トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

カテゴリ:銃 -gun- > ハンドガン

(画像はオートマグⅢ wikipediaより転載)   要約  オートマグⅡは1987年に発売された22WMR弾を使用するピストルである。同社が製造権を取得している44口径のオートマグと構造上の共通点はない。作動はシングルアクション、ストレートブローバック方式を採用している ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  FNX45とは、米国SOCOMのトライアルに参加するために米国のFNハースタル社が開発した45ACP弾を使用するダブルアクション、ダブルカラムマガジンのポリマーフレームオートである。マガジンキャッチ、セイフティは左右から操作できるア ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  S&W M&Pとは、2005年にS&W社が発表したポリマーフレームオートである。M&Pはミリタリー&ポリスの略で、100年前にリボルバーの歴史を変えたS&W社の名銃ミリタリー&ポリスの名を継承していることからもS&W社の期待の度合いが分かる。 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  コルトナショナルマッチとはコルト社が1932年に発売したM1911の競技用モデルである。当初は高精度のパーツを選別して組み込んだもので外観上はM1911と違いが無いが戦後に発売されたモデルは調整可能なサイトが搭載されている。1961 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  チャーターアームズ社初のリボルバーである。400g超の重量でありながら38スペシャル弾を発射することができる。サイドプレートを持たない一体型のフレームであるため強度は高い。低品質、低価格のイメージがあるが、設計者で創業者 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  キャリコM100は1986年に発売されたハンドガンである。主要パーツは強化プラスチックで筒状マガジンに22LR弾を100発装填することができる。斬新な銃であったが装填不良が多く後方に弾倉が付いているため重量バランスも悪い。照準器 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  コルトトルーパー(Trooper)は1953年に登場したコルト社の中型リボルバーである。同時に発売されたコルト357の廉価版として発売された。中型フレームを採用フレーム内にファイアリングピンを装備している。コルト357がパイソンの登 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  M1951とは、 ベレッタ社が1951年に発表したベレッタ社初の9mmパラベラム弾使用の大型拳銃でシングルアクション、シングルカラムマガジンを持つ自動拳銃である。世界各国で制式採用され大ヒットとなる。のちにはダブルアクション、 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  VP70とは、H&K社が1970年に発表した自動拳銃で、シンプル、低価格を実現させようとした銃で、世界初のポリマーフレームを採用し、9mmパラベラム弾使用でありながらストレートブローバック機構とするなど挑戦的な銃であった。専用ス ...

(画像はキャバルリー wikipediaより転載)   コルト リボルバーの変遷     コルト社創業 (画像はM1836パターソン wikipediaより転載)    1836年に創業したコルト社は、銃器に興味のない人でも知っているほどの知名度の高い銃器メーカーである。創業者 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  デトニクスコンバットマスターとは、1976年にパット・イェーツによって開発されたM1911のコンパクトモデルである。スライド、フレームが極端に短縮された上にコーンバレル、三重のリコイルスプリング、外観上は後端上部を大きく切り ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  アメリカンピストルはスタームルガー社が2016年に発売したポリマーフレーム9mmDA(ダブルアクション)ピストルである。前作SR9の後継ピストルであるがSR9をベースにせずに全くの新規で製造されている。セイフティはトリガーセイフ ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  SR1911はスタームルガー社のコルトM1911クローンである。装弾数8発で内部構造はM1911とほぼ同じであるがスタームルガー社使いやすくカスタムが施してある。製造はロストワックス製法でバレルブッシングの精度が高いので命中精度は ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  SR9は2007年にスタームルガー社から発売された9mm弾仕様のピストルである。グロック17の成功を研究した上でポリマーフレームや重めのトリガープル等、グロックの長所を取り入れた上にサムセイフティの設置等グロック以上の安全性 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  P345はP97の改良型でP97で不評であった大きすぎるグリップを縮小、チェッカリングを入れた。さらにスライドも薄くしている。これらの改良の結果、重量は増えてしまったが45ACP弾を使用するハンドガンとしては軽量である。2012年に ...

(画像はP89 wikipediaより転載)   要約  P85は米軍の次期制式採用拳銃トライアルのために開発されたハンドガンで生産を工夫することで品質を落とさずに低価格を実現している。構造はシンプルで頑丈、高性能であるが外観は好みが分かれるところである。後継機が開発 ...

(画像はS&W M41 wikipediaより転載)   要約  M2206は1990年にS&W社が22口径プリンキング用ハンドガンである。既製品であるM61エスコートを大型化したピストルで重量650g、装弾数12発であった。製造方法を工夫することでコストダウンが図られているが操作性は今ひと ...

(画像はS&WM442 wikipediaより転載)   要約  M&Pボディーガード38は38口径の小型リボルバーでデザインはM38エアウェイトの影響を強く受けている。しかしサムピースが廃止されフレーム上部にシリンダーのリリースボタンが設置された他、エジェクターロッドが延長され ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  米軍に制式採用されたM1892は38口径弾の低威力が問題となった。このためM1892を45ロングコルト仕様にしたのがニューサービスである。1909年に制式採用、M1911の登場まで米軍で使用された。その後も45ACP弾仕様に改造されたものがM ...

(画像はCZ社の伝説CZ75初期型! wikipediaより転載)   要約  Z40はダブルアクション(DA)ピストルの実績が少ないコルト社がDAピストルに豊富な実績を持つCZ社に設計を依頼して発売した40S&W弾仕様のピストルである。DAO(ダブルアクションオンリー)で全金属製でマ ...

↑このページのトップヘ