トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

カテゴリ: 航空機

(画像はwikipediaより転載)   要約  設計開始から完成まで1年弱という驚異的なスピードで完成したジェット戦闘機である。第二次世界大戦末期には実戦配備が完了したが偵察のみで戦闘には参加していない。基本性能は高く、朝鮮戦争で実戦投入された他、各国の空軍でも ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  P-51は米国製の戦闘機であるが、当初は英国に送るために開発された戦闘機であった。それに米軍が興味を示し制式採用した。初期のA型は高空性能が低く凡庸な機体であったがエンジンを換装したB型、C型は見違えるような高性能機と ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  日本軍における気球の歴史は日露戦争に始まる。当初は観測用であった気球であるが航空機の発達により衰退した。しかし爆弾を搭載した攻撃用兵器として注目されるようになる。この結果、気球によって日本から偏西風を利用して米国本 ...

(画像はコンベアB36 wikipediaより転載)   要約  超重爆撃機 富嶽とは、太平洋戦争後期に中島飛行機創業者中島知久平の独創によって計画された超大型戦略爆撃機である。これは米国でも実現不可能な計画であり、大型機の開発経験すら無い日本には不可能な計画であった ...

(画像はwikipediaより転載)    第二次世界大戦中最も生産された陸軍の戦闘機「隼」として有名な機体である。合計5,751機の生産数は零戦に次いで日本軍用機史上2番目の多さ。太平洋戦争開戦から終戦まで使用され、戦後もアジア地域で使用されていた。   一式戦闘機隼 ...

(画像はwikipediaより転載)   福本繁夫の経歴    撃墜72機といわれる謎の多い撃墜王である。 生年月日不明である。1920年前後生まれ。乙種予科練7期生なので、1936年6月予科練7期生として海軍に入隊したと推定される(但し、1935年とする資料もあり)。1939年3月飛練 ...

(画像はwikipediaより転載)   予科練で飛行訓練を受ける    「トッカン兵曹」とあだ名される戦中派エース小高登貫は、1923年2月26日、長野県東筑摩郡島内村に生まれた。1941年6月に横須賀海兵団に入団。海兵団終了後は、自著によると小高は搭乗員になる前には整備兵 ...

(画像はwikipediaより転載)   Tu-16バジャー爆撃機     性能 全幅 33.0m 全長 34.8m 全高 10.36m 自重 37,200kg 全備重量 76,000kg 最大離陸重量 79,000kg 最大速度 1,050km/h 上昇力  - 上昇限度 11,200m エンジン出力 8,200kg×2基(ミクーリン ...

(画像は一式貨物輸送機 wikipediaより転載)    ロ式B型高高度研究機とは、陸軍が開発した高高度研究機である。名称がキ番号ではなく「ロ式B型」という妙な名称であるのは本機が「極秘」よりもさらに上の「特秘」扱いであったことによる。具体的に研究していた内容は成 ...

(画像はwikipediaより転載)    キ77長距離研究機とは、朝日新聞社が東大航研に製作を依頼、のちに陸軍も加わって開発された長距離飛行を目的とした実験機であった。戦時中であったため国際機関からの公認はされていないが、総飛行距離16,435km、滞空時間57時間11分とい ...

(画像はwikipediaより転載)   戦闘機   日本(海軍) 機種名称初飛行所属 戦闘機九六式艦上戦闘機1935年2月4日日本海軍 戦闘機零式艦上戦闘機1941年4月日本海軍 戦闘機零戦11・21型1939年4月1日日本海軍 戦闘機零戦32・22型1941年7月14日日本海軍 戦闘機零戦52型- ...

(画像はwikipediaより転載)   F-84F サンダーストリーク     性能 全長 13.23m 全幅 10.25m 全高 4.39m 自重 6,200kg 最大速度 1,119km/h(海面高度) 上昇力 42 m / 秒 上昇限度 14,000m エンジン出力 推力3,262kg(ライト J65-W-3 ターボジェットエ ...

↑このページのトップヘ