トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

カテゴリ:艦船 > 航空母艦

(画像はwikipediaより転載)   要約  インディペンデンス級軽空母は米海軍の空母不足を解消する目的で建造された空母であった。軽巡洋艦を空母に改装したもので同型艦は9隻である。排水量11,000トンで艦載機は30機と少ないが最高速度は32ノット、カタパルトを装備して ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  エセックス級航空母艦はヨークタウン級空母をベースに改良された空母で開放型格納庫を持つ。最高速度33ノットで32隻が計画され24隻が竣工、第二次世界大戦では米海軍の中核として活躍した。戦後は数度の大改装を行い1990年代初頭 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  航空母艦ヨークタウン級はワシントン条約制限内で建造された米国空母である。排水量19,000トン、全長251mで最高速度は34ノット、空母レンジャーの経験を踏まえ防御力が強化されている。太平洋戦争では初戦から活躍、1番艦ヨークタ ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  航空母艦レンジャーは米海軍初の空母として建造された空母である。性能は日本空母蒼龍、飛龍に匹敵する。格納庫は半開放型で急降下爆撃機に対する機銃も装備している。第二次世界大戦では防御力の弱さから太平洋戦域には派遣されず ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  航空母艦レキシントン級は1927年に竣工した米海軍最初の実用空母であった。条約下の建造であったが排水量は条約の規定を3,000トン上回っている。過渡期の空母であったため20.3cm砲8門を搭載しているが、太平洋戦争開戦後に撤去し ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  航空母艦ラングレーは米海軍初の航空母艦である。給炭艦ジュピターとして竣工した艦を航空母艦に改装した。同時期の空母鳳翔に比べて小型で速力も遅かった。このため試験用、訓練用として運用された。太平洋戦争初期に日本海軍航空 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  航空母艦大鳳は飛行甲板に装甲を施した空母である。これにより重心位置が上昇したため艦内甲板は翔鶴型より1層減らしており艦載機数は少なくなった。最高速度は33ノットである。初の実戦はマリアナ沖海戦であるがこの海戦で大鳳は ...

(画像は瑞鶴 wikipediaより転載)   要約  航空母艦翔鶴型は前級飛龍型を大型化した空母である。機関は大和級戦艦と同じ機関を使用しているため大型空母でありながら34ノットという高速を発揮できる。飛行甲板が若干小さかったことを除けばバランスの良い空母で日本 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  航空母艦飛龍は蒼龍と姉妹艦として建造が開始されたものの軍縮条約脱退により設計の自由度が増したため蒼龍とは異なる準同型艦となった。最大の特徴は蒼龍よりも大型化された艦橋が飛行甲板上左側に設置されていることである。日 ...

(画像は空母蒼龍 wikipediaより転載)   要約  航空母艦蒼龍はワシントン海軍軍縮条約の枠内で計画がスタートしたがその後日本が条約を脱退したため通常の空母として設計されることとなった。それまでの事故を教訓とした結果、バランスの取れた中型高速空母となった ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  水上機母艦若宮は英国製の貨物船で日露戦争中に日本軍に拿捕、没収された。当初は運送船として運用されたが1914年に水上機母艦に改装、第一次世界大戦に参加している。その後二等海防艦となり運用され続けたが、1931年に除籍され ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  航空母艦龍驤は水上機母艦若宮の代艦として水上機母艦として建造が計画された艦であったが、数度の設計変更により通常の空母として完成した。この変遷により龍驤は大型化。上部構造物がどんどん増えていき重心位置が高くなってし ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  加賀はワシントン海軍軍縮条約により廃艦となる予定の戦艦を改装した空母である。三段空母として竣工した。三段空母は実用性に乏しく速度も遅かったため1935年に大改装を行い全通式飛行甲板となり最高速度も向上した。搭載機数も9 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  1922年に竣工した空母鳳翔は世界で初めて空母として計画されて建造された空母であった。艦載機15機を搭載することができる。当初はアイランド型艦橋であったがのちに飛行甲板前前部に移動している。日中戦争で初の実戦参加、太平 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  第二次世界大戦の勃発によりドイツに帰港できなくなったドイツ大型貨客船を日本海軍が買い取り空母へと改装された。1943年12月に空母神鷹となり海上護衛総司令部へ編入されたが機関不調のため日本製の機関へ変更される。1944年3月 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  海鷹は1939年に貨客船あるぜんちな丸として竣工、1941年に海軍に徴庸された。1942年に特設輸送船としてミッドウェー攻略戦に活躍するが1942年12月に海軍に買収、1943年11月に空母への改装が完了、同年12月に海上護衛司令部へ編入 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  大鷹型3隻は戦時には軍艦に改装することを条件に海軍が助成金を出して建造した貨客船改造空母である。太平洋戦争開戦後3隻とも特設空母に改装、1941年から42年にかけて竣工した。しかし空母としては小型、低速であったため艦隊空 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  改鈴谷型重巡洋艦として建造が開始されたものの空母不足により空母への改装が決定した。大型化した航空機に対応するために飛行甲板を延長した結果船体前方に艦橋を設置できなくなったため日本の軽空母では珍しくアイランド型艦橋 ...

(画像は水上機母艦千歳 wikipediaより転載)   特徴  千歳型は日本海軍初の水上機母艦として建造された艦であった。1940年に千代田は甲標的母艦として改装した状態で太平洋戦争開戦を迎える。1943年には空母不足から両艦ともに空母へと改装された。竣工後は船団護衛 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  龍鳳は軍縮条約の抜け道として潜水艦母艦として建造、有事の際には航空母艦に改装できるように設計されていた。電気溶接を多用したことと大型艦としては初めてディーゼル機関を採用したことが特徴である。  潜水艦母艦として太平 ...

(画像はwikipediaより転載)   航空母艦 隼鷹型     性能  基準排水量 24,140トン  全長 219.32m  全幅 26.70m  飛行甲板 210.30m x 27.30m  エレベーター 2基  機関出力 56,250馬力  最大速力 25.5ノット  航続距離 10,000海里 / 18ノット   ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  航空母艦 赤城とは、天城級巡洋戦艦の2番艦であったが、ワシントン海軍軍縮条約により空母へ改装された。当初は三段空母であったが、のちに全通式空母に改装、これらの変遷を経たために艦内の構造は複雑、居住性は最悪であった。太 ...

↑このページのトップヘ