トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

筑波空

01_零戦22型
(画像はwikipediaより転載)

 

大森茂高少尉の略歴

 

 1916年1月15日山梨県に生まれる。1933年5月海軍に入団。1936年9月操練33期卒業。1938年2月13空に配属。日中戦争に参加する。3月12空に異動。12月赤城乗組ののち、筑波空、大湊空を経て、鳳翔乗組で太平洋戦争開戦を迎える。1942年5月赤城乗組。6月ミッドウェー海戦に参加。その後翔鶴乗組。南太平洋海戦には母艦上空直掩の任務に就いたが、米艦爆が翔鶴へ投弾するのを防ぐために体当たりして戦死した。戦死後全軍布告、二階級特進で特務少尉となった。

 

母艦戦闘機隊一筋に生きた男

 

 大森茂高少尉は操練33期出身で戦闘機専修の同期はわずか6名である。この時期は少数精鋭教育の時代ではあったが、6名の内、2名が転科しているので、当時流行していた戦闘機不要論の影響があったのかもしれない。この戦闘機不要論とは海軍の場合、九六陸攻が当時の主力戦闘機九〇式艦戦を上回る高速を発揮したため、陸攻だけで十分であり戦闘機は不要であると短絡的に考えた海軍の一部高級士官が唱えた論である。

 無論、九〇式艦戦と九六陸攻は世代が全く違うため新鋭機の性能が圧倒しているのは当たり前であった。当時の航空機は3年で旧式となるほどの発達期であり、6年の差は大きかった。その後、九六陸攻の速度を上回る九六艦戦の完成や実戦で戦闘機の援護の無い攻撃機に大損害が出たためこの論は消え去ったが、一時的にしろ戦闘機搭乗員を削減したことは後々大きく影響することとなる。

 操練33期は1936年2月から訓練を開始、同年9月に終了している。この前後のクラスは日中戦争開始前に十分な訓練を受け、その後日中戦争で実戦経験を積み、太平洋戦争開戦時には中堅搭乗員として活躍したクラスで著名な搭乗員である武藤金義少尉(32期)、岩本徹三中尉(34期)、原田要中尉(35期)坂井三郎中尉(38期)等、太平洋戦争全般において中核となったクラスであった。それだけに戦闘機不要論の影響は大きかったといえる。

 訓練課程を修了した大森少尉は1938年2月に中国大陸に展開する13空に配属、同月には初めての実戦を経験する。翌月には12空に異動、引き続き中国大陸で活躍した。12月には空母赤城乗組を経て筑波空、大湊空と陸上基地勤務を経て空母鳳翔戦闘機隊員として太平洋戦争開戦を迎えた。この鳳翔は太平洋戦争開戦時には二線級の空母であったが、旧式であるために飛行甲板が狭く、離着艦に高い技量が必要とさえる。それ故、大森少尉のような熟練者が任命されたのかもしれない。

 1942年5月、空母赤城に異動となる。翌月にはミッドウェー海戦に参加、大森少尉はミッドウェー島攻撃隊の直掩として出撃、帰還後は直掩機として防空任務に就いた。防空任務では6機撃墜を報告したものの母艦は被弾し炎上、唯一健在であった空母飛龍に着艦して引き続き防空任務に努めたが飛龍も撃沈されたため海上に不時着、救助された。

 内地に帰還後、翔鶴戦闘機隊に配属される。1938年末以来、一時期の陸上基地勤務を除けば母艦一筋である。8月、瑞鶴、瑞鳳と共に第一航空戦隊を編成した翔鶴はソロモン海に向け出撃、同月24日には第二次ソロモン海戦に参加する。さらに10月26日には南太平洋海戦に参加、大森少尉(当時一飛曹)も参加、母艦上空直掩任務に就いた。母艦上空での空戦では5機の撃墜を報告したが、米艦爆の内1機が投弾体勢に入っていたが、大森少尉は攻撃が不可能と判断すると米艦爆に体当たりして戦死した。

 この海戦において翔鶴は大破したものの撃沈は免れた。この大森少尉の行為に対して海軍は全軍に布告、二階級特進として特務少尉に任じた(戦死時は一飛曹)。この二階級特進であるが、戦死してしまって階級が上がることに意味がないのではないかと思われるかもしれないが、これは多少異なる。

 もちろん本人は戦死してしまっているので全く意味がないのであるが、大森少尉の遺族は「少尉」の軍人恩給をもらうことが出来る。全軍布告は単なる名誉であるが、二階級特進は遺族に対する恩給の金額が上がるため戦死者の遺族にとっては生活の助けになるという側面もある。総撃墜数は13機といわれている。

 

大森茂高少尉の関係書籍

 

まとめ

 

 操練33期は6名であったが、2名が他機種に転科、のちに1名が戦闘機に転科しているため5名であった。この内、太平洋戦争終戦を迎えられたのは1名のみで、1名は日中戦争で、3名が太平洋戦争で戦死している。この内1名は1945年8月9日で終戦のわずか6日前であった。

 

 

【お願い】
下記のリンクを踏んで商品を購入して頂くと私にちょっとだけお金が入ります。良い記事だと思われたら投げ銭代わりに是非お願いします。

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_零戦22型
(画像はwikipediaより転載)

 

高橋健一飛曹長の略歴

 

 1924年5月5日長野県に生まれる。1940年乙13期予科練入隊。1943年3月飛練26期を修了。名古屋空で延長教育を受け、厚木空に配属。9月末204空に配属され、ラバウルに進出した。1944年1月末204空がトラック島へ後退したため253空へ異動、引き続きラバウル航空戦に活躍した。2月中旬253空とともにトラックへ後退。1944年6月、潜水艦で本土へ帰還。7月には戦闘308飛行隊に配属。221空に編入され、10月には捷号作戦に参加。比島で連日の空戦に活躍した。1945年1月内地に帰還、筑波空の教員として終戦を迎えた。

 

地獄のラバウルから生還

 

 高橋健一は乙飛13期出身で同期の戦闘機専修者は49名で同期には柴山積善飛曹長がいる。終戦までに38名が戦死、11名が終戦を迎えることができた。死亡率71%である。高橋飛曹長は1940年6月に予科練に入隊、1942年4月に修了している。予科練は当初は3年間であったが、戦局の悪化から短縮され、高橋飛曹長の期では2年に短縮されていた。

 4月に予科練を修了、5月からは飛練26期に進んだ。このクラスは丙飛10期と合同で行われており、「トッカン兵曹」として有名な小高登貫上飛曹も共に訓練を受けていた。ここで基礎的な操縦を学んだ高橋飛曹長は、名古屋空で延長教育を受け、厚木空に配属、さらに数ヶ月後にはラバウルに展開する204空へと配属された。厚木空は1943年4月に開隊した艦隊搭乗員の錬成部隊なので当初は艦隊搭乗員として採用されていた可能性もある(前述の小高上飛曹も艦隊搭乗員として訓練を受けた後、202空に配属されている)。

 1943年9月末、「搭乗員の墓場」ラバウルに送り込まれ、連日の航空戦に活躍する。この時期のラバウル航空戦では日本軍はすでに守勢にまわっており少数の兵力で米軍の大兵力を相手にしていた。訓練を終えて間もない高橋二飛曹を含む乙飛13期の隊員たちはわずか3ヶ月で6名が戦死している。この中で高橋二飛曹は連日の航空戦に活躍した。12月17日には荻谷信男上飛曹の3番機として出撃、P39エアコブラ1機撃墜を報告したが、この日撃墜されたP39はない。

 1944年1月末には204空がトラック島に後退したため、高橋飛曹長は同じくラバウルに展開する253空に転入、2月中旬まで連日の空戦に参加したが、253空もトラック島に後退に伴い、高橋一飛曹もトラック島に後退した。6月19日の米機動部隊のサイパン攻撃に対抗するため253空も零戦隊をサイパンに向かわせた。この時、高橋一飛曹は指揮官岡本晴年少佐の2番機として参加するが、グアム島着陸寸前に敵機の攻撃を受けた。辛うじて着陸、生還した。

 生還した高橋一飛曹は陸攻でトラックに戻り、そこから潜水艦で内地に帰還した。7月、221空戦闘308飛行隊に配属、10月には捷号作戦参加のために比島に進出、連日の空戦に参加、1945年1月には内地に帰還して筑波空教員として終戦を迎えた。総撃墜機数は14機といわれている。

 

高橋健一飛曹長の関係書籍

 

海軍零戦隊撃墜戦記2: 昭和18年8月-11月、ブイン防空戦と、前期ラバウル防空戦

 日米の戦闘報告書や当時の軍人の日記を丹念に読み込んで実際の空戦を再現する。読み物としては単調ではあるが、資料としては詳細で正確である。戦死、負傷、被弾した搭乗員の一覧表が巻末にまとめられているのも資料として使用するには非常に便利。値は張るが内容を考えれば格安といっていい。全3巻中2巻では1943年8月から11月までのラバウル航空戦を描く。

 

海軍零戦隊撃墜戦記3: 撃墜166機。ラバウル零戦隊の空戦戦果、全記録。

 日米の戦闘報告書や当時の軍人の日記を丹念に読み込んで実際の空戦を再現する。読み物としては単調ではあるが、資料としては詳細で正確である。戦死、負傷、被弾した搭乗員の一覧表が巻末にまとめられているのも資料として使用するには非常に便利。値は張るが内容を考えれば格安といっていい。全3巻中3巻では1943年12月から1944年2月までのラバウル航空戦を描く。

 

川崎浹『ある零戦パイロットの軌跡』

川崎浹 著
トランスビュー 2003/8/15

 高橋飛曹長と同じ時期に同じ部隊で戦った小町定飛曹長へのインタビュー本で、単独インタビュー形式で小町氏の戦中戦後の経験が描かれている。小町氏はラバウル航空戦当時、若手搭乗員に分類される方であったが、部下からの人気は高く、列機の位置を巡って部下同士が喧嘩になったこともあったという人望のある人物で、この小町氏の経験と魅力を著者の川崎氏は上手に引き出すことに成功している。

 戦後のパイロットの自著や手記によって撃墜50機、60機撃墜等、多くの撃墜数を自称しているパイロットに関してほとんどは部隊の戦果を自分の戦果と混同してしまっているという指摘などは実際に戦った元搭乗員の指摘としては非常に説得的である。

 

まとめ

 

 高橋飛曹長は1924年生まれ、激戦のラバウルに派遣された時はまだ19歳であった。この時期にはすでに搭乗員が不足しており、高橋飛曹長ら訓練が終わったばかりの若年搭乗員すらも最前線のラバウルに投入される状態であった。このため乙13期の隊員はわずか半年の間に13名がラバウルで戦死している。その後も中部太平洋、ボルネオ島、比島と激戦地で戦い続け、1944年1年間の間にさらに20名の同期が戦死している。さらに沖縄航空戦、本土防空戦でも3名が戦死。その他戦死、事故死を含め、結局、終戦を迎えられたのは49名中11名のみであった。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_零戦22型
(画像はwikipediaより転載)

 

渋川茂飛曹長の略歴

 

 1923年8月12日大阪府生まれ。1940年海軍に入団。丙飛6期に採用され航空兵となる。1942年9月23期飛練を卒業。同年12月253空に配属。1943年はじめカビエンに進出。1943年5月サイパンに後退。9月上旬再度ラバウルに進出した。11月1日トロキナ岬艦船攻撃にて左手を負傷、病院船で本土へ帰還した。回復後、筑波空に配属され終戦を迎えた。

 

死亡率91%。壮絶な丙飛6期

 

 渋川飛曹長は丙飛6期出身、丙飛6期は1941年8月から訓練を開始、太平洋戦争開戦後の1942年9月に飛練を終えたクラスであった。大量育成であり、十分な訓練を受けたとは言い難いクラスではあったが、多くが「搭乗員の墓場」といわれた南東方面(ソロモン・ラバウル等)に送られた。丙飛6期の戦闘機専修者は66名で内、多くの隊員が1943年初頭頃から前線に出ていったが、1943年の1年間だけで38名が戦死しており、その内、判明しているだけで23名が南東方面である。

 1943年を生き抜いた28名も1944年の内に15名が戦死、1945年8月までに残った13名の内7名が戦死している。結局、終戦を無事に迎えることができたのは66名中わずか6名であった。戦死率91%、生存率はわずか9%という壮絶なクラスであった。

 渋川飛曹長も飛練修了数ヶ月後には南東方面に展開する253空に配属、1943年初頭にはニューアイルランド島北端のカビエンに進出、ソロモン・ニューギニア方面の航空戦に参加した。1943年5月には一時サイパンに後退、休養したのち、9月上旬には再度ラバウルに進出した。進出後も連日のように航空戦に参加したが、11月1日の第二次トロキナ岬艦船攻撃に艦爆7機の直掩として高沢謙吉中尉式の零戦42機(253空は13機)の一員として出動、後方から射たれて左手を負傷、病院船で本土へ帰還した。内地帰還後は筑波空で教員配置ののち終戦を迎えた。総撃墜数は15機といわれている。

 

まとめ

 

 丙飛6期の死亡率の高さは驚愕であるが、この時期の前後のクラスも同様の高い死亡率である。日本機、特に海軍機は防弾性能を軽視しており、さらには救助体制も連合軍程積極的ではないため、空戦で撃墜されると戦死してしまうことが多かった。さらに人材の不足から一度前線に出ると出ずっぱりとなることが多く、空戦経験が豊富になると今度は重宝されてしまい、結局「死ななきゃ内地には帰れない」状態となってしまった。このため育成に10年はかかると言われている貴重な搭乗員を多く失っていった。この中を渋川飛曹長は生き残り終戦を迎えることとなる。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

02_零戦21型
(画像はwikipediaより転載)

 

田中国義少尉の経歴

 

 1917年佐賀県に生まれる。1934年佐世保海兵団入団。1936年3月31期操練を修了後、大村空にて戦闘機専修教育を受ける。1937年10月13空に配属、上海に進出した。1938年7月大村空に異動後、龍驤、鈴鹿空、鹿屋空を経た後、1941年10月台南空に配属され太平洋戦争開戦を迎える。比島・蘭印航空撃滅戦に参加したの1942年4月大分空教員として内地に帰還する。その後は病気のため筑波空、霞ヶ浦空で教官として活躍、終戦を迎えた。

 

田中少尉と「特三」

 

 田中国義少尉は1916年、佐賀県に生まれる。飛行機に憧れた少年は、予科練を目指すが身体検査で不合格となってしまった。しかし海軍内部から搭乗員になる道があることを知ると1934年6月、四等機関兵として佐世保海兵団に入団する。訓練終了後は整備員として配属されたが、操縦練習生の募集があることを知り応募、採用された。しかしこの時、整備分隊の上官の心証を悪くしてしまったため三等兵から二等兵への昇進が半年遅れた。このためその後もすべて同期よりも半年昇進が遅れるという不利益を受けてしまう。これを海軍では「特三」と称した。

 戦闘機搭乗員としての訓練を終えた田中国義一空兵は、上海に進出した13空に配属されたが、そこには黒岩利雄、赤松貞明、虎熊正等の戦闘機の神様のような先輩達が大勢いた。そこに新人として田中一空兵を始め、武藤金義、岩本徹三等の「ひよっこ」が着任したのだ。13空に着任した田中一空兵は空戦の機会に恵まれ、日中戦争において13機を撃墜する。これは日本海軍の日中戦争での最多撃墜者である岩本徹三兵曹の14機に次ぐ記録であった。

 1941年10月、内地での教員生活を終えた田中一飛曹は新たに編成された台南空に配属、そこで太平洋戦争開戦を迎えた。田中一飛曹の白眉は1942年1月24日の「B-17爆撃機2機同時撃墜」であろう。この日、田中一飛曹はB-17の編隊を発見、早速攻撃をかけたが内、1機が被弾、近くの僚機に衝突して堕ちていった。攻撃は列機を率いて2機で行ったたので協同撃墜ということになる。1942年4月、内地に帰還した田中一飛曹は教員配置に就くが、582空配属となり戦地に行く時、心臓弁膜症が発覚、そのまま教員配置として終戦を迎えた。

 終戦後は建設会社社員を経たのち、1948年より独立して自動車修理を始める。その後戦友の坂井三郎中尉の紹介で雇われ社長、さらに再び独立して自動車塗装専門店を開業、1987年に廃業した。2011年5月25日他界。総撃墜数は単独14機、協同6機の合計20機以上であるという。

 

田中国義少尉関係書籍

 

零戦最後の証言―海軍戦闘機と共に生きた男たちの肖像

神立尚紀 著
光人社; 新装版 (2010/12/18)

 神立尚紀氏による零戦搭乗員へのインタビュー集。志賀少佐を始め、中島三教、田中国義、黒澤丈夫、佐々木原正夫、宮崎勇、加藤清(旧姓伊藤)、中村佳雄、山田良市、松平精のインタビューを収録している。戦中の海軍戦闘機搭乗員の中でもベテランの部類に入る搭乗員の記録として非常に貴重である。

 

零戦 搭乗員たちが見つめた太平洋戦争 (講談社文庫)

神立尚紀・大島隆之 著
講談社 (2015/7/15)

 NHKのドキュメンタリーを書籍化したもの。零戦とその搭乗員を中心に日中戦争の零戦初空戦から太平洋戦争終戦までを描く。本書には海軍航空機搭乗員の取材を多く手掛けている神立尚紀氏が共同執筆しているため、搭乗員の生の声を多く収録することが出来ている。田中国義飛曹長は開戦初期の比島航空戦の部分で登場する。

 

まとめ

 

 田中国義少尉は、秦郁彦著『日本海軍戦闘機隊』には「B-17攻撃に特技を示した」と書かれているが本人曰く、やっかいな敵であり、得意なはずがないとのことであった。田中少尉が活躍した主な戦場は日中戦争から太平洋戦争初期までであったが、第一線を離れた後も教員として多くの教え子にその高い技術を教え続けた。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_零戦22型
(画像はwikipediaより転載)

 

 乙飛5期といえば太平洋戦争で中核となった予科練のクラスだ。中瀬正幸(18機撃墜)、吉野俐(15機撃墜)、山下佐平(13機撃墜)、角田和男(13機撃墜)等、多くのエースを輩出したクラスだ。その分、消耗も激しかった。乙飛5期戦闘機専修17名中、太平洋戦争を生き抜いたのはわずか4名に過ぎなかった。その内エースとして知られているのが2名、一人は2013年2月14日に亡くなった心優しきエース、角田和男、そしてもう一人が杉尾茂雄だ。

 

杉尾茂雄の経歴

 

 宮崎県に生まれ。1934年6月5期予科練に入隊。1937年8月3日予科練を繰り上げ卒業。杉尾以下43名が霞ヶ浦空に入隊、九三式中練で訓練を受ける。1938年3月飛練課程を終了。その後佐伯空で延長教育を受ける。同年9月16日大村空に転勤する。1939年9月12空に配属。その後、本土に帰還、角田和男『修羅の翼』によると1939年暮れには、教員として百里空に配属されている。1940年2月には12空に配属されていたようである(角田和男『修羅の翼』P84)。

 1941年4月、再度12空配属。10月3空配属で太平洋戦争を迎える。海戦後は3空隊員として航空撃滅戦に参加。さらに1942年4〜8月まで、チモール島より数次のダーウィン攻撃に参加した。9月から11月までラバウルに分遣される。1943年4月内地帰還。同年、海口空に転属。5月神ノ池空配属。9月201空。1945年5月には筑波空に転属して終戦を迎えた。

 年齢は不明であるが、予科練の応募資格は年齢14歳以上20歳未満であるから、最年少で入隊したとして大正9年生まれである。19歳で入隊ということはほとんどなかったようなので大正7年〜大正9年位の生まれであろう。さらに最年少もまた少ななったようである。乙飛7期の西沢広義、杉山輝夫が共に大正9年生まれであり、乙飛5期の撃墜王が全て大正7年生まれであるということから杉尾も大正7年生まれの可能性が高い。21歳で中国戦線に配属、23歳で太平洋戦争開戦といった感じであろうか。

 予科練の訓練は厳しく、杉尾の在籍した5期は200名の入隊者中、死亡者8名、免役者28名、他兵科に回った者17名、次期への編入者8名の合計62名の脱落者を出した。杉尾はこの過酷な訓練を無事に修了。霞ヶ浦空で飛練課程、佐伯空を経て実戦部隊である大村空に配属された。その後、12空付きで日中戦争に参加するが、日中戦争では空戦は未経験であったようだ。太平洋戦争では3空に所属した。3空とは横山保が飛行隊長を務めた部隊で海軍航空隊で唯一の「無敗部隊」と言われている。

 開戦時は台湾にあり、初戦期の航空撃滅戦は3空と坂井三郎等が所属する台南空で行われた。比島・蘭印航空撃滅戦終了後、台南空がラバウルに移動したのに対し、3空はチモール島クーパン基地に展開、一部部隊をもってアラフラ海防衛、オーストラリアポートダーウィン空襲を行った。杉尾はこのポートダーウィン空襲で活躍しつつも、1942年9月〜11月には一時的にラバウル方面に派遣され、ラバウル航空戦に参加した。

 1942年9月といえば米軍がガダルカナル上陸を行った翌月であり、米軍を撃退するために南東方面に兵力を集中させたのだろう。この時期の台南空には笹井中尉は8月に戦死、坂井一飛曹は負傷により内地療養であったが、西沢広義、太田敏夫といった『大空のサムライ』に登場する搭乗員達がまだ活躍していた(太田は10月に戦死する)。派遣終了後、杉尾は再びポートダーウィン攻撃に復帰した。

 その後、1943年4月に本土に帰還したとあるが、教員配置であろう。その後、海口空を経て1944年9月には201空に配属される。この201空はこの時期、特攻隊をかなり出した部隊であり、その時の状況は当時、201空に配属されていた同期の角田和男の著書『零戦特攻』に詳しい。

 その後、1945年5月には教員配置となったようで筑波空教官として終戦を迎えた。撃墜数は20機以上となっている。秦郁彦著『日本海軍戦闘機隊』にも地味とあるように、あまり他の搭乗員の手記にも登場しない。経歴をみると撃墜の多くはポートダーウィン攻撃、ラバウル派遣時に挙げたものであろう。

 

 

↑このページのトップヘ