トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

タグ:水上機

(画像はwikipediaより転載)   要約  二式水上戦闘機は、中島飛行機が零式艦上戦闘機をベースに開発した水上戦闘機である。初飛行は1941年12月8日で最高速度は437km/h、航続距離1,150kmと大幅に低下したものの運動性能は良好であった。当初は整備等で工場に戻された零戦 ...

(以下画像はwikipediaより転載)   要約  水上戦闘機強風は川西航空機が開発した水上機である。初飛行は1942年5月6日で最高速度は489km/hで20mm機関砲2門、7.7mm機銃2挺を装備している。無理な性能要求のために当初は二重反転プロペラを装備していたが通常のプロペラに ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  紫雲は川西航空機が開発した水上偵察機である。潜水艦隊旗艦用巡洋艦として建造された大淀に搭載するために製作された機体で初飛行は1941年で最高速度は468km/h、航続距離3,371km、フロートは緊急時には投棄可能であった。生産数は ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  九六式小型水上機は渡辺鉄工所(のちの九州飛行機)が開発した潜水艦搭載用の水上機である。木・金属混成の複葉機で最高速度は233km/h、航続距離732kmであった。1936年7月に制式採用され太平洋戦争初期まで潜水艦で運用された。 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  日本海軍は何でも潜水艦に搭載した。零式小型水偵に水上攻撃機晴嵐、甲標的に特攻兵器回天、海軍特殊部隊や戦車まで潜水艦に搭載した。特殊部隊以外は潜水艦に搭載することにあまり意味があるとは思えないが当時の日本は仮想敵国で ...

(画像はwikipediaより転載)    零式水上偵察機(零式三座水偵)とは、愛知時計電機(のちの愛知航空機)が開発した三座水上偵察機で、当時としては快速で安定性が良い傑作機で、日中戦争から太平洋戦争全般にわたって偵察任務だけでなく、船団護衛、哨戒、魚雷艇攻撃等 ...

(画像はwikipediaより転載)    九五式水上偵察機とは、1935年に制式採用された二座水上偵察機で目新しいアイデア等は無かったが、安定性、操縦性に優れた傑作機であった。九六式艦上戦闘機並みと言われた運動性能によって戦闘機代わりに使用された他、爆撃や哨戒とあら ...

(画像はwikipediaより転載)    九四式水上偵察機とは、複葉布張りの3人乗り水上偵察機であるがあまりの高性能にドイツからライセンス生産の要求があったと伝えらえているほどである。また海軍関係者をして「本機の出現は航空作戦に寄与すること大なり」と言わしめたほど ...

(藤田信雄中尉と零式小型水偵 画像はwikipediaより転載)   ドーリットル隊の日本本土爆撃    1942年4月18日、ドーリットル少佐率いるB-25ミッチェル爆撃機16機が日本本土を空襲した。この爆撃隊は空母ホーネットから発艦し、東京・名古屋・神戸を爆撃、そのまま中 ...

(画像はwikipediaより転載)    零式観測機とは艦砲の弾着観測専用に開発された航空機で全金属製の最後の複葉機である。太平洋戦争は主力艦同士の砲撃戦から航空機を中心とした戦術に移行していたため本来の弾着観測に用いられることはなかったが、高い格闘戦能力から船 ...

神龍特別攻撃隊―潜水空母搭載「晴嵐」操縦員の手記 高橋一雄 著 光人社 (2009/4/28)    最近、忙しくて中々本を読む時間が無かった。何とか読み終わったのが本書、『神龍特別攻撃隊』である。本書は潜水艦搭載水上機の搭乗員をしていた高橋氏の貴重な記録である。 ...

海軍下駄ばき空戦記―同期の桜たちの生と死 藤代 護 著 書房光人新社 (2017/9/1)   偵察員という職種  また飛行艇戦記。著者は藤代護氏、乙種予科練9期出身の水偵乗り。偵察員であった。同期にはのちに台南空で撃墜王となる羽藤一志氏や同じく水偵乗りとなった本間 ...

二式大艇空戦記―海軍八〇一空搭乗員の死闘 長峯五郎 著 光人社 (2006/12/1)   長峯五郎『二式大艇空戦記』   搭乗員気質  本書で私が一番驚いたのは長峯氏の性格である。以前、機種ごとの搭乗員の性格というのが確か坂井氏の著書に書いてあったが、戦闘機と艦 ...

↑このページのトップヘ