トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

タグ:S&W

(画像はwikipediaより転載)    M645はS&Wが初めて発売した45口径オートである。オールステンレス製で、機構はM39の系譜を受け継いだもののデザインはより洗練されたものになっている。80年代の刑事ドラマ『マイアミ・バイス』の主人公ソニー・クロッケット刑事が使用 ...

(画像はwikipediaより転載)    S&W M29は1955年に発表、1956から発売された当時世界最強のカートリッジである44口径マグナムを発射する銃である。言わずと知れた『ダーティーハリー』シリーズ、その他の映画、アニメ等に散々出てくる、恐らく日本で最も有名な拳銃の一つ ...

(画像はwikipediaより転載)    S&W M&Pとは、2005年にS&W社が発表したポリマーフレームオートである。M&Pはミリタリー&ポリスの略で、100年前にリボルバーの歴史を変えたS&W社の名銃ミリタリー&ポリスの名を継承していることからもS&W社の期待の度合いが分かる。市場で ...

(画像はS&W M41 wikipediaより転載)   S&W M2206     性能 全長 230mm 重量 650g 口径 22口径 使用弾薬 22LR弾 装弾数 12発(1994年以降は10発) 完成 1990年 設計・開発 S&W社   プリンキング用22口径ピストル  世界で最もポピュラーなカートリ ...

(画像はwikipediaより転載)   S&W ボディーガード380     性能 全長 133mm 重量 335g 口径 9mm 使用弾薬 380ACP弾 装弾数 6発 完成 2011年 設計・開発 S&W社   護身用ハンドガン (画像はルガーLCP wikipediaより転載)    現在の米国では護 ...

(画像はwikipediaより転載)   S&W M40 センチニアル     性能 全長 160mm 重量 590g 口径 38口径 使用弾薬 38スペシャル弾 装弾数 5発 完成 1952年 設計・開発 S&W社   概要  1852年に創業したS&W社は1887年にセイフティ・ハンマーレスという携行 ...

(画像はwikipediaより転載)    S&WM10ミリタリーポリスは、まさにマスターピースである。現在では今ひとつパッとしない拳銃という印象があるM10であるが、1899年に登場して以来、現在に至るまで生産が続けられている安定した人気を獲得している銃である。S&Wのスタンダ ...

(画像はwikipediaより転載)   S&W M1006     性能 全長  - 重量 1,190g 口径 10mm 使用弾薬 10mm Auto弾 装弾数 9発 完成 1990年 設計・開発 S&W社   9mm弾と45ACP弾  自動拳銃、特に法執行機関や軍隊、護身用に使用するカートリッジといえば9mm ...

(画像はwikipediaより転載)   S&W M59     性能 全長 192mm 重量 840g 口径 9mm 使用弾薬 9mmパラベラム弾 装弾数 14発 完成 1971年 設計・開発 S&W   初のワンダーナイン  1954年に発売されたM39は市場で大成功を収めた。何せS&W初の9mmDA(ダブ ...

(画像はwikipediaより転載)   S&W M422     性能 全長 190mm 重量 624g 口径 22口径 使用弾薬 22LR 装弾数 10または12発 完成 1987年 設計・開発 S&W社   多様化する銃  ハンドガンと一言で言っても様々な用途がある。その用途の中でも目的やユー ...

(画像はwikipediaより転載)   S&W M53     性能(6インチ) 全長 292mm 重量 1,134g 口径 22口径 使用弾薬 レミントン22ジェットマグナム、22口径リムファイア弾各種 装弾数 6発 総生産数 14,956丁 設計・開発 S&W社   レミントン22口径ジェットマグ ...

(画像はwikipediaより転載)   S&Wシグマ、SDシリーズ     性能 全長 197mm 重量 740g 口径 9mm、40S&W 使用弾薬 9mmパラベラム弾、40S&W弾 装弾数 17発、15発 完成 1994年 設計・開発 S&W社   ポリマーフレーム  19世紀中盤まで銃の材質は鉄であっ ...

(画像はwikipediaより転載)   S&W M5906     性能 全長 191mm 重量 1,070g 口径 9mm 使用弾薬 9mmパラベラム弾 装弾数 15発 完成 1988年 設計・開発 S&W社   S&Wオートの歴史  M&Pの大成功によってS&WのオートといえばM&Pとなってしまったが、S&W ...

(画像はwikipediaより転載)   S&W M41     性能 全長 270mm 重量 1,200g 口径 22口径 使用弾薬 22LR 装弾数 10発 完成 1957年 設計・開発 S&W社   競技用ピストル  最も精密な競技用ピストル。S&W社は1940年代にこの競技用ピストルの開発を開始し ...

(画像はwikipediaより転載)   S&Wガバナー     性能 全長 216mm 重量 839g 口径 41口径 使用弾薬 410番ショットシェル、45口径ロングコルト、45ACP弾、45スコフィールド弾 装弾数 6発 発売年 2011年 設計・開発 S&W社   ハンドガンとショットガン ...

(画像はwikipediaより転載)   S&W No1リボルバー     性能 全長 178mm 重量 315g 口径 22口径 使用弾薬 22口径RF 装弾数 7発 総生産数 253,000丁 設計・開発 S&W社   概要  ハンドガンには主に自動拳銃とリボルバーという二種類がある。構造が古い ...

(画像はwikipediaより転載)   M34キットガン、M35、43、51、63等々     性能(2インチ) 全長 157mm 重量 627g 口径 22口径 使用弾薬 22LR 装弾数 6発 設計・開発 S&W社   概要  そもそもは1911年に発売されたIフレームモデルの22LRカートリッジを ...

(画像はwikipediaより転載)    S&WM27/28とは、1935年に357マグナム弾と共に発表されたS&W社のNフレームリボルバーである。新しく開発された357マグナム弾を発射するために大型のNフレームを採用、当初は受注生産の高級モデルであった。発売してみるとS&W社が想定してい ...

(画像はwikipediaより転載)    ニューナンブM60とは、1960年に日本警察に初めて納入された国産リボルバーである。S&Wのリボルバーをベースに独自の改良を加えた銃で、命中精度はS&W社のJフレーム拳銃よりは高い。日本警察は2003年頃よりM37を制式採用しているため現在は ...

(画像はwikipediaより転載)    チーフスペシャルとは、S&Wが1950年に発表した38口径リボルバーで重量はわずか554gであった。装弾数こそ5発と一般的なリボルバーよりも1発少ないものの小型リボルバーで38スペシャル弾を発射出来る銃というのは衝撃的であった。   チ ...

(画像はwikipediaより転載)    S&W M39とは、S&W社が1954年に開発、1955年に発売したS&W初のダブルアクションオートであった。このM39をベースにダブルカラム弾倉に改良したM59、38スペシャル弾を使用するM52、45口径化したM645等様々なバリエーションが誕生している。 ...

(画像はwikipediaより転載)    S&WM1917とは、第一次世界大戦時、米軍はM1911を装備していが数量が足りず、不足分を補う目的で製造されたリボルバーである。このM1917はS&W製とコルト製の2タイプ存在する。構造は全く異なるが、米軍の要請により、同じ45ACP弾を使用するM ...

(画像はM500とM629 wikipediaより転載)    S&WM500は、2003年に発売され、商業的には大成功を収めたモデルだ。現在発売されているハンドガンの中では最も強力な弾丸を使用するもののようだ。新設計のXフレームを使用することで、44マグナムの3倍の威力を持つ500マグナム ...

↑このページのトップヘ