トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

タグ:253空

(画像はwikipediaより転載)   酒井等飛曹長の略歴    1941年10月、甲種予科練9期生として採用、1943年1月には飛練30期に進み、大分空で戦闘機の延長教育を受けた。同年11月から2ヶ月間、厚木空で零戦の搭乗訓練を受けた後、ラバウルに展開する253空に派遣された。そ ...

   川戸正治郎上飛曹は1926年生まれ。太平洋戦争中盤から実戦に参加した戦中派パイロットである。配属された時点では飛行時間は300時間程度であったが、持ち前の敢闘精神を発揮して最終的には19機もの敵機を撃墜した名パイロットである。   略歴  1926年京都府生ま ...

(画像はwikipediaより転載)   略歴  1924年5月5日長野県に生まれる。1940年乙13期予科練入隊。1943年3月飛練26期を修了。名古屋空で延長教育を受け、厚木空に配属。9月末204空に配属され、ラバウルに進出した。1944年1月末204空がトラック島へ後退したため253空へ異動 ...

(画像はwikipediaより転載)   略歴  1923年8月12日大阪府生まれ。1940年海軍に入団。丙飛6期に採用され航空兵となる。1942年9月23期飛練を卒業。同年12月253空に配属。1943年はじめカビエンに進出。1943年5月サイパンに後退。9月上旬再度ラバウルに進出した。11月1日ト ...

(画像はwikipediaより転載)    荻谷信男は48期操縦練習生出身で生涯に撃墜した敵機は24機と言われている。当時、海軍航空隊内部でも坂井三郎や岩本徹三という名は知れ渡っていたという。しかし、逆に荻谷は当時ほとんど部内でも知られることがなかった搭乗員であったよ ...

(画像はwikipediaより転載)    小八重幸太郎上飛曹は、太平洋戦争開戦後に訓練を修了した正に戦中派パイロット。エリートである母艦戦闘機隊に選抜され、激戦のラバウル航空戦に投入される。内地帰還後は新鋭紫電を駆り比島航空戦に活躍。内地帰還後は海軍の精鋭部隊343 ...

(画像はwikipediaより転載)    杉野計雄飛曹長は山口県生まれで、丙飛3期を卒業、基本的に母艦戦闘機隊員として活躍した戦闘機搭乗員である。495回の戦闘で32機を撃墜したといわれる。   杉野計雄飛曹長の経歴   略歴  杉野飛曹長は1921年山口県に生まれる。19 ...

あゝ青春零戦隊―猛烈に生きた二十歳の青春 小高登貫 著 光人社 (2010/9/1)    また本のレビュー。今日紹介するのは小高登貫著『あゝ青春零戦隊』である。この小高登貫とは、意外と知られていないエースなのではないかと思う。坂井三郎のように本を多数執筆していた ...

(画像はwikipediaより転載)    今日、紹介するのは日本海軍航空隊撃墜王小町定である。小町氏は1920年生まれ、操縦練習生49期を修了後、空母翔鶴に配属される。日中戦争には参加しておらず、初陣は真珠湾攻撃であった。基本的に母艦搭乗員は特に優秀な隊員が配属される ...

(画像はwikipediaより転載)    末期のラバウル航空戦を戦った搭乗員である。あまり知られていないが、ラバウル航空戦においてトップエース岩本徹三、小町定等と共に連日の戦闘をこなした。この市岡二飛曹、実はすごい記録を持っていることが近年の調査により判明した。 ...

(画像はwikipediaより転載)    模型愛好家だったら、米軍の星マークに矢が刺さっている撃墜マークの横に立っている搭乗員の写真を見たことがあるかもしれない。零戦の写真集には必ずと言っていいほど掲載されている有名な写真だ。この写真の男は谷水竹雄飛曹長。初陣か ...

(画像はwikipediaより転載)   西澤廣義の経歴   経歴  西澤は、1920年長野県に生まれる。1934年3月、高等小学校を卒業すると製糸工場に勤める。1936年6月、第7期予科練習生として海軍に入隊。1938年8月、霞ヶ浦空で飛行練習生、1939年3月〜6月まで大分航空隊で延長 ...

↑このページのトップヘ