トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

カテゴリ:航空機 > 偵察機

(画像はwikipediaより転載)   要約  瑞雲は愛知航空機が開発した急降下爆撃も可能な水上爆撃機でフロート付きの水上機としては驚異的は最高速度442km/hを発揮する。さらに翼内には20mm機銃、旋回銃も13mm機銃と重武装で信頼性も高い傑作機であった。しかし実戦投入され ...

(画像はwikipediaより転載)    零式水上偵察機(零式三座水偵)とは、愛知時計電機(のちの愛知航空機)が開発した三座水上偵察機で、当時としては快速で安定性が良い傑作機で、日中戦争から太平洋戦争全般にわたって偵察任務だけでなく、船団護衛、哨戒、魚雷艇攻撃等 ...

(画像はwikipediaより転載)    九八式水上偵察機とは、日本海軍のお家芸である夜襲水雷戦で敵艦隊の補足、着弾観測を行う専用の飛行艇であった。水雷戦隊旗艦に搭載されて運用されたが、夜襲水雷戦の重要度が下がったことやレーダーの登場等により後継機は製作されなか ...

(画像はwikipediaより転載)    陸上偵察機景雲とは、日本海軍の陸上偵察機である。陸偵の重要性は訴えられていたが、それまでは九七式司令部偵察機を海軍仕様にした九八式陸上偵察機、二式陸上偵察機、百式司令部偵察機と転用してきた海軍が初めて専用の陸偵として開発 ...

(画像はwikipediaより転載)    九五式水上偵察機とは、1935年に制式採用された二座水上偵察機で目新しいアイデア等は無かったが、安定性、操縦性に優れた傑作機であった。九六式艦上戦闘機並みと言われた運動性能によって戦闘機代わりに使用された他、爆撃や哨戒とあら ...

(画像はwikipediaより転載)    九四式水上偵察機とは、複葉布張りの3人乗り水上偵察機であるがあまりの高性能にドイツからライセンス生産の要求があったと伝えらえているほどである。また海軍関係者をして「本機の出現は航空作戦に寄与すること大なり」と言わしめたほど ...

(画像はwikipediaより転載)    零式観測機とは艦砲の弾着観測専用に開発された航空機で全金属製の最後の複葉機である。太平洋戦争は主力艦同士の砲撃戦から航空機を中心とした戦術に移行していたため本来の弾着観測に用いられることはなかったが、高い格闘戦能力から船 ...

(画像はwikipediaより転載)    キ74は立川飛行機が開発した長距離偵察爆撃機である。排気タービン過給器と与圧キャビンを装備しており、高高度での高速飛行を実現した。航続距離も四発重爆並みにあったことから陸軍の次期主力爆撃機に決定したが、試作機を含め14機が生 ...

(画像はwikipediaより転載)   水上偵察機紫雲〜概要〜    紫雲は潜水艦隊旗艦用巡洋艦として建造された大淀に搭載するために製作された高速水偵で生産数はわずか15機のみであったが、二重反転プロペラを始めとする画期的な技術を採用した水偵で、当時の水上機では最 ...

(画像はwikipediaより転載)   艦上偵察機彩雲 〜概要〜    彩雲は太平洋戦争開戦後に開発が始まった高速偵察機であった。試作機は最高速度653km/h、戦後アメリカで高オクタン価の燃料で試験した結果は694km/hと当時の航空機としては抜群の高速性能を発揮したが、主 ...

(画像はwikipediaより転載)    二式大型飛行艇、通称二式大艇は太平洋戦争当時、世界最高性能の飛行艇であった。離水する時に発生するポーポイズ現象(水面をぴょんぴょん跳ねて水面に突っ込んでしまう現象)という問題はあったが、速度、航続距離などどれをとっても世 ...

(画像はwikipediaより転載)    戦前、戦中と日本が掛け値なしで世界一だったのは大型飛行艇である。飛行艇が高性能だった理由は、全周囲が海に囲まれた日本の地理的要因が大きかったのかもしれない。国産最大級の九七式大艇、その後継の二式大型飛行艇と間違いなく世 ...

↑このページのトップヘ