トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

横空

01_紫電改
(紫電改 画像はwikipediaより転載)

 

横須賀航空隊最後の空戦

 

あまり有名ではない重爆B32

02_B32
(B32 画像はwikipediaより転載)

 

 1945年8月15日正午、天皇陛下の玉音放送があり戦争は終了した。と思いきや、実は15日以降に飛来した米軍爆撃機B32に対する邀撃戦が行われている。このB32とはコンソリデーテッド社が製造した大型爆撃機で最高速度は575km/h、航続距離6115km、武装は12.7mm連装銃5基、約9,072kgの爆弾を搭載することが可能であった。しかしB29のような与圧室がなかったため、高高度爆撃が不可能であった。B32の製造はあくまでもB29爆撃機が失敗した場合の「保険」であったため僅か115機が製造されたのみで生産は終了した。大量生産こそはされなかったものの、15機が極東空軍に実戦配備されており、6月15日以降、しばしば実戦に参加していたようである(秦P252)。

 

 

実は終戦後毎日飛んでいたんだよ

 8月18日、このB32が写真撮影のために飛来した際、横須賀航空隊の戦闘機隊が迎撃している。日時がハッキリしないのだが、今回の執筆にあたって参照した資料の内、坂井三郎著『零戦の最期』と神立尚紀『零戦の20世紀』では、17日(坂井P36、神立P107、サカイダP29、34、53)、同じく神立尚紀『ゼロファイター列伝』と秦郁彦『八月十五日の空』では18日となっている(神立P205、秦P249)。

 このように日にちが異なってしまっている理由としては、恐らくB32が終戦の日である15日の翌日以降、16、17、18日と毎日写真偵察を行っていたことが考えられる。詳しく書くと、8月16日5時30分、第312爆撃群第386爆撃中隊のB32、ライマン・Pコムズ中尉乗機のシリアルナンバー42-108543号機、フランク・R・クック大佐操縦の42-108532号機の2機が出撃、特に迎撃を受けることなく帰還している。そして翌17日、今度はフランク・W・ウェルズ中尉が操縦する42-108532号機、42-108539号機の2機が5時43分に読谷飛行場を離陸、東京上空で写真撮影を行った(Pacific)。この際には日本機の迎撃を受けているが、秦氏によるとこの迎撃を行ったのは厚木航空隊の森本宗明中尉率いる零戦隊12機であったとしている(秦P253)。

 

8月18日の空戦

03_紫電改
(紫電改 画像はwikipediaより転載)

 

 そして18日、ジェームズ・F・クライン大尉乗機のシリアルナンバー42-108532、、ジョン・R・アンダーソン中尉(秦氏によると大尉。秦P252、サカイダ氏によると少尉。サカイダP34)の乗機42-108578の2機が6時55分、読谷飛行場を離陸、写真撮影のために東京に向かった(Pacific)。横空で空戦があったのが、17日か18日か、どちらが正しいのかは分からないが、恐らくこの数回の内の17、18日の2回の出来事がごちゃ混ぜになってしまったのだろう。とりあえず秦氏の説に従って18日ということで話を進めよう。

 8月18日13時頃、「敵大型機、千葉上空を南下中」との情報が入った。因みにこの空戦に参加した坂井三郎中尉の記憶によると「敵大型爆撃機一機、千葉上空を北上中」という情報だったようである(坂井P36)。それはともかく、一応終戦の詔は出ていたのだが、横須賀航空隊では何故か戦闘機は燃料も弾薬も完全に装備された状態で駐機、さらには搭乗員までも待機しているというやる気満々の状態であった。

 坂井中尉の記憶によると、この情報に対して隊長の指宿正信少佐は飛行長に電話で連絡、隊長の指示の下で出撃したとなっているが(坂井P37)、同じく空戦に参加した小町定飛曹長によると誰からも命令されておらず、お伺いもたてている暇もなかったという(神立P107)。まあ、どちらが正解なのかは分からないが、ともかく横空戦闘機隊は出撃する。搭乗員が機体へ走っていくとすでにヤル気満々の整備員達がエンジンを起動させていたという。坂井中尉の記憶によるとその時、零戦が10機ほどと紫電改が5〜6機あったという(坂井P37)。

 

 

最後の横空戦闘機隊発進!

04_零戦22型
(零戦22型 画像はwikipediaより転載)

 

 横空所属の国分道明中尉以下、坂井中尉、小町飛曹長、大原飛曹長、平林上飛曹等が出撃したようだ。この内、坂井中尉は零戦52型、小町飛曹長は紫電改に乗って出撃した。坂井中尉は離陸後、高度6,000mとの指示を受け、6,000mに上昇。僚機が攻撃を開始したことを確認、坂井中尉も後上方攻撃をかけるもミス。B32は、館山上空から大島方面に逃走していった。ここらへんになると味方機も攻撃を中止して帰り始める。しかし坂井中尉は第二撃をかけ、それがB32右翼に命中、そこに別の味方機が攻撃をかけた。B32は高度を下げ、三宅島あたりでは超低空飛行になっていたが、坂井中尉は敵空母の存在を恐れてこれ以上追撃せずに帰還している。

 一方、小町飛曹長は発進後、全力で前方へ出て背面ダイブを実施した。この戦法は直上方攻撃と呼ばれる海軍戦闘機搭乗員が実戦から編み出した戦法で、米軍爆撃機の機銃の死角である前上方から背面急降下で一撃してすり抜けるという有効ではあるが危険な戦法であった。これによりB32に20mm弾が命中したものの、紫電改初搭乗であった小町飛曹長は零戦のつもりで引き起こしをするも重量級の戦闘機である紫電改では引き起こし時のマイナスGによりブラックアウトしてしまった(川崎P293)。そしてさらに伊豆半島上空でもう一撃、合計二撃している(神立P205)。

 最後まで追撃したのは坂井中尉と小町飛曹長だったようであったが(坂井P40、秦P250)、撃墜することは出来なかった。この空戦で一番最後に帰還したのは坂井中尉で、帰還後に敵爆撃機がB29ではなかったことを指摘している(秦P251)。

 

いろいろと食い違いが。。。

05_横須賀航空隊本部庁舎
(横須賀航空隊本部庁舎 画像はwikipediaより転載)

 

 と、ここまではそれぞれの本に書いてあることを時系列に基づいて書いていったのであるが、実はちょっと問題があるのだ。坂井中尉は零戦、小町飛曹長は紫電改に搭乗しいてる。坂井中尉は二撃した後、最後まで追尾して最後に帰還。小町氏も二撃をかけ帰還しているが、この2機の性能は歴然とした差があり、小町飛曹長はインタビューで「零戦で大型爆撃機を迎撃するのはむりでした」(川崎P292)、「零戦だったらとてもあそこまでは追えなかったんじゃないかな」(神立P107)と語っている。

 ここまで読んで頂いた読者には分かると思うが、坂井氏は零戦52型で追撃している。つまりは小町飛曹長の言っていることが正しいとすれば、坂井中尉の言っていることは嘘ということになる。さらに前述のように坂井氏の主張では出撃前に指宿隊長からの出撃命令を受けて出撃したと主張しているが、小町氏によるとそれも無かったという。坂井中尉はたまに著書の中で思い違いがあることが指摘されているが(高木・境田P60)、同じく8月17日(18日の誤りか)に零戦52型でB32を迎撃している大原亮治飛曹長はB32に対して三撃したと語っている(神立P120)。

 坂井中尉は二撃、大原飛曹長は三撃ともに零戦52型で行っていると語っているが、では、小町飛曹長が嘘をついているのか、その可能性はあるものの様々なインタビューの内容を読むと、そのぶっきらぼうで飾り気が無く、自身の撃墜数すらも主張しない小町飛曹長が嘘をつくとも思えない。ということで、戦争が終わってすでに70年以上経過し、当事者も全て故人となってしまった現在、残念ながら真実は、誰にも分からないのだ。「分からない」でいいではないか。

 

その後のB32と横空への処罰

06_日本側全権代表団
(画像はwikipediaより転載)

 

 この横須賀空のベテラン搭乗員達に酷い目にあったB32であるが、前述のようにクライン大尉の#532号機、アンダーソン中尉の#578号機の2機であったが、この2機のB32は横空戦闘機隊の攻撃を25分にわたって受け続け、アンダーソン中尉機#578号機が機上戦死1名を出したものの無事帰還している。その間、2機合計で12.7mm機銃弾4,000発を消費し、日本機14機中3機を撃墜したと申告しているが、もちろん横空戦闘機隊には損害はなかったが、まぁ、航空戦での撃墜判定なんてそんなものである。因みにこれら2機のB32であるが、#532号機は1946年5月、#578号機は1945年後半から1946年のどこかでスクラップにされている。

 帝国海軍航空隊は横須賀で始まった。このため終戦まで横須賀航空隊に配属される搭乗員は特に技量に秀でた者が充てられるというのが伝統だったようだ。横須賀から始まった海軍航空の最後の戦いがまた横須賀航空隊であったというのは何か感慨深いものがある。ところで「そもそも終戦後に戦闘して大丈夫なの?」という疑問を持つ読者も少なくないと思う。意外に知られていないのだが、日本が正式に降伏を行ったのは1945年9月2日、戦艦ミズーリ号での降伏調印なのだ。8月15日は天皇の終戦の詔が放送されて日本国内では武器を置くように命令されたものの国際法上は9月2日が停戦なので問題なかったようである。

 

参考文献

  1. 秦郁彦「夏空に燃えつきた抗戦」『八月十五日の空』文藝春秋1995年
  2. 坂井三郎『零戦の最期』講談社1995年
  3. 神立尚紀『零戦の20世紀』スコラ1997年
  4. ヘンリーサカイダ『日本海軍航空隊のエース』大日本絵画2000年
  5. 神立尚紀『ゼロファイター列伝』講談社2015年
  6. 川崎浹『ある零戦パイロットの航跡』トランスビュー2003年
  7. 高木晃治・ヘンリー境田『源田の剣改訂増補版』
  8. Pacific Wrecks

 

 

 


ミリタリーランキング

赤松貞明
(画像はwikipediaより転載)

 

 赤松貞明中尉は、太平洋戦争全期間で活躍した主要な搭乗員達が10代後半から20代前半で開戦を迎えていたのに対して、戦闘機搭乗員としては薹(とう)が立った31歳であり、彼らの教官クラスの教官クラスと言っていいほどの搭乗員である。それだけに腕は確かであり、豪放磊落で多彩なエピソードを持っている海軍航空隊の中でも有名な男だった。総撃墜数は27機前後と推定され、内11機が日中戦争での戦果である(秦P183)。総飛行時間6000時間。武道の達人でもあった。

 

赤松貞明の経歴

 

そこそこ詳しい経歴

 1910年7月高知県生まれ。1928年6月佐世保海兵団入団。1931年3月第17期操縦練習生(操練)を卒業した後、赤城、龍驤、加賀乗組を経て横須賀、大村各航空隊に配属される。1937年12月には、13空に配属され、中支戦線に出動。1938年9月に蒼竜乗組。太平洋戦争開戦時は、台湾の第3航空隊に所属していた。開戦後は、3空隊員として蘭印航空撃滅戦に参加、1942年5月本土に帰還する。内地で教員勤務の後、1943年7月331空に異動した。カルカッタ攻撃等で活躍したのち本土に帰還。1944年3月に開隊した302空に異動、終戦まで302空隊員として本土防空戦に活躍した(秦P183、サカイダP86)。

 ものの本には、赤松貞明中尉は「戦闘機隊の古豪」とあるが、まさに古豪という言葉ばぴったりの人物だ。明治生まれで操練17期出身。太平洋戦争で名を馳せた著名なパイロットでは、岩本徹三中尉が操練34期、坂井三郎中尉が38期、原田要中尉が35期と出身期が桁違いに若い。これらの搭乗員の年齢と比べても6歳も年長である。

 赤松中尉が卒業した操練とは基本的に水兵から選抜された隊員が航空機搭乗員として訓練を受けるコースで、赤松貞明が操練を修了したのは1931年、岩本徹三などが操練を終了したのは1936年から1937年なので5年以上の経験の差がある。5年というと大したことが無いように感じるかもしれないが、異常に体力と精神力を使うパイロットの4年というのは通常の人とは異なる。

 

 

日本ニュース254号 5:01熱弁をふるっているおじさんが赤松中尉

 

撃墜350機の超超超エース!

 赤松中尉は日中戦争で11機を撃墜。日中戦争ではトップクラスの撃墜数だ。一番は岩本徹三の14機であるが、赤松自身は自身の手記では日中戦争時の撃墜数を242〜243機と主張している。これは記録に残っていると書いてあるが無論記録には残っていない。そして太平洋戦争まで含めると赤松自身の主張する撃墜数は何と350機である。これもまたタイトルには「撃墜350機の世界記録」と書いてあるが(赤松P105)、後半になると撃墜340機に変わってしまっている(赤松P131)。

 まぁ、人間細かい事に拘ってはいけない。海軍航空隊にその人ありと言われた赤松中尉である。撃墜数が10機程度違うことなどはどうでもよいのだ。この350機撃墜も恐らく、世界最高記録であるドイツ空軍のエース、エーリッヒハルトマンの352機撃墜を意識したものだろう。事実かどうかなどもこの際小さな問題だ。しかし残念ながら、赤松中尉は、太平洋戦争では撃墜スコアを伸ばすのが困難だったようだ。理由は初戦は味方が多すぎ、後半は味方があまりにも少なすぎたからだという。結果、赤松中尉の太平洋戦争での撃墜数はわずか百数十機程度であったという(赤松P106)。

 

大言壮語実行型

02_零戦22型
(画像はwikipediaより転載)

 

 この話だけをみると赤松貞明中尉とはただのインチキ野郎じゃねーのか?という話になるがそうではない。そもそも坂井三郎中尉によると、撃墜王になるタイプの多くは、有言実行型であり、時として大言壮語実行型ですらあるという(∈箘P162)。実際、トップエースの一人で、撃墜216機を主張する搭乗員、岩本徹三中尉も「腕も立ったが口も達者だった」と小町定飛曹長に言われるほど大言壮語だった(川崎P272)。撃墜王の全てが大言壮語型だった訳ではないが、彼らは多くの戦場に立ったベテラン搭乗員であることには違いない。大言壮語している人が必ず実力が無いとは限らないのだ。そもそも、洋の東西問わず、豪傑なんて嘘と過剰な自己アピールだらけだ。

 赤松中尉もその例に漏れず、大袈裟に自己アピールするのだが、その空戦の腕となると尋常ではない。太平洋戦争開戦時にすでに31歳となっており、激しく体力を使う搭乗員としてはすでに旬が過ぎているはずなのだが、開戦当初から第一線で活躍、1945年5月29日には、あの万能戦闘機P51マスタングの75機編隊にこれまた格闘戦に不向きと言われる迎撃機雷電を駆りたった一人で突入、第45戦闘飛行隊のルーファス・ムーア少尉機を撃墜(サカイダP88)、さらに同年7月には同じく雷電を駆ってF6Fヘルキャットを撃墜している等(〆箘P252)、数々の武勲を挙げている実力の人なのだ。この尋常ならざる飛行機の操縦技術に関しては、戦後、赤松中尉が操縦する飛行機に同乗した横山正男上飛曹はその操縦技術の高さに舌を巻いている(横山P211)。

 

 

ベテランの空中戦

03_P51D
(画像はwikipediaより転載)

 

 ベテランの空戦とはドッグファイトをやって敵機を撃墜するのではなく、それらを高空から見守り、傷付いたり、不調を来した敵機を攻撃すると言われているが(久山P124)、赤松中尉の空戦がまさにそれで後輩の零戦搭乗員坂井中尉に「空中戦で生き残り、勝ち抜くためには敵編隊の端の一番弱い奴から叩いていくのが理想と語っている(〆箘P252)。同様のことを横山上飛曹にも語っているので(横山P210)、これが赤松中尉の戦い方であると考えて良い。

 因みに上記の空戦法はトップエースの一人と言われる岩本徹三中尉も行っており、岩本中尉もこの戦法でトップエースと呼ばれるようになったようだ。しかし、この空戦法、みんなが上空に待機していたらダメな訳で、誰かドッグファイトを行う「損な役」が必要となってくるような気がする。と思っていたら、同じくトップエースの一人である西澤廣義飛曹長はまともにドッグファイトをやるタイプのようで、やはり岩本中尉の戦法が気に入らなかったらしく、岩本徹三中尉に食ってかかったこともあったようだ(神立P199、角田P358)。

 

 

雷電大好き!

04_雷電
(画像はwikipediaより転載)

 

 それはともかく、赤松中尉は変人であっただけに航空機の好みもまた変わっていたようだ。赤松中尉がこよなく愛した航空機は、零戦でも紫電改でもなく、「殺人機」とまで呼ばれた局地戦闘機雷電であった。この雷電は、1944年1月頃から実戦に配備された航空機で、大型機の迎撃を主任務とするインターセプター(迎撃機)であった(伊藤P244)。二式大艇や一式陸攻等の大型機が使用する大型の火星エンジンを機首に搭載しているため高速で馬力はあるものの旋回性能は悪く、「雷電国を滅ぼす」とまで毛嫌いされており(‐福田P218)、上記の岩本中尉も雷電に対しては厳しい評価を下している(岩本P251)。

 ベテラン搭乗員に嫌われた理由は、上記の特性以外に大型のエンジンを搭載したために視界が悪く、特に着陸時に非常な注意が必要であったこともある。しかし赤松中尉はこの雷電がお気に入りだったようで、赤松中尉は、世の中にこんな傑作機はないとほれ込んでいたようだ(⊂福田P194)、さらに坂井中尉に対しても「雷電はいい戦闘機だ。もう少し燃料が積めたらもっといいが」と語っており(〆箘P252)、雷電に相当ほれ込んでいたようだ。この雷電でP51の75機編隊に突入してP51を撃墜したり、格闘戦能力が優れたF6Fヘルキャットとドッグファイトをやり撃墜したというのだから驚きである。坂井中尉に言わせれば、雷電でヘルキャットと互角に渡り合える戦闘機パイロットは赤松中尉の他にいないだろうとのことだ(〆箘P252)。

 

 

こんなエピソードも。。。

05_雷電
(画像はwikipediaより転載)

 

 但し、操縦、空戦以外では部下の結婚式に泥酔して全裸で乱入、踊り狂ったりとかなりの傑物だったようだ(亀井P85)。武道等にも卓越しており、柔道、相撲、水泳、剣道等合わせて11段の猛者であった(亀井P86。坂井中尉の記憶では15段。〆箘P251)。いわゆる豪傑型の人物で、後年、坂井三郎中尉がヘンリーサカイダ氏の取材に対して「とんでもない気分屋で、変人で、すぐに暴力を振るった」と語っていたようだが(サカイダP86)、その後、歳を重ねるごとに人格を増し、部下からも尊敬畏敬される存在となったという(∈箘P124)。

 そしてこれは全くの余談であるが、赤松中尉はけっこうな「おデブさん」であったようだ(肥田P42)。「太っている」というのは明確な基準がある訳ではないので何とも言えないが、部下であった亀井中尉も赤松中尉は太っていたと書いているので当時の感覚としては「おデブさん」であったのだろう(亀井P85)。「おデブさん」戦闘機搭乗員は他にも10機以上を撃墜した艦隊戦闘機隊のエース菊池哲生上飛曹等がいるので空戦に体形はあまり関係ないのだろう。

 

 

終戦時は徹底抗戦

 赤松中尉が所属した302空は、首都防空をに担う部隊として活躍したが、この部隊は、終戦後に戦争継続を主張、降伏を拒否したことでも有名である。302空司令の小園安名大佐は熱血漢で有名であり、開戦時は台南空副長、251空司令等を歴任している実戦派である。指揮官として以外にも斜め銃と呼ばれる機体の上方に30度程度の角度で付きだした機銃を考案したりと大きな業績のある人物であるが、熱血が災いして終戦時はちょっとした騒ぎとなった。

 結局、終戦後の抗戦は未遂に終わったが、赤松中尉も同様に徹底抗戦を主張していたようだ。302空は終戦後各地に戦争継続のビラを撒いたりしていたが、赤松中尉もまた愛機雷電に乗り、横須賀航空隊に戦争継続を訴えに来たという(坂井P35)。8月22日にはトラックに武器弾薬、食糧を満載して木曽山中に立てこもるというようなことも計画していたらしい(横山P245)。冷静に考えればトラック数台分の武器弾薬で抗戦したところで無駄なのであるが、こういった行動に出る心理というのは当時の人でなければ分からないのだろう。

 

 

プロフェッショナルの戦後

 これらの計画は実行されなかったようであるが、軍隊やパイロットが性に合っていた赤松中尉の戦後は不遇だったようだ。飛行機を奪われた赤松中尉は、アルコール依存症となり、戦友たちが資金を出し合って贈った軽飛行機も酒代捻出のため手放した。戦友たちにも見放され、高知県の小さな喫茶店の店主となったのち、1980年肺炎で死去した(秦P183)。70歳という死ぬには少し若すぎる年齢であったが、専門家、プロフェッショナルとは人生を全てその道に賭けた人であり、全て賭けたのだからその道から外れれば何もない。真のプロフェッショナルであったともいえる。

 

参考文献

  1. 秦郁彦『日本海軍戦闘機隊 付エース列伝』酣燈社1975年
  2. ヘンリー・サカイダ『日本海軍航空隊のエース』大日本絵画 2000年
  3. 赤松貞明「日本撃墜王」『トラ・トラ・トラ』太平洋戦争ドキュメンタリー1巻今日の話題社1967年
  4. 〆箘羯囲此慘軅錣凌深臓拗崔娘1996年
  5. ∈箘羯囲此慘軅錣留震拭找軸講談社2002年
  6. 坂井三郎『零戦の最期』講談社1995年
  7. 川崎浹『ある零戦パイロットの軌跡』トランスビュー2003年
  8. 横山正男『あこがれの予科練』旺史社2002年
  9. 伊藤進「雷電”空中殺法”厚木空の不屈の闘魂」『海軍戦闘機列伝』光人社2012年
  10. ‐福田晧文「私の運命をかえた「愛児」雷電と共に」『海軍戦闘機列伝』光人社2012年
  11. ⊂福田晧文『指揮官空戦記』光人社1994年
  12. 久山忍『蒼空の航跡』光人社2014年
  13. 神立尚紀『ゼロファイター列伝』講談社2015年
  14. 角田和男『零戦特攻』1994年
  15. 亀井勉『空母零戦隊』今日の話題社1979年
  16. 肥田真幸『青春天山雷撃隊』光人社1999年

 

 

 


ミリタリーランキング

01_零戦22型
(画像はwikipediaより転載)

 

半田亘理中尉の略歴

 

 1911年8月22日福岡県に生まれる。1928年海軍に入団。5年間の軍艦勤務後の1933年3月操練19期を卒業した。その後、空母龍驤、大村空、横空を経て、1937年8月支那事変勃発とともに空母加賀に乗り組み、中国戦線で活躍した。1938年6月15空に異動、11月本土に帰還した。1940年11月空曹長に進級して除隊したが即日召集。1942年2月台南空に配属、ニューギニア、ラバウルで活躍したが、肺結核の悪化により同年末本土へ送還された。6年に及ぶ闘病生活の甲斐もなく1948年戦病死した。

 

戦闘機の職人、半田中尉

 

 半田亘理中尉は、操練19期で同期には343空で活躍した磯崎千利大尉がいる。同期は7名で1名が日中戦争で戦死、1名は開戦劈頭の真珠湾攻撃で戦死、1名がソロモンで戦死している。半田中尉は海軍に入隊以後、5年間にわたり艦隊勤務に就いたのち、1932年10月に操練19期に採用、半年間の訓練を受けた後戦闘機搭乗員となった。

 空母龍驤乗組み、大村空、横空を経て1937年8月に空母加賀乗組みとなり日中戦争に参戦する。1938年6月には新たに編成された15空に異動する。15空とは1938年6月25日に編成された部隊で空母蒼龍の艦載機が主体となって編成された艦戦、艦爆、艦攻の混成部隊であった。戦闘機隊飛行隊長は有名な南郷茂章大尉で同年12月1日には解隊した短命な飛行隊であった。

 半田中尉は同隊に11月まで所属、その後は内地に異動した。それまでの日中戦争での総撃墜数は6機といわれている。1940年11月には空曹長に進級、除隊したが、即日召集。土浦空で教員を務めた。太平洋戦争開戦後の1942年2月、蘭印方面に展開する台南空に異動、4月には台南空の一員としてバラウルに進出した。5月4日にはP39エアコブラを単独撃墜してベテランの腕の冴えを見せている(この撃墜は連合国の戦闘行動調書によって確認されている)。

 しかし9日後の13日には、著名な搭乗員である坂井三郎一飛曹の列機である本田敏秋三飛曹を一時的に自分の列機として借り受け出撃したが、本田三飛曹は空戦で戦死してしまった。これは後年に至っても悔やんでいたようで死の床でも本田三飛曹を失ってしまったことについて語っていたという。その半田飛曹長はその後肺結核が悪化、1942年末には内地に送還され、闘病生活の後、1948年に戦病死した。総撃墜数は13機といわれている。

 

半田亘理中尉の関係書籍

 

大空のサムライ (光人社NF文庫)

坂井三郎 著
潮書房光人新社 (2003/5/14)

 最も著名な海軍戦闘機搭乗員であるといっても過言ではない。操練38期卒業のベテラン搭乗員の坂井三郎氏。日中戦争から太平洋戦争で活躍した。何かと批判も多い著者であるが、操練を優秀者として卒業、初期の台南空の快進撃で活躍したことは事実である。ゴーストライターが執筆しているため若干夢想的な文体であるが、読み物としては秀逸。世界中で翻訳され多くの人に影響を与えた。

 

零戦最後の証言―海軍戦闘機と共に生きた男たちの肖像

神立尚紀 著
光人社; 新装版 (2010/12/18)

 神立尚紀氏による零戦搭乗員へのインタビュー集。志賀少佐を始め、中島三教、田中国義、黒澤丈夫、佐々木原正夫、宮崎勇、加藤清(旧姓伊藤)、中村佳雄、山田良市、松平精のインタビューを収録している。戦中の海軍戦闘機搭乗員の中でもベテランの部類に入る搭乗員の記録として非常に貴重である。

 

まとめ

 

 生粋の海軍戦闘機搭乗員であった半田飛曹長は海軍戦闘機隊秘伝の秘技「ひねり込み」も会得していた。内地での勤務に就いていた際、当時、若手搭乗員であった田中國義一空兵が「ひねり込み」の方法を半田一飛曹に訊いたところ、「まだ教えても分かるまい」と教えなかった。そして後年台南空で再会した田中一飛曹が半田飛曹長に再度「ひねり込み」について訊いたところ「教えることは何もないよ」と結局教えてくれなかったという。海軍戦闘機隊では、他の搭乗員も「自分の技は教えない」という職人気質な部分があったようでこのようなエピソードは非常に興味深い。

 

 

【お願い】
下記のリンクを踏んで商品を購入して頂くと私にちょっとだけお金が入ります。良い記事だと思われたら投げ銭代わりにお願いします。

 


ミリタリーランキング

01_零戦22型
(画像はwikipediaより転載)

 

古賀清澄少尉の略歴

 

 1910年6月30日福岡県に生まれる。1927年佐世保海兵団に入団。信号兵を経て1930年5月操練16期に採用、翌年5月に卒業した。大村空を経て横空に配属、1934年度、1936年度に航空優秀章を授与された。1937年7月の日中戦争勃発により13空に配属され、8月に上海基地に進出、初空戦の9月19日から12月までの約3ヶ月半の間に戦闘機11機、重爆2機の撃墜を報告した。この武功に対して12月末支那方面艦隊司令長官より個人感状が授与、空曹長に特進した。1938年9月15日、横空で夜間飛行演習中にサーチライトに幻惑されて墜落、翌日に死亡した。

 

古賀清澄少尉

 

 古賀少尉は操練16期で同期は7名で1名が他機種に転科している。訓練は1930年5月から1931年5月と1年間にわたり行われた。16期以前も以後も訓練期間は半年から長くても9ヶ月位なので異例の長い訓練期間であった。同時期に予科練制度が創設されており、後に乙1期といわれる1期生が入隊している。この時期の士官搭乗員を育成する飛行学生は20期、21期で太平洋戦争時に航空隊司令を務めた舟木忠夫大佐、八木勝利大佐等が訓練を受けている。

 同時期に訓練を受けた士官が太平洋戦争時には司令官クラスであったからも分かるように操練16期というのはかなり古いクラスで日中戦争勃発時にはすでにベテラン搭乗員であった。因みに一期下には著名な搭乗員赤松貞明中尉がいる(同年兵で誕生日も1ヶ月違い)。古賀一空曹は日中戦争が始まると同時に13空に配属、上海に進出した。この第13航空隊とは、日中戦争勃発に伴い海軍が大陸進出のために臨時に編成した部隊で戦闘機、攻撃機、爆撃機等から成る混成部隊であった。

 盧溝橋事件事件からわずか4日後の1937年7月11日に大村基地で編成、当時の最新鋭機であった九六艦戦(12機)、九六艦爆(6機)、九六艦攻(12機)で編成されていた。9月には上海進出命令が下り9月19日以降、中華民国政府の首都南京攻撃を繰り返し行った。古賀一空曹も本空戦に参加、初陣ながら2機撃墜を報告している。この空戦では日本側は古賀一空曹の戦果も含め27機撃墜、不確実撃墜6機を報告しているが、中華民国側の資料では実際に撃墜されたのは11機である。

 以降も出撃を繰り返しわずか3ヶ月間に戦闘機11機、重爆2機の13機の撃墜を報告している。この戦果により12月31日、支那方面艦隊司令長官より異例の生存者個人感状が授与され、空曹長に特別昇進した。1938年9月15日、横空に配属されていた古賀空曹長は夜間飛行演習中にサーチライトに幻惑されて墜落、重傷を負い病院に収容されたが翌16日に絶命した。

 

古賀清澄少尉の関係書籍

 

野原茂『日本陸海軍機英雄列伝』

 1994年に出版された『海軍航空英雄列伝』『陸軍航空英雄列伝』が元になっている。基本的に表彰された搭乗員が掲載されている。多くを『日本海軍戦闘機隊』に拠っているが、水上機のエース河村一郎、甲木清美など独自に調査している。コラムにR方面部隊など、あまり知られていない航空隊のエピソードがあるのも貴重。模型愛好家のために航空機の塗装のカラー絵が多くある。

 

まとめ

 

 古賀清澄少尉が修了した操練16期の戦死者はほとんどいない。唯一の戦死者は太平洋戦争で岡本泰蔵中尉で瑞鶴戦闘機隊員として1943年4月11日のオロ湾攻撃で戦死しているのみである。日中戦争前半で活躍した古賀少尉は撃墜数でいえば日本初の「エースパイロット」ということになるようだ。ただ、日中戦争での戦果も誤認戦果が多く、撃墜数自体も搭乗員の技量の算定基準とはいえない。しかし多撃墜者として個人感状を受けているということは古賀少尉の技量が高く評価されていたのは間違いないであろう。

 

 

【お願い】
下記のリンクを踏んで商品を購入して頂くと私にちょっとだけお金が入ります。良い記事だと思われたら投げ銭代わりに是非お願いします。

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_零戦22型
(画像はwikipediaより転載)

 

羽切松雄中尉の略歴

 

 1913年11月10日静岡県に生まれる。1932年横須賀海兵団に入団。1935年2月操練28期に採用された。8月に操練を卒業、館山空で戦闘機の延長教育を受けたのち、11月大湊空に配属、1937年10月には空母蒼龍に配属された。1938年5月には蒼龍飛行機体は中国大陸に進出、羽切三空曹は初めて実戦を経験する。1939年12月横空に異動、十二試艦戦の試験に参加。1940年8月には12空付となり、零戦隊初出撃に参加した。1941年7月筑波空教員として内地に帰還。1942年8月横空に再配属されるが、1943年7月には204空に配属、ソロモン方面に進出したが、9月24日のブイン上空の空戦で重傷を負い本土に帰還、横空に配属され、終戦まで試験と防空任務に活躍した。

 

新型機の実用試験と実戦に活躍した横空の主

 

 羽切松雄中尉は操練28期出身で同期の戦闘機専修者は14名であった。しかし戦闘機不要論の影響を受けて3名が陸攻に転科させられてしまったため11名が戦闘機に進んだ。太平洋戦争終戦を迎えれれたのは4名で、3名が事故死、3名がラバウル、不明が1名である。

 操練を卒業した羽切中尉は館山で戦闘機搭乗員としての延長教育を受けたのち、大湊空に配属された。この大湊空は耐雪、耐寒訓練を行う海軍唯一の航空隊で羽切中尉は各種試験に参加することとなった。1937年10月には空母蒼龍に配属、名指揮官で有名な横山保大尉の2番機となった。

 1938年5月には蒼龍戦闘機隊は南京に進出、羽切中尉は初めて実戦を経験する。約1年半の戦地勤務ののち1939年12月には内地に帰還、横空付となる。ここで羽切中尉は十二試艦戦の性能試験を担当することになる。この十二試艦戦とはのちの零戦である。1940年8月には12空に異動、再び戦地勤務となる。

 零戦と共に進出した羽切中尉は零戦と共に漢口に進出、8月19日の零戦初出撃に参加した。この羽切中尉の経歴の中で強烈なのが「敵飛行場強行着陸」である。これは10月4日に東山市郎空曹長、中瀬正幸一空曹、大石英男二空曹が行ったもので敵飛行場に強行着陸、直接放火しようというもので効果はほとんどなかったが、この敵中着陸は新聞で大きく報道されることとなった。

 その後も多くの空戦に参加した羽切中尉であったが、1941年7月、筑波空教員として内地に帰還した。1942年7月には飛曹長に昇進、准士官学生として准士官の基礎を学んだ後、8月には再び横空に配属された。ここで再び零戦や雷電等の各種実用実験に参加したが、零戦の荷重実験の際、8.6Gの重圧に耐えたのは脅威である。

 その羽切中尉1943年7月、204空付きを命じられラバウルに進出する。ここで羽切中尉は初めて太平洋戦争での実戦を経験する。この204空で2ヶ月間、中隊長として連日のように出撃、空戦に活躍したが、9月23日ブイン上空の空戦で右肩を被弾、重傷を負い内地に送還された。再起は不可能といわれたが、羽切中尉は驚異的な精神力でリハビリを実施、なんと半年で実戦部隊に復帰した。その後は横空で実用実験と防空任務にあたっていたが、1945年4月12日、B-29迎撃で右膝を負傷、療養中に終戦を迎えた。

 戦後は故郷の青年団長となり犯罪集団と化した青年団をまとめ上げた。これは戦場で死線を超えた羽切中尉にのみ出来た仕事であったといえる。それがきっかけとなり市議に当選、市議を4期務めた。1967年には自民党より立候補、静岡県議員となった。1983年には選挙で落選、以降は政治家を引退、1991年までトラック協会会長を務めた。前立腺がんにより1997年1月15日他界。総撃墜数は単独15機、協同撃墜10機といわれている。

 

羽切松雄中尉の関係書籍

 

大空の決戦―零戦搭乗員空戦録 (文春文庫)

羽切松雄 著
文藝春秋 (2000/12/1)

 零戦の実用実験から携わったベテラン搭乗員の羽切氏。零戦の初出撃にも参加、太平洋戦争では激戦地ラバウルで准士官でありながら中隊長として列機を率いて活躍した。本土防空戦でもB-29相手に激闘。敵飛行場強行着陸や8.6Gの重力に耐えた強心臓の持ち主。1997年に他界。

 

零戦最後の証言 2―大空に戦ったゼロファイターたちの風貌

 海軍の戦闘機搭乗員へのインタビュー集。インタビュアーは神立尚紀氏。神立氏独自の人間関係から出来たといえる本でそれぞれの搭乗員の魅力をよく引き出している。登場する搭乗員は日本で初めて敵機撃墜を記録した生田乃木次、鈴木實、進藤三郎、羽切松雄、原田要、角田和男の各氏。

 

まとめ

 

 操練28期の戦闘機専修者11名の内、太平洋戦争開戦前に戦死した隊員は3名、1名は不明であるが、開戦後に戦死した隊員の内3名がソロモン方面での戦死であった。羽切中尉もソロモン方面で重傷を負っており、操練28期は太平洋戦争での戦死者がソロモン方面の3名のみであることからもソロモン方面の戦闘がどれほど過酷であったのかが分かるであろう。

 

 

【お願い】
下記のリンクを踏んで商品を購入して頂くと私にちょっとだけお金が入ります。良い記事だと思われたら投げ銭代わりに是非お願いします。

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_零戦22型
(画像はwikipediaより転載)

 

吉田素綱飛曹長の略歴

 

 1918年1月1日岡山県に生まれる。1935年6月呉海兵団に入団。機関兵として長鯨乗組、翌年整備兵に移り、さらに1939年1月44期操練を卒業。大分空での延長教育ののち大村空、さらに9月12空に配属される。中支戦線で活躍したのち1940年7月内地に帰還、横空に配属された。1942年2月4空に配属、空戦に活躍するも3月末に負傷した。4月台南空に異動。8月7日の米艦載機との空戦で行方不明、戦死と認定された。

 

ガ島初空戦の悲劇

 

 吉田素綱飛曹長は操練44期、同期の戦闘機専修者は17名で母艦戦闘機隊で活躍した斎藤三郎少尉、金丸健男少尉、山中忠男少尉等がいる。同期17名中、太平洋戦争開戦前に事故で1名失った他、太平洋戦争開戦1年で半数の8名が戦死している。その後、ラバウルで2名、比島で1名が戦死、太平洋戦争終戦までに11名が戦死、5名のみが終戦を迎えることが出来た。生存率は29%である。

 吉田飛曹長は呉海兵団を卒業した後、潜水母艦長鯨で機関兵を務めた。さらに整備兵となったが、1938年6月操練44期に採用。8ヶ月の訓練を受けた後、大分空で延長教育を受け戦闘機搭乗員となった。その後大村空を経て1939年9月には中支に展開する12空に配属、実戦を経験する。約1年間の戦地勤務の後、1940年7月には内地に帰還、横空に配属された。

 1942年2月、1年半に及ぶ内地勤務から4空配属となりラバウルに進出した。ラバウルでは進出早々B-17の撃墜を報告している。しかし3月末にニューブリテン島上空の空戦で負傷、1ヶ月の療養生活を強いられた後、4月には吉田一飛曹を含む4空隊員22名は台南空に編入された。台南空での初出撃は17日で以降、ニューギニア方面の空戦に連日のように参加している。5月8日にはガイ・アルヴァ・ホーキンス少尉が操縦するP-39を単独撃墜、その後も戦果を重ねた。台南空異動後の連合軍の戦闘報告書から判明している戦果はこの1機を含む約1.9機(1.879機)である。

 1942年8月7日、ガダルカナル島上陸を開始した米軍を撃滅すべく4空の一式陸攻27機が出撃、その援護をするため台南空の零戦隊18機も発進した。ラバウルからガダルカナル島は1,037km、零戦でも片道3時間20分に及ぶ長距離進攻であった。ガダルカナル島上空に到達した日本海軍航空隊は空母エンタープライズ、サラトガのF4F戦闘機隊の攻撃を受け空戦が始まった。

 この空戦で台南空零戦隊は43機の撃墜を報告おり、例によって過大な報告となっているが、米軍側の戦果報告によると実際10機のF4Fが撃墜され、さらに1機のSBD艦爆が台南空の零戦隊によって撃墜されている。零戦隊の大勝利と言って良い戦いであったが、この空戦で吉田一飛曹は未帰還、戦死と認定された。それまでの吉田一飛曹の戦果は、日本側の資料では総撃墜数は単独12機、不確実1機、共同撃墜3機であり、連合軍側の資料からは台南空所属時の戦果1.9機のみが判明している。

 

吉田素綱飛曹長の関係書籍

 

ルーカ・ルファート、マイケル・ジョン・クラーリングボールド『台南海軍航空隊』

ルーカ・ルファート、マイケル・ジョン・クラーリングボールド 著
大日本絵画 (2016/2/1)

 本書はイタリア人ルーカ・ルファート氏、オーストラリア人マイケル・ジョン・クラーリングボールド氏によって書かれた太平洋戦争初期のラバウル、ラエ周辺の台南空と連合軍の航空戦の実態を調査したものである。ソロモン航空戦まではカバーしていない。

 近年、この種類の著作が多く出版されているが、本書はポートモレスビーで育った著者がその地域で起こった戦闘を調査するという地域史的な要素を持つ異色のものだ。オーストラリア人の著作であるため、連合国軍側の視点で描かれていると思っていたが、読んでみると、著者は日米豪それぞれの国のパイロット達に対して非常に尊敬の念を持っていることがわかる。

 

梅本弘『ガ島航空戦』上

 日本、連合軍双方の戦果報告書や日記、手記等を基にガダルカナル島航空戦を再現している。過大になりがちな空戦の戦果を可能な限り特定している大変な労作。本書はガダルカナル島航空戦の最初期である米軍のガ島上陸前から1942年10月までの空戦を克明に描いている。あまり知られていない水上機隊の活躍について詳しく描かれているのも魅力。吉田一飛曹が戦死した8月7日の空戦についても克明に描いている。

 

まとめ

 

 1942年8月7日の空戦は台南空の零戦隊の一方的勝利として有名である。実際の双方の損害を比較してみても日本側の損害が戦闘機2機、陸攻4機に対して、米軍は戦闘機10機、艦爆1機を失っているため数の上でも日本側の勝利といえる。しかし戦死者数を比較すると米軍の搭乗員がほぼ救出されており、実際の戦死者が4名であるのに対して、日本側は吉田一飛曹を含め31名を失っている。戦死者を比較した場合、この空戦の勝者がどちらであるのかは明確である。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_零戦22型
(画像はwikipediaより転載)

 




山崎市郎平一飛曹の略歴

 




 1920年5月5日東京府に生まれる。1937年横須賀海兵団に入団。1940年3月54期操練に採用、1941年5月大分空で実用機課程修了。5月26日横空配属。1942年2月1日4空に配属されラバウル進出。4月1日台南空に異動、8月に負傷し本土へ送還。1943年5月251空隊員として再度ラバウルに進出。7月4日レドンバ島攻撃時の空戦で戦死。

 




奇跡の生還を果たした男

 




 山崎一飛曹は操練54期出身で同期には岡野博飛曹長がいる。戦闘機専修の同期は21名で終戦までに19名が戦死している。戦死率90%以上である。山崎一飛曹は大分空での実用機課程修了後、横須賀航空隊に配属され太平洋戦争開戦を迎える。1942年2月にはトラック島で新設された4空に配属、4空隊員としてラバウルに進出、そして3月にはラエに進出した。


 1942年3月22日、RAAF(オーストラリア空軍)航空隊がラエ基地に奇襲攻撃をかけた。在地の零戦10数機は全て被弾。出撃できるのは2機のみとなり、山崎一飛曹と菊地敬司三飛曹が迎撃したが、菊地三飛曹はハドソン爆撃機の銃撃により戦死、単機で追跡した山崎一飛曹も銃撃により被弾、不時着している。山崎一飛曹は乗機の零戦に火をかけた後、丸太船を製作しラエに向かうマーカム川を下り始めた。


 2日目に原住民の集落に到着、食べ物や反物を与えることを条件にラエ基地まで送ってもらった。この時、山崎一飛曹は、原住民との約束を反故にすることなく誠実に約束を果たしている。3週間の休養を与えらえれた山崎一飛曹は4月12日に復帰するが、5月17日のポートモレスビー上空空戦で負傷、8月26日にはミルン湾攻撃後の着陸事故で重傷を負ってしまう。


 この重傷により山崎一飛曹はブナで休養後、本土に送還され本格的な治療を受けることとなる。それから数ヶ月後の11月中旬、台南空も消耗した戦力を再建するため内地に帰還。豊橋基地において部隊の再建に取り掛かった。1943年5月再建が完了した251空は再びラバウルに進出。治療・療養を終えた山崎一飛曹も貴重な実戦経験者として再度ラバウルに進出した。


 再度ラバウルに進出した山崎一飛曹は連日の航空戦に活躍したものの7月4日のレンドバ島攻撃時の空戦でコロンバンガラ島に不時着、かつて奇跡の生還を果たした山崎一飛曹はついに帰ってくることはなかった。総撃墜数は14機といわれる。撃墜数を判定することは非常に困難であるが、連合軍の戦闘報告を調べた資料では台南空所属時のニューギニア航空戦での戦果は3.3機といわれている。

 




山崎市郎平一飛曹の関係書籍

 




ルーカ・ルファート、マイケル・ジョン・クラーリングボールド『台南海軍航空隊』






ルーカ・ルファート、マイケル・ジョン・クラーリングボールド 著

大日本絵画 (2016/2/1)





 本書はイタリア人ルーカ・ルファート氏、オーストラリア人マイケル・ジョン・クラーリングボールド氏によって書かれた太平洋戦争初期のラバウル、ラエ周辺の台南空と連合軍の航空戦の実態を調査したものである。ソロモン航空戦まではカバーしていない。


 近年、この種類の著作が多く出版されているが、本書はポートモレスビーで育った著者がその地域で起こった戦闘を調査するという地域史的な要素を持つ異色のものだ。オーストラリア人の著作であるため、連合国軍側の視点で描かれていると思っていたが、読んでみると、著者は日米豪それぞれの国のパイロット達に対して非常に尊敬の念を持っていることがわかる。山崎一飛曹の生還について詳しく書いてある。

 




零戦よもやま物語 零戦アラカルト






柳田邦男 豊田穣他 著

潮書房光人新社 (2003/11/13)※初出は1982年7月





 零戦に関わった搭乗員、整備員、設計者等様々な零戦に関わった人々の短編手記集。戦記雑誌等にあまり寄稿しない方々が多く寄稿しているのが貴重。台南空時代の同僚石川清治飛曹長による山崎一飛曹の思い出が寄稿されている。

 




まとめ

 




 山崎一飛曹は何度も負傷しているが当然、負傷しているということは連日の戦闘を戦っていたということである。撃墜された際には機体を羅針儀を外した後、機体を焼却。その後筏を自作し帰還するという冷静で合理的な対応をしており、さらに原住民への約束を誠実に果している。冷静かつ誠実な人物であった。

 









 




↓良かったらクリックして下さい。


ミリタリーランキング















01_零戦22型
(画像はwikipediaより転載)

 

周防元成少佐の経歴

 

 1912年12月14日鳥取県に生まれる。1934年海兵62期を卒業。艦隊勤務を経て1937年9月第28期飛行学生教程を終了。佐伯空、横空での延長教育を受けたのち、1938年2月12空に配属。15空に転じた直後、霞空、大分空教官を経て、1939年10月14空分隊長として再び支那戦線に出動。11月元山空に異動、1940年4月空技廠のテストパイロットとなった。1942年12月252空飛行隊長となりソロモン航空戦に活躍した。1943年2月内南洋に転進。1944年3月本土に帰還後は元山空、築城空の飛行長として終戦を迎えた。

 

物静かで沈着な周防少佐

 

 周防元成少佐は、海兵62期で同期には志賀淑雄少佐、納富健次郎大尉、飯田房太大尉等がいる。航空機搭乗員となった同期は37名で内、8名が戦闘機搭乗員となった。一般に士官は安全なところで指揮を執り、下士官兵は消耗品として使われるというようなイメージがあるが、実際にはこの海兵62期の8名の内、終戦まで生き残ったのはわずか2名、それも太平洋戦争開戦までに日中戦争で4名、真珠湾攻撃で1名が戦死している。1941年12月9日の時点で海兵62期戦闘機専修者は3名となっている。

 海軍兵学校を卒業した周防中尉は艦隊勤務ののち、1936年12月より28期飛行学生として採用、搭乗員としての訓練を受けた。1937年9月に訓練を修了後、佐伯空、横空で延長教育を受けたのち、1938年2月には早速12空の士官搭乗員として日中戦争に参加している。一時期内地で教官となったが1939年10月には再び14空分隊長として中国戦線に出動した。

 1940年10月には仏印ハノイに進出、11月には元山空に異動する。ここまでに周防大尉は撃墜11機を報告しており、これは士官搭乗員中の最高撃墜数であった。1941年4月には空技廠に配属、零戦や雷電等の新鋭機の実用実験に携わる。1942年12月には252空飛行隊長としてに発令されたため、「搭乗員の墓場」ソロモン航空戦に参加する。後任の空技廠飛行実験部員には同期の志賀大尉であった。この時、周防大尉の2番機を務めた宮崎勇上飛曹は、周防大尉の印象を「物静かで沈着、それでいて、あたたかい雰囲気を感じる人だった」と語っている

 2ヶ月余りソロモン航空戦の激戦を戦った後、1943年2月、252空は内南洋に転進に伴って内南洋に移動、周防大尉はタロア、のちにウェーク島に移動した。11月24日には、周防大尉は爆装零戦19機を以って、敵占領直後のマキン島銃爆撃に出撃したが、途中の洋上でF6Fヘルキャットの大群に奇襲を受け混戦となった結果、未帰還機10機の犠牲を出し、周防大尉自身も被弾している。さらに25日にも24機の爆装零戦を以って同様の攻撃を実施したが、同様にF6Fとの混戦となり、攻撃は失敗、7機の未帰還機を出してしまった。この空戦で日本側は撃墜11機を報告したが、実際には1機が撃墜されたのみである。

 零戦は戦闘機であるため爆装してしまうと本来の性能を発揮することができない。この2回の作戦は零戦の本来の使用法ではない方法で使用したため戦果は無く、損害のみが増大していた。にもかかわらず内南洋方面部隊司令部からは「26日も実施せよ」という命令が届いた。このため温和な周防大尉も堪忍袋の緒が切れ、俺たちを何と考えとるんだ!机の上だけで計画をたてておる奴には、何も分かっちゃおらん。今から殴り込みに行ってくる!」と単身司令部に乗り込んでいったという。多くの部下を失った周防大尉の怒りが爆発したのだった

 内南洋の航空戦で252空はほぼ壊滅、生存搭乗員達は1944年春に本土に帰還した。周防大尉も本土に帰還後、5月には少佐に昇進、元山空飛行長、築城空飛行長として終戦を迎えた。戦後は航空自衛隊に入隊、航空幕僚監部運用課長を経て、1960年8月実験航空隊司令、1964年1月空将補、3月第二航空団司令兼千歳基地司令、1965年3月航空自衛隊第五術科学校校長、1966年2月には保安管制気象団司令を歴任、1967年11月空将で退官した。1981年他界。総撃墜数は日中戦争で11機、太平洋戦争で4機の合計15機といわれている。

 

周防元成少佐の関係書籍

 

宮崎勇『還って来た紫電改』

 総撃墜数13機の熟練搭乗員であった宮崎勇氏の著作。ドーリットル隊の空襲時に上空にいたにも関わらず、味方機と勘違いし攻撃しなかったことを戦後も悔いていたという。252空搭乗員としてほとんどの期間を過ごし、戦争後期には全機紫電改を装備した新鋭部隊343空の搭乗員として活躍する。宮崎氏は片翼帰還で有名な樫村寛一少尉に操縦を教わり、搭乗員の墓場と言われたラバウル航空戦に参加、マーシャル島では恐らく日本で最初であるF6Fとの空戦を行う。敵空母上空を味方機のように旋回して危機を脱したりとすごい体験をしている。宮崎飛曹長は、菅波政治大尉戦死後、周防大尉の部下として長く一緒に戦っている。

 

まとめ

 

 海軍戦闘機搭乗員は、下士官兵に比べて士官は昇進して地上勤務や内地勤務に移動することが多く、消耗品として使い捨てられることは少なかった。しかしこれはあくまでも「下士官兵と比較して」の話であり、士官搭乗員が決して安全だった訳ではない。事実、海兵62期の戦闘機専修の士官8名の内、6名が終戦までに命を落としている。当たり前であるが、士官も兵士も命がけだったのである。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_零戦22型
(画像はwikipediaより転載)

 

志賀正美少尉の経歴

 

  1919年茨城県出身。1937年海軍に入隊後、整備兵となった。1940年6月50期操練を卒業して戦闘機操縦者となった。1941年9月千歳空に配属。内南洋タロア島で開戦を迎える。その後マーシャル群島に移動。1943年7月201空隊員としてソロモン群島ブイン基地に進出した。1944年2月横空に異動。1944年6月には八幡空襲部隊として硫黄島に派遣される。1945年2月203空に異動、終戦を迎えた。戦後、航空自衛隊に入隊、定年で退職した。

 

長期間にわたり南方で戦った男

 

 志賀少尉は操練50期、太平洋戦争開戦直前に訓練を修了したクラスでこの前後のクラスが開戦後、もっとも消耗したクラスといって良い。事実、操練50期は11名が戦闘機専修として卒業しているが、終戦まで生き残ったのは志賀少尉只一人である。同期にはラバウルの活躍で有名な石井静夫飛曹長、母艦戦闘機隊で活躍した山本一郎少尉がいる。

 志賀少尉は開戦時は千歳空所属として内南洋で防空任務に就いていた。この当時の千歳空には後に太平洋戦争のトップエースとなる西澤廣義一飛曹、予科練同期の福本繁夫一飛曹等、のちに活躍する搭乗員が多く在籍していた。こららの搭乗員が次々と南方に引き抜かれていく中で志賀少尉は千歳空、201空(1942年12月改称)隊員として防空任務に就いていたが、1943年2月内地に帰還する。7月には201空の南東方面進出が下令されたため志賀少尉を含め搭乗員52名は、7月15日にラバウルに進出する。

 さらに志賀少尉は最前線のブイン基地に進出する。ブイン基地とはラバウルとガダルカナル島の中間地点にある日本軍の最前線基地で同年4月にはブイン基地に現地視察に向かった山本五十六連合艦隊司令長官が戦死している。それまでは比較的平穏な内南洋で腕を撫していた志賀少尉は、この最前線基地で過酷なソロモン航空戦に活躍することとなる。

 1943年10月下旬には戦局の悪化のため201空はラバウルに後退、翌年2月まで連日の航空戦に活躍することとなる。1944年1月には201空はサイパン後退が命ぜられ、2月にはサイパンに進出するが、志賀少尉は海軍航空の殿堂と呼ばれる横須賀航空隊に異動する。横空は内地の部隊であったが、戦局の悪化はそれを許さず、6月には八幡空襲部隊を編成して硫黄島に進出する。

 この硫黄島進出に志賀少尉は坂井三郎少尉の2番機として参加、米機動部隊相手に劣勢ながら健闘している。特に7月4日の米機動部隊特攻攻撃では空戦中にカウリングが吹き飛んでしまうほどの過過酷な空戦をくぐり抜けて生還している。1945年2月には203空に異動、本土防空戦、沖縄航空戦に参加して終戦を迎えた。

 203空時代に同じ部隊に所属した阿部三郎中尉は落下傘を付けずに出撃する志賀少尉に驚愕している。それを志賀少尉に訊いたところ「撃墜されるようなへまをやるくらいなら、自爆しますよ。」とさりげなく答える姿に自信と決意を感じたという。現に八幡空襲部隊で米機動部隊に特攻攻撃を命ぜられた際、志賀少尉は顔色一つ変えなかったという。戦後は航空自衛官として定年まで活躍した。

 

志賀正美少尉関係書籍

 

坂井三郎『零戦の最期』

坂井三郎 著
講談社 (2003/12/1)

  零戦三部作といわれる『零戦の真実』『零戦の運命』『零戦の最期』の最後の作品。ベストセラー『大空のサムライ』は実際には坂井氏の執筆ではなく、高城肇氏の執筆であると言われているが、こちらは正真正銘の坂井氏の執筆である。坂井氏は、当時の綿密な記録を持っており、内容も精緻である。自身の乗機が平成になり発見されたエピソードから始まり興味を惹かれる。終戦の詔後である1945年8月17日にB32が来襲した際、一瞬とまどったベテラン指揮官指宿少佐は、電話をガチャンと置いてこういった

 

「エンジン発動!」

 

 これが坂井氏最後のフライトとなる。後半の鴛淵孝大尉あたりの話は若干、記憶に混乱があるように思われるが、今は亡き伝説の零戦搭乗員、坂井三郎氏の筆は迫力がある。志賀少尉は坂井三郎中尉が硫黄島進出した際に列機として登場する。

 

阿部三郎『零戦隊長藤田怡与蔵の戦い』

 書名に著名な搭乗員、藤田怡与蔵少佐の名前があるが、中身は阿部氏自身についての記載が多い。阿部氏は戦争末期に戦闘303飛行隊にいたこともあり、トップエース岩本徹三についての記述がある。どうも岩本徹三に気に入られていたようで、いろいろ教えてもらったようだ。著者の経験も興味深いが岩本徹三の別の顔も見られて面白い。志賀少尉は「エース岩本少尉という男」の段に登場、上記のエピソードが掲載されている。

 

まとめ

 

 志賀少尉は操練50期中ただ一人の生き残りであった。経歴は非常に特徴的で太平洋戦争前半は内南洋でほとんど空戦をすることなく過ごしたが、中盤以降は突然、最前線のブイン基地に配属、半年以上熾烈なソロモン、ラバウル航空戦に活躍することとなる。その後も内地に帰還したものの八幡空襲部隊として少数機で米機動部隊と戦い、本土に帰っても最前線の九州で戦闘に参加し続けた。その実戦に裏打ちされた自信は落下傘を装着せずに出撃する姿に良く表れている。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_零戦22型
(画像はwikipediaより転載)

 

上平啓州中尉の経歴

 

  1920年横浜市に生まれる。1937年9月甲飛1期として予科練入隊、1939年6月卒業した。その後大分空、大村空、横空を経て、1940年8月12空に配属され、漢口基地に進出した。1941年10月には新編の台南空に転じ、比島、蘭印航空戦に参加したのち1942年4月新設の6空に異動、7月に大分空に移った。1943年4月飛曹長に進級、10月381空に転属、戦争後半まで戦い続けるが、負傷して本土へ帰還、特攻隊の教官で終戦を迎えた。1960年海上保安庁のヘリコプターを操縦中、函館で墜死した。

 

上平啓州中尉と甲種予科練

 

 上平啓州中尉が採用された甲種予科練とは、1937年5月18日に創設された予科練の新しい課程で、受験資格は中学校4年生第1学期終了程度の15歳から17歳未満(つまりは15、16歳のみ)の男子から選抜された。これによってそれまでの予科練は乙種予科練と称されるようになった。後から創設された制度が「甲」となり当初からあった制度が「乙」となったのは受験資格にある。

 当初の予科練の受験資格は「高等小学校卒業程度」であったが、新たに創設された甲種は「上述のように「中学校卒業程度」であった。このため相対的に高学歴者を採用した新設制度が「甲種」と呼ばれたのである。しかし実際、乙種出身者のほとんどは中学校卒業していたため後々軋轢を生むこととなる。

 それはともかく上平中尉はその甲種予科練の第一期生であった。採用人数は250名で、戦闘機専修の同期にはトラック島空襲で戦死する前田英夫飛曹長、竹中義彦中尉、松田二郎中尉がいる他、戦闘機以外でも「B-29撃墜王」として有名な遠藤幸男大尉もいる。

 予科練を修了した上平中尉は、大分空、大村空で訓練を受けたのち、海軍航空の殿堂と言われる横須賀航空隊に配属された。1940年には12空に配属、初めての戦地に向かった。太平洋戦争開戦直前の1941年10月には新編の台南空に異動、開戦初期の比島・蘭印航空戦に活躍する。

 1942年4月、台南空が25航戦に編入された際、上平中尉は内地帰還組となった。内地帰還後は6空に異動、ミッドウェー海戦にはミッドウェー島占領後の「ミッドウェー航空隊」の要員として空母隼鷹に乗艦していたが、ミッドウェー海戦で日本側が敗北したことにより内地に帰還する。1943年10月には新編の381空に配属、セレベス島ケンダリー基地に進出した。以降、負傷して内地に帰還するまでバリクパパン油田防空戦等に活躍する。本土帰還後は教員としえ終戦を迎えた。

 

まとめ

 

 予科練習生は15、16歳の若年者から採用したため操練等に比べて比較的年齢が若い。甲飛1期ですら太平洋戦争開戦時には年齢は21歳前後であり、終戦時でも25歳前後であった。しかし戦前に十分な訓練を受け、多くは日中戦争で実戦経験を経ているため太平洋戦争開戦時には中堅下士官として力を発揮した。他のクラスの例に漏れず戦死者も多く、戦闘機専修者では約70%が戦死している。

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_零戦22型
(画像はwikipediaより転載)

 

大木芳男飛曹長の経歴

 

 1916年茨城県に生まれる。1933年機関兵として海兵団に入団後、整備兵に転科。1937年7月操練37期修了後、戦闘機搭乗員となった。1940年7月横空から12空に異動。初陣で零戦初空戦に参加した。1942年7月台南空に転属後、11月までニューギニア、ソロモン航空戦に参加した。11月に内地帰還、翌年5月、251空隊員としてラバウルに再進出したが、6月16日空戦中に戦死した。

 

大木飛曹長と台南空

 

 1916年生まれは戦前に十分な訓練を受け、日中戦争で実戦を経験後、25歳で太平洋戦争に参加したという経験に関してはもっとも恵まれた生まれといってよいだろう。同年兵には零戦虎徹岩本徹三中尉、坂井三郎中尉、原田要中尉、武藤金義少尉等、戦後有名になった搭乗員が多い。操練同期はわずか5名で当時流行していた「戦闘機無用論」の影響なのかは分からないが、少数精鋭主義であったことは確かである。この5名の内、終戦まで生き残ったのは零戦初空戦に大木飛曹長と共に参加した三上一禧氏わずか1名で生存率20%という凄惨な状態であった。

 操練課程を修了した大木飛曹長は海軍航空の殿堂といわれる横須賀航空隊を経て12空に配属される。この12空は戦闘機専門部隊として中国大陸に展開していたが、ここに大木飛曹長を含む零戦隊が参加することになった。大陸進出の2ヶ月後の1940年9月13日、大木飛曹長を含む零戦隊は陸攻隊の護衛として出撃する。この出撃は「13日の金曜日」に「13機」の零戦が出撃するという縁起の悪さもあり心配する隊員もいたが、結果として撃墜27機の大戦果を挙げることとなった。ここで大木飛曹長は4機を撃墜したことになっているが、この空戦での個人撃墜数はのちに創作されたものであるといわれている。

 太平洋戦争では米軍のガダルカナル島上陸の直前にラバウルに展開する台南空に配属、有名な搭乗員である坂井三郎一飛曹、笹井醇一中尉、西澤廣義一飛曹、太田敏夫二飛曹等と共に激烈なソロモン航空戦の洗礼を受けることとなった。この台南空は大きな戦果を挙げたものの損害も多く、8月には先任下士官である坂井三郎一飛曹が負傷して内地に送還、さらに笹井中尉が戦死した。9月には歴戦の羽藤一志三飛曹が戦死、10月には太田敏夫一飛曹も戦死するなど消耗が激しく、11月には戦力回復のため愛知県豊橋に後退した。

 1943年5月には戦力の再編成が完了したため再びラバウルに進出するが、この時点で実戦経験者は大木飛曹長、西澤廣義飛曹長、奥村武雄上飛曹等10名程度に過ぎなかった。この時に新たに部隊配属された青年士官大野竹好中尉は特に大木飛曹長と親しかったようで、大木飛曹長をして「勇敢なること鬼神のごとく、温和なること菩薩のごとく、機敏なること隼のごとく」と絶賛している。

 この大木飛曹長も1942年6月16日、ルンガ沖船団攻撃において未帰還となった。総撃墜数は17機といわれているが、毎度のことながら撃墜数というのはほとんど誤認であるといってよく実際の撃墜数は不明であるが、上記大野中尉の評価のように大木飛曹長は腕の立つ熟練搭乗員であったのは間違いない。因みにこの空戦では同じく台南空の奥村武雄上飛曹も未帰還となっている。

 

大木芳男飛曹長 関係書籍

 

本田稔ほか『私はラバウルの撃墜王だった』

 零戦に関わった兵士たちの記録。著者は本田稔、梅村武士、安倍正治、加藤茂、中沢政一、大野竹好の6名である。本田稔氏は著名なエースで総撃墜数17機と言われている人だ。本書ではラバウル時代について書いている。本田氏は本書の部分も含めて『本田稔空戦記―エース・パイロットの空戦哲学 (光人社NF文庫)』にさらに詳しく書いているのでそちらがおすすめ。

 それ以外にも青年士官大野竹好中尉の絶筆となった日記も貴重である。唯一不敗だった戦闘機隊202空に所属していた梅村武士氏の手記では、慰問団として来た森光子のこと、安倍正治氏の手記では十分な訓練期間も与えられずに戦場へ送り込まれた戦争後半担当パイロットの戦いの工夫等が面白い。

 安倍氏は西澤廣義、岩本徹三の二大エースが所属した戦闘303飛行隊に初期から終戦まで在籍した唯一のメンバー。両エース在籍時にそれぞれから薫陶を受けており、彼らについての記録も貴重。大木飛曹長は上記大野中尉の日記中に登場する。

 

まとめ

 

 大野中尉の絶筆の日記をみると大木飛曹長の人柄の良さが伝わってくる。実戦経験が皆無であった大野中尉にいろいろと操縦について教えていたのだろう。その大木飛曹長は操練を修了後、横須賀航空隊勤務、最初の零戦搭乗員として戦地に進出するなど経歴からみても操縦技術が高く評価されていたのが分かる。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_零戦22型
(画像はwikipediaより転載)

 

 岡野博は1921年生まれ、操練54期を修了した。日中戦争は経験していないが太平洋戦争開戦時には十分な訓練を受けての参加である。太平洋戦争を戦い抜いたのち、343空で終戦を迎えたという円熟の搭乗員であった。

 

岡野博の経歴

 

概要

 1921年茨城県生まれる。1938年6月横須賀海兵団に入団。1941年5月54期操練卒業。横空配属。9月千歳空に配属で太平洋戦争開戦を迎える。1942年4月1空に転属。5月下旬、一時的にラバウルに展開中の台南空に派遣される。11月1空復帰。1942年12月201空に転属。マーシャル防空。1943年3月本土に帰還。松島基地で練成したのち、7月201空ブイン基地に前進、11月331空に転属。1944年3月、331空から202空戦闘603飛行隊に異動。ビアク作戦に参加。9月大村空。343空戦闘701飛行隊に配属されて終戦を迎えた。

 

横須賀航空隊

 岡野は1921年生まれ、操練54期を修了した。同期には山崎市郎平(14機撃墜)がいる。この54期には戦闘機専修者が21名おり、内、終戦まで生き残ったのはわずか2名であった。岡野の経歴で面白いのは操練修了後、4か月ほどではあるが、横須賀航空隊に配属されたことだ。横空とは新型機の試験を受け持つ審査部を持つ海軍航空隊の殿堂であり、終戦まで練度を維持し続けた部隊である。当時新米パイロットであった岡野がなぜ横空に配属されたのかは気になるところだ。そして太平洋戦争開戦時には西沢広義、福本繁夫等が所属していた千歳空に所属していた。

 

ラバウル航空戦に参加

 西澤等千歳空の一部部隊は1月にラバウルに進出するが、岡野等千歳空主力は引き続きルオット島で哨戒、訓練の日々を過ごした。1942年4月、戦闘機隊が再設置された1空に異動となる。5月には1空増援部隊としてラバウルに展開する台南空に派遣される。台南空には1月に千歳空から派遣された西澤廣義等が所属しており、再び同じ部隊として行動をするようになった。11月、戦力を消耗しつくした台南空が本土に帰還するのと同時に岡野は752空と改称された1空に復帰するが、12月には201空と改称された千歳空に再び異動してマーシャル諸島防衛に当たる。1943年3月、201空は本土に帰還する。

 

二度目のラバウル航空戦

 岡野も201空隊員として約1年半振りに内地に帰還した。数ヶ月の錬成を終えた後、7月には201空は南東方面のブイン基地に進出することとなる。ブイン基地とはラバウル基地よりもさらに最前線に位置する基地である。岡野としては二度目のラバウル航空戦であったが、戦争初期のラバウルよりも遥かに激烈な戦闘が繰り広げられていた。5ヶ月間に及ぶラバウル航空戦に生き残った岡野は、11月、南西方面に展開する331空に配属されたのち、1944年3月には同じ南西方面に展開する、機体にXナンバーを持つ「まぼろし部隊」202空に配属される。

 

内地帰還。紫電改部隊、そして終戦

 1944年9月内地帰還。大村空での教員配置の後、源田実大佐率いる精鋭部隊、343空戦闘701飛行隊に配属される。この戦闘701飛行隊とは自身も撃墜王である鴛淵孝大尉(撃墜6機)が隊長を務める部隊である。後に日中戦争以来のベテラン搭乗員松場秋夫(18機撃墜)、中村佳雄(9機撃墜)等も配属される。この343空で終戦を迎え、戦後は民間航空機のパイロットとなった。

 

まとめ

 

 横須賀航空隊とは海軍航空の殿堂と呼ばれた部隊で終戦まで高い練度を維持した部隊だ。その部隊に新隊員で派遣されたのだから相当期待されていたのだろう。その後、搭乗員の墓場と呼ばれるラバウルに派遣され生還するが、岡野は再度派遣される。その「地獄の航空戦」も生き抜き有名な「剣部隊」343空で終戦を迎える。著名な部隊を転々とした華々しい経歴であるが、多くの死線をくぐり抜けてきた実力派である。

 

 

小町定
(画像はwikipediaより転載)

 

 今日、紹介するのは日本海軍航空隊撃墜王小町定である。小町氏は1920年生まれ、操縦練習生49期を修了後、空母翔鶴に配属される。日中戦争には参加しておらず、初陣は真珠湾攻撃であった。基本的に母艦搭乗員は特に優秀な隊員が配属されるという。初の実戦配置が航空母艦であったというのは練習生時代の評価が高かったのだろう。

 

小町定の経歴

 

 小町定は、大正9年石川県に生まれる。昭和13年呉海兵団に入団。半年間訓練を受けたのち戦艦扶桑に配属された。操練49期に採用され霞ヶ浦空、百里ヶ原、昭和15年1月大分空、昭和15年6月大村空配属、昭和15年10月、空母赤城、昭和16年5月空母翔鶴乗組。インド洋作戦、珊瑚海海戦、第二次ソロモン海戦、南太平洋海戦に参加。

 昭和17年11月大村航空隊教員。昭和18年11月204空に転属、ラバウル航空戦に参加する。昭和18年12月253空に異動する。昭和19年2月253空と共にトラック島に後退。昭和19年6月、253空隊員として「あ」号作戦参加。トラック島から病院船氷川丸で内地に帰還する。昭和19年峰山空教員、昭和20年6月横空。

 

真珠湾攻撃・その後

 小町定は操縦練習生終了後、大村空を経て、当時の新鋭空母翔鶴乗組となる。その後翔鶴戦闘機隊隊員として真珠湾攻撃では機動部隊の上空直掩に参加した。真珠湾攻撃時の上空直掩任務には撃墜216機と言われる岩本徹三、50機撃墜の岡部健二、15〜16機撃墜の原田要、12機撃墜の佐々木原正夫等、何故か後の撃墜王が多数配置されている。

 熟練者を優先的に上空直掩に充てたという話もあるが、小町、佐々木原はこの当時、実戦未経験でありこの説は当たっていないと思う。その後、小町は珊瑚海海戦、南太平洋海戦に参加、小町は俗に損害担当艦といわれた翔鶴乗組だっただけに特に戦闘は辛酸を極めた。小町は翔鶴損傷のため空母瑞鶴に着艦したが乗機が被弾していたため海中に投棄された。

 1942年11月に翔鶴戦闘機隊を離れ、大村航空隊での教員となる。ここには坂井三郎(64機撃墜)、磯崎千利(12機撃墜)、南義美(15機撃墜)、中仮屋国盛(16機)、島川正明(8機)、本田敏秋(5機)等、多数の撃墜王達が教員として配属されていた。

 1943年11月、ラバウルに展開する204空付を命ぜられ、翌12月253空付となる。ここで激烈な航空戦を経験した後、1944年2月、小町を含む253空はトラック島に後退した。1944年6月、「あ」号作戦の一環としてサイパン島攻撃に出撃、グアム島に着陸寸前に米艦載機の奇襲を受け撃墜される。

 数日後、一式陸攻でグアムを脱出、トラック島から病院船氷川丸で日本本土に帰還する。1945年7~8月(恐らく8月)、3月に新設された峯山航空隊教員付となる。そこで美保、三重航空隊で基礎教育を修了した甲飛13期学生の中練教程を行う。1945年6月横須賀航空隊付となり終戦を迎える。戦後は戦犯として逮捕されるという噂から東京に行き、材木商となり、建設業に事業を拡大、都内の貸しビルのオーナーとなった。2012年7月15日老衰により逝去。総撃墜数は同僚によると40機以上と言われるが本人は20機程度だと語る。

 余談であるが、エース列伝には激しい性格の荒武者パイロットとなっているが、小町は教員時代、体罰を一切行わず教え子達からの信頼は絶大なだったようで、当時、小町が所属していた航空隊に教え子達が配属された時も小町の隊に入りたいと教え子同士で喧嘩になったことすらあるという。

 

小町定関係書籍

 

川崎浹『ある零戦パイロットの軌跡』

川崎浹 著
トランスビュー 2003/8/15

 18機撃墜と言われている小町定氏へのインタビュー本であるが、単独インタビュー形式で小町氏の戦中戦後の経験が描かれている。著者の川崎氏は、小町氏の経験を上手に引き出すことに成功している。生前の小町氏にインタビューを元にした川崎氏の著書。当時の搭乗員の気持ちや作戦に参加した際の貴重な記録が満載。この手の本はあまり人気がないのである時に買っておいた方がいい。もちろん私は発売された直後に購入した。

 

神立尚紀『零戦の20世紀―海軍戦闘機隊搭乗員たちの航跡』

 海軍搭乗員の取材に定評のある神立尚紀氏インタビューによる本。小町定へのインタビューもある。内容は主に戦争中の話だ。『日本海軍戦闘機隊』『日本海軍航空隊のエース』にはない人間小町定がここにいる。

 

神立尚紀『証言 零戦 生存率二割の戦場を生き抜いた男たち』

 神立尚紀氏による海軍戦闘機搭乗員へのインタビュー集。小町定へのインタビューは主に戦後について語っている。元軍人は民間で通用する職歴も技術もなく苦労する。騙されたりしながら真心を大切にしてビルオーナーにまでなる。戦後、海軍戦闘機搭乗員の集まりである「零戦搭乗員会」が結成されるが事務所は小町定所有のビルに設置された。

 

まとめ

 

 小町定は太平洋戦争初期から終戦まで戦い抜いた熟練搭乗員だ。小町の出身である操練40期台は太平洋戦争初戦から「新米」として実戦に投入され他のクラス以上の死亡率を記録した。小町は当時の海軍航空隊のエリートである母艦搭乗員から始まり激戦のラバウル、海軍航空の殿堂と言われる横須賀航空隊で終戦を迎える。

 強面の見掛けと異なり、心が優しく部下に対して暴力を振るうこともなかった。故に部下には慕われ列機の位置の取り合いも起こった。戦後、神立氏のインタビューに対しても「ツンデレ」の部分を見せている。このインタビューを読むと小町定がどうして人望を集めたのかが分かる。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

武藤金義
(画像はwikipediaより転載)

 

 武藤金義少尉は、撃墜王の坂井三郎をして「日本海軍で最も強靭な戦闘機乗りだった」と言わしめた男である。横須賀航空隊にいた当時、F6Fヘルキャット12機編隊に単機で突入し、みんなの観ている前で4機を撃墜したという逸話を持つ。この光景を地上で見ていた隊員達は、彼を「空の宮本武蔵」と呼び称賛した。武藤少尉の総撃墜数は28機に上るといわれている。

 

武藤金義の経歴

 

 大正5年愛知県に生まれる。昭和10年呉海兵団に機関兵として入団。短期間駆逐艦浦波に乗艦する。昭和11年1月32期操練生として訓練を受ける。昭和11年7月第32期操縦練習生修了後、大村空で延長教育を受ける。昭和12年7月13空に配属。日中戦争に参加する。昭和12年12月12空に配属される。昭和13年10月大分空配属、さらに鈴鹿空、元山空に配属される。昭和16年9月3空に配属。太平洋戦争開戦を迎える。

 昭和17年4月内地に帰還、同時に元山空戦闘機隊(252空)配属される。11月元山空隊員としてラバウルに進出、ラバウル航空戦に参加する。昭和18年11月横須賀航空隊配属。飛曹長に昇進する。昭和19年6〜7月硫黄島に進出、昭和20年5月少尉に昇進。6月末、343空に異動、7月24日豊後水道上空の空戦で戦死した。

 武藤は、運動神経抜群、明朗快活な人柄で誰からも好かれたという。出身期は操練32期で同期には14機撃墜の尾関行治、9機撃墜の末田利行がいる。因みにこの操練32期で戦闘機に進んだ9名は全員が戦死している。死亡率は100%である。32期の中で最後まで生き残っていたのは武藤であったが、武藤も昭和20年7月24日に戦死してしまった。

 武藤は大正5年愛知県に生まれた。大正5年生まれといえば、坂井三郎(64機撃墜)、岩本徹三(216機撃墜)、原田要(15機撃墜)、重松康弘(10機以上撃墜)、岡本重造(9機撃墜)、安井孝三郎(11機撃墜)、小泉藤一(13機撃墜)、大森茂高(11機撃墜)、大木芳男(17機撃墜)、菊池哲生(20機以上撃墜)、白根斐夫(9機撃墜)など撃墜王のオンパレードである。

年齢的にも開戦時に25歳と搭乗員としては脂の乗り切った時期である。29歳で終戦となるので20代を空の戦いに費やしたことになる。武藤は中国戦線で13空に配属され、日中戦争の初期から1空兵として航空戦に参加する。その後、12空へ転属し、太平洋戦争開戦時は台湾の3空に所属し、あの有名な航空撃滅戦に参加する。

昭和17年4月、内地に戻った武藤は、元山航空隊のちの252空に転属、252空は、11月にはラバウルに進出、武藤も激烈なラバウル航空戦に参加する。昭和18年11月、海軍航空の殿堂、横須賀航空隊に転属になり本土へ帰還。横空の隊員として活躍する。横須賀航空隊は実戦部隊であると同時に、新型機のテスト飛行を担当した航空技術廠実験部を引き継いだ横須賀航空隊審査部を持つなど、研究、訓練を行う特殊な航空隊であり、太平洋戦争が始まってからも根拠地以外に展開することはなかった。

しかし戦局はそれを許さずついに横空は八幡空襲部隊として硫黄島進出が命じられた。武藤は、ここで特攻を命ぜられたが途中で空中戦となり特攻することなく無事帰還した。その後、横須賀航空隊員として本土防空戦を戦った。特に2月17日の厚木上空での空戦は、飛行場で日中戦争以来の超ベテラン搭乗員赤松貞明中尉以下が見ている上空でF6F12機編隊に単機で突入、4機を撃墜した。これを見ていた隊員達は武藤を「空の宮本武蔵」と称賛した。

 昭和20年6月、病気療養明けの操練24期のベテラン野口穀次郎少尉と片目の視力を失った操練38期のベテラン坂井三郎との2対1の交換トレードにより343空へ転属する。そして翌7月に豊後水道上空で戦死する。人格に優れ、上下から慕われた人物だったようだ。特に愛妻家として有名であり、戦場からもこまめに手紙を出していた。この詳細は碇義朗『紫電改の六機』に詳しい。

 

NHKドラマ

 

 近年、NHKで『撃墜 3人のパイロット〜命を奪い合った若者たち〜』(2014年12月10、11日放送)というドラマが放送された。ドラマの最後に武藤のお孫さんが登場し、武藤の奥さん(お孫さんからしてみればおばあちゃん)が、再婚しなかったのは、「おばあちゃんはおじいちゃんのことが好きだったから帰ってくるのをずっと待っていたんじゃないか」と語っていた。両想いの夫婦だったようだ。


紫電改の六機―若き撃墜王と列機の生涯 (光人社NF文庫)


 武藤少尉の記録については上記の本以外にも『エース列伝』『日本陸海軍航空英雄列伝』等に詳しく記載されている。最後に武藤少尉と同い年で親しかった撃墜王の坂井氏は武藤少尉が撃墜されたことに話が及ぶと「流れ弾だ!」と激怒したという。武藤少尉の人柄が偲ばれる。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_零戦22型
(画像はwikipediaより転載)

 

 この大原亮治は丙飛4期出身。丙飛4期とは太平洋戦争開戦後に卒業したクラスだ。つまり卒業後、いきなり練度の高い米軍航空隊と戦わなければならないという非常に厳しい状況に置かれていた。ただ、この丙飛4期はまだ初戦期であったせいか後半に比べればまともな訓練を受けていたようだ。この丙飛4期には他にも70機を撃墜したといわれる杉田庄一がいる。

 

大原亮治の経歴

 

概要

 大正10年2月25日宮城県生まれ。昭和15年6月一般航空兵として横須賀海兵団に入団。昭和16年2月丙種予科練を受験し合格する。昭和16年5月、丙飛4期として土浦空に入隊。昭和17年7月21期飛練卒業。大分空で戦闘機専修延長教育。卒業と同時に6空へ配属される。10月7日204空本隊としてラバウル進出。10月12日初出撃をする。10月13日ブイン飛行場に進出。10月19日初空戦を体験する。昭和18年10月内地に帰還。11月横空に勤務し終戦を迎える。終戦時海軍兵曹長。戦後は米軍キャンプで働くが、昭和28年海上警備隊入隊。第一回操縦講習員となり修了後教官となる。昭和46年三等海佐で退官する。退官後は航空振興財団に勤務する。2018年11月2日死去。

 

予科練修了、そのままラバウルへ

 大原は、大正10年宮城県生まれ、昭和15年6月海軍に入隊。昭和16年2月丙種予科練4期生として土浦航空隊に入隊した。昭和17年7月21期飛練課程を修了し、さらに戦闘機操縦者として大分航空隊に配属。その後いきなり第六航空隊に配属された。第六航空隊とは後の204空のことでのちにラバウル航空戦の中核となる部隊である。

 昭和17年10月に激戦地のラバウル、それも悪いことに最前線のブーゲンビル島ブイン基地に六空は進出する。10月19日、大原は初空戦を体験する。大原は空戦に入る前に増槽を落とすのを忘れてしまう。その後、数々の戦闘をくぐり抜けて大原氏は204空の中核として成長しながら激烈なラバウル航空戦を生き抜いた。昭和18年10月内地に移動になった頃には当初の六空搭乗員は大原、大正谷宗市、坂野隆雄の3名しかいなかったという。

 

ラバウルから生還。横須賀航空隊勤務

 昭和18年11月、204空生存者3名は、ともに海軍航空隊の殿堂、横須賀航空隊に配属される。1年に亘り激戦地のラバウルで生き抜いてきた彼らには当然海軍の殿堂に所属する権利はあるということだ。その後終戦まで横須賀航空隊所属となる。

 これが大原の経歴であるが、大原の経歴で面白いのは転属が一回しかなかったことだ。海軍は転属が多い。例えば岩本徹三は12空、瑞鶴戦闘機隊、281空、201空、204空、253空、252空、203空と転属し、その間に教員配置もこなしている。これをみれば大原氏の転属一回というのが特異なのが分るというものであろう。

 

大原亮治関係書籍

 

神立尚紀『零戦の20世紀―海軍戦闘機隊搭乗員たちの航跡』

 神立尚紀氏に戦中派エースとして取材された記事が載っている。戦中戦後まで幅広くインタビューに答えている。大原の前向きな性格が良く分かる。

 

零戦最後の証言 2―大空に戦ったゼロファイターたちの風貌

 上掲『零戦の20世紀』とほぼ同じ内容。大原以外には生田乃木次、鈴木實、進藤三郎、羽切松雄、原田要、角田和男、岩井勉、小町定、渡辺秀夫、岩下邦雄、笠井智一等へのインタビューがある。ほとんどの方は他界されているのでこのインタビューは貴重。

 

零戦、かく戦えり! 搭乗員たちの証言集

零戦搭乗員会 編
文藝春秋 (2016/12/1)

 大原はソロモン航空戦についてと先輩搭乗員羽切松雄氏についての思い出を寄稿している。

 

まとめ

 

 大原亮治は太平洋戦争開戦後に実戦に参加した戦中派パイロットである。開戦時には実戦経験を持っていた岩本徹三や坂井三郎と異なり、教育課程も短縮された上に、最初の戦闘は練度の高い連合国軍との戦闘であった。その劣悪な条件下で生き残りラバウルを去った時、進出した時の隊員はわずか3名になっていたという。その後も終戦まで戦い抜き、戦後も長命を保ったが2018年11月2日惜しくも他界した。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

↑このページのトップヘ