01_スマホ毛布
02_スマホ毛布

 

スマホ毛布

 ドゥドゥッピドゥ!
やあ、ボク管理人。ワシ買ってもうた。以前から欲しかったニトリの「スマホ毛布」!!ばんざーい!以前、私が見たGoogleのネット記事で紹介されていたものだ。読んだらやたら欲しくなってしまって翌日だか探しに行ったのだがもう品薄で私が欲しいブラウンの最上級のものが売っていないんだよね。

 このスマホ毛布は三種類あって一番薄いものとNウォームSP、最高グレードのものがNウォームWSPというんだ。私が欲しかったのは最高グレードのWSP。決して伊号19潜に撃沈された米海軍航空母艦ワスプではない。私が欲しかったWSP、お気に入りの色がないので再入荷を待っていたところ、

 

シーズン終了の処分が始まってしまった!(汗)

 

 このまま待っていると今年の秋くらいまで待たなければいけないので、清水の舞台から飛び降りる気持ちで購入を決意。WSPはないけどSPではブラウンがあるのでそれで妥協。まあ、最上級ではないけど比較する訳ではないのでこれを最上級だと思えばいいのだ。松本零士先生の『ザ・コックピット』シリーズの中に三十八式歩兵銃を以て「俺にはこの銃しかないんだ、だからこの銃が最高なんだ」というようなセリフがあった気がする。何でもアリ物で済ませるのが本当のプロなのさ!

 しかしただ妥協したのではない。価格が定価4,490のところ処分価格で何と3,490円!さらに今回はオマケが付いて。。。ということはなく1,000円もお安くなっている。最上級モデルが500円しか安くなっていないのでこちらの方がお買い得だ。得したぁ。最上級モデルなんて存在しないと思えばいいのだ。あったかーい!しあわせ〜。

 

 

今日のアップ予定

 朝の記事は夜間戦闘機電光。量産されなかったためあまり知られていない戦闘機だけど試作機までは製造された。海軍の夜間戦闘機といえば偶然の産物月光がお馴染み。そもそも爆撃機に随伴する長距離戦闘機として開発がスタート。しかし海軍の性能要求があれもこれもの万能戦闘機を求めた結果、なんとも中途半端な性能になってしまった。

 とりあえず二式陸上偵察機として制式採用して最前線のラバウルに投入されたのだが、そこで台南航空隊の司令小園安名大佐の発案で斜め銃を取り付けられることとなる。これはコックピット後方に30〜40度程度の角度を付けて上向きに搭載された機銃で爆撃機に対して並走しながら射撃することができるという画期的な銃であった。

 当時の米軍の主力爆撃機はB-17B-24。機体下部の機銃さえ黙らしてしまえばあとはやり放題、ぱっとしない二式陸偵ではあったがさすがに爆撃機よりは高速なので戦果が大いに挙がった。その後、二式陸偵は夜間戦闘機月光として制式採用、レーダー等も搭載されて本土防空戦に活躍するのだ。

 その月光の後継機として開発されたのが電光で紫電改四式戦闘機疾風にも搭載された誉エンジンを搭載、さらに高高度過給機を装着して高空性能をアップさせる予定であった。完成していればB-29に対してかなり有効な戦果を挙げることができただろうと思う(個人的には)。しかし試作機の完成直前に空襲によって大破、そのまま終戦となってしまった。

 夜の記事はSIG P230。これはSIG社が開発した中型ピストルだ。ワルサー社のPP、マウザー社のHScと同じカートリッジを使用、作動方式もストレートブローバックと全く競合するモデルだ。PPの小型版であるPPKよりも少し大きくHScとほぼ同じ大きさだ。それもそのはずHScを参考に製作されたのがP230なのだ。

 但し、PPが1929年に完成、HScが1938年に完成したのに対してP230は1977年と圧倒的にあとだ。そのためかデザインも少しハイカラだ。1995年頃には日本の警視庁でも採用されたようで皇宮警護官やSPが使用しているようだ。日本の警察が採用しているモデルはスライド下部にサムセイフティ、グリップにランヤードリングを装備しているので一見して分かる。私の好みとしてはごつくてちょっとカッコいいと思う。

 そんなこんなでアデュ〜!

 


2枚合わせ スマホ毛布 シングル (NウォームSP BR S A2217) ニトリ 【玄関先迄納品】 【1年保証】 〔合計金額11000円以上送料無料対象商品〕
2枚合わせ スマホ毛布 シングル (NウォームSP BR S A2217) ニトリ 【玄関先迄納品】 【1年保証】 〔合計金額11000円以上送料無料対象商品〕

 

↓良かったらクリックして下さい。


ミリタリーランキング