トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

タグ:9mm弾

(画像はwikipediaより転載)    S&W M39とは、S&W社が1954年に開発、1955年に発売したS&W初のダブルアクションオートであった。このM39をベースにダブルカラム弾倉に改良したM59、38スペシャル弾を使用するM52、45口径化したM645等様々なバリエーションが誕生している。 ...

(画像はwikipediaより転載)    ワルサーP5とは、ワルサーP38の直系の後継銃である。P38のメカニズムを継承した上で小型化、近代化したモデルで1976年に西ドイツ警察に制式採用された口径9mmのシングルカラム銃である。装弾数は8発で9mmパラベラム弾を使用する。   P5 ...

(画像はwikipediaより転載)    FNブローニングハイパワーとは1935年に発売されたベルギーFN社製のハンドガンである。当時はシングルカラムマガジンが普通であったが、ブローニングハイパワーは弾倉内にカートリッジを交互に装填することで装弾数を増やすダブルカラムマ ...

(画像はwikipediaより転載)    CZ75は、チェコスロバキア製のハンドガンでチェコスロバキアが外貨獲得のための輸出用として開発したものである。70年代にアメリカで「最高のコンバットオート」と言われた伝説の銃である。日本では『ガンスミスキャッツ』の主人公の愛銃 ...

(画像はwikipediaより転載)    ワルサーP38は、1938年にドイツ国防軍に制式採用された自動拳銃である。画期的なダブルアクション機能を持ち、のちのハンドガンに多大な影響を与えた。日本ではアニメ『ルパン三世』の主人公が愛用している拳銃ということで有名である。さ ...

(画像はwikipediaより転載)    ベレッタ93Rは1977年にイタリア警察及び軍特殊部隊用に開発されたマシンピストルである。口径9mmで装弾数は20発。3点バースト機能を持つ火力の高いハンドガンであるため法執行機関やそれに類する機関にのみ販売している。ガスガンではKSC ...

(画像はwikipediaより転載)    イングラムM10/11は1960年代に開発されたサブマシンガンであまりにも小型軽量なためマシンピストルに分類されることもある。シンプルな構造で連射速度が速く、特殊部隊用の武器としてベトナム戦争でも実戦投入された特殊なサブマシンガン ...

(画像はwikipediaより転載)    二十六年式拳銃とは明治26年(1893年)に完成した日本製リボルバーで翌年制式採用された銃だ。戦前戦後共に日本製拳銃の評価は今ひとつ高くはないが、この二十六年式拳銃に関してはその評価は当てはまらない。当時としては世界に伍する拳 ...

(画像はwikipediaより転載)    1980年に完成した「プラスチック製拳銃」グロック17は、現在においても第一線で活躍し続ける名銃といっていい。発売当初は独特のデザインとプラスチック製という特徴から敬遠されたが、現在では多くの治安機関において採用されている。   ...

↑このページのトップヘ