トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

タグ:202空

(画像はwikipediaより転載)   ポートダーウィン空襲   ジークは右上方に急旋回をして攻撃を回避したあとあと(ママ)降下した。私もそのあとを追って急降下を行ない、300ヤード(274.3メートル)付近から3分の2秒の連射を行なった。そのままでは攻撃を受けることが ...

(画像はwikipediaより転載)    石原進は甲飛3期出身で総撃墜数は16機とも30機ともいわれている。日中戦争、太平洋戦争に参加して戦後は航空自衛隊のパイロットとなったが事故により殉職した   略歴  1921年愛知県生まれ。1938年10月甲飛3期生として予科練に入隊。1 ...

(画像はwikipediaより転載)    岡野博は1921年生まれ、操練54期を修了した。日中戦争は経験していないが太平洋戦争開戦時には十分な訓練を受けての参加である。太平洋戦争を戦い抜いたのち、343空で終戦を迎えたという円熟の搭乗員であった。   略歴  1921年茨城県 ...

(画像はwikipediaより転載)    伊藤清は1921年生まれ、3空で活躍した多撃墜のエースである。撃墜数は23機に及ぶ。しかし私にとっては『エース列伝』でしか知らない未知のエースであった。台南空の搭乗員達は坂井三郎氏の著書で有名であったが、同時期に航空撃滅戦を行っ ...

あゝ青春零戦隊―猛烈に生きた二十歳の青春 小高登貫 著 光人社 (2010/9/1)    また本のレビュー。今日紹介するのは小高登貫著『あゝ青春零戦隊』である。この小高登貫とは、意外と知られていないエースなのではないかと思う。坂井三郎のように本を多数執筆していた ...

(画像はwikipediaより転載)   予科練で飛行訓練を受ける    「トッカン兵曹」とあだ名される戦中派エース小高登貫は、1923年2月26日、長野県東筑摩郡島内村に生まれた。1941年6月に横須賀海兵団に入団。海兵団終了後は、自著によると小高は搭乗員になる前には整備兵 ...

↑このページのトップヘ