トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

カテゴリ: 艦船

(画像はwikipediaより転載)   要約  インディペンデンス級軽空母は米海軍の空母不足を解消する目的で建造された空母であった。軽巡洋艦を空母に改装したもので同型艦は9隻である。排水量11,000トンで艦載機は30機と少ないが最高速度は32ノット、カタパルトを装備して ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  エセックス級航空母艦はヨークタウン級空母をベースに改良された空母で開放型格納庫を持つ。最高速度33ノットで32隻が計画され24隻が竣工、第二次世界大戦では米海軍の中核として活躍した。戦後は数度の大改装を行い1990年代初頭 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  航空母艦ヨークタウン級はワシントン条約制限内で建造された米国空母である。排水量19,000トン、全長251mで最高速度は34ノット、空母レンジャーの経験を踏まえ防御力が強化されている。太平洋戦争では初戦から活躍、1番艦ヨークタ ...

(以下画像はwikipediaより転載)   要約  戦艦テネシー級は排水量32,600トン、全長190m、速力21ノットの米国戦艦である。同型艦は2隻で主砲は35.6cm砲を装備、水中防御を強化したのが特徴である。真珠湾攻撃時には2隻とも真珠湾に在泊、両艦ともに被害を受ける。その後 ...

(以下画像はwikipediaより転載)   要約  コロラド級戦艦は日本の長門級戦艦に対抗して建造された戦艦である。3隻が建造されており、排水量32,600トン、最高速度は21ノット、主砲は長門級と同じ40.6cm砲を搭載する。真珠湾攻撃では2隻が被害に遭うが第二次世界大戦後半 ...

(以下画像はwikipediaより転載)   要約  リヴェンジ級戦艦は艦名が全てRで始まることからR級戦艦と呼ばれている。クイーン・エリザベス級戦艦の廉価版ともいえる艦で同型艦は5隻建造された。主砲は38.1cm砲を搭載、最高速度は23ノットで火力は高いが装甲は若干弱い。第 ...

(以下画像はwikipediaより転載)   要約  ヴァンガードは英海軍最後の戦艦である。戦時急造戦艦であるため主砲は空母へと改装された戦艦のもの、機関は建造中止されたライオン級のものを転用している。しかし第二次世界大戦での戦訓を設計に取り入れて設計変更したため ...

(以下画像はwikipediaより転載)   要約  巡洋戦艦フッドはドイツ海軍の戦艦マッケンゼン級に対抗して4隻が建造された。しかし同級が建造を中止したためネームシップフッド1隻のみが竣工している。排水量42,000トンの巨艦で38.1cm砲を装備、最高速度は29.5ノットを発揮 ...

(以下画像はwikipediaより転載)   要約  巡洋戦艦レナウン級はR級戦艦の6番艦、7番艦に相当する戦艦を巡洋戦艦に改造した戦艦であった。このため艦名はどちらもRから始まる。主砲は38.1cm砲を3基装備しており最高速度は32ノットを発揮する。2度の近代化改装を行ったの ...

(以下画像はwikipediaより転載)   要約  クイーン・エリザベス級戦艦は超ド級戦艦を上回る超々弩級戦艦として建造された。主砲は計画時には未完成であった38.1cm砲を搭載、燃料を石炭から重油に代えた英国最初の大型艦であった。火力、装甲、速度ともに当時の戦艦の最 ...

(以下画像はwikipediaより転載)   要約  戦艦丹後は日露戦争において鹵獲したロシア戦艦ポルタワである。大破着底していた戦艦ポルタワを日本軍が引き揚げて2年間の修理ののちに戦艦丹後として運用した。主砲や機関を交換しているため速度が2ノット遅くなった。第一次 ...

(以下画像はwikipediaより転載)   要約  筑波級巡洋戦艦は日露戦争で喪失した戦艦の補充のために建造された。戦艦と巡洋艦の火力を併せ持つ装甲巡洋艦であったが建造中にドレットノート級戦艦が完成していたために完成と同時に旧式艦となってしまった。第一次世界大戦 ...

(画像は伊吹 以下画像はwikipediaより転載)   要約  鞍馬級は装甲巡洋艦として起工、その後艦艇類別が巡洋戦艦に変更された。日露戦争中に起工されたものの戦争はすでに終結していたため様々な試みがなされている。主砲の他に中間砲を装備しているため戦艦と巡洋艦の ...

(以下画像はwikipediaより転載)    要約  キング・ジョージ5世級はドイツのビスマルク級戦艦に対抗する目的で建造された無条約時代の戦艦である。主砲は35.6cm砲で最高速度は28ノット5隻が建造された。初陣はビスマルク追撃戦で同型艦2隻が参加している。2番艦プリン ...

(以下画像はwikipediaより転載)    要約  ネルソン級戦艦は条約時代に建造された戦艦である。艦橋前部に主砲3基を集中して配置する独特の構造をとっている。重装甲で重火力を誇るが最高速度23ノットと航行性能は悪い。同型艦は2隻で船団護衛、ノルマンディー上陸作戦 ...

(以下画像はwikipediaより転載)    要約  天城級巡洋戦艦は八八艦隊計画において建造された大型巡洋戦艦である。巡洋戦艦ではあるが装甲以外はほとんどの能力で加賀級戦艦を上回っている。ワシントン軍縮条約により廃艦が決定するが航空母艦への転用が認められたため ...

(以下画像はwikipediaより転載)    要約  加賀級戦艦は八八艦隊計画において建造された大型戦艦である。排水量、主砲数、装甲は長門級を上回り、速度は長門級と同等という強力な戦艦であったがワシントン軍縮条約の締結により廃艦が決定する。その後紆余曲折があり1番 ...

(以下画像はwikipediaより転載)    要約  大和級戦艦は米戦艦を上回る戦艦を目指して建造された世界最大の戦艦であった。主砲は46cm砲で射程は4万m以上、装甲はバイタル・パート方式で艦橋構造物も計画的に設計された。4隻建造予定であったが2隻完成、1隻は航空母艦と ...

(以下画像はwikipediaより転載)   要約  戦艦長門級は八八艦隊の第一号として建造された艦で日本で初めて30,000トンを超えた戦艦である。主砲は当時最大の41cm砲で連装4基を装備した。ユトランド海戦の戦訓を取り入れ重装甲化され、最高速度26.5ノットは当時の戦艦の水 ...

(以下画像はwikipediaより転載)   要約  戦艦伊勢級は扶桑型の3番艦、4番艦として計画されたが扶桑級の欠陥に改良を加えたため伊勢級として竣工した。扶桑級と同じく主砲は35.6cm砲で中心線上に連装6基が配置された。3番砲塔、4番砲塔の位置が扶桑級とは異なる。太平洋 ...

(以下画像はwikipediaより転載)   要約  扶桑級戦艦は主砲に35.6cm砲を搭載した日本初の超ド級戦艦である。建造中に航空機の発展が加速したために戦艦で初めて高角砲を搭載している。数度の改装により近代化をしたものの太平洋戦争開戦時には旧式化が否めずに開戦後 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  航空母艦レンジャーは米海軍初の空母として建造された空母である。性能は日本空母蒼龍、飛龍に匹敵する。格納庫は半開放型で急降下爆撃機に対する機銃も装備している。第二次世界大戦では防御力の弱さから太平洋戦域には派遣されず ...

(以下画像は全てwikipediaより転載)   要約  金剛級戦艦は日本海軍の巡洋戦艦、戦艦である。技術移転の目的で1隻は英国で建造、姉妹艦3隻は日本で建造された。主砲は当時世界最大の砲であったが装甲の脆弱性や高速化のために2度の改装を受けている。その結果、最高速 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  航空母艦レキシントン級は1927年に竣工した米海軍最初の実用空母であった。条約下の建造であったが排水量は条約の規定を3,000トン上回っている。過渡期の空母であったため20.3cm砲8門を搭載しているが、太平洋戦争開戦後に撤去し ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  航空母艦ラングレーは米海軍初の航空母艦である。給炭艦ジュピターとして竣工した艦を航空母艦に改装した。同時期の空母鳳翔に比べて小型で速力も遅かった。このため試験用、訓練用として運用された。太平洋戦争初期に日本海軍航空 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  航空母艦大鳳は飛行甲板に装甲を施した空母である。これにより重心位置が上昇したため艦内甲板は翔鶴型より1層減らしており艦載機数は少なくなった。最高速度は33ノットである。初の実戦はマリアナ沖海戦であるがこの海戦で大鳳は ...

(画像は瑞鶴 wikipediaより転載)   要約  航空母艦翔鶴型は前級飛龍型を大型化した空母である。機関は大和級戦艦と同じ機関を使用しているため大型空母でありながら34ノットという高速を発揮できる。飛行甲板が若干小さかったことを除けばバランスの良い空母で日本 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  航空母艦飛龍は蒼龍と姉妹艦として建造が開始されたものの軍縮条約脱退により設計の自由度が増したため蒼龍とは異なる準同型艦となった。最大の特徴は蒼龍よりも大型化された艦橋が飛行甲板上左側に設置されていることである。日 ...

↑このページのトップヘ