01_Automag
(画像はオートマグ wikipediaより転載)

 

要約

 ベビーオートマグは1985年にAMT社より発売された22口径ピストルである。オートマグに憧れてAMT社に入社した設計者によって開発されたレプリカであるため外観はオートマグを彷彿とさせるが構造はスターム・ルガー社のMkシリーズに酷似している。生産数はわずか1,000挺のみであるため現在では高値で取引されている。

 

ベビーオートマグ

 

 

性能

全長  - mm
重量 1,247g
口径 22口径
使用弾薬 22LR弾
装弾数 10発
完成 1985年
設計・開発 ブライアン・メイナード / AMT社

 

ベビーオートマグ

 AMT社とは1977年に創業した米国カリフォルニア州の銃器メーカーで代表的な製品としては、映画『ターミネーター』でターミネーターが使用したハードボーラーオートマグ等が有名である。オートマグは44口径マグナム弾を発射する世界初のオールステンレス製自動拳銃であるが、製品および生産体制の不備によりわずか2年で破産、その後、オートマグの製造権はTDE社、OMC、トーマス・オイル・カンパニー、ハイスタンダードと転々とするが、最終的にAMT社の手に渡った。

 このオートマグに憧れたブライアン・メイナードは1984年にAMT社に入社するが、AMT社は1983年にオートマグの製造を終了しており、ブライアンが入社した時点ではオートマグは製造されていなかった。このためにブライアンはオートマグのレプリカを製造することを決意、AMTも許可したことから設計を開始した。

 1985年にプロトタイプが完成、この記事が専門誌『Guns & Ammo』6月号に掲載されると大手武器販売業者が1,000丁の製造を依頼してきた。プロトタイプ1丁とこの1,000丁の合計1,001丁がベビーオートマグの全てである。このためオークションでは高値で取引されており、シリアルナンバー1番等は2,000ドル以上で売買された。

 

構造

 構造はルガーMKシリーズに酷似しており、同様に外観もMKシリーズに近い。オールステンレス製でアッパーレシーバーはポリッシュ仕上げ、フレームはサテン仕上げで、バレル上にはオートマグを彷彿とさせるベンチリブ、リアサイトもオートマグと同様の形状をしている調整可能なサイトであった。フレーム後方にはこれもオートマグを彷彿とさせるボルトがあり、このボルトを引くことでカートリッジを装填することができる。

 本体はバレルと結合しているアッパーレシーバーとフレームに分かれており、アッパーレシーバーの左側面には「BABY AUTO MAG 22LONG RIFLE COVINA CA」の刻印があり、右側面には製造番号が記載されている。前述のようにフレームはルガーMKシリーズに酷似しているというよりもそのものである。これはブライアン・メイナードがAMTライトニング25/22の開発に携わっていたことともかかわりがあるのだろう。因みにライトニング25/22はあまりにもルガー社製10/22の構造を「リスペクト」し過ぎたためスターム・ルガー社より裁判を起こされ1994年に製造を終了した。

 グリップはクルミ材で一部アイボリー製(またはそれを模した)グリップを装着したモデルもあったようである。グリップ上部には小さなスライドストップ、グリップ後部左側面には安全装置が付いている。装弾数は10発である。

 

⇒銃一覧へ戻る

 

amazonでベビーオートマグを探す

楽天でベビーオートマグを探す

 




 

 

↓良かったらクリックして下さい。


ミリタリーランキング