン / オートオーディナンス   ...

(画像はwikipediaより転載)    工作艦メデューサは米海軍で初めて工作艦として建造された工作艦である。主に太平洋戦争で活躍した本艦は開戦後、真珠湾での復旧活動、南方での損傷艦艇の修理に活躍した。この工作艦メデューサの活動海域をみると当時の米軍が安全と認識 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  レッドホークは1979年に発売されたスターム・ルガー社製リボルバーである。同社のDAリボルバーセキュリティシックスを大型化、DAで44口径マグナム弾を撃てるのがウリである。フレームが一体型のため強度が高いがバレルとフレーム ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  P-82は米陸軍が採用した長距離掩護用戦闘機でP-51マスタングの機体を横に連結した特徴のある外観をしている。双胴でそれぞれの胴体にパイロットが乗り込み操縦する。このため交代で操縦でき長時間の飛行が可能となった。機体も速 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  B-18ボロはマーティンB-10爆撃機の後継機として制式採用された。真珠湾攻撃時には米陸軍の爆撃機の中で最大の配備数であった。しかし航続距離が短く米国が第二次世界大戦に参戦するとすぐにB-17爆撃機やB-24爆撃機に取って代わら ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  ベル社初のジェット戦闘機であった。開発を秘匿するために古い試作機の番号であるXP-59を使用している。性能は当時の現用レシプロ機に及ばずエンジンの信頼性も低く運動性能も悪かった。このためロッキード社製P-80が米軍初の実用 ...

(画像はwikipediaより転載)   P-61 ブラックウィドウ     要約  1940年バトルオブブリテンを見た米軍は夜間戦闘機の必要性を痛感、各航空機メーカーに設計を依頼、ノースロップ社の案が採用された。この機体は中型爆撃機B-25に匹敵する大きさとそれを上回る ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  P-51は米国製の戦闘機であるが、当初は英国に送るために開発された戦闘機であった。それに米軍が興味を示し制式採用した。初期のA型は高空性能が低く凡庸な機体であったがエンジンを換装したB型、C型は見違えるような高性能機と ...

↑このページのトップヘ