トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

カテゴリ:銃 -gun- > ハンドガン

(画像はwikipediaより転載)   要約  1990年に発売されたイスラエル製ハンドガンがジェリコ941である。アメリカでは「ベビーイーグル」とも呼ばれている銃で、現在でも販売が続けられているロングセラー商品である。ガスガンではKWCやハドソン産業が製造しており、アニ ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  コルトパイソンは1955年に発表されたコルト社の最高級リボルバーである。38口径で357マグナム弾を使用することができる。メカニズム的には古いものの銃身上部のベンチリブや下部のアンダーラグによる外観の美しさは圧倒的である。 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  S&W M29は1955年に発表、1956から発売されたリボルバーで当時世界最強のカートリッジである44口径マグナムを発射することができる。M1950のフレームを強化した銃で装弾数は6発、映画『ダーティハリー』で一躍有名になった。S&W社の ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  二十六年式拳銃とは明治26年(1893年)に完成した日本製リボルバーで翌年制式採用された銃だ。DAのみで口径は9mmであるが意図的にライフリングが深く掘られているため威力は弱いものの、工具無しでサイドプレートが外せるなどの特徴 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約      コルトM45A1とは、1980年代後半に米海兵遠征部隊が採用したMEUピストルの後継モデル。M1911を開発したコルト社製でそれまで制式採用されていたM1911A1の外装、内部機構に改良が加えられたモデル。フラットダークアースの外 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  K9はカー・アームズ社が1995年に発売したコンパクトオートである。全長152mm、重量710gと小型軽量でありながら9mmパラベラム弾を発射することができる。装弾数は7発で+P弾も使用可能である。マニュアルセイフティはないがトリガー ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  デリンジャーM95はレミントン社が1866年に発売した小型ハンドガンである。41口径でSA、上下二連バレルを採用している。全長は123mmと小さいため護身用として人気があった。20世紀に入ると威力不足とSAの不便さから徐々に人気が落 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  M83はフリーダムアームズ社が1983年に発売したSAリボルバーである。スタームルガー社スーパーブラックホークをベースにカートリッジは454カスール弾を使用できるように改良されている。価格は非常に高いが、ほぼ手作業で製造され ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  COP357は357マグナム弾を発射することができる小型護身用ハンドガンである。DAOで装弾数は4発、安全装置はない。単純な構造で非常に頑丈であるが重量がありトリガープルも重く、命中精度も悪く装填不良も多かったため商業的には失 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  Mk1はスタームルガー社初の製品で22LR弾を使用するピストルである。デザインは南部式大型拳銃をモチーフにしている。プレス加工を多用しておりストレートブローバック方式を採用したシンプルな構造である。1949年に発売して以来、現 ...

(画像はAMT ハードボーラー wikipediaより転載)   要約  クーナン357はダン・クーナンによって開発された357マグナムオートである。リムドカートリッジを使用するピストルでコルトM1911をベースにしたため外観はM1911に似ている。オールステンレス製で命中精度は非 ...

(画像はM1911 wikipediaより転載)   要約  サービスエースは45ACP弾という強力なカートリッジを使用するM1911の練習用として設計された22LR弾を使用するハンドガンである。外観はM1911と全く同じである。ストレートブローバック方式を採用、フローティングチャンバー ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  ウッズマンは1915年にコルト社から発売した22口径ピストルである。設計はジョン・ブローニングでストレートブローバック方式を採用している。完成度は高くオリンピックでウッズマンを使用して優勝した選手もいたほどの銃だ。1976年 ...

(画像はオートマグⅢ wikipediaより転載)   要約  オートマグⅡは1987年に発売された22WMR弾を使用するピストルである。同社が製造権を取得している44口径のオートマグと構造上の共通点はない。作動はシングルアクション、ストレートブローバック方式を採用している ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  FNX45とは、米国SOCOMのトライアルに参加するために米国のFNハースタル社が開発した45ACP弾を使用するダブルアクション、ダブルカラムマガジンのポリマーフレームオートである。マガジンキャッチ、セイフティは左右から操作できるア ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  S&W M&Pとは、2005年にS&W社が発表したポリマーフレームオートである。M&Pはミリタリー&ポリスの略で、100年前にリボルバーの歴史を変えたS&W社の名銃ミリタリー&ポリスの名を継承していることからもS&W社の期待の度合いが分かる。 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  コルトナショナルマッチとはコルト社が1932年に発売したM1911の競技用モデルである。当初は高精度のパーツを選別して組み込んだもので外観上はM1911と違いが無いが戦後に発売されたモデルは調整可能なサイトが搭載されている。1961 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  チャーターアームズ社初のリボルバーである。400g超の重量でありながら38スペシャル弾を発射することができる。サイドプレートを持たない一体型のフレームであるため強度は高い。低品質、低価格のイメージがあるが、設計者で創業者 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  キャリコM100は1986年に発売されたハンドガンである。主要パーツは強化プラスチックで筒状マガジンに22LR弾を100発装填することができる。斬新な銃であったが装填不良が多く後方に弾倉が付いているため重量バランスも悪い。照準器 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  コルトトルーパー(Trooper)は1953年に登場したコルト社の中型リボルバーである。同時に発売されたコルト357の廉価版として発売された。中型フレームを採用フレーム内にファイアリングピンを装備している。コルト357がパイソンの登 ...

(画像はwikipediaより転載)   要約  M1951とは、 ベレッタ社が1951年に発表したベレッタ社初の9mmパラベラム弾使用の大型拳銃でシングルアクション、シングルカラムマガジンを持つ自動拳銃である。世界各国で制式採用され大ヒットとなる。のちにはダブルアクション、 ...

↑このページのトップヘ