トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

翔鶴

01_零戦22型
(画像はwikipediaより転載)

 

大森茂高少尉の略歴

 

 1916年1月15日山梨県に生まれる。1933年5月海軍に入団。1936年9月操練33期卒業。1938年2月13空に配属。日中戦争に参加する。3月12空に異動。12月赤城乗組ののち、筑波空、大湊空を経て、鳳翔乗組で太平洋戦争開戦を迎える。1942年5月赤城乗組。6月ミッドウェー海戦に参加。その後翔鶴乗組。南太平洋海戦には母艦上空直掩の任務に就いたが、米艦爆が翔鶴へ投弾するのを防ぐために体当たりして戦死した。戦死後全軍布告、二階級特進で特務少尉となった。

 

母艦戦闘機隊一筋に生きた男

 

 大森茂高少尉は操練33期出身で戦闘機専修の同期はわずか6名である。この時期は少数精鋭教育の時代ではあったが、6名の内、2名が転科しているので、当時流行していた戦闘機不要論の影響があったのかもしれない。この戦闘機不要論とは海軍の場合、九六陸攻が当時の主力戦闘機九〇式艦戦を上回る高速を発揮したため、陸攻だけで十分であり戦闘機は不要であると短絡的に考えた海軍の一部高級士官が唱えた論である。

 無論、九〇式艦戦と九六陸攻は世代が全く違うため新鋭機の性能が圧倒しているのは当たり前であった。当時の航空機は3年で旧式となるほどの発達期であり、6年の差は大きかった。その後、九六陸攻の速度を上回る九六艦戦の完成や実戦で戦闘機の援護の無い攻撃機に大損害が出たためこの論は消え去ったが、一時的にしろ戦闘機搭乗員を削減したことは後々大きく影響することとなる。

 操練33期は1936年2月から訓練を開始、同年9月に終了している。この前後のクラスは日中戦争開始前に十分な訓練を受け、その後日中戦争で実戦経験を積み、太平洋戦争開戦時には中堅搭乗員として活躍したクラスで著名な搭乗員である武藤金義少尉(32期)、岩本徹三中尉(34期)、原田要中尉(35期)坂井三郎中尉(38期)等、太平洋戦争全般において中核となったクラスであった。それだけに戦闘機不要論の影響は大きかったといえる。

 訓練課程を修了した大森少尉は1938年2月に中国大陸に展開する13空に配属、同月には初めての実戦を経験する。翌月には12空に異動、引き続き中国大陸で活躍した。12月には空母赤城乗組を経て筑波空、大湊空と陸上基地勤務を経て空母鳳翔戦闘機隊員として太平洋戦争開戦を迎えた。この鳳翔は太平洋戦争開戦時には二線級の空母であったが、旧式であるために飛行甲板が狭く、離着艦に高い技量が必要とさえる。それ故、大森少尉のような熟練者が任命されたのかもしれない。

 1942年5月、空母赤城に異動となる。翌月にはミッドウェー海戦に参加、大森少尉はミッドウェー島攻撃隊の直掩として出撃、帰還後は直掩機として防空任務に就いた。防空任務では6機撃墜を報告したものの母艦は被弾し炎上、唯一健在であった空母飛龍に着艦して引き続き防空任務に努めたが飛龍も撃沈されたため海上に不時着、救助された。

 内地に帰還後、翔鶴戦闘機隊に配属される。1938年末以来、一時期の陸上基地勤務を除けば母艦一筋である。8月、瑞鶴、瑞鳳と共に第一航空戦隊を編成した翔鶴はソロモン海に向け出撃、同月24日には第二次ソロモン海戦に参加する。さらに10月26日には南太平洋海戦に参加、大森少尉(当時一飛曹)も参加、母艦上空直掩任務に就いた。母艦上空での空戦では5機の撃墜を報告したが、米艦爆の内1機が投弾体勢に入っていたが、大森少尉は攻撃が不可能と判断すると米艦爆に体当たりして戦死した。

 この海戦において翔鶴は大破したものの撃沈は免れた。この大森少尉の行為に対して海軍は全軍に布告、二階級特進として特務少尉に任じた(戦死時は一飛曹)。この二階級特進であるが、戦死してしまって階級が上がることに意味がないのではないかと思われるかもしれないが、これは多少異なる。

 もちろん本人は戦死してしまっているので全く意味がないのであるが、大森少尉の遺族は「少尉」の軍人恩給をもらうことが出来る。全軍布告は単なる名誉であるが、二階級特進は遺族に対する恩給の金額が上がるため戦死者の遺族にとっては生活の助けになるという側面もある。総撃墜数は13機といわれている。

 

大森茂高少尉の関係書籍

 

まとめ

 

 操練33期は6名であったが、2名が他機種に転科、のちに1名が戦闘機に転科しているため5名であった。この内、太平洋戦争終戦を迎えられたのは1名のみで、1名は日中戦争で、3名が太平洋戦争で戦死している。この内1名は1945年8月9日で終戦のわずか6日前であった。

 

 

【お願い】
下記のリンクを踏んで商品を購入して頂くと私にちょっとだけお金が入ります。良い記事だと思われたら投げ銭代わりに是非お願いします。

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_零戦22型
(画像はwikipediaより転載)

 

谷口正夫少尉の略歴

 

 1919年1月7日福岡県に生まれ、1936年海軍に入団。1940年7月51期操練を卒業、1941年4月赤城乗組で太平洋戦争開戦を迎えた。ハワイ、ダーウィン、コロンボ攻撃、ミッドウェー海戦後、翔鶴乗組に転じ、第2次ソロモン、南太平洋両海戦に参加した。11月大村空に異動、1943年7月新編の331空に異動、12月5日のカルカッタ攻撃に参加。12月201空に配属されてラバウルに進出。1944年1月末、トラック島に後退する。2月17日米艦載機のトラック空襲撃激戦、3月戦闘305飛行隊に異動、3月30日のペリリュー迎撃戦に参加、比島に転進、10月23日マニラ上空の空戦で重傷を負って本土へ送還されて終戦を迎えた。

 

1航艦を渡り歩いた男

 

 谷口正夫少尉は、操練51期出身で、同期の戦闘機専修者はわずか6名、翌期の52期に至っては戦闘機専修者ゼロと戦闘機無用論の影響なのかそれとも教育を50期と同時に開始したことが関係しているのか、戦闘機専修者が極端に少なくなっている。操練51期は訓練開始早々に1名を事故死で失い5名が卒業している。内2名が終戦まで生き残った。

 谷口少尉は実用機課程修了し、1941年4月には空母赤城乗組となった。この母艦搭乗員とは優秀者を中心に選抜されるものなので谷口少尉の操縦は一定以上に評価されていたのだろう。1941年12月空母赤城戦闘機隊員として太平洋戦争開戦を迎えた谷口少尉は、真珠湾攻撃、ポートダーウィン攻撃、コロンボ攻撃に参加、1942年4月9日のトリンコマリ攻撃では初撃墜を報告している。1942年6月のミッドウェー海戦では機動部隊の上空直掩に従事したが母艦赤城が撃沈されたため駆逐艦に救助されて本土に帰還している。

 1942年7月には空母翔鶴、瑞鶴、瑞鳳により新しく編成された第1航空戦隊に翔鶴戦闘機隊員として配属、8月の第二次ソロモン海戦、10月の南太平洋海戦に参加した。11月には大村空教員として内地に帰還、しばらく教員配置に就くが、1943年7月には新たに編成された331空に配属された。この331空は艦戦と艦攻の混成部隊で戦闘機隊の隊長は台南空で有名を馳せた新郷英城少佐で、隊員には操練17期のベテラン赤松貞明中尉、岡野博飛曹長、中谷芳市飛曹長等が在籍している。

 この331空隊員として谷口少尉は8月にはスマトラ島北部のサバン島に進出、12月には海軍中攻隊、陸軍航空隊と共同でインドのカルカッタを空襲した。その後、谷口少尉はラバウルに展開する201空に異動、「搭乗員の墓場」といわれたラバウルに進出する。この時のラバウル航空戦はすでに末期の様相を呈しており、劣勢であった中、谷口少尉は連日の航空戦に健闘した。

 1944年1月、1ヶ月あまりの空戦の後、201空はサイパン島に後退、機材は全てラバウルに残してきたため内地で零戦23機を受領して2月11日には零戦がサイパンに到着した。谷口飛曹長は内8機を指揮、ラバウルへ先発するためにトラック島に進出したが、2月17日のトラック島空襲に遭遇、谷口飛曹長も果敢に迎撃戦を戦ったものの零戦全機を失った。

 3月4日の改編により201空戦闘305飛行隊に編成替えとなった谷口飛曹長を含む戦闘305飛行隊は、その後、グアム島を経てペリリュー島に移動したものの3月30日に米機動部隊の攻撃を受ける。谷口飛曹長も激撃したものの衆寡敵せず未帰還機9機、大破9機不時着2機と201空20機の全機が使用不能となってしまった。このため201空は再建のためダバオに後退した。

 5月中旬、内地から新たに春田虎二郎大尉率いる戦闘306飛行隊を迎え2個飛行隊編成となった201空はセブ島を拠点に迎撃戦を展開するが、谷口飛曹長は10月23日マニラ上空の空戦で被弾不時着し、重傷を負ったため本土へ送還されたのち療養中に終戦を迎えた。総撃墜機数は14機といわれているが実数は不明である。

 

まとめ

 

 谷口少尉は延長教育修了後、数ヶ月で第1航空戦隊所属の赤城の母艦搭乗員として選抜されている。当時の1航戦は各航戦の中でもトップクラスに熟練者の多い部隊であった。ここに選抜されていることからも谷口少尉の技量の評価が高かったことが窺える。母艦搭乗員を歴任、インド、南方と戦い抜いた谷口少尉は、負傷をしつつも終戦まで戦い抜いた。同期で終戦まで生き残った隊員は他に河野茂少尉のみで2005年に他界している。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

03_南太平洋海戦の翔鶴零戦隊
(画像はwikipediaより転載)

 

南義美少尉の経歴

 

 1915年12月15日香川県に生まれる。1933年海軍に入団、1935年11月30期操練を卒業、大村空を経て1937年7月13空(ついで12空)に配属された。二年間の戦地勤務後の1938年9月には内地に帰還、佐伯空、大分空、飛龍、瑞鳳乗組を経て1941年10月翔鶴に配属され太平洋戦争開戦を迎える。1942年6月大村空で教員配置に就くが、1944年2月601空に異動、再び母艦戦闘機隊員として新造空母大鳳に配属される。マリアナ沖海戦後、653空に異動。レイテ沖海戦に参加するが、11月25日、神風特攻隊笠置隊員として米機動部隊に突入、戦死した。

 

母艦戦闘機隊のベテラン南大尉

 

 南義美大尉は、操練30期出身で同期の戦闘機専修者は14名で内、5名が終戦まで生き残った。同期には南大尉を除き、いわゆる「撃墜王」と呼ばれる搭乗員はいないが、太平洋戦争開戦前に十分な訓練を受けて日中戦争で多くの実戦を経験した上で25歳前後と搭乗員としては最も脂の乗り切った時期に太平洋戦争開戦を迎えたクラスである。

 南大尉は日中戦争前に操練、大村空での延長教育を修了、戦闘機搭乗員となった。1937年7月の盧溝橋事件勃発前後に13空に配属され上海戦線に出動、1938年9月に内地に帰還するまで1年以上にわたって中国戦線で戦い続けた。同年5月には漢口攻撃に出撃、空戦中にエンジンに被弾、機銃も全て撃ち尽くし帰投中であったが、中華民国空軍のE16戦闘機が近寄ってきて、漢口の方を指し「戻れ」と指示され怒った南兵曹は体当たりを敢行、片翼飛行を続けて不時着救助された。

 4ヶ月後の9月に1年以上に及ぶ戦地勤務を終え内地に帰還。教員配置の後、母艦乗組となる。以降、南大尉は1944年に特攻隊員として戦死するまで母艦戦闘機隊隊員として活躍する。最初に配置された空母は飛龍で、続いて瑞鳳、さらに翔鶴乗組として太平洋戦争開戦を迎えた。開戦後、南上飛曹は翔鶴戦闘機隊隊員として真珠湾攻撃、インド洋海戦、珊瑚海海戦に参加、1942年6月には内地で教員配置となる。しばらくの教員配置の後、1944年2月、601空に配属、久々の実戦部隊に戻る。

 601空とはそれまでの第一航空戦隊の空母翔鶴、瑞鶴、大鳳の3隻の航空隊で編成された部隊で空母と航空隊を分離させる制度変更によって生まれた部隊であった。南大尉はこの中の大鳳乗組となる。南飛曹長が開戦時に乗組んだ空母翔鶴ではないものの、また再び同じ部隊に配属となったこととなる。所謂「古巣に戻った」ということであろう。

 この601空隊員として6月には史上最大の空母決戦であったマリアナ沖海戦に参加、多くの熟練搭乗員が戦死する中、南飛曹長は無事生還したが、母艦の大鳳は撃沈されてしまった。本土に戻った南飛曹長は653空に異動となる。この部隊も空母と分離してはいるが、母艦航空隊である。

 この653空隊員として南飛曹長はレイテ沖海戦に参加したが、11月25日、神風特別攻撃隊笠置隊員として爆装した零戦で米機動部隊に突入戦死した。日中戦争当初から実戦経験を積み太平洋戦争全期間にわたって特別な技量を必要とする母艦搭乗員のベテランは爆弾を抱いて敵艦隊に突っ込むという非情な最期を遂げることとなった。戦死後二階級特進して海軍大尉となったが、のちの本土防空戦で「宝石よりも貴重」といわれた熟練搭乗員の惜しすぎる最期であった。

 

南義美少尉の関係書籍

 

零戦最後の証言―海軍戦闘機と共に生きた男たちの肖像

神立尚紀 著
光人社; 新装版 (2010/12/18)

 神立尚紀氏による零戦搭乗員へのインタビュー集。志賀少佐を始め、中島三教、田中国義、黒澤丈夫、佐々木原正夫、宮崎勇、加藤清(旧姓伊藤)、中村佳雄、山田良市、松平精のインタビューを収録している。戦中の海軍戦闘機搭乗員の中でもベテランの部類に入る搭乗員の記録として非常に貴重である。田中国義少尉のインタビューで南大尉について触れられている。

 

まとめ

 

 熟練搭乗員が特攻で戦死することはしばしばあった。しかしそれは直掩機としての任務であり爆装機ではないことがほとんどであった。無論直掩機でも何段にも防御体制を敷いている上に重厚な対空兵器を持つ米艦隊に突入するのは死ぬ可能性の非常に高いものであった。

 しかし爆装機は「必死」である。この作戦に対して岩本徹三中尉や岡部健二中尉等、性格の強い搭乗員は敢然と反対を表明、自身の特攻希望にもはっきりと「否」と表明していた。これに対して誰からも好かれる大人しい性格だったといわれる南大尉。終戦時に生き残った両中尉と特攻死した南大尉、ここに性格の違いがあったのかもしれないが、今となっては誰も分からない。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_エンタープライズ
(画像はwikipediaより転載)

 

要約

 

 南太平洋海戦とは、1942年10月26日にソロモン海域で行われた海戦で、ガダルカナル島ヘンダーソン飛行場を奪回する陸軍を援護するために行われた海戦であった。日本側は空母4隻、米側は空母2隻を投入、正面から戦闘を行った結果、米側は空母1隻、駆逐艦1隻が撃沈、日本側は大破した艦が2隻あったものの撃沈された艦はなかったが、ヘンダーソン飛行場の奪取には失敗した。このため戦術的には日本側勝利、戦略的には米側勝利と言われている。

 

南太平洋海戦 〜概要〜

 

02_ホーネット
(画像はwikipediaより転載)

 

 1942年8月7日、米軍のガダルカナル島以降、米軍の対日反抗の拠点となったヘンダーソン飛行場の再奪取を目論む日本陸軍第17軍は10月下旬に総攻撃を計画、支援を海軍に要請した。これに対して海軍は空母翔鶴、瑞鶴、瑞鳳から成る第一航空戦隊(一航戦。司令官南雲忠一中将)、空母隼鷹の第二航空戦隊(二航戦。司令官角田覚治少将)、前衛部隊として戦艦金剛、榛名をを中心とする戦艦、重巡部隊をソロモン海域に出撃させた。

 対する米軍も同海域に空母エンタープライズを基幹とする第16任務部隊、空母ホーネットを基幹とする第17任務部隊、戦艦ワシントンを中心とする第64任務部隊が派遣された。10月25日、二航戦とラバウルの基地航空隊がヘンダーソン飛行場への攻撃を行う。同日、日米機動部隊は同海域に相手側も機動部隊を派遣していることを確認した。

 1942年10月26日、双方がほぼ同時に相手側機動部隊の位置を確認、日本側は第1次攻撃隊62機を発進、第2次攻撃隊も発進させたがレーダーが敵機の接近を確認したため各母艦毎に別個に発進することになった。同時刻に米側も攻撃隊73機を発進、日米の攻撃隊は進撃途中にすれ違うこととなった。双方、自軍の攻撃隊を援護する必要性から攻撃を見送るが、この時、日高盛康大尉率いる瑞鳳戦闘機隊が反転、米側攻撃隊の一隊であるエンタープライズ隊19機に対して攻撃を行った。これが後に大きな問題となる。

 日本側第1次攻撃隊は空母ホーネットを攻撃、大破させるが、米側もまた日本軍機動部隊の空母2隻を発見(瑞鳳は米軍偵察機の奇襲により被弾し戦線より後退している)、空母翔鶴に命中弾2発を与えている。続いて日本側第2次攻撃隊が米機動部隊を発見、エンタープライズを攻撃している。さらに敵機動部隊発見の報により二航戦がヘンダーソン飛行場攻撃を中止、エンタープライズ攻撃に第1次攻撃隊を派遣、攻撃を行った。これらの攻撃によりエンタープライズは中破、戦列を離れることとなった。

 これにより日本側の攻撃目標は空母ホーネットに集中、二航戦は第2次攻撃隊を編成して炎上中のホーネットに攻撃をかけた。また一航戦も第3次攻撃隊を編成、同空母を攻撃している。さらに二航戦が第3次攻撃隊を発進、ホーネットに攻撃をかけた。さらに近藤信竹中将が指揮する前衛部隊が水上戦闘を挑むために追撃戦を開始した。これらの攻撃に対して米側は空母ホーネットを放棄、総員退艦の後、駆逐艦の砲雷撃を行った。

 日本軍の前衛部隊が空母ホーネットに到着した時、ホーネットは未だ浮いていたため連合艦隊司令部は一時、ホーネットの鹵獲を試みるが、結局、雷撃により撃沈された。

 

瑞鳳戦闘機隊の反転

 

03_南太平洋海戦の翔鶴零戦隊
(画像はwikipediaより転載)

 

 第1次攻撃隊が進撃途中に米攻撃隊とすれ違った際、日高盛康大尉率いる瑞鳳戦闘機隊9機が攻撃隊の護衛を中止して米攻撃隊への攻撃を行った。この攻撃を受けたエンタープライズ隊は19機中5機が撃墜され、1機が不時着、2機が被弾のため母艦へ帰投した。これに対して瑞鳳戦闘機隊も2機が撃墜され、2機が帰途行方不明となり合計4機が失われた。

 エンタープライズ隊は残った11機で進撃を続けたが、空戦で燃料を消費していたのと高度が下がっていたため日本側機動部隊への攻撃は出来ず、前衛部隊への攻撃を行っている。この攻撃により重巡筑摩が大破している。

 この攻撃により日本側は損害を未然に防ぐことが出来た反面、攻撃隊を援護する戦闘機が9機減少したことにより苦戦を強いられた。この日高大尉の行動に対しては部内でも批判的な意見が出た反面、肯定する意見も多かった。これに対して日高大尉は命令違反として処分されることはなかったが、戦後も一切弁明することはなかった。

 

まとめ

 

 南太平洋海戦における双方の損害は、日本側が空母1隻、重巡1隻大破、航空機92機を失った。対して米側は空母1隻、駆逐艦1隻撃沈、駆逐艦1隻が大破した。航空機の損失は81機であったが、日本軍の作戦目標であったヘンダーソン飛行場の奪取には失敗する。このことから戦術的には日本側勝利したものの、ヘンダーソン飛行場を確保した米国が戦略的には勝利したと評価されている。

 確かに艦艇、航空機の損害で判断すれば日本側に軍配が上がるが、この海戦による搭乗員の戦死者は日本側148名に対して米側26名と極端に異なる。日本側は開戦以来、珊瑚海、ミッドウェー、第2次ソロモン海戦、そしてこの海戦により開戦以来の練度の高い母艦搭乗員をほぼ失ったといってよい。以後、終戦まで同レベルの練度を持った母艦搭乗員で機動部隊を編成することは出来なくなった。この点も含めて日本側の戦略的敗北といっていいだろう。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

岡部健二
(画像はwikipediaより転載)

 

 著名なエース坂井三郎と同期の母艦戦闘機隊のエースである。戦争後半の同調圧力の中で特攻作戦に強硬に反対した気骨のある搭乗員だ。撃墜数は15機とも、また50機ともいわれる。実際のところは不明であるが、操練38期出身で、日中戦争に参加、太平洋戦争では優秀者が選抜される母艦戦闘機隊に配属されていた優秀な搭乗員であった。

 

岡部健二少尉の経歴

 

概要

 岡部は、大正4年5月福岡県に生まれる。海軍に入団後、航空兵を目指し、第38期操縦練習生として採用される。昭和12年11月38期操練を卒業。佐伯空、大村空を経て、昭和13年7月12空に転属。中国戦線に出動したが空戦を経験することはなかった。その後、空母翔鶴乗組となり、太平洋戦争開戦を迎える。真珠湾攻撃では母艦の上空直衛任務に就く。

 昭和17年4月9日のトリンコマリ上空に空戦が初陣。2機を撃墜する。昭和17年5月8日の珊瑚海海戦では空母上空直衛中に、急降下点で米艦爆群を待ちうけてSBD3機、F4F3機撃墜確実、F4F2機不確実の合計8機の撃墜戦果を報告した。昭和18年7月再び翔鶴乗組、「ろ」号作戦で11月ラバウル進出する。その後大村空に異動、昭和19年7月634空に配属され、レイテ作戦に参加する。11月に本土に戻り601空に転属して終戦を迎える。

 

母艦戦闘機隊員としての戦い

 太平洋戦争は新鋭空母翔鶴の戦闘機隊として迎えた。真珠湾攻撃では上空直掩である。この時、上空直掩を行った搭乗員には20機以上を撃墜したと言われる菊池哲生、216機撃墜を自称する岩本徹三、撃墜18機の小町定、10機以上撃墜の原田要などがいる。珊瑚海海戦では、岡部健二はまたもや上空直掩となり、攻撃してきた米空母艦載機を次々と8機を撃墜する。この海戦には瑞鶴の上空直掩として岩本徹三が参加していた。その後、「ろ」作戦で岡部健二もまたラバウルに派遣されることとなる。しかし期間は短かったようだ。

 

特攻には絶対反対

その後フィリピンに進出するが、ここで元台南空飛行隊長中島正少佐に対し、特攻反対を唱える。中島少佐からは不穏分子と睨まれ迫害されたようである(杉野計雄『撃墜王の素顔』光人社1997年)。岡部は同僚の角田和男少尉に対しても「戦闘機乗りは死んだら負けだよ」と特攻を思いとどまらせようとしていた。岡部は妻へのお土産の靴や香水、化粧品をみんなに見せびらかし絶対に持って帰ると言っていたという。

 特攻推進派で後から行くと多数の特攻隊員を送り出した中島少佐は戦後、特攻隊員達をネタに本を出版、航空自衛官として昇進を重ね、空将補となり位人臣を極める。晩年は陶器作りに精を出すという悠々自適な生活を送り1996年、86歳で天寿を全うした。確かに後から行くというのは嘘ではなかったようだ。それはそうと岡部少尉、やっとのことで内地に戻ったが最後に所属した航空隊も601空という母艦戦闘機隊であった。

 岡部健二はこの激しい太平洋戦争を生き抜いた。撃墜数に関しては、エース列伝では15機ということになっている。しかしヘンリーサカイダ『日本海軍航空隊のエース』大日本絵画1998年によると撃墜スコア50機ということになっているが、この50機という数字は岡部本人の記憶によるものだという。

 

岡部健二関係書籍

 

ヘンリーサカイダ『日本海軍航空隊のエース1937‐1945』

当時の搭乗員に直接インタビューもしてたり、独自取材もしている。大原亮治飛曹長のことを「ラバウルの殺し屋」と書いて抗議されたのも本書だったはず。航空機のカラー絵も多い。岡部健二少尉にはインタビューしているようで項目を立てて解説している。

 

日本海軍戦闘機隊―付・エース列伝

伊沢 保穂 秦郁彦 著
酣燈社 改訂増補版 (1975)

 1975年初版の海軍のパイロット好きには必携の本。撃墜王、エースの一覧表、主要搭乗員の経歴、さらには航空隊史、航空戦史まで網羅している。2000年代に再販されているが、その際にエース列伝と航空隊史・航空戦史が分冊となってしまった。古くてもいいから1冊で読みたいという方にはこちらがおススメ。こちらも岡部健二少尉は項目を立てて解説している。

 

杉野計雄『撃墜王の素顔』

 総撃墜数32機といわれている杉野計雄氏の著書。当初はミッドウェー島航空隊になる予定だった6空隊員としてミッドウェー海戦に参加。乗艦が撃沈され内地帰還後は、母艦戦闘機隊隊員として活躍する。この時期のパイロットとしては幸運にも十分な訓練期間を与えられたようだ。ラバウル航空戦、比島、本土防空戦に参加する。フィリピン戦のくだりで岡部健二少尉が特攻に反対していることが記されている。

 

神立尚紀『祖父たちの零戦』

 神立尚紀氏が零戦搭乗員とのインタビューで書き上げた本。戦後の人間としての搭乗員の生き様が描かれている。岡部健二少尉の話もフィリピン戦のくだりで登場する。人物が生き生きと描かれていてよい。その他、坂井三郎少尉の戦後の話等も面白い。この部分に関しては坂井スマート道子氏の著書で違う視点から本書に対して意見を書いているのでどちらも読むことをおすすめする。

 

まとめ

 

 岡部健二少尉は操練38期。著名なエースである坂井三郎少尉と同期である。母艦戦闘機搭乗員として有名を馳せた彼は周囲の圧力にも屈せず自説を主張した勇敢な男であった。総撃墜数は15機といわれているが本人の記憶では50機撃墜したという。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

杉野計雄
(画像はwikipediaより転載)

 

 杉野計雄飛曹長は山口県生まれで、丙飛3期を卒業、基本的に母艦戦闘機隊員として活躍した戦闘機搭乗員である。495回の戦闘で32機を撃墜したといわれる。

 

杉野計雄飛曹長の経歴

 

 杉野飛曹長は大正10年山口県に生まれる。昭和14年海軍に入隊。昭和15年駆逐艦黒潮艤装員、完成後乗組、昭和16年丙種予科練3期生となる。昭和17年3月、6空に配属される。ミッドウェー海戦に参加したのち7月空母大鷹乗組。10月大村空教員配置。11月佐伯空。昭和18年4月空母翔鶴乗組。8月トラック進出。10月ラバウル進出。12月253空編入。昭和19年2月大分空教員。4月筑波空。8月634空所属にて台湾沖航空戦、比島航空戦に参加する。その後は本土にて教員配置兼特攻隊員として終戦を迎える。

 杉野飛曹長は1997年に自伝『撃墜王の素顔』を上梓する。その時の私はちょうど撃墜王の記録を読み漁っていたころでどストライクだった。この本を店頭で見かけた時の感激は今でも忘れない。何が感激だったかというと杉野飛曹長がまだご健在であったということだ。当時はまだインターネットも今ほどの情報量もなく、撃墜王の名前などはほとんど出て来なかった。岩本徹三ですら2~3件ヒットという時代であった。

 そんな時代だったので戦争を生き抜いた撃墜王の生死については書物からの情報しかなかった。当時の私はまだエース列伝が付されている『日本海軍戦闘機隊』を入手していなかったが、『日本海軍戦闘機隊』を元にした他の本の撃墜王ランキングによって32機撃墜の杉野飛曹長の存在は知っていた。そこに自伝が登場したのである。この感激、恐らく誰も分らないと思う。

 因みに『日本海軍戦闘機隊』は、後に神保町の文華堂で入手した。1984年当時2500円の本がプレミアが付き、何と2800円となっていた。物価を考えると値段は下がっている。感激も何も要するに世間で撃墜王で盛り上がっているのは私だけだった。

 今回、記事を書くということで『撃墜王の素顔』を読み直してみたが、私の印象ではラバウルの撃墜王であったが、杉野飛曹長は意外にも母艦経験が多かった。

 ろ号作戦でラバウルに進出したのち昭和18年12月に253空に転属になる。岩本徹三、小町定、福本繁夫等、この時期には様々な部隊から253空に搭乗員が配属されていたようである。昭和19年2月に杉野飛曹長は岩本、小町等253空の主力と共にラバウルを後にしトラック防空に活躍する。因みに72機撃墜と言われるエース福本繁夫はラバウルに残留した。その後、寄せ集め零戦を指揮し戦ったようである。

 この時に初めて同期の谷水竹雄飛曹長と別々の部隊に異動になる。実は、杉野飛曹長は予科練で初めて飛行機に登場した時、谷水飛曹長と同じ教員のペアになって以来、この時までずっと同じ部隊に配属され続けたのだ。

 海軍航空隊とは非常に転属が多いところだった。この中で予科練から同じ部隊に居続けたというのは滅多にないことであった。お互いに気も合ったようで、著書の中でも「私達はピーナッツのようだ」(二人で一つという意か)と語り合ったという。

 その親友であり戦友であり同じ部隊に異動し続けた谷水飛曹長とも内地到着後は別々の任地に行くことになった。谷水飛曹長は台南空での教員であった。杉野飛曹長は、大分で教員配置に就くが、その後、またもや艦隊戦闘機隊隊員として実戦に参加、本土で教員配置で終戦を迎える。総飛行時間1994時間。

 

杉野計雄関連書籍

 

杉野計雄『撃墜王の素顔』

 総撃墜数32機といわれている杉野計雄氏の著書。当初はミッドウェー島航空隊になる予定だった6空隊員としてミッドウェー海戦に参加。乗艦が撃沈され内地帰還後は、母艦戦闘機隊隊員として活躍する。この時期のパイロットとしては幸運にも十分な訓練期間を与えられたようだ。ラバウル航空戦、比島、本土防空戦に参加する。

 予科練で初めて飛行機に乗った時以来のペアである谷水竹雄飛曹長と奇跡的にほとんどの部隊を一緒に異動する珍しい経験を持つ。谷水氏とは気も合ったようで二人のやりとりにちょっとほっこりする。二人とも戦争を生き抜けて良かったと思える。

 

坂井三郎ほか『零戦搭乗員空戦記』

 本書は月刊『丸』紙上に発表された零戦パイロットの手記を集めたもの。執筆者は小八重幸太郎氏、谷水竹雄氏、河島透徹氏、今井清富氏、塩野三平氏、坂井三郎氏の6名。坂井氏以外は本書以外に著作はなかったはずだ。貴重な記録である。

 本書執筆者の谷水竹雄氏は模型ファンならご存知の方もいるかもしれないが、米軍の識別マークに矢が刺さった撃墜マークを描いた零戦の横に立っている写真で有名なパイロットだ。杉野計雄氏と多くの期間同じ部隊で過ごした稀有な体験をしている。谷水氏は自著はないので、本手記が一番詳しく自身の戦争体験を書いているはずである。同じ事象をそれぞれどう捉えていたのか、また、杉野氏と谷水氏がそれぞれ相手をどう見ていたかなど見ると面白い。

 

秋本実『伝承零戦』1巻

 月刊『丸』紙上に掲載された海軍戦闘機隊搭乗員の手記を集めたもの。編者の秋本実氏は航空史家。第1巻は零戦の誕生から太平洋戦争中盤までの手記を収録。杉野氏は「奇計”零戦爆撃隊”八人のサムライ」という手記を寄稿している。これはのちに零戦隊の対艦爆撃の先蹤となる母艦搭乗員時代の零戦での爆撃訓練について書いたもの。零戦の対艦爆撃は決死の爆撃であったことが書かれている。

 

日本海軍戦闘機隊―付・エース列伝

伊沢 保穂 秦郁彦 著
酣燈社 改訂増補版 (1975)

 1975年初版の海軍のパイロット好きには必携の本。撃墜王、エースの一覧表、主要搭乗員の経歴、さらには航空隊史、航空戦史まで網羅している。2000年代に再販されているが、その際にエース列伝と航空隊史・航空戦史が分冊となってしまった。古くてもいいから1冊で読みたいという方にはこちらがおススメ。

 

まとめ

 

 海軍航空隊のエリートと言われる空母戦闘機隊出身の杉野氏。母艦戦闘機隊、ラバウル航空戦、比島と激戦をくぐり抜けてきた。戦後も海上自衛隊で定年まで勤務する。海自時代の教え子が1985年の時の機長で、その墜落した付近の上野村の村長で救助活動に尽力したのが海軍時代の上官の黒澤丈夫氏であったという奇縁もあったそうだ。1999年8月鬼籍に入る。

 

01_レキシントン
(画像は被弾するレキシントン wikipediaより転載)

 

超要約

 

 珊瑚海海戦とは、1942年5月に行われた世界初の空母対空母の艦隊戦である。双方、輸送船団、補給艦隊を攻撃、撃沈したのち、正面からの機動部隊同士の戦闘となった。結果、日本側は空母祥鳳が撃沈、翔鶴が大破、連合軍側は空母レキシントンが撃沈、ヨークタウンが中破した。このためこの海戦は戦術的には日本側の勝利、戦略的には連合軍側の勝利とされているが、航空機、人的損害も含めると戦術的にも日本側が勝利したとは言い切れない。

 

珊瑚海海戦 〜概要〜

 

02_祥鳳
(画像は被弾した祥鳳 wikipediaより転載)

 

 開戦後、ニューギニア東方にある要衝ニューブリテン島ラバウルの占領に成功した日本軍であったが、さらにこのラバウルの防衛を完全なものにするためには連合国軍の一大反抗拠点となっていたニューギニア東南に位置するポートモレスビー攻略が必要であった。このため陸海軍共同で輸送船団を編成、海路よりポートモレスビーの攻略を目指した。これがMO作戦である。

 この作戦を察知した米海軍は空母レキシントンとヨークタウンで編成される第17任務部隊を迎撃のために派遣した。米空母がソロモン海域に投入されたことを知った日本側は増援を要請、急遽、第一航空艦隊より空母翔鶴、瑞鶴で編成された第五航空戦隊(五航戦)が増派された。これにより日本側の空母は翔鶴、瑞鶴と当初からMO作戦に編入されていた軽空母祥鳳の3隻となった。

 1942年4月下旬、軽空母祥鳳の護衛の下、ポートモレスビー攻略に出撃、少し遅れて第五航空戦隊も米機動部隊を求めてソロモン海域に出撃していった。5月7日には五航戦が米機動部隊を発見、攻撃隊を発進させた。しかし、これは米軍の油槽船と駆逐艦の誤りであったが、五航戦攻撃隊はこれら2隻を撃沈帰投した。一方、米機動部隊でも偵察機がMO攻略部隊を発見、第17任務部隊が攻撃をかけ空母祥鳳を撃沈している。

 その後、双方、散発的な攻撃は続いたものの、5月8日には双方ともに相手方機動部隊を発見、攻撃をかけた。結果、米機動部隊は空母レキシントンが撃沈、ヨークタウンも中破した。これに対して日本側は空母翔鶴が大破した。航空機の損害は日本側が97機喪失、米側が69機の喪失であった。この海戦の結果、日本軍はMO作戦を延期、その後断念することになった。

 

日本は戦術的勝利、米国は戦略的勝利?

 

03_翔鶴
(画像は前部甲板を破壊された翔鶴 wikipediaより転載)

 

 この海戦は世界初の空母対空母の戦いであった。結果は日本側が軽空母1隻、駆逐艦1隻、掃海艇3隻撃沈、正規空母1隻大破航空機損失97機であった。これに対して連合軍は正規空母1隻、油槽船、駆逐艦各1隻撃沈、航空機の損失は69機である。このことから一般的には珊瑚海海戦は日本側が戦術的勝利、連合軍側がMO作戦を阻止したことから戦略的勝利と判定されている。

 この連合軍側が戦略的勝利であることは間違いないが、日本側は空母の損害こそ少なかったものの、航空機は連合軍側の約1.5倍を失い、人員に関しても連合軍側656名の戦死者に対して日本側は966名とこちらも約1.5倍の損害を出している。特に五航艦航空隊の損害は酷く、戦闘機隊こそは被害が比較的少なかったものの攻撃隊はほぼ壊滅であった。航空機や人員の損失まで考慮すればこの海戦の結果を日本側の戦術的勝利とするのは疑問符が付く。特に育成に10年かかると言われる航空機搭乗員、その中でもさらに高い技量が必要と言われる母艦搭乗員を一挙に失ったことは大きな損失であった。

 

まとめ

 

 珊瑚海海戦により五航戦航空隊は実質的に壊滅、空母翔鶴は修理に3ヶ月を要する大損害を受けた。初戦期で日本の戦力が一時的に連合軍の戦力を上回っていた状態であったとはいえ、日本側は、第一航空艦隊に集中していた空母戦力を分散、さらにまた五航艦と祥鳳を分散して運用するという悪手を行ってしまった。緻密過ぎる作戦と無駄な戦力の分散は以降も日本海軍の作戦で多く見られる傾向である。

 

【お願い】
下記のリンクを踏んで商品を購入して頂くと私にちょっとだけお金が入ります。良い記事だと思われたら投げ銭代わりにお願いします。

 


ミリタリーランキング

01_真珠湾攻撃
(画像はwikipediaより転載)

 

要約

 

 真珠湾攻撃とは、1941年12月8日に日本海軍の空母部隊、小型潜水艦が真珠湾に停泊中の艦船、軍事施設を奇襲した。これにより太平洋戦争が開戦する。合計2回攻撃を行い、戦艦を中心に多くの艦艇を行動不能にしたが、石油タンク、修理工廠は攻撃対象としなかったため攻撃は不徹底で空母を捕捉出来なかったこと合わせて、第二次攻撃をするべきであったのか否かがしばしば問題となるが、実際の諸条件を加味すれば南雲機動部隊の行動は妥当だったといえる。

 

真珠湾攻撃 〜概要〜

 

02_真珠湾攻撃
(画像はwikipediaより転載)

 

 日本の南部仏印進駐によって対日石油禁輸等の強硬措置を決定した米国に対して、日本は交渉を継続する一方、対米戦の準備も開始していた。連合艦隊は新しい兵器である航空機で真珠湾に停泊中の艦艇を行動不能とする計画を立てる。当時は一般には、航空機で戦艦を撃沈できるとは考えられておらずかなり奇抜な作戦であった。

 当時、空母は各艦隊に分散配置されていたが、真珠湾攻撃のために空母を終結、第一航空艦隊を編成した。第一航空艦隊に編入された空母は、赤城、加賀、飛龍、蒼龍、そして就役したばかりの翔鶴、瑞鶴の6隻であった。この艦隊は、司令官の苗字をとって南雲機動部隊とも言われる。この南雲機動部隊は、演習を偽装して別個に択捉島単冠湾に集結、11月26日に事前に調査した上で最も艦船の航行しない航路を選択して真珠湾に向かった。

 12月2日、洋上で攻撃決行の暗号「ニイタカヤマノボレ1208」を受信、当初の計画通りに12月8日早朝、第一波攻撃隊183機が真珠湾を攻撃、同時に潜水艦によってハワイ近海まで輸送された2人乗り小型潜水艦「甲標的」5隻も真珠湾を攻撃した。続いて第二波167機が真珠湾を攻撃、これらの攻撃で米側は戦死約2,300名、航空機200機撃破、戦艦4隻、その他2隻が撃沈した他、米海軍主力戦艦のほとんどに致命的な損害を与えた。

 しかし、日本海軍が重要攻撃目標としていた空母は在泊しておらず、膨大な量の石油備蓄タンク、艦艇の修理工廠も攻撃を受けなかった。南雲機動部隊は一撃のみを行い真珠湾近海を離脱、日本本土に帰還した。日本側の損害は航空機29機である。

 

第二次攻撃は必要だったのか

 

03_真珠湾攻撃
(画像はwikipediaより転載)

 

 日本軍の攻撃は艦艇や飛行場に集中したため膨大な量の石油タンク、修理工廠は無傷であったため攻撃後、被害を受けた艦艇の多くはすぐに引き上げられ戦争後半には戦列に加わっている。このため、これらを攻撃するために第二次攻撃を行うべきだったのか否かというのが必ずといっていいほど議論になる。これに関しては、海軍の作戦全般を統括する軍令部と連合艦隊の作戦目標のずれが指摘されている。

 軍令部が設定した真珠湾攻撃の目的とは南方資源地帯への進攻を円滑に進めるために米太平洋艦隊を一時的に無力化することであり、連合艦隊の作戦目標は艦隊を含むハワイ基地の機能を無力化することであった。これらの意見のずれは結局、最後まで統一されることはなく不明瞭で、いわば「現場任せ」の状態となっていた。このため南雲中将が一撃で戦艦部隊を無力化したのち帰還したのは軍令部の作戦目標に沿った行動であったといえる。

 むろん石油タンクや修理工廠を使用不能とするに越したことはないが、南雲機動部隊は、第一波攻撃で9機が撃墜、第二波攻撃では20機が撃墜されており、明らかに米軍の反撃体制が整備されつつあることが分かる。ここで第二次攻撃を行った場合、その損害は第一次攻撃を遥かに上回ったことは確実であり、さらには無傷の米空母部隊が攻撃してくる可能性も高かった。さらには日本軍は修理や補給というのを軽視しており作戦計画でも攻撃目標とされていなかった。これらの点も考慮すれば南雲機動部隊の行動は妥当であったと考えてよい。

 

まとめ

 

 真珠湾攻撃は、その準備から実施まで非常に緻密に計算して行われた作戦であった。作戦は参加する隊員に対しても一切知らされることなく準備され、参加部隊は演習と偽り、別々に本土から出撃していった。全参加者に攻撃目標を知らされたのは択捉島単冠湾であった。この緻密さ故に真珠湾攻撃は成功したものの、宣戦布告前の攻撃であったため卑怯なだまし討ちとして「リメンバー・パールハーバー」の掛け声の下、国民一丸となって戦争に邁進していく。

 

【お願い】
下記のリンクを踏んで商品を購入して頂くと私にちょっとだけお金が入ります。良い記事だと思われたら投げ銭代わりにお願いします。

 


ミリタリーランキング

小町定
(画像はwikipediaより転載)

 

 今日、紹介するのは日本海軍航空隊撃墜王小町定である。小町氏は1920年生まれ、操縦練習生49期を修了後、空母翔鶴に配属される。日中戦争には参加しておらず、初陣は真珠湾攻撃であった。基本的に母艦搭乗員は特に優秀な隊員が配属されるという。初の実戦配置が航空母艦であったというのは練習生時代の評価が高かったのだろう。

 

小町定の経歴

 

 小町定は、大正9年石川県に生まれる。昭和13年呉海兵団に入団。半年間訓練を受けたのち戦艦扶桑に配属された。操練49期に採用され霞ヶ浦空、百里ヶ原、昭和15年1月大分空、昭和15年6月大村空配属、昭和15年10月、空母赤城、昭和16年5月空母翔鶴乗組。インド洋作戦、珊瑚海海戦、第二次ソロモン海戦、南太平洋海戦に参加。

 昭和17年11月大村航空隊教員。昭和18年11月204空に転属、ラバウル航空戦に参加する。昭和18年12月253空に異動する。昭和19年2月253空と共にトラック島に後退。昭和19年6月、253空隊員として「あ」号作戦参加。トラック島から病院船氷川丸で内地に帰還する。昭和19年峰山空教員、昭和20年6月横空。

 

真珠湾攻撃・その後

 小町定は操縦練習生終了後、大村空を経て、当時の新鋭空母翔鶴乗組となる。その後翔鶴戦闘機隊隊員として真珠湾攻撃では機動部隊の上空直掩に参加した。真珠湾攻撃時の上空直掩任務には撃墜216機と言われる岩本徹三、50機撃墜の岡部健二、15〜16機撃墜の原田要、12機撃墜の佐々木原正夫等、何故か後の撃墜王が多数配置されている。

 熟練者を優先的に上空直掩に充てたという話もあるが、小町、佐々木原はこの当時、実戦未経験でありこの説は当たっていないと思う。その後、小町は珊瑚海海戦、南太平洋海戦に参加、小町は俗に損害担当艦といわれた翔鶴乗組だっただけに特に戦闘は辛酸を極めた。小町は翔鶴損傷のため空母瑞鶴に着艦したが乗機が被弾していたため海中に投棄された。

 1942年11月に翔鶴戦闘機隊を離れ、大村航空隊での教員となる。ここには坂井三郎(64機撃墜)、磯崎千利(12機撃墜)、南義美(15機撃墜)、中仮屋国盛(16機)、島川正明(8機)、本田敏秋(5機)等、多数の撃墜王達が教員として配属されていた。

 1943年11月、ラバウルに展開する204空付を命ぜられ、翌12月253空付となる。ここで激烈な航空戦を経験した後、1944年2月、小町を含む253空はトラック島に後退した。1944年6月、「あ」号作戦の一環としてサイパン島攻撃に出撃、グアム島に着陸寸前に米艦載機の奇襲を受け撃墜される。

 数日後、一式陸攻でグアムを脱出、トラック島から病院船氷川丸で日本本土に帰還する。1945年7~8月(恐らく8月)、3月に新設された峯山航空隊教員付となる。そこで美保、三重航空隊で基礎教育を修了した甲飛13期学生の中練教程を行う。1945年6月横須賀航空隊付となり終戦を迎える。戦後は戦犯として逮捕されるという噂から東京に行き、材木商となり、建設業に事業を拡大、都内の貸しビルのオーナーとなった。2012年7月15日老衰により逝去。総撃墜数は同僚によると40機以上と言われるが本人は20機程度だと語る。

 余談であるが、エース列伝には激しい性格の荒武者パイロットとなっているが、小町は教員時代、体罰を一切行わず教え子達からの信頼は絶大なだったようで、当時、小町が所属していた航空隊に教え子達が配属された時も小町の隊に入りたいと教え子同士で喧嘩になったことすらあるという。

 

小町定関係書籍

 

川崎浹『ある零戦パイロットの軌跡』

川崎浹 著
トランスビュー 2003/8/15

 18機撃墜と言われている小町定氏へのインタビュー本であるが、単独インタビュー形式で小町氏の戦中戦後の経験が描かれている。著者の川崎氏は、小町氏の経験を上手に引き出すことに成功している。生前の小町氏にインタビューを元にした川崎氏の著書。当時の搭乗員の気持ちや作戦に参加した際の貴重な記録が満載。この手の本はあまり人気がないのである時に買っておいた方がいい。もちろん私は発売された直後に購入した。

 

神立尚紀『零戦の20世紀―海軍戦闘機隊搭乗員たちの航跡』

 海軍搭乗員の取材に定評のある神立尚紀氏インタビューによる本。小町定へのインタビューもある。内容は主に戦争中の話だ。『日本海軍戦闘機隊』『日本海軍航空隊のエース』にはない人間小町定がここにいる。

 

神立尚紀『証言 零戦 生存率二割の戦場を生き抜いた男たち』

 神立尚紀氏による海軍戦闘機搭乗員へのインタビュー集。小町定へのインタビューは主に戦後について語っている。元軍人は民間で通用する職歴も技術もなく苦労する。騙されたりしながら真心を大切にしてビルオーナーにまでなる。戦後、海軍戦闘機搭乗員の集まりである「零戦搭乗員会」が結成されるが事務所は小町定所有のビルに設置された。

 

まとめ

 

 小町定は太平洋戦争初期から終戦まで戦い抜いた熟練搭乗員だ。小町の出身である操練40期台は太平洋戦争初戦から「新米」として実戦に投入され他のクラス以上の死亡率を記録した。小町は当時の海軍航空隊のエリートである母艦搭乗員から始まり激戦のラバウル、海軍航空の殿堂と言われる横須賀航空隊で終戦を迎える。

 強面の見掛けと異なり、心が優しく部下に対して暴力を振るうこともなかった。故に部下には慕われ列機の位置の取り合いも起こった。戦後、神立氏のインタビューに対しても「ツンデレ」の部分を見せている。このインタビューを読むと小町定がどうして人望を集めたのかが分かる。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_谷水竹雄
(画像はwikipediaより転載)

 

 模型愛好家だったら、米軍の星マークに矢が刺さっている撃墜マークの横に立っている搭乗員の写真を見たことがあるかもしれない。零戦の写真集には必ずと言っていいほど掲載されている有名な写真だ。この写真の男は谷水竹雄飛曹長。初陣から終戦までに撃墜した敵機の数は18機とも30機以上ともいわれる、太平洋戦争中期から終戦まで戦い続けた熟練搭乗員だ。

 

海軍へ。。。

 

02_九三式中練
(画像はwikipediaより転載)

 

 谷水は、大正8年三重県生まれた。母は真珠を採る海女だったという。昭和16年2月に丙種予科練習生3期に採用された。丙飛卒業生の飛練は17期、18期の2期あり、谷水は16年4月に始まる17期飛練に分けられた

 飛練の教員は操練40期の中島隆三空曹で同じ教員に割り当てられたペアには杉野計雄、杉田庄一、のちにソロモン航空戦で戦死する加藤正男がいた。撃墜数は不確定要素が強いので参考にしかならないが、杉野は32機撃墜、杉田は70機撃墜と言われる著名な撃墜王となっていく。この中島隆教員はよほど教えるのが上手かったのだろうか谷水も18機の撃墜記録を持っていたと言われている

 そのまま大分空へ転勤、戦闘機搭乗員として訓練を受ける。この時期には海兵67期、甲飛5期、乙飛10期が訓練を受けている。のちに翔鶴戦闘機隊で分隊長となる小林保平も同時期に訓練を受けていた。これらの期は太平洋戦争中盤から中核として戦ったクラスであり、その分、犠牲も多かった。

 

6空配属。ミッドウェー海戦

 

03_ミッドウェー海戦
(画像はwikipediaより転載)

 

 昭和17年3月飛練を修了。4月1日に新たに木更津で編成された6空に配属される。6空は司令森田千里大佐、飛行長玉井浅一中佐、飛行隊長新郷英城大尉を主要幹部に迎えた特設航空隊である。その後、204空と改称され、のちのラバウル航空戦の主力として戦線を支え続けた部隊だ。

 4月18日のドーリットル隊の空襲では6空も陸攻隊を援護して敵機動部隊攻撃に向かうが発見できずに帰投している。空襲は日本側の防御網の貧弱さや油断から成功し、日本側の死傷者は500名以上に上った。この空襲の大本営からの発表では日本側の損害は「軽微」、米軍機を9機撃墜したことになっている。実際には、日本側は陸海軍共に航空機が飛行していたが誤認や油断のために1機も撃墜することはできなかった。

 この空襲がきっかけでミッドウェー作戦が決定されるのだが、6空もミッドウェー島占領後の基地航空隊としてミッドウェー作戦に参加する。6空は南雲機動部隊と陽動のため実施されるアリューシャン作戦に参加する空母隼鷹に分乗するのだが、谷水は隼鷹に乗っていたため難を逃れた。

 

空母大鷹へ

 

03_大鷹
(画像はwikipediaより転載)

 

 ミッドウェー作戦失敗後、隼鷹は大湊に寄港、谷水他6空搭乗員は陸路木更津に移動する。6空はその後ラバウルに進出するが、谷水や同期の杉野は7月7日、母艦搭乗員として大分空で編成中の「大鷹」戦闘機隊に着任する

 空母大鷹は日本郵船の貨客船春日丸を海軍が徴収したもので排水量17830トン、最高速力22ノットの航空母艦である。谷水が配属された時点ではまだ特設空母春日丸であったが、昭和17年8月に大鷹として正式に航空母艦となる。空母としては小型で速力も22ノットしか出せないため戦闘機は未だ九六式艦戦であり、搭乗員には熟練者が選抜された。

 谷水は数ヶ月前に実戦部隊に配属されたばかりであるが、飛練も同期の中では早い17期に編入されていることや母艦搭乗員に選抜されていることからも当初から搭乗員としてのセンスに恵まれていたのだろう。この時の大鷹戦闘機隊の構成は、丙3期の谷水、杉野、米田以外は飛行隊長は海兵66期の塚本祐造、分隊士は操練26期の松場秋夫、その他の搭乗員も操練26期の青木恭作、同27期大久保良逸、甲飛1期の前田英夫等の熟練者が揃っていた。

 

母艦搭乗員としての猛訓練

 

 昭和17年7月7日着任後、大分基地で母艦搭乗員としての猛訓練を受ける。この猛訓練のお陰で谷水は終戦まで生き抜くことができたという。8月17日、春日丸は戦艦大和の護衛としてトラック諸島に進出、谷水も戦闘機隊員として乗艦する。以降、航空機の輸送任務に従事するが、10月にはデング熱にかかってしまう。その後谷水は空母大鷹と共に呉着、大村空で教員配置に就く。短期間ではあるが飛練24期の教員となる。

 飛練練習生卒業後は、練習生の一部と共に12月1日付で佐世保軍港防衛戦闘機隊に転勤する。戦闘機隊といっても新人の錬成も主な任務だったようだ。この時期に谷水はじめ搭乗員達が憲兵と喧嘩になった。その後問題となり谷水が暴行の犯人として名乗り出たという。どうも実際にはやっていないようだ。

 昭和18年1月、谷水は同期の杉野と共に冨高基地に移動する。冨高基地は艦隊航空隊の訓練基地で1月15日には訓練部隊である第50航空戦隊が開隊している。ここで艦隊航空隊の訓練を行うための移動だ。この時点で艦隊戦闘機隊への編入が決まっていたようだ。

 この異動は同期の杉野と一緒であるが、驚いたことに谷水と杉野は飛練の練習生時代に同じ教員のペアになって以来、9回の異動でもいつも同じ部隊であった。海軍ではかなり珍しいことだ。この冨高への移動の途中、谷水と杉野は「私たちはピーナッツですね「本当だ、二人は二枚貝のようだな。いっしょにいるから強く生きているのかね」と話し合ったという

 同期とはいっても同年ではなかったが、二歳年上の谷水に対して8ヶ月海軍への入隊が早い杉野と、年齢では谷水が先輩だけど、海軍では杉野が先輩ということで対等な付き合いだったようだ。冨高基地では艦隊航空隊の訓練が行われていたが、この時、のちに「トッカン兵曹」と呼ばれる小高登貫もこの冨高基地の訓練に参加していたようだ。小高は翔鶴戦闘機隊に配属予定であったが急遽202空に変更されてしまった

 それぞれの搭乗員の記録を読むと当初から所属する母艦が決まっていたというのではなく、「艦隊航空隊搭乗員」として冨高基地に集められ、のちにそれぞれの母艦に振り分けが行われていたようだ。当時、翔鶴戦闘機隊に所属していた操練43期の熟練搭乗員小平好直の手記によると、築城航空隊附となったが築城飛行場が完成していないため築城空冨高派遣隊となっていた。築城空は昭和17年10月に新設された艦上機搭乗員練習航空隊である。

 

空母翔鶴に転属

 

04_翔鶴
(画像はwikipediaより転載)

 

 谷水や杉野、小高はいったん築城空に配属されたのちそれぞれの航空隊に配属されたのだろう。昭和18年2月に転勤命令が出て、谷水はまたもや杉野と共に翔鶴戦闘機隊に配属されるが、この時期には空母翔鶴は南太平洋海戦での損傷を修理中であったようだ。4月には谷水達翔鶴戦闘機隊は訓練のため笠之原基地に移動した。

 笠之原基地で谷水は戦闘機爆撃の研究員となる。戦闘機爆撃とはその名の通り戦闘機による爆撃をすることである。これは空母の飛行甲板を一時的に破壊することを目的している。ミッドウェー海戦や南太平洋海戦での経験からの着想だろう。当然、戦闘機は爆撃用ではないので急降下爆撃機のようにエアブレーキがない。急降下すると自然に浮き上がってしまったりと爆撃機のように目標に命中させるのは難しいようだ。

 この戦闘機爆撃という戦法は一見合理的に見えるが、実はかなり危険な戦法のようだ。昭和18年11月24日、マキンに上陸した敵を爆撃するために252空の周防大尉以下19機の爆装零戦が出撃したが、内10機がたどり着く前に敵戦闘機に撃墜されてしまっている。零戦は爆装すると全く自由が効かず敵が襲ってきても手も足も出ないという

 同様に昭和18年12月15日、マーカス岬の米軍上陸地点に爆撃をかけたラバウルの爆装零戦隊15機も、15機中14機が被弾、3機が不時着するという大損害を受けた。米軍には損害はほとんどなかった。この戦闘機爆撃の危険性は翔鶴戦闘機隊でも訓練前から把握していたようで、南太平洋海戦にも参加した分隊長の小林大尉は谷水の同期の杉野に対して戦闘機爆撃隊は決死隊であると語っている

 

トラック島へ進出

 

 昭和18年7月10日、笠之原基地での数ヶ月に及ぶ訓練を終え、翔鶴戦闘機隊は空母翔鶴に収容され呉を後にした。15日には南方の連合艦隊の拠点トラック諸島に到着する。全くの余談だが、呉トラック間の距離は3573km、5日間で到着したので一定の速度で航行していたと仮定すると、速度は時速29.7km、ノットにすると16ノットでの航海となる。戦時中の機動部隊の航行速度が分かって面白い。

 トラック諸島に着いた谷水たちを待っていたのは引き続きの猛訓練であった。珊瑚海海戦、第二次ソロモン海戦、南太平洋海戦と相次ぐ海戦に搭乗員が消耗してしまったため、若手搭乗員の技量を早急に上げる必要にせまられてのことだった。

 戦闘機爆撃の訓練も引き続き行われた。その結果、戦闘機爆撃の命中率は50%以上に達したという。2回に1回は命中するというのは相当な練度といえる。しかしこの訓練中、脇本二飛曹が標的艦矢風のマストに接触、空中分解するという事故も起こった。脇本二飛曹は死亡。遺体は手足の無い胴体のみが回収されたという

 そんな中、第一航空戦隊の三空母合同の大演芸会が企画された。娯楽の少ない戦地では演芸会というのは本当に楽しいようだ。翔鶴戦闘機隊は谷水が座長になり漫才や寸劇等が行われた。谷水は寸劇を担当した。特に女形の声色が素晴らしかったようだ

 

搭乗員の墓場ラバウルへ

 

05_ラバウル航空隊
(画像はwikipediaより転載)

 

 昭和18年11月1日、谷水達翔鶴戦闘機隊員は「ろ」号作戦に参加するためラバウルの西、ブナカナウ飛行場に進出した。「ろ」号作戦とは、第一航空戦隊(翔鶴、瑞鶴、瑞鳳)の艦隊航空隊をソロモン方面の戦闘に投入し、一挙に体制を立て直そうとした作戦であった。

 この時の進出機数は資料によって若干の違いがあるが、翔鶴戦闘機隊32機、瑞鶴戦闘機隊32機、瑞鳳戦闘機隊18機の計82機の戦闘機隊が進出した。翌11月2日、米軍機のラバウル来襲に対して、ラバウルに展開する204空、201空等と第一航空戦隊の零戦隊は迎撃戦を展開する。

 翔鶴戦闘機隊は2機を失うも撃墜40機という大戦果を挙げた。この日の迎撃戦では全部隊での撃墜戦果は撃墜97機、不確実22機、総合戦果は、当時の新聞報道によると対空砲火の戦果まで含めると201機の撃墜であったという。しかし実際の米軍側の損害はP38、9機、B25、8機の計17機であった。これに対して零戦隊は18機が撃墜されている。損害だけで見るとほぼ互角の戦いといっていい。

 この空戦で谷水はP38、2機を撃墜し初陣を飾る。飛練を卒業してから1年半での初陣であった。他の丙3期出身の同期の中には1年以上前に戦地に送られている者もあり、十分な訓練期間を与えられた谷水は幸運であったといえる。「ろ」号作戦は11月13日を以って終了する。ラバウルに進出した第一航空戦隊零戦隊82機の内、43機を失った。艦攻、艦爆に至っては8割以上が失われた挙句、特筆すべき戦果は何もなかった。この後、翔鶴戦闘機隊はマーシャル諸島に進出する。谷水が参加したかどうかは不明であるが恐らく参加しただろう。帰還後、谷水は次期作戦のため、しばらく休養を命ぜられた。

 

トラック島に後退

 

06_トラック島
(画像はwikipediaより転載)

 

 この数週間の戦闘で消耗しつくした第一航空戦隊は再建のため本土に帰還する。昭和18年12月13日、中川大尉を隊長として母艦戦闘機隊より選抜された谷水、杉野を含む21名は、派遣隊としてラバウル、トベラ基地に展開している253空の指揮下に入った。昭和19年2月1日付で台南空への転勤命令がでるまでの2ヶ月間、谷水は「搭乗員の墓場」と言われたラバウルで連日の航空戦に参加した。谷水は、このラバウルでの戦闘においてヘルキャットが最も強敵であったという。

 

「機動性に富み、素早く横転ができるヘルキャットがいちばん手ごわい相手でした。P-38やF4Uコルセアは小回りが効かず、一撃して離脱していくだけでしたから。米軍機は総じて空中で火を吐かせるのは至難の業でした。弾丸を命中させても、いくらか煙をひくだけなのです。煙が出るようすをみれば、それがアメリカ機か零戦かすぐわかりました」 ヘンリー・サカイダ『日本海軍航空隊のエース』P82

 

 さらにF4Uコルセアについてはこう語っている。

 

 「F4Uコルセアを確実に落とそうと思うなら、気づかれてはいけません。そして、後方のある特定の角度からでないと、銃弾がはね返されてしまいます。また、私はコルセアが低高度から機種を上げきれずにそのままジャングルや海中に突っ込んでいくのを目にしています。機体が重すぎるのでしょう。我々はときにはコルセアを追いかけて海に突っ込ませたものです。零戦は軽かったのでそんな心配はありませんでした」 ヘンリー・サカイダ『日本海軍航空隊のエース』P82

 

 憲兵隊との事件で犯人として名乗り出たことからも分かるように谷水は優しい性格だったのだろう。昭和19年1月4日、パラシュートで海面に降下する敵パイロットに対して救命用浮き輪を投げたこともあった。残念ながらその米軍パイロットは生還できなかった

 数々の空戦を生き抜いた谷水達第一航空戦隊派遣隊は1月25日、ラバウルを後にする。進出した時、21名いた隊員はわずか7名になっていた。第一航空戦隊派遣隊以外にも長期間にわたってラバウル戦線を支えた204空、501空がトラック島に後退したが、代わりに第二航空戦隊がラバウルに進出した。この中には「オール先任搭乗員」菊池哲生上飛曹もいる。

 トラック島に帰還した谷水は春島基地で錬成中の202空に仮入隊する。次の転勤先は谷水が台南空教員、杉野が大分空教員と土浦以来いつも一緒だった二人がとうとう別々の勤務先に配属されることとなった。2月4日、トラック島にB24が飛来、谷水と杉野は迎撃に出撃するがこれが谷水と杉野が一緒に戦う最後の空戦であったようだ。

 

内地帰還。親友との別れ

 

 2月10日、本土とトラック島の輸送任務に従事していた空母瑞鳳に乗艦しトラック島を出発、2月下旬、横須賀に入港した。ここからの移動手段は不明だが、恐らく電車であろう。途中で谷水は実家の志摩によるため、大分に直行する杉野と別れることになる。別れる時はただ一言「元気でな」だけであった。谷水と別れた杉野は何か気の抜けたような感じであったという。生死を共にした仲間の別れとしてはあっけないが、本当の親友に言葉はいらないのだろう。

 昭和19年2月下旬、横須賀に着いた谷水は飛練以来の戦友、杉野と別れ実家のある志摩に向かった。志摩で母親にあったのち、台湾方面行きの航空便を待つため鹿屋に向かった。そこで台南空より大村航空廠に練戦の領収に来ていることを知り一路大村基地に向かった。台南空とは台南航空隊の略で台湾の台南を拠点とする航空隊である。台南空といえば、坂井三郎や西澤廣義、笹井醇一等が活躍した部隊として有名であるが、この台南空はその部隊とは異なり、昭和18年4月に台南に開隊した練習航空隊である。

 

台湾へ異動

 

 その台南空では機材受領等のために大村の第二一航空廠との間で機材輸送を行っていた。谷水達が便乗したのはこの内の練戦受領の便だった。練戦には九六式艦戦をベースにした二式練戦と零戦ベースの零式練戦があったが、恐らく練戦とは第二一航空廠で試作、生産が行われた零式練戦のことだであろう

 零式練戦とは零戦21型を複座式にした練習機で昭和18年に試作機が完成、昭和19年3月17日に正式採用された。谷水が台南空に着隊した時期は恐らく3月上旬だと思われるので完成したばかりの正式採用前後の機体であったのだろう。谷水は、空輸隊指揮官松田二郎飛曹長に理由を話して領収飛行に参加、沖縄経由で台南空に着任した。谷水が担当したのは特乙1期、2期であった。特乙とは乙飛合格者の中から年長者を選び短期間で教育する制度だ。特乙は1期〜10期まで採用されたがこのうち戦闘機専修があったのは4期までである

 谷水の手記には、その特乙1期も昭和19年5月には卒業したとあるが、秦郁彦『日本海軍戦闘機隊』には特乙1期の卒業は7月とありどちらが正しいのかは不明である。ただ、特乙2期は飛練も2期に分けれられているのでより人数の多かった特乙1期も2期に分けられていた可能性もある。その後、特乙2期も終了、前後して13期予備学生が入隊する。これら訓練生の教育と共に教官や教員には哨戒任務も課せられていた。特に、これら教官、教員の中でも、この時期の台南空では夜間戦闘ができるのは谷水と零戦初空戦に参加した熟練搭乗員岩井勉(撃墜22機)のみであったという。

 

B24を撃墜

 

07_B24
(画像はwikipediaより転載)

 

 夜間空襲の場合、一つの目標に対して二機が立ち向かうことはお互いに衝突する恐れがあるので、邀撃は零戦1機のみで行うこととなり谷水と亀井が交互に待機任務に就くことになった。昭和19年8月31日、B-24、11機の接近に対して、待機中の谷水に出撃命令が下った。谷水は最初に1機を銃撃、手ごたえを感じたというが損害を確認できず、さらに対空砲火が止んだのを見計らって別の1機のエンジンに一撃し1機撃墜戦果を報告している。これは425thBSのノーマン・Bグレンドネン中尉操縦のB-24で墜落して1名が捕虜になっている。

 谷水が最初に銃撃をかけた1機もその後中国大陸で山に衝突しているので、谷水はこの空戦で2機を撃墜していることになる。9月3日にも夜間に大型機の邀撃をするが、この時は陸軍の一式戦から攻撃を受け撃墜に失敗している。この時の一式戦は風防を開けたままであったということに谷水は驚いているが、加藤隼戦闘隊こと、第64飛行戦隊のエース安田義人によると、陸軍の戦闘機乗りは死角を減らすために風防を開けたまま戦うのが普通だったようだ

 台南空での勤務時、谷水は特攻隊の話を聞かされ志願している。特攻隊の編成は志願による場合と、志願という建前で強制される場合があったが、台南空の場合は前者の方だったようだ。谷水は当初、母一人子一人であったため特攻の話から外されていたが、特攻であることを知り改めて志願している。昭和19年10月になると、台湾も米軍機動部隊の攻撃を受けるようになってきた。谷水もしばしば邀撃戦に参加している。さらに台南空教員でありながら、「飛び入り」で台湾沖航空戦にも参加している。しかし11月3日、ちょっとした油断から撃墜されてしまう。

 撃墜したのは74FSのボリアード中尉でP51を駆り、谷水と列機の伊藤上飛曹機を撃墜、最終的には5機を撃墜するエースとなる。伊藤は戦死、谷水は一命を取り留めるものの大やけどをしてしまう。病気療養中、台南空は練習航空隊としての機能を失った結果、教官、教員で特攻隊を編成することになった。当然谷水も特攻隊員に任命されたのだが、台南空司令の判断により内地の戦闘308飛行隊への転勤を命ぜられる。因みに教官とは士官、教員は下士官の指導員のことを指す。

 

戦闘303飛行隊へ

 

08_零戦52型丙
(画像はwikipediaより転載)

 

 昭和19年12月6日、谷水は鹿屋に到着、笠之原基地で戦闘308飛行隊へ入隊した。その戦闘308飛行隊も前線に進出してしまったが、谷水は被撃墜時の傷のため内地に残留となり、そのまま戦闘312飛行隊に編入された。傷の癒えた谷水はこの戦闘312飛行隊で数度の空戦に参加する。

 昭和20年3月26日戦闘303飛行隊に編入された。戦闘303飛行隊は昭和19年3月1日に発足した飛行隊で太平洋戦争末期、海軍戦闘機隊の中で最も練度の高い部隊であった。隊長は海兵63期のベテラン指揮官岡嶋清熊で、隊員には戦地帰りの熟練者が多く、太平洋戦争のトップエースと言われる西澤廣義、零戦虎徹を自称するエース岩本徹三、操練27期のエース近藤政市、ラバウル帰りの西兼淳夫等、太平洋戦争末期においてもA級搭乗員の比率は30%に及んだ

 戦闘303飛行隊は編成後、フィリピンに進出し壊滅的な打撃を受ける。谷水が戦闘303飛行隊に編入されたのは、この消耗した戦闘303飛行隊が再編成された時であった。谷水の編入に前後して岩本徹三や近藤政市も戦闘303飛行隊に着任したようだ。いくら精鋭部隊といえども1945年にもなるとさすがに彼我の戦力差から士気が低下してきたようだ。谷水は隊員の士気を高めるため隊歌を作詞したりもしたようだ。その隊歌が以下のものだ。

 

<岡嶋戦闘機隊の歌>
一 乱雲南にまた北に 乱れ飛ぶ世に生を得て
  意気と度胸のますらおが 建てし誉れの進軍賦
  ああ、吾等は吾等は 岡嶋戦闘機隊

二 衆を頼みつ驕りつつ 神州汚す醜敵を
  死を期し破邪の剣もて 国の勝利を我が胸に
  ああ、吾等は吾等は 岡嶋戦闘機隊

三 身は何冥の雲を染む 功は永遠に若鷲の
  生気放光錦江湾 七生報国意気高し
  ああ、吾等は吾等は 岡嶋戦闘機隊

(土方敏夫『海軍予備学生空戦記』より引用)

 

 当初は二番目の「国の勝利」は「遂の勝利」であったが、共同通信の記者の意見によって変えたという。この歌詞にさらに士官の土方敏夫が曲をつけ隊歌が完成した。さらに士気高揚のために撃墜マークを機体に描いたのもこのころであった。安部氏の手記の時系列が正しければ、撃墜マークを描いたのは昭和20年6月〜7月中旬あたりだろう。

 戦闘303飛行隊は九州に展開していた第五航空艦隊随一の制空戦闘機隊として八面六臂の活躍をしていたが衆寡敵せず昭和20年8月15日終戦となった。当時、戦闘303飛行隊が所属していた五航艦は作戦継続を指令していたようだが、結局、停船命令が出た。最後は五航艦司令宇垣纏中将の特攻によって五航艦の戦闘は幕を閉じたようだ。

 

終戦

 

09_空母天城
(画像はwikipediaより転載)

 

 谷水は宇佐基地で終戦を迎えた。玉音放送後、厚木の陸上爆撃機銀河が徹底抗戦を主張するガリ版刷りの檄文を撒いていった。ただ、15日を以って完全に戦闘が終了した訳ではなく、16日も迎撃戦が行われ未帰還機も出したようだ。最精鋭の飛行隊だけに武装解除時にも零戦搭乗員が拳銃を持ち零戦に乗りプロペラ外しと燃料を抜きに来た整備員を近づけなかったという。谷水も終戦を認めず終戦後も5日間にわたって敵機を追い求め徹底抗戦を主張するビラを撒いたりしたようだ

 その後、谷水の手記によると、8月19日夜、総員集合命令があり、集合すると総員無期休暇が発表された。さらに20日零時までに本州に入ること、またそれが出来なかった場合は山に入ること。さらに敵がポツダム宣言を履行しなかった場合は24時間以内に原隊に復帰することが言い渡されたという。土方敏夫の著書によると若干異なる。土方によると24日に搭乗員集合の命令がかかり24時間以内に退隊すること、搭乗員の証拠になるようなものは一切身に着けるな。さらに隊から正式に帰隊命令があるので地下に潜伏し、隊長とは連絡が取れるようにすることが言い渡されたという

 どちらが正しいのか(またはどちらも正しい)は不明だが、速やかに基地から離れること、帰隊の指示を待てというのは共通している。どちらも血の気の多い搭乗員を復員させるための方便であったのかもしれない。谷水は重要書類を焼却したのち、送別会を行い、全員で泣きながら同期の桜を歌ったという。谷水の総飛行時間は1425時間、その間に撃墜した敵機は18機とも32機とも言われている

 

 

零戦01
(画像はwikipediaより転載)

 

オール先任搭乗員

 

 オール先任搭乗員。何のことだか分からないかもしれない。これは日本海軍の戦闘機搭乗員であった菊池哲生上飛曹に付けられたあだ名だ。先任とは軍隊では同じ階級で最も序列が上の人間を指す言葉だ。では「オール先任」とはどういうことだろうか。日本海軍では特務士官といって下士官兵から士官への昇進のルートが存在した。特に搭乗員は昇進が早く、ある程度の経験、実績を積むと特務士官となることができる。

 著名な海軍の搭乗員である岩本徹三や坂井三郎等も兵として海軍に入り特務士官となり少尉として終戦を迎えている(岩本、坂井は菊池と同年兵)。しかし菊池哲生は士官への昇進を拒み続け下士官として生涯を終えた。「オール先任搭乗員」というあだ名はこれに由来している。もちろん能力が低くて昇進できなかった訳ではない。彼は技量人格共に優れ、撃墜数も恐らく20機は超えていると言われる程の熟練搭乗員であった。菊池はあくまでも「自ら」士官になることを拒み続けたのだ。

 

海兵団入団。戦闘機搭乗員へ。

 

02_九三式中練
(画像はwikipediaより転載)

 

 菊池哲生は大正5年(1916年)に岩手県に生まれる。父親、兄共に医師であった(小平好直「翔鶴戦闘機隊」『艦隊航空隊』供戞法昭和9年(1934年)に海軍に入隊、当初整備兵であったが航空機搭乗員を目指し、昭和12年(1937年)5月操縦練習生39期に採用された。操縦練習生略して操練は兵から選抜される搭乗員養成課程である。前の38期には著名な撃墜王坂井三郎がおり首席で卒業している。余談だが、操練は兵からの選抜のため年齢に開きがあるが搭乗員という体力が必要な職種である以上、ある程度年齢層は固まっている。

 例えばこの操練39期前後のクラスは主に大正5年前後の年齢の練習生が主だった。大正5年生まれ前後の搭乗員は20代前半で中国戦線で実戦経験を積み、25歳前後の知力体力共に充実した時期に太平洋戦争に突入したため、戦争初期から中核となって戦ったクラスであったが同時に犠牲も多かった。 例えば、菊池の卒業した操練39期生30名の内、戦闘機専修は7名いるが、その内6名が戦死している。このことからもどれだけ過酷だったのかが分かるだろう。

 訓練を終えた菊池の初の戦地は昭和14年(1939年)に配属された南支戦線である。しかし、ここでは空戦の機会には恵まれず内地に帰還、霞ヶ浦航空隊、谷田部航空隊で教員配置となる。海軍の搭乗員の教育は「職人の養成」と言われるくらいの少数精鋭主義であった。この時期は日米開戦を間近に控えた時期であったため搭乗員の大量育成が始まりつつあったが戦争中期や末期に比べればはるかに充実していた。それだけに教育も厳しかったが特に「日本の張飛」と言われた菊池哲生の教育の厳しさは有名だったようであり、入隊早々の挨拶が「パンチ」であり、以後も折に触れ体罰が加えられたという(『本田稔空戦記』)。

 この時期に菊池に教育を受け、後に南方やラバウル航空隊や343空で活躍した著名なエース本田稔氏は菊池教員についてこのように語っている。

 

菊池哲生―― その名は、霞が浦にまで知れ渡っており、本田氏はもし自分が谷田部空に行っても、この菊地兵曹の指導だけは避けたいと祈る思いでいた。だが、残念ながら本田氏の祈りは天に届かなかったのである。とにかく菊池教官の指導は厳しかった。「93式中間練習機」通称”赤とんぼ”の後部座席から、ことあるごとにゴツンと頭を殴られる毎日が続いた。本田氏は菊地教官の指導についてこう語っている。「菊池教官の教育は、要するに自分の操縦は自分で編み出せということでした。昔の侍の剣の道と一緒だというわけです。つまり、基本は教えてやるけれども、本田流の操縦は自分で編み出せと。結局それが良かったと思いますね」
(井上和彦『最後のゼロファイター』より引用)

 

 体罰については当時の搭乗員の間にも賛否があるようで乙種予科練5期の角田和男は反対、日本海軍のトップエースと言われる西澤廣義は肯定などまちまちだった。因みに、この昭和16年(1941年)中盤から後半に育成された搭乗員は丙飛(旧操練)2〜4期、乙飛(旧予科練)10期、甲飛5期、海兵68期は戦争初期から中期にかけて各地の戦線に投入された。活躍すると同時に多くの犠牲を出すこととなる。甲飛5期にいたっては戦闘機専修者42名中36名が太平洋戦争で命を落とした。

 

母艦搭乗員。そして開戦。。。

 

03_セイロン島沖海戦
(画像はwikipediaより転載)

 

 菊池は教員配置の後、昭和16年(1941年)9月空母赤城乗組みを命ぜられる。そして昭和16年(1941年)12月8日、赤城以下6隻の空母艦載機が真珠湾を攻撃する。所謂真珠湾攻撃である。菊池は制空隊ではなく艦隊上空哨戒を命ぜられる。恐らく当時はまだ熟練搭乗員が多く経験の比較的少ない菊池クラスの搭乗員が上空哨戒にまわされたのであろう。この時に艦隊上空哨戒を行った搭乗員にはのちに活躍する岩本徹三、原田要、小町定等がいた。

 昭和17年(1942年)4月にはインド洋作戦に参加。5日のコロンボ空戦では単機で撃墜3機、不確実撃墜2機を記録する。これが確認できる菊池の初戦果のようだ。このコロンボ空襲はインド洋の要衝に位置するセイロン島にある英軍基地を空襲したものであった。日本側発表の戦果は英軍機を51機撃墜。対して日本側の戦闘機1機、艦爆6機が撃墜されたとしている。この数字はやや過大であり、戦後の航空史家の調査によると英軍の実際の損害は28機と日本軍の報告した戦果の約半数であるという(梅本弘『ビルマ航空戦〈上〉』上)。それにしても圧倒的勝利であったことは間違いない。勝利の要因は日本側の兵力が圧倒していたためだろう。

 そして昭和17年(1942年)6月、ミッドウェー海戦に参加。第一次制空隊としてミッドウェー島攻撃に参加、2機撃墜、2機不確実撃墜の戦果を挙げる。その後艦隊上空哨戒で来襲してきた米軍機と交戦協同で3機を撃墜するも母艦赤城が撃墜されたため飛龍に着艦する(秦郁彦『日本海軍戦闘機隊』)。この時、飛龍が被弾艦内に閉じ込められてしまう。一緒にいた高須上飛(操練51期)と出口を探すが全て閉鎖されており一時は自決を決意したようだ。しかし士官室の窓から外に出られることに高須上飛が気が付き脱出するが菊池は20数貫(80kg以上)を超す巨体。一時は脱出を断念すも最終的には何とか脱出することができた(小平好直「翔鶴戦闘機隊」『艦隊航空隊』供戞法

 その後、菊池はミッドウェー海戦生き残りの他の搭乗員と共に鹿屋基地に軟禁される。外出は禁止され仲間以外とは口がきけない状態だったという。菊池は鹿屋基地に軟禁されたがミッドウェー海戦に参加した他の搭乗員も各基地に軟禁された。例えば後にラバウルで有名を馳せる第6航空隊(のち204空)の搭乗員は木更津(204空編『ラバウル空戦記』)、蒼龍乗組の岡元高志(操練43期)は大湊航空隊に。同じく蒼龍乗組の原田要は笠之原基地に軟禁された(森史朗『零戦 7人のサムライ』、原田要『零戦(ゼロファイター)老兵の回想』)。

 この軟禁はミッドウェーの敗戦を隠すための口封じというのが大方の搭乗員の見方であった。味方の搭乗員を軟禁とは大げさと思われるかもしれないが、木更津基地に軟禁された6空搭乗員は海岸寄りの隊舎に入れられた上、縄張りが張られ憲兵によって監視されており(杉野計雄『撃墜王の素顔』)、まさしく軟禁である。このミッドウェー海戦の敗北の隠ぺいでそれまで正確に報道していた大本営発表が虚偽の発表を行うようになった。これは国民だけでなく陸軍に対してさえも隠ぺいされたという(辻田真佐憲『大本営発表』)。

 

ソロモン戦線へ

 

04_瑞鶴航空隊員
(画像はwikipediaより転載)

 

 それはともかく、正確な日時は不明だが1ヶ月ほどで軟禁は解かれたようだ。菊池は今は機動部隊の主力となった空母翔鶴に着任する。他のミッドウェー生き残りの搭乗員は7月にそれぞれ新しい部隊に着任しているので菊池も7月頃に翔鶴に着任したのだろう。菊池は翔鶴戦闘機隊として第二次ソロモン海戦に参加する。第二次ソロモン海戦とは昭和17年8月24日に始まった日米空母海戦である。主な参加兵力は日本側が空母翔鶴、瑞鶴、龍驤、米側はエンタープライズ、サラトガ、ワスプである。

 海戦の結果は日本側は空母龍驤、駆逐艦睦月が撃沈され、多数の航空機を失ったのに対して米側はエンタープライズ中破と20機の航空機を失ったに過ぎなかった。日本側の完全な敗北である。これによってガダルカナル島の制空権は完全に米側の手に落ちた。その後菊池は新郷英城大尉の指揮の下、ブーゲンビル島ブカ基地に進出。連日の航空戦に参加する。9月4日に翔鶴戦闘機隊は帰還するが、進出した15機中帰還したのは菊池を含め10機のみであった。未帰還の5機の中にはミッドウェー海戦で共に飛龍から脱出した高須上飛も含まれていた。

 さらに10月26日、空母翔鶴は南太平洋海戦に参加する。これは陸軍のガダルカナル島ヘンダーソン飛行場総攻撃を支援するために出撃した日本海軍機動部隊とそれを阻止するために派遣された米海軍機動部隊との間に行った海戦である。結果的に米機動部隊の撃退には成功したものの主目的である日本軍の総攻撃は失敗したが、日本側の損害が空母翔鶴大破というのに対して米側は空母ホーネットが沈没、エンタープライズ中破と一応戦術的勝利を収めた形になる。

 しかし人員の損害をみると艦船乗員の死者は同数であるものの航空機搭乗員の米側26名に対して日本側148名と極端に多い(「南太平洋海戦」wikipedia)。この南太平洋海戦で菊池の操練39期の同期星谷嘉助も瑞鶴戦闘機隊員として戦死している。この海戦に菊池は参加していない。これは菊池がブカ基地に進出した際マラリアとデング熱に感染してしまったことが原因らしい。菊池はマラリアとデング熱のために体が熱くなり、それを冷ますための氷嚢に入っている氷をかじっていたことにより病状をこじらせてしまった。このため南太平洋海戦の間は翔鶴の艦内で寝ていたようだ(小平好直「翔鶴戦闘機隊」『艦隊航空隊』供戞法0みにこの南太平洋海戦で操練39期の同期星谷嘉助が瑞鶴戦闘機隊で参加戦死している。

 

俺は准太郎になるほどの馬鹿じゃない

 

 菊池はそのまま内地の病院に入院してしまう。同時に昭和17年(1942年)11月、菊池は上飛曹に進級する。これは菊池にとって生前の最高位である。以降菊池は戦死するまで「俺は士官の仲間入りはしない」(小平好直「翔鶴戦闘機隊」『艦隊航空隊』供戞法崕畋析此塀攣隆院疊曹長)になるほどの馬鹿じゃない」(白浜芳次郎『最後の零戦』)と飛曹長(士官)への任官を拒み続ける。菊池が士官への任官を拒否する理由はこうだ。菊池によると日本海軍の強さは下士官にある。そして兵を強い下士官に育てるのは下士官だ。しかし戦争が始まって経験の浅い兵ばかりになってしまった。そのために自分が下士官として残り続け優秀な下士官を育て続ける。というのだ(白浜芳次郎『最後の零戦』P174)。

 菊池の性格は豪放磊落で気骨のある「日本の張飛」とあだ名されるほどの人物だったが菊池が広い視野で海軍全体を客観的に見ていることが分かる。ただの豪傑ではないのだ。菊池の聡明さを示すエピソードにこんなものがある。のちの話になるが、昭和19年(1944年)5月に連合軍がビアク島に上陸した際、母艦搭乗員の間で敵機動部隊の主目標について憶測が交わされた。多くの搭乗員はビアクを主目標と考えたが菊池は一人異を唱える。

 

ビアク島こそ牽制作戦だ。大体アメリカさんは、ソロモン・ニューギニア方面を陸軍が受け持っとるタラワ、クェゼリンは玉砕したが、あの方面ー太平洋の真ん中は、海軍の受け持ちだ。だから、敵の機動部隊はサイパンにくる。サイパンだ
東富士喜「龍鳳戦爆隊」『艦隊航空隊』

 

 当時米軍は陸軍と海軍がそれぞれの方面から日本に侵攻していた。海軍はマーシャル諸島、マリアナ諸島、硫黄島、沖縄と太平洋を進撃する作戦を行い、陸軍はニューギニアからフィリピンを目指していた。根拠から分析、結論まで全く正確であったことはのちに判明することとなる。連合艦隊がビアク島に上陸した米軍に対して渾作戦を行い兵力を分散させてしまったことを考えると菊池は連合艦隊の参謀以上に正確に状況を把握していたといえる。

 

再びソロモン戦線へ

 

05_ラバウル航空隊
(画像はwikipediaより転載)

 

 昭和17年(1942年)11月、内地帰還後築城空の教員をしていた菊池だが昭和18年(1943年)9月再び母艦勤務に復帰する。龍鳳、飛鷹、隼鷹と第二航空戦隊を転々とした後、南方に進出する。この間、昭和18年12月末から一週間カビエン基地へ派遣された。さらに昭和19年(1944年)になると隼鷹、飛鷹、龍鳳の第二航空戦隊はラバウルに派遣され菊池上飛曹も1月25から2月19日までラバウルで連日の迎撃戦に参加する。ラバウルに派遣された第二航空戦隊は戦闘機だけで69機を数え、少数で迎撃戦を展開していたラバウル航空隊にとって強力な増援であった。

 同時に、この第二航空戦隊の進出によって長い間戦線を支えていた204空はトラック島に後退する。この大部隊の登場に、当時253空に所属していた岩本徹三飛曹長は、歓迎すると同時に「艦隊戦闘機隊という誇りはあっても敵の性能、戦法も知らない状態であれば危険である」と不安を感じていた(岩本徹三『零戦撃墜王』)。実際、第二航空戦隊戦闘機隊は初空戦で4機を喪失するという損害を出してしまう。菊池や小泉藤一という熟練搭乗員もいたが多くが実戦経験の少ない若手搭乗員だったことが理由だろう。岩本の不安は的中した。

 しかし連合軍側には第二航空戦隊の戦線参加は脅威だったようだ。当時の連合軍側航空隊指揮官は下記のように警鐘を鳴らしている。

 

ラバウルの防空戦には明らかに新しい部隊が加わっていた。新着の零戦隊は自軍の対空砲火に当たる危険を顧みずSBD艦爆の急降下に食らいついて来た。従来の零戦隊に比べ、この部隊はよく訓練され指揮統率もより攻撃的であった。これからもこの部隊と戦わなければならないとすると、大きな損害を覚悟しなければならないかも知れない。
(梅本弘『海軍零戦隊撃墜戦記』3)

 

 菊池達、第二航空戦隊の登場は連合軍側を恐怖せしめたようだ。しかしこの第二航空戦隊も連日の戦闘で徐々に消耗していきラバウルを後退する時には69機あった戦闘機も37機に減少していた。約半数になってしまったのだ。

 

そして、マリアナ沖海戦へ

 

06_マリアナ沖海戦
(画像はwikipediaより転載)

 

 昭和19年(1944年)2月に第二航空戦隊はラバウルを後にする。そして菊池はそのまま652空に転じた。652空は第二航空戦隊の後進部隊であり基幹搭乗員も多くが残されたようだ(因みに第二航空戦隊は艦隊であり652空は航空隊である。複雑なので説明は割愛する)。ただ第二航空戦隊はラバウルでの戦闘で大きく消耗しており内地で再建が急がれた。下士官の「ぬし」である菊池上飛曹も部下の教育に腐心したであろう。

 そして昭和19年(1944年)6月、あ号作戦に出撃する。菊池上飛曹は攻撃隊直掩として出撃するも敵機動部隊を発見出来ずに燃料がなくなったためグアム島に着陸する。菊池上飛曹は上空哨戒にあたっていたがその時40〜50機の米軍機が来襲、菊池上飛曹等直掩戦闘機隊は迎撃する。しかし長距離飛行をしてきた直掩戦闘機隊には燃料がなく、撃墜されるまでもなく次々に落ちていったという。菊池上飛曹も敢闘し敵機2機を撃墜するも燃料切れのため落ちていった。豪放磊落でありながら広い視野を持ち、幾度もの士官昇進の内示も拒否し続けた名物男、「オール先任搭乗員」菊池上飛曹は昭和19年(1944年)6月19日マリアナ沖に消えた。

 菊池上飛曹の戦果は判明しているもので撃墜5機、協同及び不確実7であるが、日本海軍は公式資料には個人戦果を記載しない場合が多く、この菊池上飛曹の戦果も赤城時代のものしか残ってない。一説には20機以上撃墜していたともいわれるが実際のところは不明である。

 

 ※本記事は敬称略。書籍等の二次資料に基づいて執筆しており一次資料にまで遡っての事実確認はしていない。そのため事実関係において誤りがある可能性があることは否定できない。内容は基本的には秦郁彦編『日本海軍戦闘機隊』に多く寄っているが、それ以外の資料については文中に明示した。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

↑このページのトップヘ