01_赤城
(画像はwikipediaより転載)

 

要約

 航空母艦 赤城とは、天城級巡洋戦艦の2番艦であったが、ワシントン海軍軍縮条約により空母へ改装された。当初は三段空母であったが、のちに全通式空母に改装、これらの変遷を経たために艦内の構造は複雑、居住性は最悪であった。太平洋戦争では第一航空艦隊旗艦として真珠湾攻撃を始め太平洋、インド洋を転戦、1942年6月にミッドウェー海戦で撃沈された。

 

航空母艦 赤城(改修後)

 

性能

 通常排水量 36,500トン
 全長 260.67m
 全幅 31.32m
 飛行甲板 249.17m×30.48m
 エレベーター 3基
 機関出力 133,000馬力
 最大速力 31.2ノット
 航続距離 8,200海里/16ノット
 乗員 1,630名
 武装 20cm単装砲6基
    12cm連装高角砲6基
    25mm連装機銃14基
 搭載機 常用66機、補用25機
 竣工 1927年3月25日
 同型艦 1隻

 

特徴

02_赤城
(画像はwikipediaより転載)

 

 日本海軍が計画した八八艦隊の1隻として建造された天城型巡洋戦艦の2番艦であったが、ワシントン条約の締結によって同艦型は廃棄が決定、3番艦、4番艦は廃棄されたものの、1番艦天城、2番艦赤城は空母に改装することによって保有が認められたため空母への改修が行われた。1番艦天城は関東大震災により廃艦となってしまうが、赤城は1927年3月に空母として竣工した。

 当初は上中下に甲板を持つ三段空母であったが、中段は艦橋と前部に重巡洋艦並みの20cm連装砲2基、後部に同単装砲6基が装備されており、航空母艦でありながら砲戦を想定しているのはいかにも過渡期の空母といえる。航空機の発着艦を行うのは上段、下段甲板であった。しかし実際には下段甲板はほぼ使用されておらず航空機の発着艦は主に上段甲板で行われていた。

 

近代化改修工事

 このように三段空母という形式は実用性が低かったため、赤城は1935年11月から1938年8月まで約3年間かけて全通式空母に改装された。この時に世界の空母でも珍しく艦橋が飛行甲板上左側に設置されている(普通は右側)。因みに日本空母で艦橋が左側に設置されているのは赤城と飛龍だけである。この配置は右舷に煙突、左舷に艦橋というバランスの良さと僚艦加賀が右側に艦橋があるため信号の連絡が取りやすいというメリットがある。

 但し、実際に運用してみると左方向に曲がりやすいレシプロ機の特性上左側の艦橋は発着艦時の障害になりやすく煙突の煙も艦橋に入ってきてしまったりとデメリットが多かった。このため赤城、飛龍以外の空母でアイランド型艦橋を持つ空母は右側に艦橋を設置している。

 改装前には2本あった煙突も1本にまとめられ航空機の着艦に影響を与えないように下向きに設置、海面に向けて煙を吐き出す形式となった。このため煙突のある右舷居住区は煙突の排気が流れ込んだ。当初、巡洋戦艦として設計され、三段空母に変更、さらに全通式空母へ変更されるという変遷をたどったため、艦内の構造は複雑であった。

 

米空母レキシントン級との比較

 赤城は1927年3月25日に竣工したが、同じ年の11月16日に米空母サラトガ、12月14日にはレキシントンが竣工している。どちらも巡洋戦艦であったがワシントン軍縮条約で空母に改装されたという経緯も同じである。赤城をレキシントン級と比較してみると、排水量が赤城36,500トンに対してレキシントン級が36,000トンでほぼ同じである。全長は赤城261mに対してレキシントン級が270m、全幅も赤城の31.32mに対して32.3mとわずかにレキシントン級が大きい。

 当然、飛行甲板も赤城の249.17m×30.48mに対してレキシントン級が264m×32.28mと大きい。全体的にレキシントン級が赤城よりも若干大きい。しかし機関出力は赤城の133,000馬力に対してレキシントン級は180,000馬力と圧倒的にレキシントン級が上で速力も赤城31.2ノットに対してレキシントン級は34.99ノットと4ノット近く高速である。航続距離も赤城の8,200海里に対してレキシントンは10,000海里と圧倒している。

 エレベーターは赤城の3基に対してレキシントン級は2基と少ないものの搭載機数は赤城の66機(真珠湾攻撃時)に対して90機とこれも圧倒している。一応、赤城も補用機の数を含めれば91機とほぼ同数になる。米国の空母は解放式格納庫の空母が多いレキシントン級は日本空母と同様の密閉式である。因みにレキシントン級も8インチ(20.3cm)砲を連装4基装備していたが、1942年初頭にレキシントン、サラトガ共に撤去している。

 赤城はレキシントン級に比べてほぼ全ての面で性能が劣っているといえる。特に機関出力は45,000馬力も違いがあり、その結果、速力に4ノットの差が出てしまっているのが大きい。

 

戦歴

03_赤城
(画像はwikipediaより転載)

 

 全通式空母に改装された赤城は、1939年1月に第一航空戦隊旗艦として日中戦争に出撃、海南島攻略戦に参加している。1941年4月には第一航空艦隊に編入。12月に開戦した太平洋戦争では、第一航空艦隊旗艦として真珠湾攻撃に参加、1942年1月にはラバウル攻撃、ポートダーウィン攻撃、チラチャップ攻撃を行う。4月にはセイロン沖海戦に参加、6月のミッドウェー海戦にも旗艦として参加撃沈された。

 

赤城艦長青木大佐

 

 ミッドウェー海戦において赤城が撃沈された時、艦長の青木泰二郎大佐は赤城と運命を共にしようとするが説得されて退艦した。このため帰国すると即日予備役に編入、即座に召集され閑職に回される。青木大佐は太平洋戦争を生き抜き、1962年に他界する。

 

⇒艦船一覧へ戻る

 

amazonで航空母艦 赤城を探す

楽天で航空母艦 赤城を探す

 




 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング