トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

カテゴリ: 航空機

(画像は零戦21型 wikipediaより転載)   要約  零式艦上戦闘機、通称零戦は、堀越二郎技師の設計による三菱製の艦上戦闘機で1939年4月に初飛行、1940年9月13日に初空戦を行った。特徴は圧倒的な運動性能と20mm機銃という強力な火力で日中戦争から太平洋戦争初期には威 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  B-17の後継機として開発された機体でデイビス翼を採用することにより長い航続距離を獲得した。最高速度は475km/hで航続距離は3,380kmを発揮した。反面、防御力が弱く武装もB-17に比べて若干弱い。それでも各種改良型が開発され総生 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  通称「鐘馗」、米軍コードでは「トージョー」と呼ばれる。二式単戦キ-44は日本陸軍初の速度を重視した重戦闘機であり、試作機には時速626km/hにまで達したこともある。総生産数は1,225機で高速・重武装ではあったが、このため着陸 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  ビルマ方面の連合軍航空隊の中では日本軍にメッサーシュミットBf-109と零戦で編成されたブラックドラゴン飛行隊が存在するという噂があった。さらにソロモン戦線では最高速度650km/hのナゴヤタイプという高性能零戦が存在するという ...

(画像は九九式機銃。上が1号銃、下が2号銃 wikipediaより転載)   要約  九九式機銃とは、零式艦上戦闘機など海軍航空機に搭載された機銃でそれまでの7.7mm機銃に比べて圧倒的な威力を誇った。スイスのエリコン社製で日本でライセンス生産された。初期の1号銃は短銃身 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  瑞雲は愛知航空機が開発した急降下爆撃も可能な水上爆撃機でフロート付きの水上機としては驚異的は最高速度442km/hを発揮する。さらに翼内には20mm機銃、旋回銃も13mm機銃と重武装で信頼性も高い傑作機であった。しかし実戦投入され ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  晴嵐は太平洋戦争後期に開発された日本海軍で唯一の水上攻撃機である。攻撃機とは水平爆撃と共に雷撃ができる機種のことで、爆撃のみの機種は爆撃機と呼称された。水上攻撃機とは水上、すなわちフロートを持つ水上機であり、なおか ...

(画像はwikipediaより転載)    三式戦闘機は1942年12月に初飛行した日本では珍しい液冷エンジン搭載の戦闘機である。陸軍の軽・重戦闘機という区分に疑問を持った設計者が完成させた中戦ともいわれる機体は日本の航空機には珍しく頑丈であった。最高速度は590km/hである ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  P-82は米陸軍が採用した長距離掩護用戦闘機でP-51マスタングの機体を横に連結した特徴のある外観をしている。双胴でそれぞれの胴体にパイロットが乗り込み操縦する。このため交代で操縦でき長時間の飛行が可能となった。機体も速 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  B-18ボロはマーティンB-10爆撃機の後継機として制式採用された。真珠湾攻撃時には米陸軍の爆撃機の中で最大の配備数であった。しかし航続距離が短く米国が第二次世界大戦に参戦するとすぐにB-17爆撃機やB-24爆撃機に取って代わら ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  ベル社初のジェット戦闘機であった。開発を秘匿するために古い試作機の番号であるXP-59を使用している。性能は当時の現用レシプロ機に及ばずエンジンの信頼性も低く運動性能も悪かった。このためロッキード社製P-80が米軍初の実用 ...

(画像はwikipediaより転載)   P-61 ブラックウィドウ     要約  1940年バトルオブブリテンを見た米軍は夜間戦闘機の必要性を痛感、各航空機メーカーに設計を依頼、ノースロップ社の案が採用された。この機体は中型爆撃機B-25に匹敵する大きさとそれを上回る ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  設計開始から完成まで1年弱という驚異的なスピードで完成したジェット戦闘機である。第二次世界大戦末期には実戦配備が完了したが偵察のみで戦闘には参加していない。基本性能は高く、朝鮮戦争で実戦投入された他、各国の空軍でも ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  P-51は米国製の戦闘機であるが、当初は英国に送るために開発された戦闘機であった。それに米軍が興味を示し制式採用した。初期のA型は高空性能が低く凡庸な機体であったがエンジンを換装したB型、C型は見違えるような高性能機と ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  日本軍における気球の歴史は日露戦争に始まる。当初は観測用であった気球であるが航空機の発達により衰退した。しかし爆弾を搭載した攻撃用兵器として注目されるようになる。この結果、気球によって日本から偏西風を利用して米国本 ...

(画像はコンベアB36 wikipediaより転載)   要約  超重爆撃機 富嶽とは、太平洋戦争後期に中島飛行機創業者中島知久平の独創によって計画された超大型戦略爆撃機である。これは米国でも実現不可能な計画であり、大型機の開発経験すら無い日本には不可能な計画であった ...

(画像はwikipediaより転載)    第二次世界大戦中最も生産された陸軍の戦闘機「隼」として有名な機体である。合計5,751機の生産数は零戦に次いで日本軍用機史上2番目の多さ。太平洋戦争開戦から終戦まで使用され、戦後もアジア地域で使用されていた。   一式戦闘機隼 ...

(画像はwikipediaより転載)   福本繁夫の経歴    撃墜72機といわれる謎の多い撃墜王である。 生年月日不明である。1920年前後生まれ。乙種予科練7期生なので、1936年6月予科練7期生として海軍に入隊したと推定される(但し、1935年とする資料もあり)。1939年3月飛練 ...

(画像はwikipediaより転載)   予科練で飛行訓練を受ける    「トッカン兵曹」とあだ名される戦中派エース小高登貫は、1923年2月26日、長野県東筑摩郡島内村に生まれた。1941年6月に横須賀海兵団に入団。海兵団終了後は、自著によると小高は搭乗員になる前には整備兵 ...

(画像はwikipediaより転載)   Tu-16バジャー爆撃機     性能 全幅 33.0m 全長 34.8m 全高 10.36m 自重 37,200kg 全備重量 76,000kg 最大離陸重量 79,000kg 最大速度 1,050km/h 上昇力  - 上昇限度 11,200m エンジン出力 8,200kg×2基(ミクーリン ...

↑このページのトップヘ