01_XF5F_skyroket
(画像はwikipediaより転載)

 

グラマンXF5F

 

 

性能

全幅 12.8m
全長 9.80m
全高 3.45m
自重 3,630kg
最大速度 616km/h(高度6,096m)
上昇力 1,220m/分
上昇限度 11,000m
エンジン出力 1,200馬力(ライトXR-1820-40/-42空冷星型9気筒レシプロエンジン)
航続距離 1,800km
翼面荷重163kg/立方メートル 乗員 1名
武装 23mm機関砲2門、12.7mm機関砲2門、または12.7mm機銃4門
爆装 75kg爆弾(165ポンド)2発または
   2.4kg空対空爆弾20発または
初飛行 1940年4月1日
総生産数 1機
設計・開発 ロバート・L・ホール / グラマン社

 

概要

 グラマンの技師、ロバート・L・ホールによって設計された試作艦上戦闘機。エンジンは1,200馬力ライトXR-1820-40/-42空冷星型9気筒レシプロエンジンを2基装備、プロペラは三翅で、それぞれ逆回転する二基のエンジンによってトルクを打消し機体安定性を高めている。さらにエンジン間の距離を縮めることによりロール率を高める効果も期待された。

 1940年4月1日初飛行、双発エンジンで航続距離の長い上に最高速度は616km/hを発揮、独特の形状から注目を集めたが、構造の複雑さ、母艦での運用を考慮すると保守的な単座戦闘機に軍配が上がった。この時点ですでにF4Uコルセア戦闘機が最高速度650km/hを記録していたこともあり、制式採用されることはなく試作1機のみで終わった。

 

 

制式採用はされず

 グラマン社ではデータを採取するためのテスト機として運用されたが、1944年12月11日、主脚の故障で胴体着陸、機体は大破したため破棄された。改良型としては陸軍向けに艦上機の装備を取り外し排気タービン過給器付きライトR-1820-67/-69を装備、機種を流線形に成形したXP-50があったが、飛行中に過給器が爆発して墜落してしまった。

 XF5Fは制式採用されることはなかったが、この試作機から得られた経験は当時、グラマンが開発していた双発戦闘機XF7F-1タイガーキャットの設計に生かされた。海軍の宣伝に利用されたため知名度は高い。総飛行回数211回、総飛行時間155.7時間。米国ではコミック『ブラックホーク』の主人公の愛機として有名である。

 

amazonでXF5F スカイロケットを探す

>楽天でXF5F スカイロケットを探す

 

⇒航空機一覧へ戻る

 




 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング