トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

15空

01_零戦22型
(画像はwikipediaより転載)

 

半田亘理中尉の略歴

 

 1911年8月22日福岡県に生まれる。1928年海軍に入団。5年間の軍艦勤務後の1933年3月操練19期を卒業した。その後、空母龍驤、大村空、横空を経て、1937年8月支那事変勃発とともに空母加賀に乗り組み、中国戦線で活躍した。1938年6月15空に異動、11月本土に帰還した。1940年11月空曹長に進級して除隊したが即日召集。1942年2月台南空に配属、ニューギニア、ラバウルで活躍したが、肺結核の悪化により同年末本土へ送還された。6年に及ぶ闘病生活の甲斐もなく1948年戦病死した。

 

戦闘機の職人、半田中尉

 

 半田亘理中尉は、操練19期で同期には343空で活躍した磯崎千利大尉がいる。同期は7名で1名が日中戦争で戦死、1名は開戦劈頭の真珠湾攻撃で戦死、1名がソロモンで戦死している。半田中尉は海軍に入隊以後、5年間にわたり艦隊勤務に就いたのち、1932年10月に操練19期に採用、半年間の訓練を受けた後戦闘機搭乗員となった。

 空母龍驤乗組み、大村空、横空を経て1937年8月に空母加賀乗組みとなり日中戦争に参戦する。1938年6月には新たに編成された15空に異動する。15空とは1938年6月25日に編成された部隊で空母蒼龍の艦載機が主体となって編成された艦戦、艦爆、艦攻の混成部隊であった。戦闘機隊飛行隊長は有名な南郷茂章大尉で同年12月1日には解隊した短命な飛行隊であった。

 半田中尉は同隊に11月まで所属、その後は内地に異動した。それまでの日中戦争での総撃墜数は6機といわれている。1940年11月には空曹長に進級、除隊したが、即日召集。土浦空で教員を務めた。太平洋戦争開戦後の1942年2月、蘭印方面に展開する台南空に異動、4月には台南空の一員としてバラウルに進出した。5月4日にはP39エアコブラを単独撃墜してベテランの腕の冴えを見せている(この撃墜は連合国の戦闘行動調書によって確認されている)。

 しかし9日後の13日には、著名な搭乗員である坂井三郎一飛曹の列機である本田敏秋三飛曹を一時的に自分の列機として借り受け出撃したが、本田三飛曹は空戦で戦死してしまった。これは後年に至っても悔やんでいたようで死の床でも本田三飛曹を失ってしまったことについて語っていたという。その半田飛曹長はその後肺結核が悪化、1942年末には内地に送還され、闘病生活の後、1948年に戦病死した。総撃墜数は13機といわれている。

 

半田亘理中尉の関係書籍

 

大空のサムライ (光人社NF文庫)

坂井三郎 著
潮書房光人新社 (2003/5/14)

 最も著名な海軍戦闘機搭乗員であるといっても過言ではない。操練38期卒業のベテラン搭乗員の坂井三郎氏。日中戦争から太平洋戦争で活躍した。何かと批判も多い著者であるが、操練を優秀者として卒業、初期の台南空の快進撃で活躍したことは事実である。ゴーストライターが執筆しているため若干夢想的な文体であるが、読み物としては秀逸。世界中で翻訳され多くの人に影響を与えた。

 

零戦最後の証言―海軍戦闘機と共に生きた男たちの肖像

神立尚紀 著
光人社; 新装版 (2010/12/18)

 神立尚紀氏による零戦搭乗員へのインタビュー集。志賀少佐を始め、中島三教、田中国義、黒澤丈夫、佐々木原正夫、宮崎勇、加藤清(旧姓伊藤)、中村佳雄、山田良市、松平精のインタビューを収録している。戦中の海軍戦闘機搭乗員の中でもベテランの部類に入る搭乗員の記録として非常に貴重である。

 

まとめ

 

 生粋の海軍戦闘機搭乗員であった半田飛曹長は海軍戦闘機隊秘伝の秘技「ひねり込み」も会得していた。内地での勤務に就いていた際、当時、若手搭乗員であった田中國義一空兵が「ひねり込み」の方法を半田一飛曹に訊いたところ、「まだ教えても分かるまい」と教えなかった。そして後年台南空で再会した田中一飛曹が半田飛曹長に再度「ひねり込み」について訊いたところ「教えることは何もないよ」と結局教えてくれなかったという。海軍戦闘機隊では、他の搭乗員も「自分の技は教えない」という職人気質な部分があったようでこのようなエピソードは非常に興味深い。

 

 

 


ミリタリーランキング

01_零戦22型
(画像はwikipediaより転載)

 

近藤政市少尉の略歴

 

 1917年11月5日愛媛県に生まれる。1935年7月27期操練を卒業。大村空を経て1936年11月空母龍驤乗組で日中戦争が勃発した。1938年加賀乗組。6月には15空に異動、11月内地に帰還した。1939年10月には12空に配属され再び中国大陸に出動した。1942年7月には瑞鳳乗組、南太平洋海戦に参加した。11月隼鷹に移動、第3次ソロモン海戦、「い」号作戦等に参加。1943年5月には一時的に内地へ帰還したが、7月2日にはブイン基地進出。ベララベラ攻撃にて負傷を負ったため内地に送還された。1年3ヶ月に及ぶ入院生活を終えて203空戦闘303飛行隊に配属されたが、実戦に出ないまま終戦を迎えた。

 

母艦戦闘機隊を渡り歩いた男

 

 近藤政市は操練27期出身で同期は12名、訓練は1935年1月から同年7月まで行われた。当時は日中戦争も始まっておらず、海軍の搭乗員養成は少数精鋭の教育であった。3名が事故死しており、1名が日中戦争で戦死、4名が太平洋戦争で戦死、内3名がソロモン方面での戦死で、終戦を迎えることが出来たのは4名のみであった。25%が事故で亡くなっていることからも分かるように、この時代の航空機はまだまだ危険な乗り物であった。

 わずか17歳で操練を修了した近藤一空兵は大村空を出た後、1936年11月空母龍驤乗組みとなる。母艦航空隊に配属されたことからも操縦に適性があったのだろう。この龍驤乗組時に日中戦争の勃発が勃発する。のちに3空零戦隊を率いてポートダーウィン進攻に活躍する鈴木實中尉の2番機として1937年8月には早くも撃墜2機を報告。さらに1938年には空母加賀に異動、蝶野二郎一空曹の3番機を務めた。その後、15空に異動したのち同年11月に内地に帰還した。

 内地では恐らく教員配置に就いていたものと思われるが、1939年10月、12空付として再び中国大陸に進出した。1942年7月には再び母艦戦闘機隊搭乗員として瑞鳳戦闘機隊に配属、日高盛康大尉の指揮の下、河原政秋飛曹長(操練26期)の2番機として10月26日には南太平洋海戦に参加している。この海戦で瑞鳳戦闘機隊は味方攻撃隊を護衛中にエンタープライズの攻撃隊とすれ違ったため、日高大尉率いる戦闘機隊が攻撃隊の護衛を放棄してエンタープライズ攻撃隊に対して攻撃を開始した。

 この攻撃が正否が後々問題となるのだが、近藤一飛曹もこの空戦に参加している。翌月には空母隼鷹乗組となり、第3次ソロモン海戦、「い」号作戦等、母艦搭乗員としてソロモン航空戦に参加している。1943年5月には一時的に内地に帰還するも同年7月には最前線基地のブインに進出、べララベラ攻撃において空戦中に左足に重傷を負い、そのまま本土に送還された。

 この療養は1年3ヶ月に及び、太平洋戦争後期には203空戦闘303飛行隊に復帰したものの、実戦に出ることなく終戦を迎えた。総撃墜数は13機といわれているが実数は不明、2007年5月12日に89歳で他界した。

 

近藤政市少尉の関係書籍

 

神立尚紀『証言 零戦 生存率二割の戦場を生き抜いた男たち』

 ゼロファイター列伝を文庫化したもので著者独自の人脈によって、それまで口を閉ざしていた戦闘機搭乗員達のインタビューを収録。登場する搭乗員は、三上一禧、田中國義、原田要、日高盛康、小町定、志賀淑雄、吉田勝義、山田良市(敬称略)である。特に日高盛康氏、志賀淑雄氏、三上一禧氏は沈黙を貫いていた方々であり、インタビューは非常に貴重である。日高盛康氏は近藤政市少尉が瑞鳳戦闘機隊時代の隊長である。

 

まとめ

 

 操練は海軍在隊者から搭乗員を選抜する課程でのちに予科練に統合されるが、在隊者から選抜されるために同期であっても経歴や階級には違いがあった。近藤少尉は17歳というほぼ最短で操練に合格したため操練20期台ではあるが、年齢的には操練34期の岩本徹三中尉、35期の原田要中尉、38期の坂井三郎中尉よりも若いし階級も下であった。しかし戦闘機搭乗員としての実戦を経験したのは早い。操練は年齢や階級と経験が一致しない場合がままある。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_零戦22型
(画像はwikipediaより転載)

 

周防元成少佐の経歴

 

 1912年12月14日鳥取県に生まれる。1934年海兵62期を卒業。艦隊勤務を経て1937年9月第28期飛行学生教程を終了。佐伯空、横空での延長教育を受けたのち、1938年2月12空に配属。15空に転じた直後、霞空、大分空教官を経て、1939年10月14空分隊長として再び支那戦線に出動。11月元山空に異動、1940年4月空技廠のテストパイロットとなった。1942年12月252空飛行隊長となりソロモン航空戦に活躍した。1943年2月内南洋に転進。1944年3月本土に帰還後は元山空、築城空の飛行長として終戦を迎えた。

 

物静かで沈着な周防少佐

 

 周防元成少佐は、海兵62期で同期には志賀淑雄少佐、納富健次郎大尉、飯田房太大尉等がいる。航空機搭乗員となった同期は37名で内、8名が戦闘機搭乗員となった。一般に士官は安全なところで指揮を執り、下士官兵は消耗品として使われるというようなイメージがあるが、実際にはこの海兵62期の8名の内、終戦まで生き残ったのはわずか2名、それも太平洋戦争開戦までに日中戦争で4名、真珠湾攻撃で1名が戦死している。1941年12月9日の時点で海兵62期戦闘機専修者は3名となっている。

 海軍兵学校を卒業した周防中尉は艦隊勤務ののち、1936年12月より28期飛行学生として採用、搭乗員としての訓練を受けた。1937年9月に訓練を修了後、佐伯空、横空で延長教育を受けたのち、1938年2月には早速12空の士官搭乗員として日中戦争に参加している。一時期内地で教官となったが1939年10月には再び14空分隊長として中国戦線に出動した。

 1940年10月には仏印ハノイに進出、11月には元山空に異動する。ここまでに周防大尉は撃墜11機を報告しており、これは士官搭乗員中の最高撃墜数であった。1941年4月には空技廠に配属、零戦や雷電等の新鋭機の実用実験に携わる。1942年12月には252空飛行隊長としてに発令されたため、「搭乗員の墓場」ソロモン航空戦に参加する。後任の空技廠飛行実験部員には同期の志賀大尉であった。この時、周防大尉の2番機を務めた宮崎勇上飛曹は、周防大尉の印象を「物静かで沈着、それでいて、あたたかい雰囲気を感じる人だった」と語っている

 2ヶ月余りソロモン航空戦の激戦を戦った後、1943年2月、252空は内南洋に転進に伴って内南洋に移動、周防大尉はタロア、のちにウェーク島に移動した。11月24日には、周防大尉は爆装零戦19機を以って、敵占領直後のマキン島銃爆撃に出撃したが、途中の洋上でF6Fヘルキャットの大群に奇襲を受け混戦となった結果、未帰還機10機の犠牲を出し、周防大尉自身も被弾している。さらに25日にも24機の爆装零戦を以って同様の攻撃を実施したが、同様にF6Fとの混戦となり、攻撃は失敗、7機の未帰還機を出してしまった。この空戦で日本側は撃墜11機を報告したが、実際には1機が撃墜されたのみである。

 零戦は戦闘機であるため爆装してしまうと本来の性能を発揮することができない。この2回の作戦は零戦の本来の使用法ではない方法で使用したため戦果は無く、損害のみが増大していた。にもかかわらず内南洋方面部隊司令部からは「26日も実施せよ」という命令が届いた。このため温和な周防大尉も堪忍袋の緒が切れ、俺たちを何と考えとるんだ!机の上だけで計画をたてておる奴には、何も分かっちゃおらん。今から殴り込みに行ってくる!」と単身司令部に乗り込んでいったという。多くの部下を失った周防大尉の怒りが爆発したのだった

 内南洋の航空戦で252空はほぼ壊滅、生存搭乗員達は1944年春に本土に帰還した。周防大尉も本土に帰還後、5月には少佐に昇進、元山空飛行長、築城空飛行長として終戦を迎えた。戦後は航空自衛隊に入隊、航空幕僚監部運用課長を経て、1960年8月実験航空隊司令、1964年1月空将補、3月第二航空団司令兼千歳基地司令、1965年3月航空自衛隊第五術科学校校長、1966年2月には保安管制気象団司令を歴任、1967年11月空将で退官した。1981年他界。総撃墜数は日中戦争で11機、太平洋戦争で4機の合計15機といわれている。

 

周防元成少佐の関係書籍

 

宮崎勇『還って来た紫電改』

 総撃墜数13機の熟練搭乗員であった宮崎勇氏の著作。ドーリットル隊の空襲時に上空にいたにも関わらず、味方機と勘違いし攻撃しなかったことを戦後も悔いていたという。252空搭乗員としてほとんどの期間を過ごし、戦争後期には全機紫電改を装備した新鋭部隊343空の搭乗員として活躍する。宮崎氏は片翼帰還で有名な樫村寛一少尉に操縦を教わり、搭乗員の墓場と言われたラバウル航空戦に参加、マーシャル島では恐らく日本で最初であるF6Fとの空戦を行う。敵空母上空を味方機のように旋回して危機を脱したりとすごい体験をしている。宮崎飛曹長は、菅波政治大尉戦死後、周防大尉の部下として長く一緒に戦っている。

 

まとめ

 

 海軍戦闘機搭乗員は、下士官兵に比べて士官は昇進して地上勤務や内地勤務に移動することが多く、消耗品として使い捨てられることは少なかった。しかしこれはあくまでも「下士官兵と比較して」の話であり、士官搭乗員が決して安全だった訳ではない。事実、海兵62期の戦闘機専修の士官8名の内、6名が終戦までに命を落としている。当たり前であるが、士官も兵士も命がけだったのである。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_零戦22型
(画像はwikipediaより転載)

 

中島文吉飛曹長の経歴

 

 1918年富山県生まれ。1936年9月33期操練を卒業後、鹿屋空へ配属された。1938年3月13空、7月15空に異動。1941年9月3空に配属され太平洋戦争開戦を迎える。3空隊員として比島・蘭印航空撃滅戦に参加。1942年11月252空に転じてラバウルに進出。1943年2月マーシャル群島に転進した。年10月6日、米機動部隊のウェーク島来襲に対して増援のため出撃、米艦載機の奇襲により乱戦となり未帰還となった。

 

中島飛曹長の太平洋戦争

 

 操練33期の戦闘機専修者は5名と少ない。これは戦前の少数精鋭教育のためである。同期には翔鶴戦闘機隊で活躍した大森茂高少尉がいる。前後のクラスでは32期に「空の宮本武蔵」と呼ばれた武藤金義少尉、34期には「零戦虎徹」を自称した岩本徹三少尉がいる。中島文吉飛曹長は17歳で戦闘機搭乗員となったため太平洋戦争開戦時には23歳と年齢的には若いが、日中戦争には勃発時から防空任務に就いているなど経験が多い。

 太平洋戦争開戦時には3空に所属しているが、この3空は練度の高い隊員が非常に多かった部隊で新米搭乗員でも飛行時間が1000時間を超えていたといわれている。3空は開戦後、フィリピンのクラーク基地攻撃を手始めに台南空と共に開戦当初の比島・蘭印航空撃滅戦を行った。中島一飛曹も3空隊員として幾多の空戦に参加している。

 1942年11月、中島上飛曹は252空に転出する。この252空は現在の北朝鮮で編成された戦闘機陸攻混成部隊であった元山航空隊から戦闘機隊を抽出して編成された部隊で同年9月に館山で編成され、11月にはラバウルに進出する。搭乗員にはベテランの武藤金義上飛曹、宮崎勇一飛曹等が在籍していた。中島文吉上飛曹も252空の一員として空母大鷹によってラバウルに進出、翌年の2月に内南洋に進出するまで数ヶ月にわたって熾烈なソロモン・ラバウル航空戦に参加する。

 進出早々の11月14日、飛行隊長菅波政治大尉率いる252空零戦隊6機は輸送船団掩護に出撃、第1小隊は菅波大尉が直率、中島上飛曹は第2小隊の小隊長として出撃した。全機無事に戦闘は終了したものの菅波大尉は戦果確認に戻ってしまう。中島飛曹長は菅波大尉に同行しようとしたが菅波大尉に制止されてしまい、それでも律儀な中島上飛曹は菅波大尉に付いていこうとすると菅波大尉は強い調子で制止したため断念した。その後菅波大尉が戻ってくることはなかった。

 ラバウル進出後、わずか5日で飛行隊長を失った252空であったが、後任には士官でありながら個人撃墜11機の記録を持つと言われている周防元成大尉が着任、数ヶ月にわたって連日のように上空哨戒や戦闘に活躍することとなる。しかし1943年2月になると中部太平洋の緊張が高くなり始めたため252空はラバウルから後退、部隊を二分して1隊をウェーク島、1隊をマーシャル諸島に配置したが、中島上飛曹はマーシャル諸島に展開することとなった。

 1943年10月6日、ウェーク島が米機動部隊に襲撃されたためマーシャル諸島に展開していた252空に出撃命令が発令された。中島上飛曹も増援隊の一員として第2小隊2番機として出撃したが、途中、F6Fヘルキャットの襲撃により空戦に突入、中島上飛曹は未帰還となった。尚、この空戦がF6Fが日本軍と行った最初の空戦であったようだ。総撃墜数は16機といわれている。

 

中島文吉飛曹長関係書籍

 

宮崎勇『還って来た紫電改』

 総撃墜数13機の熟練搭乗員であった宮崎勇氏の著作。ドーリットル隊の空襲時に上空にいたにも関わらず、味方機と勘違いし攻撃しなかったことを戦後も悔いていたという。252空搭乗員としてほとんどの期間を過ごし、戦争後期には全機紫電改を装備した新鋭部隊343空の搭乗員として活躍する。宮崎氏は片翼帰還で有名な樫村寛一少尉に操縦を教わり、搭乗員の墓場と言われたラバウル航空戦に参加、マーシャル島では恐らく日本で最初であるF6Fとの空戦を行う。敵空母上空を味方機のように旋回して危機を脱したりとすごい体験をしている。

 

まとめ

 

 操練33期の戦闘機専修者はわずか5名、のちの搭乗員不足の状況を考えるとお寒い限りであったが、航空機はあくまでも海戦の補助戦力であったため致し方ないといえる。この5名の内、終戦まで生き残ったのは普川秀夫少尉ただ一人で他の4名は日中戦争、南太平洋海戦、終戦間際の九州で散っている。生存率は20%である。

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

↑このページのトップヘ