トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

タグ:米軍制式採用

(画像はwikipediaより転載)    M1911とはコルト社の技師ジョン・ブローニングによって設計された銃で1911年に米軍に制式採用されて以来、現在に至るまで100年以上経た今日においてもほとんど改良されることなく、軍、民間において多く使用されている。口径は専用に開 ...

(画像はwikipediaより転載)    P320は、SIG社が開発したモジュラーシステムを採用した自動拳銃で、2017年にM17として米軍に制式採用された。スライドはステンレス、フレームはポリマー製で装弾数は17発である。ガスガンではSIGAirsoftが販売している。製造は台湾のVFC社 ...

(画像はwikipediaより転載)    M60機関銃とは、1957年に米軍が制式採用した汎用機関銃である。口径は7.62mmでベルト給弾式で歩兵の戦闘支援を想定して開発された。当初は装填不良や各種不良が多発したものの現在でも使用されている高性能機関銃である。米国海軍特殊部隊 ...

(画像はwikipediaより転載)    M1カービンとは、1941年に米軍で制式採用されたカービン銃で後方部隊で使用することを前提に、取り回し易さ、適切な威力のカートリッジを採用した銃である。カートリッジは独自の30カービン弾を使用する。名称に「M」を付ける米軍の命名規 ...

(画像はwikipediaより転載)    M4カービンとは、1994年に米軍に採用されたカービン銃で、第二次世界大戦中に採用されたM1カービン、そのフルオート版であるM2カービン、暗視装置を装備したM3カービンに次いで制式採用された4番目のカービン銃である。銃身を20インチから ...

(画像はwikipediaより転載)   コルト ニューサービス     性能 全長 273mm 重量 1,300g 口径 45口径 使用弾薬 45口径ロングコルト弾 装弾数 6発 完成 1898年 設計・開発 コルト社   ニューサービス  コルト社初のダブルアクション(DA)、スイン ...

(画像はwikipediaより転載)   コルトM1892     性能 全長 248mm 重量  - g 口径 38口径 使用弾薬 38口径ロングコルト弾 装弾数 6発 完成 1892年 設計・開発 コルト社   軍用拳銃の小口径化、DA化の流れ  19世紀後半、世界の軍用銃の流れは小口径化 ...

↑このページのトップヘ