トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

1915年生まれ

01_零戦22型
(画像はwikipediaより転載)

 

松村百人少尉の略歴

 

 1915年9月21日山口県に生まれる。1934年海軍に入隊。整備兵を経て航空兵となる。1935年11月29期操練卒業。日中戦争勃発と共に12空隊員として上海に進出。12月13空付。1938年3月12空付。1939年1月赤城乗組、ついで岩国空、大分空の教員を経て1942年7月6空に配属された。8月にラバウルに進出、1943年4月飛曹長進級、内地に帰還、岩国空、鈴鹿空、神ノ池空で教員配置。1944年8月、601空戦闘161飛行隊に異動。10月24、25日にはエンガノ沖海戦に参加、母艦が撃沈されたため不時着、駆逐艦初月に救助されるも初月が撃沈されてしまったため行方不明、戦死と認定された。

 

2度の母艦戦闘機隊勤務

 

 松村百人少尉は操練29期出身で太平洋戦争時にはベテラン中のベテランであった。操練は大雑把に書くと、太平洋戦争開戦時には30期が中堅、40期以降は若手と考えると分かりやすい。10期、20期台は超ベテランクラスで30期台の搭乗員の教員クラスである。松村少尉は20期の最後のクラスで太平洋戦争開戦時には中堅クラスと考えて良い。

 操練29期は11名で1935年5月から訓練が始まり、同年11月に修了している。日中戦争勃発時には技量、経験共に完全な状態であったといえる。一般には日中戦争の空戦は日本軍の一方的勝利と思われがちであるが、中華民国空軍の搭乗員の技量も決して低い訳ではなかった。現に操練29期は日中戦争において約半数の5名が戦死している。

 松村上飛曹は日中戦争勃発時から参加、日中戦争で不確実含め10機の撃墜を報告している。日中戦争の撃墜数のトップが岩本徹三上飛曹の14機なので撃墜数でいえばかなり上位であるが、撃墜数自体、誤認が非常に多いためあまり当てにはならない。ともかく手練れの搭乗員であったことは間違いないであろう。松村上飛曹は中国大陸に展開する12空、13空と渡り歩き、1939年1月には空母赤城戦闘機隊に配属された。

 太平洋戦争開戦は内地での教員勤務で迎えるが、1942年7月には6空に配属された。6空はミッドウェー島進出予定の航空隊であったが、ミッドウェー海戦で日本軍が敗北したため内地での再編成の後、8月にはラバウルに進出した。以降、6空は後に204空と改称されてからもラバウル航空戦の中核となって戦い続けた部隊で1944年初頭までラバウルに展開、空戦に活躍した部隊である。

 松村上飛曹は米軍がガダルカナル島に上陸した8月にラバウルに進出して以降、ガダルカナル島進攻やブイン基地での迎撃戦等に活躍する。1943年4月には飛曹長昇進、内地での教員配置を命じられた。「搭乗員の墓場」と言われたラバウルで7ヶ月以上戦い生き残ったというのは奇跡的である。内地に帰還した松村上飛曹は岩国空、鈴鹿空、神ノ池空と1年以上教員配置についていたが、1944年8月再び実戦部隊に配属された。配属された部隊は601空戦闘161飛行隊で隊長は海兵67期のベテラン士官小林保平大尉であった。601空には他にも後輩にあたる岩井勉中尉や中仮屋国盛少尉等のベテランも在籍していた。

 因みに母艦航空隊は一回母艦に乗った後、陸上航空隊に勤務した後に母艦に戻るという「出戻り」は基本的にほとんどないため非常に珍しい事例である。この時点での601空はマリアナ沖海戦で部隊がほぼ壊滅、再建中であったが、10月には捷号作戦の発動により出撃、24、25日のエンガノ岬沖海戦では、松村飛曹長は母艦の上空直掩に活躍するが、母艦瑞鶴が撃沈されてしまったため海面に不時着、駆逐艦初月に救助された。

 しかしこの初月も米艦隊に包囲され撃沈、同様に救助された小林保平大尉と共に行方不明、戦死と認定された。総撃墜数は13機といわれており、その内約半数は日中戦争での戦果である。歴戦の搭乗員であった松村飛曹長は航空戦ではなく救助された駆逐艦の撃沈で戦死するというその最期は、日本海軍のトップエースといわれた西澤廣義飛曹長の最期と被らなくもない。

 

まとめ

 

 操練29期は11名、日中戦争で5名が戦死、太平洋戦争でさらに4名が戦死した。終戦を迎えられたのは2名のみで日中戦争、太平洋戦争での搭乗員の犠牲がどれだけ激しかったのかが分かる。特徴的なのは半数が日中戦争で戦死していることである。日中戦争も決して楽な戦いではなかったのである。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

03_南太平洋海戦の翔鶴零戦隊
(画像はwikipediaより転載)

 

南義美少尉の経歴

 

 1915年12月15日香川県に生まれる。1933年海軍に入団、1935年11月30期操練を卒業、大村空を経て1937年7月13空(ついで12空)に配属された。二年間の戦地勤務後の1938年9月には内地に帰還、佐伯空、大分空、飛龍、瑞鳳乗組を経て1941年10月翔鶴に配属され太平洋戦争開戦を迎える。1942年6月大村空で教員配置に就くが、1944年2月601空に異動、再び母艦戦闘機隊員として新造空母大鳳に配属される。マリアナ沖海戦後、653空に異動。レイテ沖海戦に参加するが、11月25日、神風特攻隊笠置隊員として米機動部隊に突入、戦死した。

 

母艦戦闘機隊のベテラン南大尉

 

 南義美大尉は、操練30期出身で同期の戦闘機専修者は14名で内、5名が終戦まで生き残った。同期には南大尉を除き、いわゆる「撃墜王」と呼ばれる搭乗員はいないが、太平洋戦争開戦前に十分な訓練を受けて日中戦争で多くの実戦を経験した上で25歳前後と搭乗員としては最も脂の乗り切った時期に太平洋戦争開戦を迎えたクラスである。

 南大尉は日中戦争前に操練、大村空での延長教育を修了、戦闘機搭乗員となった。1937年7月の盧溝橋事件勃発前後に13空に配属され上海戦線に出動、1938年9月に内地に帰還するまで1年以上にわたって中国戦線で戦い続けた。同年5月には漢口攻撃に出撃、空戦中にエンジンに被弾、機銃も全て撃ち尽くし帰投中であったが、中華民国空軍のE16戦闘機が近寄ってきて、漢口の方を指し「戻れ」と指示され怒った南兵曹は体当たりを敢行、片翼飛行を続けて不時着救助された。

 4ヶ月後の9月に1年以上に及ぶ戦地勤務を終え内地に帰還。教員配置の後、母艦乗組となる。以降、南大尉は1944年に特攻隊員として戦死するまで母艦戦闘機隊隊員として活躍する。最初に配置された空母は飛龍で、続いて瑞鳳、さらに翔鶴乗組として太平洋戦争開戦を迎えた。開戦後、南上飛曹は翔鶴戦闘機隊隊員として真珠湾攻撃、インド洋海戦、珊瑚海海戦に参加、1942年6月には内地で教員配置となる。しばらくの教員配置の後、1944年2月、601空に配属、久々の実戦部隊に戻る。

 601空とはそれまでの第一航空戦隊の空母翔鶴、瑞鶴、大鳳の3隻の航空隊で編成された部隊で空母と航空隊を分離させる制度変更によって生まれた部隊であった。南大尉はこの中の大鳳乗組となる。南飛曹長が開戦時に乗組んだ空母翔鶴ではないものの、また再び同じ部隊に配属となったこととなる。所謂「古巣に戻った」ということであろう。

 この601空隊員として6月には史上最大の空母決戦であったマリアナ沖海戦に参加、多くの熟練搭乗員が戦死する中、南飛曹長は無事生還したが、母艦の大鳳は撃沈されてしまった。本土に戻った南飛曹長は653空に異動となる。この部隊も空母と分離してはいるが、母艦航空隊である。

 この653空隊員として南飛曹長はレイテ沖海戦に参加したが、11月25日、神風特別攻撃隊笠置隊員として爆装した零戦で米機動部隊に突入戦死した。日中戦争当初から実戦経験を積み太平洋戦争全期間にわたって特別な技量を必要とする母艦搭乗員のベテランは爆弾を抱いて敵艦隊に突っ込むという非情な最期を遂げることとなった。戦死後二階級特進して海軍大尉となったが、のちの本土防空戦で「宝石よりも貴重」といわれた熟練搭乗員の惜しすぎる最期であった。

 

南義美少尉の関係書籍

 

零戦最後の証言―海軍戦闘機と共に生きた男たちの肖像

神立尚紀 著
光人社; 新装版 (2010/12/18)

 神立尚紀氏による零戦搭乗員へのインタビュー集。志賀少佐を始め、中島三教、田中国義、黒澤丈夫、佐々木原正夫、宮崎勇、加藤清(旧姓伊藤)、中村佳雄、山田良市、松平精のインタビューを収録している。戦中の海軍戦闘機搭乗員の中でもベテランの部類に入る搭乗員の記録として非常に貴重である。田中国義少尉のインタビューで南大尉について触れられている。

 

まとめ

 

 熟練搭乗員が特攻で戦死することはしばしばあった。しかしそれは直掩機としての任務であり爆装機ではないことがほとんどであった。無論直掩機でも何段にも防御体制を敷いている上に重厚な対空兵器を持つ米艦隊に突入するのは死ぬ可能性の非常に高いものであった。

 しかし爆装機は「必死」である。この作戦に対して岩本徹三中尉や岡部健二中尉等、性格の強い搭乗員は敢然と反対を表明、自身の特攻希望にもはっきりと「否」と表明していた。これに対して誰からも好かれる大人しい性格だったといわれる南大尉。終戦時に生き残った両中尉と特攻死した南大尉、ここに性格の違いがあったのかもしれないが、今となっては誰も分からない。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_零戦22型
(画像はwikipediaより転載)

 

 宮野善治郎中佐は太平洋戦争開戦後3空分隊長、204空分隊長として比島蘭印航空撃滅戦、その後のラバウル航空戦に参加して素晴らしい統率力を発揮した名指揮官である。同時に自身も16機を撃墜するという戦闘機乗りとしての腕の良さも併せ持っていた名パイロットである。

 

宮野善治郎中佐の経歴

 

略歴

 大正4年12月29日大阪府生まれ。昭和13年65期生として海兵を卒業。昭和15年4月32期飛行学生を修了。昭和16年12空配属。支那戦線に参戦したが空戦の機会はなかった。10月大尉。3空分隊長。開戦後は3空分隊長として比島蘭印航空撃滅戦に参加する。昭和17年4月6空分隊長。6月空母隼鷹に便乗してダッチハーバー攻撃に参加する。帰還後ラバウルに進出、204空分隊長、飛行隊長として活躍した。昭和18年6月16日の空戦で行方不明となり戦死と認定された。戦死後、全軍布告、2階級特進で中佐となる。

 

士官と下士官の役割の違い

 零戦のエースには下士官が圧倒的に多い。80〜90%は下士官搭乗員ではないだろうか。これに対して欧米ではエースのほとんどは士官であるのだ。この違いは何かというとそもそもパイロットは士官という国もあれば、実戦で武勲を挙げることによって昇進するという場合もある。これに対して日本は士官でも下士官でもパイロットの道が開けており、日本の場合は多くが下士官パイロットであった。    実戦では士官は指揮官として戦闘全般を指揮し、下士官兵はその指示に従って戦うというのが基本スタイルだった。そのため実際に敵機を撃墜するのは下士官兵パイロットが圧倒的に多くなるのだ。だからといって士官パイロットの腕が悪い訳ではない。要するに役割が違うのだ。

 

士官の多撃墜パイロット

 この海軍航空隊の中で多撃墜スコアを持つこの宮野中佐というのは珍しい存在である。士官パイロットではあるが、海兵65期で日中戦争にも参加している。空戦の機会こそなかったものの、太平洋戦争開戦時にはベテラン士官であった。この海兵○○期というのは海軍兵学校卒業年次である。海軍の搭乗員をみる場合は基本的に67期が開戦直前(昭和16年10月とか)に実戦部隊に配属されたクラスということを覚えておくと戦記物を読む際は参考になる。

 当然、海軍兵学校の一期は一年なので、単純計算だと65期というのは67期の2年前に実戦部隊に配属されたことになる。宮野大尉の場合は昭和15年に初めて実戦部隊に配属されたようだ。日中戦争では空戦の機会はなかったものの、戦闘の空気には十分慣れたであろう。太平洋戦争開戦時には押しも押されぬ指揮官となっていたのだろう。  この宮野中佐もまたラバウル航空戦に参加してその若い命を散らすことになる。航空戦記物には宮野大尉は度々登場するが本当に部下から愛されていたのが分る。本当に人望のある人物だったのだろう。

 

宮野善治郎大尉関係書籍

 

零戦隊長 宮野善治郎の生涯(光人社NF文庫)

神立尚紀 著
潮書房光人新社 (2016/2/19)

 宮野善治郎中佐の母校の後輩である神立尚紀氏による本。徹底した調査で宮野善治郎中佐の人生を再現している。不器用だったりと意外な一面も垣間見れる。世間に流布している宮野善治郎中佐の誕生年を大正4年と訂正している点は重要。

 

第204海軍航空隊編『ラバウル空戦記』

第204海軍航空隊 (編集)
朝日ソノラマ (1987/03)

 ラバウル航空戦初期に投入され終盤まで戦い続けたラバウル航空隊屈指の部隊「204空」生存者が編纂した戦記。本書が編集された時点ではまだ多くの生存者がおり、記憶も鮮明だったこともあり、内容はかなり詳しく書かれている。宮野善治郎中佐と若い部下達の交流も描かれている。上下関係の厳しい海軍でありながら酒の席で部下が隊長に「ため口」で話しているのが微笑ましい。本当に信頼されていたのだろう。

 

日本海軍戦闘機隊―付・エース列伝

伊沢 保穂 秦郁彦 著
酣燈社 改訂増補版 (1975)

 1975年初版の海軍のパイロット好きには必携の本。撃墜王、エースの一覧表、主要搭乗員の経歴、さらには航空隊史、航空戦史まで網羅している。2000年代に再販されているが、その際にエース列伝と航空隊史・航空戦史が分冊となってしまった。古くてもいいから1冊で読みたいという方にはこちらがおススメ。宮野善治郎中佐は「エース列伝」に登場するが誕生年が大正6年となっているが4年の誤り。略歴を知るには最良の書。

 

まとめ

 

 宮野善治郎中佐は享年わずか27歳。「人望のある隊長」といっても20代の若者であることに今更ながら驚く。日中戦争で実戦の空気を感じてはいたが実戦未経験であった宮野中佐は熟練者揃いの3空分隊長を任せられる。重任であったが十分に成し遂げたのはその技量と人格によるものだろう。戦後になっても宮野中佐を慕うパイロットは多かったという。

 

 

岡部健二
(画像はwikipediaより転載)

 

 著名なエース坂井三郎と同期の母艦戦闘機隊のエースである。戦争後半の同調圧力の中で特攻作戦に強硬に反対した気骨のある搭乗員だ。撃墜数は15機とも、また50機ともいわれる。実際のところは不明であるが、操練38期出身で、日中戦争に参加、太平洋戦争では優秀者が選抜される母艦戦闘機隊に配属されていた優秀な搭乗員であった。

 

岡部健二少尉の経歴

 

概要

 岡部は、大正4年5月福岡県に生まれる。海軍に入団後、航空兵を目指し、第38期操縦練習生として採用される。昭和12年11月38期操練を卒業。佐伯空、大村空を経て、昭和13年7月12空に転属。中国戦線に出動したが空戦を経験することはなかった。その後、空母翔鶴乗組となり、太平洋戦争開戦を迎える。真珠湾攻撃では母艦の上空直衛任務に就く。

 昭和17年4月9日のトリンコマリ上空に空戦が初陣。2機を撃墜する。昭和17年5月8日の珊瑚海海戦では空母上空直衛中に、急降下点で米艦爆群を待ちうけてSBD3機、F4F3機撃墜確実、F4F2機不確実の合計8機の撃墜戦果を報告した。昭和18年7月再び翔鶴乗組、「ろ」号作戦で11月ラバウル進出する。その後大村空に異動、昭和19年7月634空に配属され、レイテ作戦に参加する。11月に本土に戻り601空に転属して終戦を迎える。

 

母艦戦闘機隊員としての戦い

 太平洋戦争は新鋭空母翔鶴の戦闘機隊として迎えた。真珠湾攻撃では上空直掩である。この時、上空直掩を行った搭乗員には20機以上を撃墜したと言われる菊池哲生、216機撃墜を自称する岩本徹三、撃墜18機の小町定、10機以上撃墜の原田要などがいる。珊瑚海海戦では、岡部健二はまたもや上空直掩となり、攻撃してきた米空母艦載機を次々と8機を撃墜する。この海戦には瑞鶴の上空直掩として岩本徹三が参加していた。その後、「ろ」作戦で岡部健二もまたラバウルに派遣されることとなる。しかし期間は短かったようだ。

 

特攻には絶対反対

その後フィリピンに進出するが、ここで元台南空飛行隊長中島正少佐に対し、特攻反対を唱える。中島少佐からは不穏分子と睨まれ迫害されたようである(杉野計雄『撃墜王の素顔』光人社1997年)。岡部は同僚の角田和男少尉に対しても「戦闘機乗りは死んだら負けだよ」と特攻を思いとどまらせようとしていた。岡部は妻へのお土産の靴や香水、化粧品をみんなに見せびらかし絶対に持って帰ると言っていたという。

 特攻推進派で後から行くと多数の特攻隊員を送り出した中島少佐は戦後、特攻隊員達をネタに本を出版、航空自衛官として昇進を重ね、空将補となり位人臣を極める。晩年は陶器作りに精を出すという悠々自適な生活を送り1996年、86歳で天寿を全うした。確かに後から行くというのは嘘ではなかったようだ。それはそうと岡部少尉、やっとのことで内地に戻ったが最後に所属した航空隊も601空という母艦戦闘機隊であった。

 岡部健二はこの激しい太平洋戦争を生き抜いた。撃墜数に関しては、エース列伝では15機ということになっている。しかしヘンリーサカイダ『日本海軍航空隊のエース』大日本絵画1998年によると撃墜スコア50機ということになっているが、この50機という数字は岡部本人の記憶によるものだという。

 

岡部健二関係書籍

 

ヘンリーサカイダ『日本海軍航空隊のエース1937‐1945』

当時の搭乗員に直接インタビューもしてたり、独自取材もしている。大原亮治飛曹長のことを「ラバウルの殺し屋」と書いて抗議されたのも本書だったはず。航空機のカラー絵も多い。岡部健二少尉にはインタビューしているようで項目を立てて解説している。

 

日本海軍戦闘機隊―付・エース列伝

伊沢 保穂 秦郁彦 著
酣燈社 改訂増補版 (1975)

 1975年初版の海軍のパイロット好きには必携の本。撃墜王、エースの一覧表、主要搭乗員の経歴、さらには航空隊史、航空戦史まで網羅している。2000年代に再販されているが、その際にエース列伝と航空隊史・航空戦史が分冊となってしまった。古くてもいいから1冊で読みたいという方にはこちらがおススメ。こちらも岡部健二少尉は項目を立てて解説している。

 

杉野計雄『撃墜王の素顔』

 総撃墜数32機といわれている杉野計雄氏の著書。当初はミッドウェー島航空隊になる予定だった6空隊員としてミッドウェー海戦に参加。乗艦が撃沈され内地帰還後は、母艦戦闘機隊隊員として活躍する。この時期のパイロットとしては幸運にも十分な訓練期間を与えられたようだ。ラバウル航空戦、比島、本土防空戦に参加する。フィリピン戦のくだりで岡部健二少尉が特攻に反対していることが記されている。

 

神立尚紀『祖父たちの零戦』

 神立尚紀氏が零戦搭乗員とのインタビューで書き上げた本。戦後の人間としての搭乗員の生き様が描かれている。岡部健二少尉の話もフィリピン戦のくだりで登場する。人物が生き生きと描かれていてよい。その他、坂井三郎少尉の戦後の話等も面白い。この部分に関しては坂井スマート道子氏の著書で違う視点から本書に対して意見を書いているのでどちらも読むことをおすすめする。

 

まとめ

 

 岡部健二少尉は操練38期。著名なエースである坂井三郎少尉と同期である。母艦戦闘機搭乗員として有名を馳せた彼は周囲の圧力にも屈せず自説を主張した勇敢な男であった。総撃墜数は15機といわれているが本人の記憶では50機撃墜したという。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

↑このページのトップヘ