トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

7.62mm弾

01_SIGP210
(画像はwikipediaより転載)

 

 今回紹介するのはSIGP210だ。シングルアクション、単列マガジンと古風であり、あまり有名な銃ではないが、現在特殊部隊で使用されているSIGP226に多大な影響を与えた銃であり、そのシルエットの美しさは工業製品の芸術と言っても過言ではない。

 

SIGP210(実銃)

 

 

性能(44/8)

全長 215 mm
重量 900g
口径 9mm
使用弾薬 9×19mmパラベラム弾
装弾数 8+1発
設計・開発 SIG社

 

概要

02_SIGP210
(画像はwikipediaより転載)

 

 SIGP210と呼ばれるP47/8は、1937年フランス製拳銃SACM Mle1935Aを基に研究がスタート。1943年にニューハウゼンP44/8が完成した。翌年にはダブルカラムマガジンを採用したP44/15が完成した。SIG社は軍採用を狙い軍用向けに改良したP44/16を製作したが、スイス軍に制式採用されることはなかった。

 1946年にSIG社ではP44を基に拳銃開発が再開され、翌年完成したのがP47/8である。外観はP44に酷似しているが、ロッキングシステムを採用したことなど細部は大幅に変更された。これの口径9mm、装弾数8発のものが1949年にSIGM49としてスイス軍に制式採用され、さらにデンマーク軍、西ドイツ国境警備隊でも採用された。

 スイス人気質というか、とても高い工作精度で製作された銃で民間用としてP210の名称で販売された。のちに「世界最高のコンバットオート」と評されたCZ75もこのスライドをフレームが包み込む形状等、P210の影響を大きく受けている。構造はシングルアクションで装弾数は8発。バリエーションはP210-1というように「-数字」で表す。ちなみにバリエーションはP210-1〜P210-8までさらにP210-5LSとP210-6Sというバージョンも存在する。

 生産にはかなりの手間がかかるため高価な拳銃であり、命中精度はカスタムガン並の驚異的なもので当時のハンドガンとしては随一であった。このため一部に熱烈なファンを生んだが、米国での販売価格は2000ドル以上するということもあり商業的にはあまり成功しなかった。そしてSIG社はその経験を踏まえてP220を開発することとなった。生産は1949年から2005年まで行われ、2017年からは米国ニューハンプシャー州エセクターの工場で生産が始まり現在にいたる。

 

SIGP210(トイガン)

 

03_SIGP210
(画像はwikipediaより転載)

 

 トイガンではMGCがABS製、のちにHW製で発売しており、その金型を引き継いだ(多分)CAWが現在も販売している。MGC製のものは古い設計のモデルガンなので結構ディフォルメされており、作動性能を向上させるために銃正面のバレル上に大きな隙間が作られている。CAW製のものではこの点は修正されており、現在入手できる最高のP210モデルガンといってよい。

 エアガン、ガスガンでは今は無きマルコシが1980年代後半にエアコッキング式で発売していた。当時の販売価格は1900円で押込みタイプのコッキング式エアーガンであった。グリップの仕上げが非常に美しく外観の完成度も高かった。現在は生産されていない。1990年3月にマルコシがP210-5のガスガンを発売している。ダブルアクションで所謂「割り箸マガジン」、コッキングはできないという90年前後では平均的なガスガンであった。

 それ以外で販売しているのはマルシン位だろう。マルシン製はガスブローバックで8mm、6mm共に販売されている。モデルアップしたのはP210-6で軍用モデルのようだ。組み立てモデルと完成品モデルがあり、スイスSIG社から入手した図面から正確に採寸されたモデルで現在のトイガンの中で最も完成度の高いモデルである。

 

まとめ

 

 今回は、SIGP210を紹介した。名銃中の名銃と言っていい銃であるがwikipeidaに記事が無いことに驚いた。スライドをフレームが包み込む独特の形式は名銃CZ75に多大な影響を与えた。デザインの優美さ、性能の高さ、加工の素晴らしさが秀逸な銃だ。

 

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_G3
(画像はwikipediaより転載)

 

 G3自動小銃とは、1959年に西ドイツ軍が制式採用した自動小銃でスペインのセトメ社製自動小銃セトメモデロBの使用弾薬を7.62mmNATO弾仕様に変更したモデルである。命中精度や信頼性が非常に高いがコッキングが重く、自動ホールドオープン機構が無い等問題点も多い。しかし全体としては高性能であるため現在でも一部の国で現役である。

 

G3自動小銃(実銃)

 

 

性能

全長 1,026mm
重量 4,410g
口径 7.62mm
使用弾薬 7.62×51mmNATO弾
装弾数 20/30/43/50発
設計・開発 H&K社

 

戦後西ドイツ軍制式採用小銃トライアル

 戦後、ドイツは東西に分割されてしまったため西ドイツは共産圏と隣接することとなってしまった。このため早急に再軍備をする必要性に迫られたものの軍隊も軍需産業も解体されてしまっていた。自国での生産が難しい状態で西ドイツ軍は外国製自動小銃のトライアルを実施、最終候補として、ベルギーのFN社製FALをG1、スイスSIG社製SG510をG2、スペインのセトメ社製セトメモデロBをG3、米国アーマライト社製AR10をG4として4機種が選定された。最終的にはFALが第一候補となったもののナチスに蹂躙された記憶が生々しいベルギーは輸出を拒否、G2、G4に関しても交渉は難航したため結局G3を制式採用することとなった。

 

開発

02_G3
(画像はwikipediaより転載)

 

 スペインのセトメ社製第一世代自動小銃セトメモデロBライフルをベースにH&K社が使用弾薬を7.62×51mmNATO弾に変更したモデルで、1959年に西ドイツ軍にG3として制式採用された。以降、1996年のG36採用まで実に40年近くにわたってドイツ軍主力小銃であり続けた銃である。作動方式はディレイトブローバックで閉鎖機構はボルトの左右に突き出したローラーを設けて摩擦によって一定時間ボルトが動かないようにするローラーロッキングシステムを採用している。

 レシーバーはプレス加工されたスチール製でストック、ハンドガードは木製であったが、後に強化プラスチック製に変更、最終型ではグリップフレームも強化ポリマー製となった。非常に命中精度の高い小銃であるが、欠点としてはボルトを前進させるスプリングが強力なためコッキングが重く、ボルトストップ機能がないことが挙げられる。さらにボルト閉鎖状態でのマガジンチェンジはボルトキャリアローラーに負担がかかるため薬室内に弾薬を残したままのマガジンチェンジは奨励されていない。

 このため撃ち終わり毎にボルトをコッキングレバーでホールドオープンした後、マガジンチェンジを行うこととなる。そしてマガジンチェンジがやりにくいというのも欠点である。しかし信頼性は高く、前述のように命中精度も高く扱いやすいため現在においても一部の国では現役である。

 

バリエーション

03_G3
(画像はwikipediaより転載)

 

 回転式フォールディングストックを装備したG3A1、ドラム式リアサイトモデルのG3A2、銃身をフリーフロート化した上でハンドガードとストックを強化プラスチック製にしたG3A3、伸縮式ストックを装備したG3A4、特別に精度の高い個体を選別してさらに命中精度を改良、二脚を装備した狙撃仕様モデルのG3SG/1等がある他、サブマシンガン仕様のMP5、使用弾薬を5.56×45mmNATO弾仕様に変更したHK33等、G3をベースに派生した多くのモデルがある。

 

G3自動小銃(トイガン)

 

概要

 東京マルイが1987年にエアーコッキング式でG3A3を発売、1994年には電動ガンで発売している。その後1995年にG3 SG/1、1996年にはG3ショーティ、2003年にはG3 SASを発売している。海外メーカーではUMAREX(VFC、WE)がガスブローバックガン、LCTが電動ガンを発売している。

 

東京マルイ G3SG/1 スタンダード電動ガン

性能

全長 1,040mm
重量 3,200g
装弾数 70発
初速 81m/s前後
定価 33,800円

 レシーバー等の主要パーツは樹脂製であるため強度的には若干不安があるもののセミ・フルオート共に命中精度は非常に高い。装弾数が若干気になるところではあるが、別売りの500連マガジンを使用すればスナイパー兼LSW(分隊支援火器)という無敵の自動小銃となる。

 

東京マルイ G3 SAS ハイサイクル電動ガン

性能

全長 535mm
重量 2,430g
装弾数 500発
初速 82m/s前後
定価 31,800円

 筐体は樹脂製であるためリアリティは今ひとつであるが、EG1000ハイトルクモーターを搭載、500連マガジンが標準装備されている上にハンドガード下部にはピカテニー規格のレイルが装備されている。性能も東京マルイ製なので命中精度その他は全く問題ない。軽量で取り回しやすいことから実用本位のサバイバルゲームユーザーにとっては非常に魅力的な製品である。

 

まとめ

 

 G3自動小銃の基になったセトメモデロBは戦後ドイツの軍需産業が解体されたため職を失ったマウザー(モーゼル)社の銃器設計者がスペインのセトメ社で設計した小銃である。このためスペイン製ではあるもののドイツ銃器の正統な流れを汲んでいる小銃といえる。一部操作性に難があるものの40年近くドイツ軍の主力小銃であり続けたことが本銃の優秀さを証明しているといえる。

 

 


ミリタリーランキング

01_M1ガーランド
(画像はwikipediaより転載)

 

 M1ガーランド小銃とは、1936年に米軍に制式採用された小銃で制式採用としては世界初のセミオート小銃であった。口径は7.62mmで装弾数は8発。最大の特徴はセミオート機能と共にローディングクリップを採用したことである。これにより装填の簡略化が可能になった反面、半装填が出来ないことやクリップの排出音等の問題もあったが、現在においても世界各国で使用され続けているタイムプルーフされた小銃である。

 

M1ガーランド小銃(実銃)

 

 

性能

全長 1,100mm
重量 4,370g
口径 7.62mm
使用弾薬 7.62×63mm(30-06弾)
装弾数 8発
設計・開発 ジョン・ガーランド / スプリングフィールド造兵廠

 

開発

02_M1ガーランド
(画像はwikipediaより転載)

 

 1909年、米陸軍武器省は自動小銃の開発を志向、第一次世界大戦で自動火器の有用性が確認された。そして1918年6月にはスプリングフィールド造兵廠の技師ジョン・ガーランドがセミオート小銃のプロトタイプを開発したが性能は実用レベルには達せず、さらなる改良が行われた。1929年から1934年までの間、各種のトライアルを実施、1936年には米陸軍制式採用小銃となった。

 翌年より生産が開始されたものの予算不足、需要不足のため生産は進まなかったが、第二次世界大戦の勃発により生産が拡大、1941年12月に真珠湾攻撃により米国も第二次世界大戦に参加するに至り大量生産が開始された。総生産数は第二次世界大戦終戦までに約400万挺、朝鮮戦争時に約150万挺の合計550万挺が生産された。当時としては珍しいセミオート小銃で発射機構はガスオペレーション方式、閉鎖機構はロータリーボルト方式を採用している。装弾もローディングクリップという独特の方式を採用しており、8発を1つのローディングクリップに固定、クリップごと上部から薬室に挿入する。8発撃ち終わると最後の薬莢と共にクリップも自動的に排出、またクリップごと次弾を装填するという方式となっている。

 当時の小銃は工場生産時に部品の規格化が行われておらず、同じモデルでも部品の互換性が無い場合があり、生産効率の面でも工場の職人が微調整するということが一般に行われていた。これに対してM1小銃は世界の小銃で初めて部品の規格化を実施、大量生産が可能となったと共にメンテナンス性が向上している。

 欠点としては、8発を一度に装填しなければならないため1発ずつの装填が行えないこと、弾倉にカートリッジを装填するのみで薬室には装填しない「半装填」が行えないこと、最終弾発射後にクリップが自動的に排出される際に独特の金属音を発するため敵に最終弾を知らせてしまう等の問題がある。

 

バリエーション

03_M1C
(画像はwikipediaより転載)

 

 1944年には狙撃銃仕様のM1C狙撃銃が完成。M1小銃の構造上上部に光学照準器を設置できないため左側面に光学照準器を設置するという構造になっている。総生産数は7,971挺。さらにガーランドが設計した狙撃モデルM1Dがある。他にはフルオート化したM1小銃がのちにM14自動小銃として米軍に制式採用されている。M1の短銃身モデルとして知られるタンカー・ガーランドであるが、これは戦後に民間業者が製作したもので軍の制式採用モデルではない。

 

M1ガーランド小銃(トイガン)

 

概要

 1976年にミコアームズが実物ストックを装備した高級モデルガンを発売、1988年にはハドソン産業がモデルガンとして発売している。1992年には同じくハドソン産業が短銃身モデルタンカーを発売している。エアガンではマルシンがM1、M1タンカーを8mm仕様で発売、その後6mm仕様に変更して販売している他、電動ガンとして海外メーカー数社が発売している。

 

マルシン M1ガーランド小銃 ガスガン

性能

全長 1,103mm
重量 3,890g
装弾数 8発
初速 60m/s前後
定価 68,000円

 木製ストックに全金属製の機関部というリアルな外観を持っており重量も500gほど少ないものの実銃に近い重量となっている。機構はガスブローバックで、命中精度、パワー共にあまり評判は良くないが、本モデルは、M1ガーランド独特のクリップを自動的に排出するギミックが再現されていたりするなど「遊び」の要素が強い。明らかにサバイバルゲームや実射には向かないモデルであるが、ギミックや質感を楽しみたいユーザーには魅力的なモデルである。同社のモデルには新旧モデルがあるが新モデルの方が圧倒的に完成度が高いため新型モデルを購入することをお勧めする。

 

まとめ

 

 M1小銃は一般に開発者の名前をとってM1ガーランドとも呼ばれる。世界初のセミオート小銃として有名な本銃であるが、世界各国がセミオート小銃の制式採用を躊躇したのには技術的な問題以外にもセミオート化されることによる膨大な弾薬消費、それを生産するコストや輸送する車両等の問題が大きかったからである。巨大な経済力を持ち、十分なロジスティクスを持つ米国ならではの小銃であったといえる。

 

 


ミリタリーランキング

↑このページのトップヘ