01_F8Fベアキャット
(画像はwikipediaより転載)

 

F8Fベアキャット

 

 

性能

全幅 10.82m
全長 8.43m
全高 4.17m
自重 3,322kg
最大速度 689km/h(高度5,730m)
上昇力 6,096mまで4分54秒
上昇限度 10,607m
エンジン出力 2,100馬力(P&W R-2800-34W エンジン)1基
航続距離 3,352km(増槽装備時)
乗員 1名
武装 12.7mm機関砲4門(携行弾数各300)
爆装 最大搭載量1,633kg
初飛行 1944年8月21日
総生産数 1,265機
設計・開発 ウィリアム・トーマス・シュウェンドラー、ロバート・L・ホール / グラマン社

 

小型の艦上戦闘機が欲しいの!

 小型機に大馬力エンジンを装備するという新しいコンセプトのもとに開発されたレシプロ機である。F8F設計当時の第一線機であったF6Fヘルキャットは堅実な設計によりまとめられた高性能機であった。しかし機体は大型化してしまったため、小型の護衛空母からはカタパルトを使用しないと発艦できなくなってしまった。このためエンジンはF6Fヘルキャットと同じP&W R-2800エンジンを使用し機体はF6Fよりも小型化したのがF8Fである。

 

重量級軽戦闘機

 この結果、完成したF8F-1は全長8.43m、全幅10.82m、全高4.17m、自重3,322kg、翼面荷重193.5kg/屐▲┘鵐献鵑P&W R-2800-34W最大2,750馬力で最高速度は689km/h(高度5,730m)に達する。F6F-3の全長10.24m、全幅13.06mと比べると全長で1.81m、全幅2.24mも短縮され、重量はF6Fの4,176kgに対して3,322kg、プロペラもF6Fの3.99m3翅に対して3.84m4翅と小型化された。この結果、何と1,000馬力級の戦闘機である日本海軍の零戦よりも小型の機体となってしまった。しかし言っても2,000馬力級エンジン搭載機、機体が軽量化された分、上昇力は6,096mまで4分54秒と凄まじく、F6Fの6,000mまで7分00秒、零戦52型の7分01秒を遥かに凌駕していた。

 

特殊な艦上戦闘機

 しかし小型化したために犠牲になった能力も多い。上昇限度は10,607mとF6Fの11,826よりも1,000m低く、武装はF6Fの12.7mm機銃6挺に対して4挺(各300発)と70%に減少してしまっている。何でもデカくて頑丈、汎用性が高い機体が多い米国製航空機としては珍しいパターンである。主翼の折畳方法はF6Fのように複雑な方式ではなく、主翼の外側1/3を上方に跳ね上げるというシンプルな形式となった。これは軽量化のために複雑な機構を省略した結果かもしれない。

 1943年11月には機体設計が完了、1944年8月21日に初飛行をした。翌年1945年2月に米海軍に納入、VF-19に配備されたが実戦に参加する前に終戦となった。米海軍と一部の海兵隊航空隊に配備されたが、この時期になると戦闘機の趨勢はジェット機に代わりつつあり、これまでの主力戦闘機は戦闘爆撃機に任務を変えて運用されていったのに対して燃料や爆弾の搭載量が少ない本機には戦爆への道はなくジェット戦闘機に道を譲った。

 バリエーションは大きくオリジナルのF8F-1とF8F-2の二種類がある。F8F-2はエンジンを2,250馬力R-2800-30Wエンジンに換装、垂直尾翼の大型化、カウリングの再設計、20mm機銃4門への換装等が行われた。それぞれ夜間戦闘機仕様、無人機使用などの特殊な仕様がある。総生産数は1,265機。

 

 

 

戦歴

 F8Fの初めての実戦参加は第一次インドシナ戦争で米軍からフランス軍に引き渡された約200機のF8Fが実戦で使用されている。さらにこの200機の内にインドシナ戦争を生き残った28機が南ベトナム空軍に提供された他、タイ空軍に129機供与されている。米海軍では1955年に退役したものの、タイ空軍では1960年、南ベトナム空軍では1963年まで使用された。

 軽量化と小型化というコンセプトで設計された本機はジェット機の登場によって一気に陳腐化したもの、戦後に米海軍曲芸飛行チームブルーエンジェルスのF6Fに次ぐ二代目の採用機種となり、エアレースでは現在でもその特性を生かして活躍している。850km/hというレシプロ機最速記録を持っているのも本機である。

 

⇒航空機一覧へ戻る

 

amazonでF8F ベアキャットを探す

楽天でF8F ベアキャットを探す

 




 

↓良かったらクリックして下さい。


ミリタリーランキング