トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

タグ:米国

(画像はwikipediaより転載)   要約  B-17の後継機として開発された機体でデイビス翼を採用することにより長い航続距離を獲得した。最高速度は475km/hで航続距離は3,380kmを発揮した。反面、防御力が弱く武装もB-17に比べて若干弱い。それでも各種改良型が開発され総生 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  インディペンデンス級軽空母は米海軍の空母不足を解消する目的で建造された空母であった。軽巡洋艦を空母に改装したもので同型艦は9隻である。排水量11,000トンで艦載機は30機と少ないが最高速度は32ノット、カタパルトを装備して ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  M4カービンとは、1994年に米軍に採用されたカービン銃で、第二次世界大戦中に採用されたM1カービン、そのフルオート版であるM2カービン、暗視装置を装備したM3カービンに次いで制式採用された4番目のカービン銃である。銃身を20イン ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  米海兵隊とは総数18万人の兵力を持つ独自に陸海空そして兵站の戦力を保有する組織である。MAGTFとは海空陸任務部隊の略で司令部、陸上部隊、航空部隊、兵站を一つのユニットとして構成したものだ。最大のユニット海兵遠征軍、中規模 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  航空母艦ヨークタウン級はワシントン条約制限内で建造された米国空母である。排水量19,000トン、全長251mで最高速度は34ノット、空母レンジャーの経験を踏まえ防御力が強化されている。太平洋戦争では初戦から活躍、1番艦ヨークタ ...

(画像はwikipediaより転載)   要約      コルトM45A1とは、1980年代後半に米海兵遠征部隊が採用したMEUピストルの後継モデル。M1911を開発したコルト社製でそれまで制式採用されていたM1911A1の外装、内部機構に改良が加えられたモデル。フラットダークアースの外 ...

(以下画像はwikipediaより転載)   要約  戦艦テネシー級は排水量32,600トン、全長190m、速力21ノットの米国戦艦である。同型艦は2隻で主砲は35.6cm砲を装備、水中防御を強化したのが特徴である。真珠湾攻撃時には2隻とも真珠湾に在泊、両艦ともに被害を受ける。その後 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  K9はカー・アームズ社が1995年に発売したコンパクトオートである。全長152mm、重量710gと小型軽量でありながら9mmパラベラム弾を発射することができる。装弾数は7発で+P弾も使用可能である。マニュアルセイフティはないがトリガー ...

(以下画像はwikipediaより転載)   要約  コロラド級戦艦は日本の長門級戦艦に対抗して建造された戦艦である。3隻が建造されており、排水量32,600トン、最高速度は21ノット、主砲は長門級と同じ40.6cm砲を搭載する。真珠湾攻撃では2隻が被害に遭うが第二次世界大戦後半 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  M83はフリーダムアームズ社が1983年に発売したSAリボルバーである。スタームルガー社スーパーブラックホークをベースにカートリッジは454カスール弾を使用できるように改良されている。価格は非常に高いが、ほぼ手作業で製造され ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  COP357は357マグナム弾を発射することができる小型護身用ハンドガンである。DAOで装弾数は4発、安全装置はない。単純な構造で非常に頑丈であるが重量がありトリガープルも重く、命中精度も悪く装填不良も多かったため商業的には失 ...

(画像はAMT ハードボーラー wikipediaより転載)   要約  クーナン357はダン・クーナンによって開発された357マグナムオートである。リムドカートリッジを使用するピストルでコルトM1911をベースにしたため外観はM1911に似ている。オールステンレス製で命中精度は非 ...

(画像はM1911 wikipediaより転載)   要約  サービスエースは45ACP弾という強力なカートリッジを使用するM1911の練習用として設計された22LR弾を使用するハンドガンである。外観はM1911と全く同じである。ストレートブローバック方式を採用、フローティングチャンバー ...

(画像はオートマグⅢ wikipediaより転載)   要約  オートマグⅡは1987年に発売された22WMR弾を使用するピストルである。同社が製造権を取得している44口径のオートマグと構造上の共通点はない。作動はシングルアクション、ストレートブローバック方式を採用している ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  チャーターアームズ社初のリボルバーである。400g超の重量でありながら38スペシャル弾を発射することができる。サイドプレートを持たない一体型のフレームであるため強度は高い。低品質、低価格のイメージがあるが、設計者で創業者 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  キャリコM100は1986年に発売されたハンドガンである。主要パーツは強化プラスチックで筒状マガジンに22LR弾を100発装填することができる。斬新な銃であったが装填不良が多く後方に弾倉が付いているため重量バランスも悪い。照準器 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  航空母艦レキシントン級は1927年に竣工した米海軍最初の実用空母であった。条約下の建造であったが排水量は条約の規定を3,000トン上回っている。過渡期の空母であったため20.3cm砲8門を搭載しているが、太平洋戦争開戦後に撤去し ...

(画像はキャバルリー wikipediaより転載)   コルト リボルバーの変遷     コルト社創業 (画像はM1836パターソン wikipediaより転載)    1836年に創業したコルト社は、銃器に興味のない人でも知っているほどの知名度の高い銃器メーカーである。創業者 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  アメリカンピストルはスタームルガー社が2016年に発売したポリマーフレーム9mmDA(ダブルアクション)ピストルである。前作SR9の後継ピストルであるがSR9をベースにせずに全くの新規で製造されている。セイフティはトリガーセイフ ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  SR1911はスタームルガー社のコルトM1911クローンである。装弾数8発で内部構造はM1911とほぼ同じであるがスタームルガー社使いやすくカスタムが施してある。製造はロストワックス製法でバレルブッシングの精度が高いので命中精度は ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  SR9は2007年にスタームルガー社から発売された9mm弾仕様のピストルである。グロック17の成功を研究した上でポリマーフレームや重めのトリガープル等、グロックの長所を取り入れた上にサムセイフティの設置等グロック以上の安全性 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  P345はP97の改良型でP97で不評であった大きすぎるグリップを縮小、チェッカリングを入れた。さらにスライドも薄くしている。これらの改良の結果、重量は増えてしまったが45ACP弾を使用するハンドガンとしては軽量である。2012年に ...

(画像はP89 wikipediaより転載)   要約  P85は米軍の次期制式採用拳銃トライアルのために開発されたハンドガンで生産を工夫することで品質を落とさずに低価格を実現している。構造はシンプルで頑丈、高性能であるが外観は好みが分かれるところである。後継機が開発 ...

(画像はS&W M41 wikipediaより転載)   要約  M2206は1990年にS&W社が22口径プリンキング用ハンドガンである。既製品であるM61エスコートを大型化したピストルで重量650g、装弾数12発であった。製造方法を工夫することでコストダウンが図られているが操作性は今ひと ...

(画像はS&WM442 wikipediaより転載)   要約  M&Pボディーガード38は38口径の小型リボルバーでデザインはM38エアウェイトの影響を強く受けている。しかしサムピースが廃止されフレーム上部にシリンダーのリリースボタンが設置された他、エジェクターロッドが延長され ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  米軍に制式採用されたM1892は38口径弾の低威力が問題となった。このためM1892を45ロングコルト仕様にしたのがニューサービスである。1909年に制式採用、M1911の登場まで米軍で使用された。その後も45ACP弾仕様に改造されたものがM ...

↑このページのトップヘ