トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

カテゴリ: 銃 -gun-

(画像はwikipediaより転載)   要約  SG550自動小銃とは、1983年にスイス軍に制式採用となったSIG社製自動小銃でNATO弾に準拠した5.56mm弾を使用する。最大の特徴は高い命中精度で300mで7cm×7cm以内に集弾するという驚異の高性能を発揮する。ストック、ハンドガードは ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  H&KG36とは、1996年にドイツ連邦軍に制式採用された自動小銃で5.56mmNATO弾を使用する。近未来的な外観はしているものの構造は保守的な設計となっている。同時に外装にはプラスチックを多用、マガジンも半透明にする等、最新の技術 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  1990年に発売されたイスラエル製ハンドガンがジェリコ941である。アメリカでは「ベビーイーグル」とも呼ばれている銃で、現在でも販売が続けられているロングセラー商品である。ガスガンではKWCやハドソン産業が製造しており、アニ ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  タボール21とは、1999年に採用されたイスラエル製アサルトライフルである。基本構造にブルパップ式を採用している。オーストリア製ブルパップ式自動小銃ステアーAUGの特徴である強化プラスチック製のストックを採用してはいるが、マ ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  AK74とは、1974年にソビエト連邦軍が制式採用したAKMの改良型で口径を小口径化、大型のマズルブレーキを装着して近距離での能力を向上させたモデルである。基本構造は変わらないものの、ハンドガードとストック、マガジンがプラスチ ...

(画像はFA-MASF1 wikipediaより転載)   要約  FA-MASとは、フランス軍が1977年に制式採用したブルパップ式自動小銃である。小型軽量であるにも関わらず長銃身であり、ブルパップ式の構造と相まって高い命中精度を誇るが、ブルパップ式にしたことによりサイト間の照準 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  ステア―AUGとは、1977年にオーストリア軍が制式採用したブルパップ式自動小銃でプラスチックを多用した本体にフォアグリップ、光学照準器が標準装備されている上にモジュール・パーツで構成されているためパーツの交換によってカー ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  コルトパイソンは1955年に発表されたコルト社の最高級リボルバーである。38口径で357マグナム弾を使用することができる。メカニズム的には古いものの銃身上部のベンチリブや下部のアンダーラグによる外観の美しさは圧倒的である。 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  三八式歩兵銃とは、1906年に制式採用された日本軍の主力小銃である。6.5mmの小口径高速弾を使用するため命中精度が高いものの部品が規格化されておらず最後は職人によって調整されるため同じモデルでも部品の互換性がないという欠点 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  AK47とは、1949年にソビエト連邦軍に制式採用されたアサルトライフルでM16自動小銃、M4と並んでアサルトライフルの代名詞となっている小銃である。ドイツのStG44を参考に開発された銃で他のアサルトライフルに比べ反動が強く命中精 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  イングラムM10/11は1960年代に開発されたサブマシンガンであまりにも小型軽量なためマシンピストルに分類されることもある。シンプルな構造で連射速度が速く、特殊部隊用の武器としてベトナム戦争でも実戦投入された特殊なサブマシ ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  M4カービンとは、1994年に米軍に採用されたカービン銃で、第二次世界大戦中に採用されたM1カービン、そのフルオート版であるM2カービン、暗視装置を装備したM3カービンに次いで制式採用された4番目のカービン銃である。銃身を20イン ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  89式小銃とは、1989年に自衛隊に制式採用された小銃で口径は5.56mm装弾数20発/30発の日本製小銃である。命中精度は非常に高くプレス加工とプラスチックを多用した本体は諸外国の小銃と比べてもそん色はない。日本人の体形に合わせて ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  S&W M29は1955年に発表、1956から発売されたリボルバーで当時世界最強のカートリッジである44口径マグナムを発射することができる。M1950のフレームを強化した銃で装弾数は6発、映画『ダーティハリー』で一躍有名になった。S&W社の ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  二十六年式拳銃とは明治26年(1893年)に完成した日本製リボルバーで翌年制式採用された銃だ。DAのみで口径は9mmであるが意図的にライフリングが深く掘られているため威力は弱いものの、工具無しでサイドプレートが外せるなどの特徴 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約      コルトM45A1とは、1980年代後半に米海兵遠征部隊が採用したMEUピストルの後継モデル。M1911を開発したコルト社製でそれまで制式採用されていたM1911A1の外装、内部機構に改良が加えられたモデル。フラットダークアースの外 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  K9はカー・アームズ社が1995年に発売したコンパクトオートである。全長152mm、重量710gと小型軽量でありながら9mmパラベラム弾を発射することができる。装弾数は7発で+P弾も使用可能である。マニュアルセイフティはないがトリガー ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  デリンジャーM95はレミントン社が1866年に発売した小型ハンドガンである。41口径でSA、上下二連バレルを採用している。全長は123mmと小さいため護身用として人気があった。20世紀に入ると威力不足とSAの不便さから徐々に人気が落 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  M83はフリーダムアームズ社が1983年に発売したSAリボルバーである。スタームルガー社スーパーブラックホークをベースにカートリッジは454カスール弾を使用できるように改良されている。価格は非常に高いが、ほぼ手作業で製造され ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  COP357は357マグナム弾を発射することができる小型護身用ハンドガンである。DAOで装弾数は4発、安全装置はない。単純な構造で非常に頑丈であるが重量がありトリガープルも重く、命中精度も悪く装填不良も多かったため商業的には失 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  Mk1はスタームルガー社初の製品で22LR弾を使用するピストルである。デザインは南部式大型拳銃をモチーフにしている。プレス加工を多用しておりストレートブローバック方式を採用したシンプルな構造である。1949年に発売して以来、現 ...

(画像はAMT ハードボーラー wikipediaより転載)   要約  クーナン357はダン・クーナンによって開発された357マグナムオートである。リムドカートリッジを使用するピストルでコルトM1911をベースにしたため外観はM1911に似ている。オールステンレス製で命中精度は非 ...

(画像はM1911 wikipediaより転載)   要約  サービスエースは45ACP弾という強力なカートリッジを使用するM1911の練習用として設計された22LR弾を使用するハンドガンである。外観はM1911と全く同じである。ストレートブローバック方式を採用、フローティングチャンバー ...

↑このページのトップヘ