トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

紫電

01_紫電改
(画像はwikipediaより転載)

 

 紫電改は零戦と並んで戦後最も有名な戦闘機と言っていいだろう。当時、最高のエンジンである誉エンジンを使用した海軍の万能機は同エンジン搭載の陸軍四式戦闘機と並んで日本軍用機史に有終の美を飾った。

 

紫電改 〜概要〜

 

 

性能

全幅 11.99m
全長 9.376m
正規全備重量 3800kg
最高速度 644km/h
航続距離 2392km
武装 20mm機銃4挺、60kg爆弾4発又は250kg爆弾2発

 

開発

 太平洋戦争時の戦闘機で零戦と並んで知名度の高いのがこの紫電改である。紫電改は紫電11型をベースにしたことから紫電改と呼ばれているが、主翼以外はほぼ新規の設計である。太平洋戦争末期に完成し343空で集中運用したことから有名になった。

 紫電を紫電改に改良するという計画は、1943年1月5日、仮称一号局戦兵装強化第三案としてスタートした。紫電の初飛行が1942年12月31日、脚を収納しての初飛行が1943年1月1日なので紫電完成直後に紫電改計画はスタートしたことになる。

 

初飛行まで

 2ヶ月後の1943年3月15日には、仮称一号局地戦闘機改として試作命令が出され、1943年8月1日、試作機の製作開始。この時期に「試製紫電改」と名称を改める。1943年12月31日に試製紫電改が完成、1944年1月1日に初飛行する。やはり母体があったことが作業の省略を可能にしたのだろう。試作命令が出てから初飛行まではわずか9ヶ月である。

 

紫電の視界不良を改良

 主な改良点であるが、まず、中翼から低翼に変更される。胴体は再設計された。胴体の幅は紫電に比べ切り詰められ長さは40cm延長された上、胴体断面形が丸型からおむすび型に変更された。これにより低翼と合わせて視界不良が解消された。

 この視界不良というのはパイロットがコックピットから下方を見た時を想像したもらいたい。中翼であることによって視界不良になるというのは容易に想像できるが、丸型の胴体も同様に下方の視界を妨害しているのだ。コックピットを頂点とする滑らかな三角形にすることで下方の視界を確保した。

 コックピットでいえば、キャノピーは上面の縦通材が廃止されている。脚は低翼化に伴って二段階式引込脚から普通の引込脚に変更。さらに脚の長さが短縮された。これによって100kg以上の重量軽減になった。その他垂直尾翼、水平尾翼にも変更が加えられているが、主翼はほぼ紫電のままである。

 

その他変更点

 武装は20mm機銃4機(九九式2号4型)で4挺とも翼内に収納された。装弾数は内側銃が200発、外側銃が250発である。機首の7.7mm機銃が廃止されたことによって機首の機銃口も廃止された。爆弾搭載量は60kgまたは250kg爆弾2発である。

 主翼はほぼそのまま紫電のものが使用されたのは前述の通りであるが、他にも、紫電や紫電の母体となった水上戦闘機強風で評判の良かった自動空戦フラップや腕比変更装置などはそのまま受け継がれた。部品点数は紫電に比べて大幅に減少しており、部品総数が紫電66000個に対して紫電改は43000個と65%に減少している。これにより生産性の向上が図られた。

 

生産

02_紫電改
(画像はwikipediaより転載)

 

 1944年4月4日、試製紫電改1号機が海軍に引き渡され、1944年7月には量産機の生産を開始している。紫電21型として制式採用されたのが1945年1月なので、紫電改は制式採用前に生産が開始されたことになる。

 生産数と各型の特徴であるが、紫電改は試作機が8機製作されている。量産された機体の内、29号機までは試製紫電改と全く同一である。30号機(51号機説もあり)以降99号機までの70機は20mm機銃が3度上向きに取り付けられている。

 

紫電21型

 初期の生産型。試作機を含み99機が生産された。

 

紫電21甲型

 1945年2月頃から紫電21甲型が生産される。紫電21甲型は爆撃兵装を改修しており、60kg爆弾4発または250kg爆弾2発搭載可能である。101号機からは垂直尾翼が縮小された。これが200機製造された。100号機のみは試製紫電改と同型の垂直尾翼である。

 

紫電31型(紫電改一)

 201号機以降は紫電31型(紫電改一)に代わる。31型は、機種に三式13mm固定機銃4型を2挺追加。爆弾懸吊装備も電気投下式に変更された。これらの改造によって重心が変わってしまったため発動機架を前方に150mm延長されている。

 

紫電31型(紫電改二)

 この紫電31型は艦上戦闘機化もされた(紫電改二)。この紫電改二は、1944年11月中旬に空母信濃で着艦テストが行われている。

 

紫電32型(紫電改三)

紫電31型のエンジンを低圧燃料噴射式の誉23型に変更したのが紫電32型(紫電改三)である。2機のみ生産された。これも艦上機化されている(紫電改四)。艦上機型はどちらも2機程度生産されたようだ。

 

紫電25型(紫電改五)

 紫電21甲型のエンジンを2200馬力のハ43・11型に変更したのが紫電25型(紫電改五)で、大型化したため機首の13mm機銃は廃止された。生産数は不明。複座型も製作された。これは、紫電21型を複座にしたもので仮称紫電練習戦闘機と呼ばれた。複座になった以外は21型と変更点はない。その他計画のみであるが、エンジンを二段三速過給機付きの誉44型に換装する計画や鋼製化計画もあった。

 

生産数

 生産数は川西飛行機鳴尾工場で362機、同姫路工場で44機、さらに昭和飛行機2機、愛知2機、佐世保の21航空廠で1機、三菱で9機が生産された。合計420機(試作機8機が含まれているかは不明)。戦後3機が米国に輸送された。この3機と1978年に海底から引き揚げられた21型1機の計4機が現存している。

 

戦歴

 真珠湾攻撃時の航空参謀源田實大佐は太平洋戦争末期、最新鋭戦闘機紫電改を配備した精鋭部隊を編成することで制空権を奪回するという構想を抱いていた。この構想により内地では紫電改を集中配備することを予定した部隊343空の編成が始まっていた。のちに「剣」部隊と言われた343空の最初の部隊である戦闘301飛行隊が横須賀で訓練を開始したのは1944年11月下旬であった。

 当初は紫電で訓練を続けていた戦闘301飛行隊であったが、まもなく紫電改が1機到着、訓練を開始した。紫電改の初陣は1944年12月10日で、偵察に現れたB29を戦闘301飛行隊に配備されたたった1機の紫電改が迎撃したものの、B29を捕捉することは出来なかった。12月10日には、343空に戦闘701飛行隊、戦闘407飛行隊が加えられ松山基地で343空が誕生した。

 紫電改はこの時期、343空以外にも横空、横空審査部、空技廠、筑波空にも少数が配備されている。1945年2月16、17日の米機動部隊艦載機による関東空襲の際、これらの紫電改が空戦に参加、特に17日の空戦では海軍のエースパイロット武藤金義少尉がオレンジ塗装の試作機の紫電改で迎撃、衆目の中、12機編隊に単機で突入、内4機を撃墜するという戦果を挙げている。

 1945年2月に入ると343空も紫電改への改編が進み、戦闘301、戦闘701、戦闘403の順で紫電改が配備されていった。この結果、3月1日には3隊合わせて83機の紫電改を装備するに至ったものの可動機は21機に過ぎなかった。343空の初陣は3月13日で、この日会敵することはなかったものの、3月19日には米艦載機の呉方面空襲に際して54機が出撃、敵機撃墜52機を報告した(実際は10機)。これに対して紫電改は12機が被撃墜、4機が大破した。

 4月になると米軍の沖縄上陸が開始されたため、343空も沖縄航空戦に参加するため鹿屋に進出、さらに第一国分基地から松山、大村と進出して制空、迎撃戦に活躍した。5月、6月になると紫電改の消耗に対して機材の補充が間に合わず、出撃を抑制する兵力温存方針が採られるようになった。その後もたびたび出撃したものの、8月に入り終戦となった。

 

まとめ

 

 紫電改の活躍で最も有名なのが、源田實大佐指揮の343空が行った1945年3月19日の空戦であろう。この空戦で敵機52機撃墜(諸説あり)という偉業を達成するが、後年の調査によれば実際に撃墜したのは戦闘機10機のみである。

 これに対して343空の損害は戦闘機16機であり、空戦の結果としては負けているのだが、この時期としては大戦果と言って良かった。その後は紫電改を集中運用した343空も次第に戦力を消耗していく。戦後、紫電改の知名度が高かったのは、この343空での集中運用が理由であろう。だからといって紫電改自体も決して性能が悪かった訳ではない。陸軍の四式戦闘機と並んで第二次世界大戦中の万能戦闘機の一つに数えられている名機である。

 

【お願い】
下記のリンクを踏んで何らかの商品を購入して頂くと私にちょっとだけお金が入ります。良い記事だと思われたら投げ銭代わりにお願いします。


ミリタリーランキング

01_紫電一一甲型
(画像はwikipediaより転載)

 

局地戦闘機紫電 〜概要〜

 

 圧倒的に高性能であった水上戦闘機強風。そのフロートを外し陸上機化したのが紫電である。零戦以上の高性能を発揮したものの中翼による視界不良、二段階引込脚の不良、さらにはエンジン不良が続き目立った活躍は出来なかった。しかし紫電はこれらの点を改良され海軍最強の戦闘機紫電改へと生まれ変わる。

 

性能

全幅 11.99m
全長 8.885m
全備重量 3.9kg
最高速度 583km/h
実用上昇限度 12500m
航続距離 2545km
武装 7.7mm機銃2挺、20mm機銃2挺
爆装 60kg爆弾4発または250kg爆弾2発

 

開発

 1941年暮れ、川西飛行機が製作中の新鋭水上戦闘機、十五試水戦の陸上機化が海軍によって許可された。十五試水戦とはのちの水上戦闘機強風で陸上機化された陸上戦闘機はのちに紫電と呼ばれることになる。紫電はその後改良が加えられ太平洋戦争末期の万能戦闘機となっていく。

 当時、製作中であった十五試水戦を陸上機化する目的は時間と費用の節約であった。フロートを脚に変更するだけでそのまま陸上機として高性能を発揮するだろうという目論みであったが、強風を陸上機化するにあたり、強風が搭載していた火星13型エンジンを誉エンジンに変更することになり、結局は胴体の一部以外は再設計されることになった。

 強風を陸上機化するにあたり、当然、脚を取り付ける必要があるが、強風は空気抵抗や水面から主翼を離す目的から胴体の中央部に主翼を取り付ける中翼になっていることから長い脚が必要であった。戦闘機以外であれば長い脚は主翼内に収納できるので長くても問題にはならないが、戦闘機の場合、翼内に機銃があるため脚を収納するスペースが取れない。

 そこで考え出されたのが、二段階式引込脚であった。これは紫電の脚柱を伸縮する脚柱とし、脚柱が縮んだところで脚を翼内に収納するという方法であった。構造が複雑になったため、脚の収納には時間がかかるようになった。脚の収納時間は零戦が12秒、紫電の改良型である紫電改が9秒であるのに対して紫電は収納するまでに1〜2分かかった。後に20秒程度に短縮されたが、複雑な構造のために不具合が相次いだ。

 

生産

 1942年4月15日、川西飛行機は紫電の試作機の製作に着手した。因みに、この時期は、母体である十五試水戦の1号機が完成直前の時期でもあった。紫電は、戦時中であったためか僅か8ヶ月で試作機を完成させ、1942年12月31日に脚を出した状態で初飛行。翌日の1943年1月1日には脚を引き込めて飛行することに成功した。

 1943年7月には海軍に領収され審査が開始され、1943年8月10日試製紫電という名称が与えられた。最大速度は574kmと零戦よりは高速であったが、当初の想定の648kmは大幅に下回ってしまった。さらに左を向く癖、視界不良、工作不良、エンジン不調、前述の脚の故障の多発等、多くの問題を抱えていたが局地戦闘機の実用化を急いでいた海軍は生産しながら欠点を改修していくということで量産を開始した。

 1944年10月、試製紫電は、紫電11型として制式採用された。試作機は、増加試作機合わせて8機が製造されている。エンジンは初期が誉11型(1820馬力)、後期が誉21型(1990馬力)といわれている。初期の型はオイルクーラーがカウリング内に収められていたが、後期の増加試作機ではカウリング前面下部にオイルクーラー用の空気取入口が設けられている。

 武装は機首に7.7mm固定機銃、主翼下部ポッド内に20mm機銃(九九式1号3型。装弾数100発)が搭載されている。紫電11型にはいくつかのバリエーションがあるが基本的に兵装の違いだけである。まず、紫電11型であるが、紫電11型は誉21型エンジンを装備、推力式単排気管。空気取入口がカウリング前面下部に設けられていたが形は試作機と異なる。1944年8月には生産終了となった。

 

紫電11甲型(紫電甲)

 続いて紫電11甲型(紫電甲)は機首の7.7mm機銃が撤去され、20mm機銃4挺に増加。ポッド内に2挺、翼内に2挺九九式2号3型装弾数100発)となる。機種の7.7mm機銃口はのそまま残された。紫電11甲型は、1944年9〜11月まで製造された。

 

紫電11乙型(紫電乙)

 紫電11乙型(紫電乙)は1944年12月から生産が開始された改良型で、20mm機銃4挺(99式2号3型ベルト給弾式)をすべて翼内に収納した。装弾数は内側銃が100発。外側銃が200発となった。照準器もこれまでの九八式射爆照準器に代わって4式射爆照準器が搭載された。さらに250kg爆弾が搭載できるようになり、機体も水平尾翼翼端を角型に整形した。

 

紫電11丙型(紫電丙)

 紫電11丙型(紫電丙)は、戦闘爆撃機として使用するための実験機で九七式爆弾懸吊鈎改一を4個取り付けたもの。60kg爆弾4発、または250kg爆弾2発搭載可能。珍しいものとしては、紫電マルJ型というのがある。これは、11丙型の胴体下面に500kg跳飛爆弾懸吊装置と火薬ロケット推進装置を取り付けたもので、火薬ロケットで加速した上で超高速で跳飛爆撃を行おうというものだったが試作のみに終わった。

 

生産数

 総生産数は1007機。各型ごとの生産数は不明だが、ほとんどが11甲型と11乙型であった。終戦時の残存機数も不明。数機が試験のためアメリカに持って行かれた。現存機はなし。

 

戦歴

 最初に紫電が装備されたのは1943年に開隊した341空であるが、紫電の供給が遅れたため実際に紫電を受領したのは1944年1月18日であった。その後は徐々に紫電の配備が進み、7月10日には戦闘401飛行隊、戦闘402飛行隊の二個飛行隊編成となった。続いて紫電装備予定部隊として343空が開隊したが、紫電の生産が間に合わずわずか1機を受領したのみであった。その他紫電を装備していた部隊は横須賀で編成された戦闘701飛行隊がある。

 唯一紫電を装備した航空隊であった341空は1944年8月には台湾に進出、戦闘401、402飛行隊合わせた保有数は定数を上回る119機に達したものの可動機はわずか65機であった。紫電の実戦参加は10月12日の台湾沖航空戦であった。台湾高雄基地に進出していた紫電隊は上空哨戒中に米戦闘機群と遭遇、10機撃墜を報告するも紫電隊も14機を失う大打撃を受けた。その2日後の14日には戦闘402飛行隊の紫電が制空隊として米機動部隊攻撃に参加している。

 10月23日には、341空は紫電36機を以って比島に進出したものの翌24日の空戦で11機を失い、未帰還機、被弾機を除いた戦力はわずか4機に減少してしまった。11月に入ると同じく紫電を装備している戦闘701飛行隊が341空に編入、戦闘701飛行隊は比較的練度の高い隊員で編成されていたこともあり活躍したものの12月中旬には可動機4機となってしまった。その後13機が補充されたものの米空軍機の銃撃で全滅、修理した紫電4機を以って攻撃を行ったものの数日で全機を失った。

 内地では新たに343空が編成、戦闘301飛行隊に紫電3〜4機が配備されている他、210空が紫電を装備、名古屋に襲来したB-29を迎撃している。さらに210空は徳島基地に進出、関西方面での迎撃戦に活躍した。一方、343空には戦闘407飛行隊、戦闘701飛行隊が編入、これらの部隊にも紫電が供給されている。

 1945年3月に入ると紫電を装備する210空紫電隊も九州出水に進出、601空指揮下に入り、601空に配備された紫電と共に防空戦に参加している。変わったところでは偵察11飛行隊にも8機の紫電が配備されておりその俊足を生かした強行偵察や戦果確認、索敵等に活躍している。

 関東では、横空、横空審査部、空技廠、筑波空、谷田部空にも紫電が配備されており、筑波空、谷田部空、210空の紫電を統合、戦闘403飛行隊が編成されており、しばしば迎撃戦に参加している。

 

まとめ

 

 紫電は海軍期待の新鋭機として登場した。零戦に比べ高性能なものの二段階引込脚の不調に悩まされた。さらには中翼であったために前下方の視界不良もあり目立った活躍をすることは無かった。厳しい表現をすれば紫電は失敗作であったと言っていいかもしれない。しかし上記の欠点を改良されて完成した紫電二一型、通称紫電改は海軍戦闘機中、最高の性能を発揮した。紫電は紫電改への橋渡し役であったといっていい。

 

【お願い】
下記のリンクを踏んで何らかの商品を購入して頂くと私にちょっとだけお金が入ります。良い記事だと思われたら投げ銭代わりにお願いします。


ミリタリーランキング

 

 加藤清氏は、丙飛予科練の撃墜17機のエース・・・ではなく。同姓同名の加藤清氏である。加藤清氏は、海軍兵学校73期出身。ついに実戦には出ることがなかったようである。この本は、発売当時に目を付けていたが、実戦経験がないということで、当時買わなかった。しかし最近になって、思い出しどうしても読みたくなって、アマゾンで検索したところ、古本が一冊あったので、購入した。今となってはかなりのレア本だと思う。だいたいこの手の本は、意外にファンが少ないので、新刊でも少しするとすぐ絶版ということがよくある。

 この本も新刊当時に一回書店にならんでるのを見ただけで、それ以後、一度もみることはなかった。興味がある人は、とりあえずあるうちに買っておいた方がいい。まあ、この本の内容は、海兵出身者のお約束(失礼!)、海軍兵学校時代の思い出から始まって、飛練時代の思い出など等。この手の戦記にはよくある内容であるが、やはり面白いと思ったのが、当時の海軍内での人間関係だろう。どうしても兵は兵。士官は士官、予備学生は予備学生で固まっていたようだ。

 この本に登場する私が知っている搭乗員は、横山保(5機撃墜のエース)、藤田怡与蔵(撃墜11機のエース)位。士官搭乗員の名前は、よく出てくるが、下士官搭乗員の名前はあまり出てこない。著者の印象には残らなかったようだ。この本で特に私が面白いと思うのは、著者が訓練中の事故で「臨死体験」をしていること。やはり、野原に花が咲いていて、小鳥がさえずっている中で、両親に呼ばれて意識を取り戻したという。

 前に見たテレビだとインド人の臨死体験は、ヒンズー教の神様が出てきたらしい。結局、臨死体験とは単に夢を見ているようなものなのかもしれない。あともう一つ印象に残ったのが、終戦後に紫電の武装解除をするために空輸する際、事故で亡くなられた戦友がいたという。戦争が終わって、生き残ったのに無念だったと思う。

 空戦記を期待して買った人は、失望すると思うが、戦争に参加した人間の心情をよく著していると思う。今ならまだ入手することが出来ると思うので、欲しい方はお早めに。

 

【追記 2019年9月30日】

 

先頃、わたしが所属する町の老人学級で、各人の「一番忘れられないこと」というテーマで、体験発表会を催した。

 

  本書の冒頭は上記の文章から始まる。この冒頭の「老人学級」という言葉にひどく驚いたのを覚えている。当時から戦記物を読みまくっていた私の中では、海軍兵学校73期というのは「若者」という印象しかなかった。しかし、当たり前のことであるが、若者も50年も経てば、たとえ海軍士官であろうが、戦闘機パイロットであろうが歳を取る。決して、フィクションの中の人ではないのだということを実感したのが実は本書で一番強烈な印象であった。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

↑このページのトップヘ