トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

タグ:1921年

(画像はwikipediaより転載)   ワシントン会議   超要約    1921年に開かれた第一次世界大戦のアジア・太平洋方面の戦後処理を話し合う会議。列強間で中国の権益を分配する九か国条約、太平洋の安定を図る四か国条約、そして膨大になり過ぎた各国の海軍力を削減 ...

(画像はwikipediaより転載)    石原進は甲飛3期出身で総撃墜数は16機とも30機ともいわれている。日中戦争、太平洋戦争に参加して戦後は航空自衛隊のパイロットとなったが事故により殉職した   略歴  1921年愛知県生まれ。1938年10月甲飛3期生として予科練に入隊。1 ...

(画像はwikipediaより転載)    岡野博は1921年生まれ、操練54期を修了した。日中戦争は経験していないが太平洋戦争開戦時には十分な訓練を受けての参加である。太平洋戦争を戦い抜いたのち、343空で終戦を迎えたという円熟の搭乗員であった。   略歴  1921年茨城県 ...

(画像はwikipediaより転載)    伊藤清は1921年生まれ、3空で活躍した多撃墜のエースである。撃墜数は23機に及ぶ。しかし私にとっては『エース列伝』でしか知らない未知のエースであった。台南空の搭乗員達は坂井三郎氏の著書で有名であったが、同時期に航空撃滅戦を行っ ...

(画像はwikipediaより転載)    杉野計雄飛曹長は山口県生まれで、丙飛3期を卒業、基本的に母艦戦闘機隊員として活躍した戦闘機搭乗員である。495回の戦闘で32機を撃墜したといわれる。   杉野計雄飛曹長の経歴   略歴  杉野飛曹長は1921年山口県に生まれる。19 ...

(画像はwikipediaより転載)   菅野 直 大尉    数少ない士官の撃墜王。総撃墜数は25機とも48機とも、または65機ともいわれている。初出撃が1944年と戦争後半を戦った撃墜王である。凄まじい闘志を持っていた暴れん坊だったようで訓練で随分飛行機を破壊したようであ ...

(画像はwikipediaより転載)    この大原亮治氏は丙飛4期出身。丙飛4期とは太平洋戦争開戦後に卒業したクラスだ。つまり卒業後、いきなり練度の高い米軍航空隊と戦わなければならないという非常に厳しい状況に置かれていた。ただ、この丙飛4期はまだ初戦期であったせいか ...

↑このページのトップヘ