トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

タグ:小山悌

(画像はwikipediaより転載)   要約  四式戦闘機は1943年4月に初飛行した日本陸軍の重戦闘機である。試作名称はキ-84で通称は「疾風」連合軍コードネームは「フランク」である。2,000馬力エンジンハ-45を搭載、最高速度は655km/hで日本の万能戦闘機とも言われる機体であ ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  通称「鐘馗」、米軍コードでは「トージョー」と呼ばれる。二式単戦キ-44は日本陸軍初の速度を重視した重戦闘機であり、試作機には時速626km/hにまで達したこともある。総生産数は1,225機で高速・重武装ではあったが、このため着陸 ...

(画像はwikipediaより転載)    九七式戦闘機とは、日本陸軍が1937年に制式採用した主力戦闘機で分類としては軽戦闘機になる。この軽戦闘機としての本機の性能は世界最高で世界の軽戦闘機の頂点を極めたといっていい。最高速度でも前年に制式採用された海軍の九六式艦上 ...

(画像はwikipediaより転載)    百式重爆呑龍は、戦闘機の援護を不要とすることを目的に設計された陸軍の重爆撃機である。このため設計者も一式戦闘機隼、二式単座戦闘機鐘馗を手掛けた小山悌技師を充て開発に乗り出した。結果、九七式重爆撃機と大差ない重爆撃機となっ ...

(画像はwikipediaより転載)    キ87は中島飛行機が最後に製作した高高度迎撃用の重戦闘機である。成層圏での運用を想定した究極の戦闘機であった。1945年に試作機が1機完成し、5回飛行を行ったが不具合が続発した。計画通りであれば最高速度700km/h超、高度1万メートル ...

↑このページのトップヘ