トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

飛練21期

01_零戦22型
(画像はwikipediaより転載)

 

 この大原亮治は丙飛4期出身。丙飛4期とは太平洋戦争開戦後に卒業したクラスだ。つまり卒業後、いきなり練度の高い米軍航空隊と戦わなければならないという非常に厳しい状況に置かれていた。ただ、この丙飛4期はまだ初戦期であったせいか後半に比べればまともな訓練を受けていたようだ。この丙飛4期には他にも70機を撃墜したといわれる杉田庄一がいる。

 

大原亮治の経歴

 

概要

 大正10年2月25日宮城県生まれ。昭和15年6月一般航空兵として横須賀海兵団に入団。昭和16年2月丙種予科練を受験し合格する。昭和16年5月、丙飛4期として土浦空に入隊。昭和17年7月21期飛練卒業。大分空で戦闘機専修延長教育。卒業と同時に6空へ配属される。10月7日204空本隊としてラバウル進出。10月12日初出撃をする。10月13日ブイン飛行場に進出。10月19日初空戦を体験する。昭和18年10月内地に帰還。11月横空に勤務し終戦を迎える。終戦時海軍兵曹長。戦後は米軍キャンプで働くが、昭和28年海上警備隊入隊。第一回操縦講習員となり修了後教官となる。昭和46年三等海佐で退官する。退官後は航空振興財団に勤務する。2018年11月2日死去。

 

予科練修了、そのままラバウルへ

 大原は、大正10年宮城県生まれ、昭和15年6月海軍に入隊。昭和16年2月丙種予科練4期生として土浦航空隊に入隊した。昭和17年7月21期飛練課程を修了し、さらに戦闘機操縦者として大分航空隊に配属。その後いきなり第六航空隊に配属された。第六航空隊とは後の204空のことでのちにラバウル航空戦の中核となる部隊である。

 昭和17年10月に激戦地のラバウル、それも悪いことに最前線のブーゲンビル島ブイン基地に六空は進出する。10月19日、大原は初空戦を体験する。大原は空戦に入る前に増槽を落とすのを忘れてしまう。その後、数々の戦闘をくぐり抜けて大原氏は204空の中核として成長しながら激烈なラバウル航空戦を生き抜いた。昭和18年10月内地に移動になった頃には当初の六空搭乗員は大原、大正谷宗市、坂野隆雄の3名しかいなかったという。

 

ラバウルから生還。横須賀航空隊勤務

 昭和18年11月、204空生存者3名は、ともに海軍航空隊の殿堂、横須賀航空隊に配属される。1年に亘り激戦地のラバウルで生き抜いてきた彼らには当然海軍の殿堂に所属する権利はあるということだ。その後終戦まで横須賀航空隊所属となる。

 これが大原の経歴であるが、大原の経歴で面白いのは転属が一回しかなかったことだ。海軍は転属が多い。例えば岩本徹三は12空、瑞鶴戦闘機隊、281空、201空、204空、253空、252空、203空と転属し、その間に教員配置もこなしている。これをみれば大原氏の転属一回というのが特異なのが分るというものであろう。

 

大原亮治関係書籍

 

神立尚紀『零戦の20世紀―海軍戦闘機隊搭乗員たちの航跡』

 神立尚紀氏に戦中派エースとして取材された記事が載っている。戦中戦後まで幅広くインタビューに答えている。大原の前向きな性格が良く分かる。

 

零戦最後の証言 2―大空に戦ったゼロファイターたちの風貌

 上掲『零戦の20世紀』とほぼ同じ内容。大原以外には生田乃木次、鈴木實、進藤三郎、羽切松雄、原田要、角田和男、岩井勉、小町定、渡辺秀夫、岩下邦雄、笠井智一等へのインタビューがある。ほとんどの方は他界されているのでこのインタビューは貴重。

 

零戦、かく戦えり! 搭乗員たちの証言集

零戦搭乗員会 編
文藝春秋 (2016/12/1)

 大原はソロモン航空戦についてと先輩搭乗員羽切松雄氏についての思い出を寄稿している。

 

まとめ

 

 大原亮治は太平洋戦争開戦後に実戦に参加した戦中派パイロットである。開戦時には実戦経験を持っていた岩本徹三や坂井三郎と異なり、教育課程も短縮された上に、最初の戦闘は練度の高い連合国軍との戦闘であった。その劣悪な条件下で生き残りラバウルを去った時、進出した時の隊員はわずか3名になっていたという。その後も終戦まで戦い抜き、戦後も長命を保ったが2018年11月2日惜しくも他界した。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_零戦22型
(画像はwikipediaより転載)

 

 仲道渉飛曹長とは丙飛4期という戦中に不十分訓練しか受けられなかった世代の搭乗員で未熟な状態で激烈な航空戦が展開されているラバウルに送りこまれた。そして無事生還しただけでなく、20機もの撃墜を報告した稀有な搭乗員である。

 

仲道渉飛曹長の経歴

 

概要

 大正11年大阪に生まれる。昭和15年呉海兵団に入団。昭和16年5月土浦空に入隊して、同年7月丙4期予科練を卒業後、霞ヶ浦空、大分空で操縦教育を受けた。昭和17年7月21期飛練課程を修了、12月隼鷹乗組を命じられた。昭和18年夏に204空へ異動、ブイン基地に進出、激烈なラバウル航空戦に参加する。昭和19年3月内地に帰還。11月より721空(神雷部隊)戦闘機隊に属し、神雷特攻隊の直援に当った。

 近年、彼我の文献から客観的な戦果を割り出そうという研究が梅本弘氏等によって行われているが、梅本氏によると仲道飛曹長が撃墜を報告している日に間違いなく米軍が該当の機種を失っているケースが12件あったそうだ。むろん他の搭乗員も撃墜を報告しているが仲道飛曹長は客観的に見極めて戦果を報告しているという(梅本弘『海軍零戦隊撃墜戦記』3)。

 

丙飛4期

 仲道渉飛曹長は丙飛4期出身の戦中派パイロットである。丙飛とは丙種予科練習生の略で他に甲種、乙種があった。甲乙は外部からの受験で採用されるが丙種は下士官兵から内部選抜により採用されるコースだ。以前は操縦練習生と呼ばれていたが予科練に一本化された結果丙種と呼ばれることとなった。

 丙飛4期は太平洋戦争開戦後に実戦に投入され、主に太平洋戦争中期から活躍したクラスだ。同期には中盤のラバウル航空戦で活躍した大原亮治飛曹長、中沢政一一飛曹等がいた。すでに操練(操縦練習生)後半からは以前のような十分な訓練を受けたとは言えない状態で連合国軍の反抗が始まった戦場に送り込まれたために多くの犠牲者を出した。

 

母艦戦闘機隊

 基本的に搭乗員の中で母艦搭乗員に選抜されるのは優秀な搭乗員であったと言われている。仲道も練習生修了時点でやはり才能のようなものがあったのだろう空母隼鷹乗組を命ぜられたが、昭和18年夏にラバウルに展開する204空に配属される。  昭和18年9月14日にB-24協同撃墜したのを皮切りに翌年1月23日にまでに20機(不確実、協同含む)を撃墜した。

 

正確な撃墜判定

 日米双方には多撃墜エースと呼ばれているパイロットが多数いるが意図的ではないにしろ戦果が過大に報告されているケースが多い。5倍から多い時は10倍以上に実数と戦果が異なる場合がある。当然、エースの撃墜数も実際の数でない可能性が高いのだ。これは世界のエースに対して同様のことがいえる。  しかし、梅本氏によると仲道一飛曹は、協同撃墜の場合、搭乗員の多くが自分の単独撃墜を主張するのに対して仲道氏は、自身の成果は共同撃墜であったと報告しており、戦闘状況をよく見極めて判断しているという。

仲道一飛曹の報告している撃墜数は20機である。この謙虚な性格の仲道一飛曹の性格からすると12機以外にも実際に撃墜している可能性は高い。少なくとも実際に成果が確認された上での「ダブルエース」である。ラバウルから生還した後には、有名な人間爆弾桜花を擁する721空戦闘機隊に配属され終戦を迎える。

 

仲道渉飛曹長関係書籍

 

海軍零戦隊撃墜戦記3: 撃墜166機。ラバウル零戦隊の空戦戦果、全記録。

海軍零戦隊撃墜戦記3: 撃墜166機。ラバウル零戦隊の空戦戦果、全記録。
梅本弘 著
大日本絵画 (2013/12/10)

 日本・連合国軍の資料を突き合わせて実際の空戦の模様を描き出そうとしている力作。仲道渉飛曹長はP98から登場する。熾烈なラバウル航空戦の様子を高い精度で知ることが出来る貴重な本。

 

まとめ

 

 母艦戦闘機隊に配属された仲道一飛曹は、元々搭乗員としてのセンスは良かったのだろう。しかし、戦前の搭乗員のように十分な訓練を受けられず、戦場に送り込まれた。しかもその戦場は戦争中期の最も激烈であったラバウルである。この条件の中で無事生還しただけでなく、多撃墜を記録したというのは驚異的である。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

↑このページのトップヘ