トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

タグ:1945年

(画像はwikipediaより転載)    キ115剣とは、太平洋戦争末期に中島飛行機が開発した特攻専用のレシプロ機である。大量に余ったエンジンを有効活用するために木材や鋼鉄などの入手が容易な材料で簡単に製造できるように設計されていた。完成した試作機は長所が一つもない ...

(画像はwikipediaより転載)    高高度戦闘機キ94とは、立川飛行機が開発した高高度戦闘機で独特の形状をしたⅠ型とオーソドックスな尾輪式単発単座のⅡ型がある。これはⅠ型が陸軍の意向により開発中止になり、オーソドックスな形状で再度試作指示が出たためであった。 ...

(画像はwikipediaより転載)    局地戦闘機秋水とは、太平洋戦争末期に日本陸海軍によって計画されたロケット戦闘機である。開発は三菱重工でドイツのMe163の設計を元としているが、設計図の一部しか日本には届かなかったため独自開発の部分が多い。1号機は1945年7月に初 ...

(画像はwikipediaより転載)    陸上偵察機景雲とは、日本海軍の陸上偵察機である。陸偵の重要性は訴えられていたが、それまでは九七式司令部偵察機を海軍仕様にした九八式陸上偵察機、二式陸上偵察機、百式司令部偵察機と転用してきた海軍が初めて専用の陸偵として開発 ...

(紫電改 画像はwikipediaより転載)   横須賀航空隊最後の空戦   あまり有名ではない重爆B-32 (B-32 画像はwikipediaより転載)    1945年8月15日正午、天皇陛下の玉音放送があり戦争は終了した。と思いきや、実は15日以降に飛来した米軍爆撃機B-32ドミネー ...

(画像はwikipediaより転載)   略歴  震電は太平洋戦争中に九州飛行機によって開発、生産された局地戦闘機である。当時としては珍しい主翼が機体重心より後ろにあるエンテ型と呼ばれる構造になっており、空力的に優れた構造である反面、空冷エンジンの冷却が困難なこと ...

(画像はwikipediaより転載)    五式戦闘機は三式戦闘機のエンジンを液冷から空冷のハ-112Ⅱに変更した機体である。このため機体は三式戦闘機の機体と大きな違いはないが、途中から風防が胴体一体型のファストバック式風防から涙滴型風防に変更されている。最高速度こそ ...

(画像はwikipediaより転載)   FH-1 ファントム     性能 全幅 12.42m 全長 11.35m 全高 4.32m 自重 3,031kg 最大速度 813km/h(高度9,100m) 上昇力 1,290m / 分 上昇限度 12,500m エンジン出力 推力726kg(ウェスチングハウスJ30-WE-20)2基 航続距 ...

(画像はwikipediaより転載)    特殊攻撃機橘花とは、太平洋戦争末期に日本海軍が計画、中島飛行機が開発したジェット攻撃機である。試作機1機が11分飛行したのが唯一の飛行記録である。2回目の飛行は失敗、そのまま終戦となった。海軍の期待は大きく戦闘機型等多くの派 ...

↑このページのトップヘ