トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

羽切松雄

『トラ・トラ・トラ』太平洋戦争ドキュメンタリー第1巻
(画像は雷電 wikipediaより転載)

 

 この本はもう絶版になって久しい本だ。出版されたのは1967年。まだ太平洋戦争が終わってから22年しか経っていない。終戦時20歳だった人もまだ42歳の働き盛りです。その時代の記録なので結構貴重ですね。実はこの本は編集されたものなので記事の初出はもっと早いです。全ての記事の初出は分かりませんが、岩下泉蔵「硫黄島特攻援護記」は昭和29年に初めて出版されています。

 1956年に「もはや戦後ではない」という言葉が流行しましたが、本書の記事が出版された時代は戦後9年目、上記のフレーズが流行る2年前です。1951年にサンフランシスコ講和条約の締結により日本は独立を回復し、1952年GHQの占領が終了します。その2年後に書かれた記事なので史料としてもかなり貴重なものですね。戦後に1冊30円で出されていた読み切りの各記事をまとめ、シリーズとして全24冊が出版されました。本書はその第1巻です。

 

目次

 

  1. 金沢秀利「空母飛龍と共に」
  2. 山川新作「急降下爆撃隊戦記」
  3. 赤松貞明「日本撃墜王」
  4. 藤田信雄「米本土爆撃記」
  5. 椿恵之「特攻天剣隊記」
  6. 足立次郎他「神雷部隊記」
  7. 岩下泉蔵「硫黄島特攻援護記」
  8. 羽切松雄「新兵器実験記」
  9. 木村八郎「空母を求めて」
  10. 森下久「戦艦大和と共に」

 

 本書の中で私がもっとも読みたかったのは、赤松貞明「日本撃墜王」だ。赤松氏はやたら人気があるようでwikipediaに異常に長い記事がある伝説の搭乗員だ。その赤松氏の貴重な手記である。この記事はある意味伝説の記事だ。赤松氏が言うには本人の撃墜数は350機で世界記録だという。日中戦争ですでに240機を撃墜していたとか。もちろん実際に240機を撃墜したら中国空軍は赤松氏一人で壊滅だ。

 しかし坂井三郎氏によると、エースと言われる人は有言実行型であり、むしろ大言壮語型から多くのエースが生まれたという(坂井三郎『零戦の運命』下P162)。日本のトップエースと言われる岩本徹三中尉も「空戦の腕も達者でしたが、口も達者で、いつも大風呂敷を広げていた」という(川崎浹『ある零戦パイロットの軌跡』P272)。

 実際、赤松氏も戦争末期、格闘戦では不利と言われる雷電でP51の75機編隊に単機で突入し1機を撃墜しており、これは戦後の調査で証明されている(ヘンリー・サカイダ『日本海軍航空隊のエース1937‐1945』P88)。伝説の南郷少佐を非常に高く評価していたり、当時の新聞記事の撃墜百機座談会などの引用があり、参加者に新人時代の岩本徹三三空曹や尾関行治一空曹等、のちに太平洋戦争で活躍する搭乗員の名前があったりと面白い。

 他にも世界でたった一人米本土爆撃をした藤田信雄中尉の回顧録もある。さらに戦艦大和の乗組員の手記や艦爆、艦攻搭乗員等貴重な記録が多く載せられている。羽切松雄氏や金沢秀利氏は著書があるがその他の手記はなかなか読むことができないものだ。随分前に買った本だが良い買い物をしたのだ。

 

【お願い】
下記のリンクを踏んで何らかの商品を購入して頂くと私にちょっとだけお金が入ります。良い記事だと思われたら投げ銭代わりにお願いします。


ミリタリーランキング

 

 以前、私が零戦搭乗員に興味を持ったいきさつを書いたが、私が零戦搭乗員に興味を持ち、夢中になって著書や研究家の著作を集めていた最も旬な時期は1995年前後であった。その当時は、終戦50年ということもあり、坂井三郎氏を始め、宮崎勇氏、杉野計雄氏、川戸正次郎氏等が相次いで自伝的な記録を出版していた。

 今考えるとファンとしてはかなり恵まれた時代だったといえるが、それでも著名な零戦搭乗員でありながら一切表に出てこない人達も多かった。そこに登場したのが神立尚紀『零戦の20世紀』だった。著者は今まで取材に応じなかった(だろう)零戦搭乗員の貴重な記録を上梓したのだ。

 その著者が近年新たに上梓したのが、この『ゼロファイター列伝』だ。本書は零戦搭乗員7名に焦点を当て、彼らの戦中戦後の生きざまについて書いている。7名の搭乗員とは三上一禧氏、羽切松雄氏、原田要氏、日高盛康氏、小町定氏、志賀淑雄氏、山田良市氏である。

 本書が興味深いのは著者が零戦搭乗員に関心を持ち、搭乗員の世界に入り信頼を得ていくまでの経過が良く記されていることだろう。まさに信頼と人と人のつながりによって今まで取材を拒んできた人達にもインタビューをすることができたというのが分かる。

 特に今まで頑なに取材を拒んでいた日高盛康氏の話を記録として残したのは貴重である。そして零戦初空戦に参加した現在ではたった一人の生存者(2016年7月現在)、三上一禧氏のインタビュー等記録として貴重なものが多い。

 内容はそれぞれの零戦搭乗員の人となりが分かってかなり読み応えのあるものだ。空中戦は才能が必要であり、三上氏は著名な搭乗員、樫村寛一氏、羽切松雄という先輩と空中戦をしても負けなかったが、後輩の奥村武雄氏には勝てなかったという。さらに小町氏が照れ隠しに著者に悪態をつきつつも著者の来訪を喜んでいるくだり等、読んでいてつい微笑んでしまうようなエピソードもある。

 零戦に興味のある人にとって本書はまさに必携の書であると思う。これからは戦争経験者が減少していく。今後はこういう生の声を記した記録類が貴重な史料となっていくだろう。そういう意味でも価値のある本であると思う。

↓良かったらクリックして下さい。

人気ブログランキング

↑このページのトップヘ