トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

カテゴリ:航空機 > 爆撃機

(画像はwikipediaより転載)   要約  B-17の後継機として開発された機体でデイビス翼を採用することにより長い航続距離を獲得した。最高速度は475km/hで航続距離は3,380kmを発揮した。反面、防御力が弱く武装もB-17に比べて若干弱い。それでも各種改良型が開発され総生 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  晴嵐は太平洋戦争後期に開発された日本海軍で唯一の水上攻撃機である。攻撃機とは水平爆撃と共に雷撃ができる機種のことで、爆撃のみの機種は爆撃機と呼称された。水上攻撃機とは水上、すなわちフロートを持つ水上機であり、なおか ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  B-18ボロはマーティンB-10爆撃機の後継機として制式採用された。真珠湾攻撃時には米陸軍の爆撃機の中で最大の配備数であった。しかし航続距離が短く米国が第二次世界大戦に参戦するとすぐにB-17爆撃機やB-24爆撃機に取って代わら ...

(画像はコンベアB36 wikipediaより転載)   要約  超重爆撃機 富嶽とは、太平洋戦争後期に中島飛行機創業者中島知久平の独創によって計画された超大型戦略爆撃機である。これは米国でも実現不可能な計画であり、大型機の開発経験すら無い日本には不可能な計画であった ...

(画像はwikipediaより転載)   Tu-16バジャー爆撃機     性能 全幅 33.0m 全長 34.8m 全高 10.36m 自重 37,200kg 全備重量 76,000kg 最大離陸重量 79,000kg 最大速度 1,050km/h 上昇力  - 上昇限度 11,200m エンジン出力 8,200kg×2基(ミクーリン ...

(画像はwikipediaより転載)   B-45 トーネード     性能 全長 23.14m 全幅 29.26m 全高 7.67m 自重 20,726kg 最大速度 917km/h(高度 - m) 上昇力  - 上昇限度 14,100m エンジン出力 推力2,712kg(GE J47-GE-13 ターボジェットエンジン)4基 航続距 ...

(画像はwikipediaより転載)    キ115剣とは、太平洋戦争末期に中島飛行機が開発した特攻専用のレシプロ機である。大量に余ったエンジンを有効活用するために木材や鋼鉄などの入手が容易な材料で簡単に製造できるように設計されていた。完成した試作機は長所が一つもない ...

(画像はwikipediaより転載)   ツポレフ Tu-4     性能 全幅 43.05m 全長 30.18m 全高 8.46m 自重 35,270kg 最大速度 558km/h(高度10,250m) 上昇力 4.6m / 秒 上昇限度 11,200m エンジン出力 1,790馬力(シュベツォフ ASh-73TK エンジン)4基 航続距 ...

(画像はwikipediaより転載)    九九式艦上爆撃機とは、日本海軍で初めて全金属製単葉の艦上爆撃機で開発時は世界最高水準の機体であった。しかし太平洋戦争開戦後は旧式化が目立つようになり、さらには防弾性能が皆無であったため搭乗員からは「九九式棺桶」「九九式棺 ...

  超要約    B-29は1942年に初飛行した米国の戦略爆撃機である。ターボチャージャー、与圧室、リモート砲塔等の先進的な装備を持ち長大な航続距離を生かして日本への戦略爆撃を敢行、さらに広島と長崎に原子爆弾を投下している。このB-29の最大の意義は長大な航続距 ...

(画像はwikipediaより転載)    九九式双軽爆撃機とは、1940年に制式採用された日本陸軍の双発軽爆撃機である。三式戦闘機飛燕の設計で有名な土井武夫技師の設計である。航続距離、爆弾搭載量こそは少なかったものの、速度、運動性能は抜群であり太平洋戦争終戦まで活躍し ...

(画像はwikipediaより転載)    九九式襲撃機・軍偵察機とは、1939年に初飛行した日本陸軍の襲撃機・偵察機で、機体は堅実な設計で固定脚を採用、安定したエンジンを装備していたため信頼性が高く使い勝手の良い機体であった。このため本来の用途以外にも練習機や連絡機と ...

(画像は九七式艦攻 wikipediaより転載)    九七式艦上攻撃機とは1937に制式採用された日本海軍の艦上攻撃機である。ひとくちに九七式艦攻といっても中島製と三菱製の二種類が存在する。それぞれ一号、三号(中島)、二号(三菱)と呼ばれている。中島製は1937年1月8日 ...

(画像はwikipediaより転載)    九八式軽爆撃機とは、川崎航空機によって開発された陸軍の単軽爆撃機である。三菱製九七式単軽爆撃機と制式採用を競ったが三菱に軍配が上がり、不採用になるところであったが、日中戦争の勃発により制式採用された。液冷式エンジンを装備 ...

↑このページのトップヘ