01_榛名
(以下画像は全てwikipediaより転載)

 

要約

 金剛級戦艦は日本海軍の巡洋戦艦、戦艦である。技術移転の目的で1隻は英国で建造、姉妹艦3隻は日本で建造された。主砲は当時世界最大の砲であったが装甲の脆弱性や高速化のために2度の改装を受けている。その結果、最高速力30ノットを発揮する高速戦艦となり太平洋戦争では機動部隊に随伴して最も活躍した戦艦である。姉妹艦の内、比叡、霧島はソロモン海で撃沈、金剛は台湾海峡で撃沈、榛名は呉軍港で大破着底して終戦を迎えた。

 

金剛級戦艦

 

 

性能(金剛)

 基準排水量 26,330トン(竣工時)、31,720トン(第二次改装後)
 全長 214.6m(竣工時)、219.4m(第二次改装後)
 全幅 28m(竣工時)、31m(第一次改装後)
 機関出力 64,000馬力(竣工時)、136,000馬力(第二次改装後)
 最大速力 27.5ノット(竣工時)、30.3ノット(第二次改装後)
 航続距離 8,000海里 / 14ノット(竣工時)、9,800海里 / 18ノット(第二次改装後)
 乗員 2,367名
 武装 45口径35.6cm連装砲4基
    50口径15.2cm単装砲16基(竣工時。最終時8基)
    12.7cm高角砲連装6基(最終時)
    25mm3連装機銃18基(最終時)
    25mm連装機銃8基(最終時)
    25mm単装30挺(最終時)
    
 搭載機 3機
 竣工(1番艦 金剛) 1913年8月16日
 竣工(2番艦 比叡) 1914年8月4日
 竣工(3番艦 榛名) 1915年4月19日
 竣工(4番艦 霧島) 1915年4月19日
 同型艦 4隻

 

開発前史

 1906年に英国でドレットノート級戦艦、1908年に巡洋戦艦インヴィンシブルが発表されると従来の主力艦は軒並み時代遅れとなってしまった。これは日本戦艦に対しても同様で日本独自の技術だけでは超ド級戦艦、巡洋戦艦時代の建艦競争に勝つことができなくなってしまった。

 これに対して日本海軍は英国の先進的な建艦技術を学ぶべく英国に主力艦建造を依頼し、その技術でもって日本で同様の戦艦の建造を行うこととした。このため英国ヴィッカーズ社に対して伊号装甲巡洋艦として計画中であった艦(のちの金剛)の建造を依頼、1番艦は英国で建造されたが2番艦以降は日本で建造されることになった。

 

開発

 金剛は当時世界最強と言われた英国の巡洋戦艦ライオン級をタイプシップとして発注されたとする説もあるが、設計者であるサー・ジョージ・サーストンはオスマン帝国海軍向けの戦艦レシャンディエ級戦艦レシャド5世(エリン)を元に巡洋戦艦化したとしている。

 主砲は日本初の35.6cm砲連装4基でオーソドックスに中心線上に前後2基ずつ配置された。副砲は15.2cm砲16門である。当時、35.6cm砲は世界最大の砲であり、1番艦金剛の完成時点では金剛が世界で唯一の35.6cm砲を装備する巡洋戦艦であった。その他の兵装としては魚雷発射管を装備していたが、のちの改装で全廃されている。最高速度は27.5ノットで装甲も当時の巡洋戦艦としては平均的なものであった。

 金剛は英国ヴィッカーズ社で1911年1月17日起工、1913年8月16日に竣工している。金剛についで姉妹艦が3隻建造されたが、2番艦比叡は英国から取り入れられた技術を生かして横須賀海軍工廠で建造されている。3番艦榛名、4番艦霧島は横須賀と呉の海軍工廠だけでは新造が間に合わず民間でも建造することとなり、榛名は神戸川崎造船所で霧島は三菱長崎造船所で建造された。

 民間造船所で建造された戦艦は榛名、霧島が初めてである。このためか両造船所は非常に双方をライバル視していたようで起工は榛名が1日早かったものの進水は霧島が13日早く竣工は同日となっている。英国で建造された金剛とそれ以外の姉妹艦は基本性能は同じであるが外観上煙突の配置だけが異なっている。

 

第一次改装

 第一次世界大戦中のユトランド沖海戦により巡洋戦艦の装甲の脆弱性が問題となると金剛型巡洋戦艦4隻に対して防御力強化のための改装が行われることとなった。改装は1924年の榛名を皮切りに霧島、金剛、比叡と続いて行われた。この金剛型巡洋戦艦の第一次改装が行われているさ中の1930年にロンドン海軍軍縮条約が開催、金剛型の処遇が問題となった結果、2番艦比叡が廃棄対象となり練習戦艦となった。尚、この間の1931年6月1日に艦種類別が巡洋戦艦から巡洋艦に変更されている。

 

第二次改装

 1929年よりドイツ海軍が建造を開始した「ポケット戦艦」ドイッチュラント級の登場により欧州では建艦競争が再燃した。1937年1月の軍縮条約失効を目前に各国ともに条約にとらわれない艦の建造または改造に着手するようになる。

 この当時の戦艦のトレンドは速力30ノット以上を発揮する高速戦艦であったため金剛型戦艦も機関を換装、それまでの蒸気タービン2基4軸64,000馬力から蒸気タービン4基4軸136,000馬力に強化された。これにより練習戦艦となった比叡を除く金剛型戦艦3隻は最高速力30ノットの高速戦艦となった。これら3艦の改装後練習戦艦となっていた2番艦比叡も他の姉妹艦が2度に分けて行った改修をまとめて実施している。

 

1番艦金剛

02_金剛

 

 金剛は英国ヴィッカーズ社で1911年1月17日起工、1912年5月18日進水、1913年8月16日に竣工している。その後太平洋戦争開戦までに2度の大改修を受けている。第一次改装は横須賀海軍工廠で1928年10月から1931年9月15日までにかけて行われており、主な改装目的は自艦が装備している35.6センチ砲の砲撃に耐えられる防御甲板の強化であった。

 この改装により缶室、機械室、弾火薬庫の上部装甲板は約50%厚さが増し主砲塔の天蓋は2倍になった。煙突が3本から2本になり後部檣楼の機能が強化され、外観も大きく変化した。排水量は26,000トンから30,000トン近くなった。この改装中に海軍はそれまでの巡洋戦艦という区分を廃し全てを戦艦に組み入れている。

 1935年6月から1937年1月まで横須賀海軍工廠で行われた第二次改装では速力増加を最大の目的とした。機関出力は従来の2倍の136,000馬力に強化、船体も7m延長した。この結果、排水量は31,000トン、速力は30ノットとなった。

 

2番艦比叡

03_比叡

 

 2番艦比叡は横須賀海軍工廠で1911年11月4日に起工、1912年11月21日進水、1914年8月4日に竣工した。1930年に締結されたロンドン軍縮条約により2番艦比叡のみ最後尾の4番砲塔を撤去、機関の一部も撤去して最高速度は18ノットに低下、装甲も外されて基準排水量19,500トンの練習戦艦になった。その後、日本は軍縮条約脱退を決めたため比叡は条約の期限切れを待って再武装を開始、他の姉妹艦が2度に分けて行った改修をまとめて実施した。

 この改修は呉海軍工廠で1936年11月26日から1940年1月まで約3年間にわたって行われた大掛かりなもので、さらに比叡は大和級戦艦に導入される新技術のテスト艦となった。この改装を経て生まれ変わった比叡は他の3艦とは違った艦となり、排水量も32,500トンという金剛の姉妹艦では最大の戦艦となった。

 

3番艦榛名

04_榛名

 

 榛名は神戸川崎造船所で1912年3月16日起工、1913年12月14日進水、1915年4月19日に竣工している。姉妹艦4隻の中で最初に第一次改装を受けたのは榛名であった。改装は1923年8月から1928年7月まで5年間にわたる大改装であった。この改装で舷側に強力な装甲がつけられ排水量が3,000トン増加したため速力は1.5ノット低下した。

 1933年9月からの第二次改装では再び榛名がトップバッターとなった。この改装は1934年に完了、船体の延長と強度の補強に加え兵装も増加されて基準排水量は32,156トンにまで増加したが、同時に機関も換装75,000馬力から136,000馬力にアップした。このため最高速度は姉妹艦中最速の30.5ノットを発揮している。

 

4番艦霧島

05_霧島

 

 霧島は三菱長崎造船所で1912年3月17日起工、1913年12月1日進水、1915年4月19日に竣工している。1926年に前檣の改造が行われた。このため他の姉妹艦に比べて三脚檣がやや複雑になりのちにパゴダ・マストと称される日本戦艦の特徴を有するさきがけとなった。2回の本格改装により射撃関連の装置を上部構造に集中させてより複雑なスタイルに変容していく。

 1927年6月からの第一次改装では他の姉妹艦と同じく汽缶の重油専焼缶への換装、バルジの装着等が行われた。排水量は3,000トン増加したが機関出力は変わらなかったため速力は1.5ノット低下した。しかし1933年から3年間かけて行われた第二次改装では機関の換装によって速力29.8ノットの高速戦艦へと生まれ変わった。巨大な測距儀がとりつけられた他、対空兵装の増強も行われた。

 

戦歴

 初の実戦参加は第一次世界大戦で当時最新最強の戦艦であった金剛型戦艦は姉妹艦4隻で第3戦隊を編成していたが英国から貸与の申し入れがあったと言われている。この申し出は断ったものの金剛型4隻はアジア・太平洋方面に展開、同方面のドイツ東洋艦隊をけん制した。

 太平洋戦争時には参加した戦艦の中で金剛級は最も古かったが、30ノットを超える速力を持った戦艦は日本には金剛級しかなく機動部隊の護衛から夜戦まで最も活躍した戦艦であった。

 太平洋戦争開戦時、比叡と霧島は真珠湾攻撃に参加、以降両艦は機動部隊の一員としてラバウル攻略、インド洋作戦、ミッドウェー海戦に参加した。ミッドウェー海戦敗戦後も空母機動部隊である第三艦隊に所属、第二次ソロモン海戦、南太平洋海戦に参加した。1942年11月12日比叡はガダルカナル島飛行場砲撃に向かう途中、米戦艦と遭遇し第三次ソロモン海戦となる。

 近距離での激しい砲撃戦の結果、集中砲火を浴びた比叡は上部構造物には大きな被害を受けたものの主砲や機関は無事であった。だが操艦不能に陥っており13日に自沈した。太平洋戦争初の日本戦艦の沈没であった。翌14日には霧島が米戦艦ワシントンサウスダコタと砲撃戦を展開、サウスダコタに多数の命中弾を与えたがワシントンのレーダー射撃で15日午前1時に撃沈された。

 一方、金剛、榛名は太平洋戦争開戦時、マレー上陸作戦を支援、続くインド洋作戦で機動部隊に編入される。この作戦では金剛型戦艦4隻が一堂に会することになった。その後、1942年6月ミッドウェー海戦での敗戦後はソロモン海域に進出し、1942年10月13日、ガダルカナル島ヘンダーソン基地艦砲射撃を行う。この砲撃は約1,000発もの三式焼夷弾を撃ち込んでいる。

 1944年6月にはマリアナ沖海戦、10月にはレイテ沖海戦と出撃したが金剛はレイテ沖海戦の帰投中、1944年11月21日午前5時30分、台湾海峡で米バラオ級潜水艦シーライオンの放った魚雷4発が命中して沈没した。1945年1月20日除籍。

 金剛型姉妹艦の中でただ1隻生き残った榛名は呉鎮守府警備艦として江田島沖に停泊していた1945年7月24日、28日の呉軍港空襲により米軍機から多数の直撃弾を受け大破、着底してそのまま終戦を迎えた。1945年11月20日除籍。1946年5月2日には浮揚解体作業開始、7月4日解体が完了した。

 

⇒艦船一覧へ戻る

 

amazonで金剛級戦艦を探す

楽天で金剛級戦艦を探す

 




 

 

↓良かったらクリックして下さい。


ミリタリーランキング