トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

MGC

109_0967

 

はじめに

 

 コルトガバメントとは1911年に米軍が採用した45口径拳銃M1911の通称で知られるモデルで、1911年にジョン・ブローニングが専用の45ACP弾を使用するオートマチックハンドガンとして完成、米軍に制式採用された。1926年には細部が改良されM1911A1として再び米軍に制式採用されており、110年を経た現在においても内部機構はほとんど変更されることなく世界中で使用され続けている名銃中の名銃である。

 

 

MGCコルトガバメントモデル。

 

109_0971

 

 M1911はコルトガバメントの通称で民間向けにも販売されており、70年代にはマーク献轡蝓璽70が発売、さらに安全装置を追加したシリーズ80と続く。米国で人気のあるモデルは日本でも人気がある。ガバメントは日本でも人気であり、数えきれないほどのメーカーが製品化していた。今回紹介するガバメントは現在は廃業してしまっているが、90年代までモデルガン業界をけん引し続けた最大手メーカーMGCが発売したいわゆるGM-5というものだ。

 MGCは60年代からモデルガンを作っているだけにガバメントモデルも数多く制作している。これらのモデルには初期型から順番にMGC内部で使用するGM●●という型番が振られていたが、それがいつしかファンの間でも使用されるようになっていった。1966年にMGCは最初のガバメントモデルを発表する。これがGM1である。さら1974年にはミリタリーモデルのM1911A1をモデルとしたGM2、1976年にはこれを金属化したGM3、1979年にはGM4が発売される。

 これらは発火性能を確保するために多少ディフォルメされていたが、1983年、これらのディフォルメを最小限度にしたガバメントモデルが発売された。それがGM5である。古いファンは知っていると思うが、MGCというメーカーは外観や内部機構のリアリティよりも作動を重視するメーカーであったが、このGM5に関しては樹脂製ではあったが内部構造は極力実銃の機構に忠実に再現されていたものであった。

 

ヘビーウェイト素材の登場

 

109_0972

 

 1990年頃になるとモデルガンの素材に革命が起こる。ヘビーウェイト材(HW)の登場である。これは樹脂に金属粉を混ぜたもので比重の重い金属を混入させることで20%程度の重量の増加が可能となったのである。それまでのモデルガンは内部機構を忠実に再現しようとすればするほど重量を増加させるためのウェイトが無くなっていき軽くなってしまうという悲しさがあった。

 このHWの登場により十分とはいえないが少しは重量感のあるモデルガンを楽しめるようになった。このHWは現在でも多くのモデルガンメーカーで使用され続けている。このHWをいち早くモデルガンに取り入れたのがMGCで当初は試作的なモデルとしてグレーの地肌丸出しでブルー液がセットになっているGM5等が発売された。そして1990年にはメーカーで着色したHW製GM5が発売されたのである。それが今回紹介するモデルである。

 MGCはカートリッジにも変遷があり、このモデルはいわゆる「スモールカート」と呼ばれるものであった。ただHW化に合わせてカートリッジも更新、それまでキャップ火薬の受け皿で代用していたカート内のパッキンもゴムパッキンに改良されており、弾頭部には銅メッキ、カート部にはニッケルメッキが施されそれまでのカートに比べて高級感があるものとなった。

 

モデルガンの楽しさを知った

 

109_0968

 

 当時のモデルガンは「1マガジン装填不良を起こさなかったら優秀」というレベルであったが、このGM5の作動性能は非常に高かった。 このモデルは私が購入後発火テストをしたところ100発中ジャムはわずか2発のみという当時としては信じられないくらいの高性能であった。個人的な話になるが、実はこれが私が初めて買ったモデルガンだった。今のガスブロのブローバックも迫力はあるが、火薬を使ったブローバックはスピードと反動が全然違う。45ACPの巨大なカートがエジェクションポートからドカドカと排出され、撃ち終わった後、銃口とエジェクションポートから火薬の匂いと共に煙が立ち上る。これには正直感激だった。

 とはいえ、欠点がない訳ではない。このGM5、実銃を極力正確に再現したといってもそれは当時の話、外観は今ほど洗練されていないし強度が弱いためパーツ、特にバレルとエジェクターロッドはすぐに壊れてしまう。壊れては御徒町のニューMGCに買いに行ったことをよく覚えいている。まあ、これは当時のモデルガンとしては当たり前といえば当たり前であったのだが。

 

さいごに

 

 すっかり気に入ってしまい絶えず手元に置いていたため銃はボロボロになってしまったがとにかく楽しいモデルであった。現在では手放してしまったが、この画像を見るたびに、当時の、あのワクワクしながらモデルガンを買いに行ったことを思い出すのだ。

 


ミリタリーランキング

037

 

 今日紹介するのは旧MGCベレッタM9。実銃のベレッタM9について簡単に説明すると、1980年代前半に米軍の新採用の拳銃のトライアルがあった。そのトライアルに最後まで残ったのが、シグP226とベレッタM92Fだった。んで、性能はもちろんP226の方が良かったが、結局コスト面でベレッタの方が優れていたので(要するに安かった)ベレッタM92Fが採用され、正式名称M9となった。

 

038

 

 2019年現在、正直、評判は良くないようだ。ベレッタ特有の上部が開いたスライドはやはり耐久性が悪かったようだ。その他の不評の原因は良く知らないが良い噂は聞かない。ベレッタM9は装弾数15発、ダブルアクション・・・こんな話は誰でも知っているのでどうでもいいとして、MGCベレッタM9について書いてみたい。ベレッタM9は1990年位に発売されたと思う。この前の時期のトイガン業界の流れを簡単に説明すると、70年代後半くらいまでモデルガンが主流だった。

 

036

 結構ファンが活発に活動していたようだ(私はチビッ子だったので良く知らない)。80年代前半になるとつづみ弾のエアーガンが登場し、サバイバルゲームが流行し始めた。その後6mmBB弾が普及し、80年代中盤から後半にかけてガスガンが登場した。80年代はエアガン、サバイバルゲームが結構流行っていた。

 逆にモデルガンはエアガンに押されほとんど人気が無くなってしまった訳なのよ。モデルガンの新製品なんてほとんど無く、再販すら珍しい状況だった。当時は御徒町にニューMGC、レプリカ、東京CMC、目黒にコクサイ等メーカーが直営店を出していた。

 んで、銃のパーツはそこで調達した訳なんだけど、メーカー直営店に行っても「モデルガンのパーツなんてもうないよー」なんてことはザラだった(MGCだけは何故かパーツが必ずあった)。そんな中、本当に久しぶりに登場した新作モデルガンがこのM9だったのだ。

 こんな状態だったものだから私はお金を握りしめて発売されるや否や買いにいった訳だが、このM9はまた凄かった。当時の最新の技術で作られたモデルガンは形状はあくまでリアル。カートも実弾の形状を良く似せてあった。昔のモデルガンは装填不良なんて当たり前だったが、このM9においては装填不良なんてものはほとんどなかった(100発に1発位)。

 シリーズには湾岸戦争記念モデル。SRHW(スーパーリアルヘビーウェイト)、M96(40S&W弾)等があった。SRHWは鉄の比重の高いヘビーウェイト素材で強度が弱いため発火は出来なかった。しかし鉄分が多いので(食べ物の話ではない)、「磁石がくっ付く!」というのがウリであった。しかし磁石がくっ付くことの何がすごいのかは今もって謎である。

 因みに、 必ず錆が発生するマガジンはミルコート処理というのが施され、何十発撃っても錆はほとんど出なかった。せっかくなのでスペアマガジン2本とカート50〜60発を購入しバンバン撃ちまくっていた。結局、去年売却するまで持っていたが、特にこれといった欠点は無かった。

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

↑このページのトップヘ