トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

梅本弘

 

 今日紹介するのは、「読むのが大変なんだけど面白い本」、梅本弘氏の航空戦の本だ。梅本氏は本書以外にも多くの航空戦を調査した本を執筆している。梅本氏の書著の何がすごいかというと、今までの戦記は彼我一方の視点、資料で語られるものだ。

 しかし、梅本氏は彼我の記録、戦記を調べ尽くし極力事実を描こうとする。私も昔、調べてみようかと思って挫折したのだ。敵味方が乱舞し、記録もあいまいだったり消失していたりするなかでの作業は多くの困難があるのは想像に難くない。

 近年は、インターネットのおかげでこういった調査をした書籍が少しずつ出てきているが、私が知っている限り、睫攅玄・ヘンリー境田著『源田の剣』と梅本氏の一連の著作が一番綿密に調査されていると思う。『源田の剣』は共著だが、梅本氏は単著でこの完成度なのは驚きだ。ただ、読むのは大変だ。調査報告書を読むようなもので、淡々と書いてあるので結構辛いw。ただし、書いてある内容は貴重なのである。因みに私はこの梅本氏のこの手の著作は全て入手している。

 それはともかく、『ビルマ航空戦』であるが、冒頭に海軍の撃墜王坂井三郎氏とのやり取りが登場する。坂井氏曰く「空中戦の戦果というのは、まァ、そのほとんどが誤認ですね」だそうだ。そう、私も古くは秦郁彦の調査、そしてこの梅本氏の調査で完全に首肯できることだが、当の「撃墜王」が言ってしまうところが面白い。坂井氏のファンがなぜ多いのかが分かるエピソードだ。

 私は基本的に海軍の搭乗員に非常に興味があるので、本書の前半部分にある南雲機動部隊のコロンボ空襲の実際の戦果というのに興味を持った。日本側の戦果判定は撃墜51機ということになっているが、イギリス側の実際に撃墜された機数は28機であったという。

 初戦期の日本の搭乗員は選抜された上に少数精鋭の厳しい訓練を受け、尚且つ日中戦争で豊富な実戦経験を持っていた。その上、母艦戦闘機隊というのはその中でも特に練度の高い搭乗員で編成されていたのだ。それをもってしても1.8倍に戦果が膨れ上がってしまう。因みにこの空襲には私の憧れの岩本徹三一飛曹も参加している。まあ、これは本書には関係ないが。。。

 この戦果判定に関してはあの加藤隼戦闘隊、64戦隊は厳格だったようだ。梅本氏の調査の結果、64戦隊の戦果判定と実際の連合国軍側の損害がピッタリ一致していたことが数度あったそうだ。撃墜判定については、陸軍搭乗員の井上氏も著者とのインタビューで言及している。

 

戦後、英国に行って記録を見せてもらったら、向こうは撃墜の記録を誰がどこで何時何分に落としたって、時間まで全部、表にしている。日本は、本人が落としたって報告するだけでしょ。色々な出版物にはずいぶん落としたようなことが書いてあるけど、日本の戦果はちょっとオーバーだね。実戦を経験した人間が段々少なくなってるから、そういう疑いを抱く人も少なくなってるんじゃないかな。
(井上尚之元陸軍大尉「ビルマ上空一式戦の苦闘」 梅本弘『ビルマ航空戦〈上〉』

 

 また以前にも記事に書いた「ブラックドラゴン飛行隊」がまた登場する。このブラックドラゴン飛行隊というのは、「ガダルカナルから来た精鋭六機の零戦隊で指揮官は黒塗りのメッサーシュミットBf109に乗っている」そうだ。これは連合国軍側の証言だが、もちろん日本にそんな部隊はない。極限状態のパイロットの心理状態とみると面白い。

 本書で私が一番驚いたのは、一式戦闘機隼が第二次世界大戦の最高傑作機といわれるP51をちょいちょい撃墜していることだ。

 

11月2日に落としたモスキート、23日のスピットファイア昂審1機につづいて、25日にP51A型2機、27日にはP38J型2機、P51A型を4機撃墜、28日にまたP51A型1機を撃墜。こうしてビルマの一式戦部隊は、18年後半の雨季明け直後、連合軍が次々に投入してきた新鋭機を、いずれもその初交戦で、ほぼ、一方的に撃墜していったのである。
(梅本弘『ビルマ航空戦〈上〉』

 

 性能的には圧倒的に劣っているはずの隼がP51と互角に戦い時には撃墜さえしたという。しかしやはり機体の性能の違いというのは圧倒的だったようだ。それは整備を担当した方が証言している。

 

後で鹵獲したP51なんて、露天に雨ざらしにしておいてもセルモーター一発で始動だからねえ。整備も、燃料とオイルを補充するだけだから、現代の自動車並だ。
(梅本弘『ビルマ航空戦〈上〉』

 

 これに対して隼はというと、尾輪やプラグはすぐに壊れる上に野ざらしにもできず整備員は大変だったようだ。64戦隊が活躍した背景にはこういった整備員たちの苦労があったことも忘れてはならない。他にも、日本軍の7糎阻塞弾発射機が意外に効果があったことや、鹵獲したP-40で編成されていた50戦隊特殊戦闘隊というのがあったこと、64戦隊には第4中隊があり三式戦が配備されていた等、今まであまり知られていなかった事実が書かれている。そして損害調査の結果、彼我共に誰にも知られることなく消えていった偵察機の存在も知ることとなる。

 

8月24日のB24、9月10日と、13日のF5A、22日のB24、10月26日のB 24、11月2日のモスキート、そして3機の百式司偵。両軍とも偵察機は、敵地の奥深く、常に単機で出撃、その孤独な死を味方の誰にも知られることなく、かき消したように姿を消し、永遠に戻らなかった。
(梅本弘『ビルマ航空戦〈上〉』

 

 本書も含め、梅本氏の著作は彼我の記録、戦記だけでなく、海外の研究者との情報交換、生存者へのインタビュー等から空戦を再現しているかなりの労作だ。どれも普通の感覚ではかなり高価な本だが、内容から見れば格安だと断言できる。

 

 

【お願い】
下記のリンクを踏んで商品を購入して頂くと私にちょっとだけお金が入ります。良い記事だと思われたら投げ銭代わりにお願いします。


ミリタリーランキング

梅本弘 著
大日本絵画 (2011/9/6)

 

 今日は私が零戦搭乗員オタクから一時期手を引いていた時に「しれーっ」と発売されていたのが本書。まあ、「しれーっ」ととは私の勝手な印象なのだが。これ、私が昔やろうとしていたことなんだよね。戦闘行動報告書を調べて撃墜数を知る。さらに彼我の戦闘報告書を調べて実際の空戦を再現すること。

 なぜやらなかったのかというとこれは大変な労力が必要なのだ。私がやろうとしていた当時、1995年前後は、まだインターネットはほとんど普及しておらず、戦闘行動報告書を調べるには防衛庁の戦史編纂室?に行かなければならなかったのだ。ということでこの計画は私の完全な妄想で終わってしまって月日は流れ・・・。

 ふとネットを見てみると(現在、もう電脳社会になっている)、すごい労力をかけやった人がいる。それが著者梅本弘氏だった。本書にも書いてあるが彼我の戦闘報告書を調べるのはもちろん(当然、外国のものは外国語)、日本を含めた参加国の人が書いた戦記を読破した挙句に執筆したのが本書なのだ。労力はハンパじゃない。

 その結果、彼我の戦闘の実態が「ある程度」判明した。「ある程度」とは彼我の報告書を突き合わせても分らないことも多いのだ。今では良く知られていることだが、日米双方ともに戦果を過大評価している。結構、衝撃的だったのは私の憧れのヒーロー、岩本徹三のラバウル航空戦での戦闘行動報告書に記載されている撃墜数は何と20機であった。

 その20機すらも過大に報告された戦果である可能性は否めない。岩本徹三は自著でラバウル航空戦での自身の撃墜数を142機と主張しているが実際は・・・。日中戦争での撃墜14機というのも異論があるようだし、実際のスコアは多くて30〜40機程度だろうなぁ、等と思ってしまうのだ。

 これに対して15機撃墜のエース仲道渉の撃墜戦果はほとんどの場合、相手国の報告書で確認できるという。仲道渉は丙飛4期出身で当時はまだ若年搭乗員であった。必ずしもベテランの撃墜戦果が確実で若手の戦果が誤認であるとは言えないということも本書から分るのだ。

 値段的にちょっと勇気がいるが戦史が好きな人だったら絶対に勝っておくべきだろう。いずれ絶版になるだろうから・・・。

 

↓良かったらクリックして下さい。

人気ブログランキング

 

 本書は私にとっての名著『海軍零戦隊撃墜戦記』を上梓した梅本氏の新刊である。本書の特徴は著者が日米豪英等のあらゆる史料から航空戦の実態を再現していることだ。これは想像通りかなりのハードな作業だ。相当な時間がかかったと推測される。

 『海軍零戦隊撃墜戦記』は宮崎駿氏おススメの本で、有名なラバウル航空戦の後半部分を史料を元にして再現したものだ。後半部分というのは私の憧れ、岩本徹三飛曹長が活躍した時期の前後だ。本書はそのラバウル航空戦の初期の戦いについて記している。

 私が特に興味を持ったのは、零戦隊以外にも水上機部隊の活躍を克明に描いていることだ。ラバウル航空戦というと零戦隊の活躍ばかりが取沙汰されるが、零戦隊進出以前から水上機隊の戦いがあったことを知る人は少ない。

 水上機の戦闘記録をここまで克明に再現したのは本書が初めてではないだろうか。日本海軍最後の複葉機、零式観測機、通称零観の活躍や零戦にフロートを付けた二式水戦の活躍が描かれている。さらに九七大艇や二式大艇対B17の戦い等の記録も貴重だ。

 内容は日時から双方の損害、消費弾薬量にまで至る。かなり緻密に調べている。『海軍零戦隊撃墜戦記』では内容が単調で読むのが辛いという意見もあったが、私にはかなり興味深く読んだ。もちろん戦死した人数名前までも調べられる限り調べている。

 一般にラバウル航空戦は前半が日本の圧勝、後半は互角か苦戦というように考えられていると思うが、実際の航空戦を見ると、初期の戦いから空戦の度に日本側が大きな損害を出しているのが分かる。撃墜、行方不明の機数で言えば日本側が若干劣勢という程度であるが、戦死者の数は日本側が圧倒している。

 なぜそうなるのかというとアメリカ側は撃墜されても搭乗員が比較的救助されているのに対して日本側は防弾装備の不備によって「一発着火」していまうことや侵攻作戦であることもあり、生存率は低い。結局、総合的に見ると飛行機の損害は同じようでも日本側が一方的に多数の熟練搭乗員を失っているのが分かる。

 結局、救助されて再出撃することによって経験を積むアメリカ側搭乗員に対して搭乗員を消耗していく日本側というのが印象的だ。梅本氏以外の著作でもヘンリー境田『源田の剣』は彼我の搭乗員の氏名やその後まで調べているが戦闘というのは「人が死んでいる」というのがよく理解できる。戦記物は結構、「やった〜!日本の勝ちだ〜」というようにゲーム感覚で読んでしまいがちであるが、毎回の戦闘で死亡した彼我の兵士の人数、氏名を記されることによってゲーム感覚での読書を防いでくれる。

 本書中盤以降で面白いのはガダルカナル島上空での戦闘で米軍カクタス航空隊の搭乗員の口からさかんに零戦「ナゴヤ型」という新型機の存在が報告されることである。この「ナゴヤ型」は今までの零戦と異なり燃料タンクに自動防漏装置を装備し、速度は今までの零戦に比べ圧倒的に高速(F4Fより111キロ速い)で、並外れた機動性を持つという。

 無論「ナゴヤ型」なる新型機は存在しない。これは二号艦戦(三二型)が登場したという情報と戦場での恐怖心から生まれた新型機ではないかと著者は推測している。因みに「ナゴヤ型」として警戒されていたのは通常の零戦二一型であったようだ。

 航空機に関しては度々、me109やハインケル製ドイツ機との空戦を報告している。これはそれぞれ、零戦三二型、二式陸偵を誤認したものと思われる。これは私には結構新鮮だった。私は日本側の戦記やパイロットの手記は随分読んだが、連合国側のものはほとんど読んでいない。高性能の航空機は結構ドイツ製にされてしまっているようだ。

 本書は著者の今までの著書と同じように誤認戦果についても明確にしている。やはり今まで言われていたように連合国側に比して日本側の方が誤認が多いようだ。ファンには残念なことかもしれないが、著名な撃墜王、西澤廣義氏や太田敏夫氏、奥村武雄氏、角田和男氏等も相当の数の撃墜を誤認しているようだ。

 搭乗員に関しては『蒼空の航跡』でその技量の高さを知られる江馬友一飛曹長と推定される零戦が米軍パイロットを驚嘆させるような機動を行ったことや『ゼロファイター列伝』において三上一禧氏が唯一勝てなかったという奥村武雄一飛曹の技量の高さを知ることができる。

 さらに同『ゼロファイター列伝』での日高盛康氏の南太平洋海戦での決断の結果、米軍航空隊に多大な損害を与えたということも知ることとなった。ただ、前にも書いたように「日本が勝ったーばんざーい!」というような気持で本書を読むことはできない。

 本書を読んでいて一番感じたのは、R方面部隊を始めとする水上機隊の活躍である。水上機は周知のようにフロートを付けていることから通常の戦闘機に比べ機動性が劣る。にもかかわらずかなりの善戦をしていることが分かる。場合によっては米軍戦闘機隊と互角以上の戦いをしている場合もあり、そうでなくても米軍爆撃機から船団を護ることに関しては水上機隊の攻撃により爆撃を反らしたりとかなりの活躍をした。

 本書で私が一番感じたのは、米軍のパイロットは撃墜されても多くが救助されているのに対し、日本の搭乗員はそのほとんどが戦死している。それは防弾性能の悪い機体が主要な原因であり、それにより米軍に比して搭乗員の練度の低下を招いた。結局、日本軍の人命軽視の姿勢が日本空軍の戦力を奪っていくのだ。

 

↓良かったらクリックして下さい。

人気ブログランキング

隼況
(画像はwikipediaより転載)

 

 最近、私は陸軍戦闘機隊の記録を読むのが楽しみだ。記録といっても梅本弘氏の著作なのだけど、この梅本氏の著作は、日本と連合国の記録を照合して空戦をリアルに再現しているのが特徴だ。私は外国語は「からっきし」なので、どうしても日本の記録に偏ってしまう。ここで私が昔から気になっていた問題がある。

 

撃墜王ってホントは何機落としているの?

 

 「撃墜王」やら「エース」と言われている人の記録、特に岩本徹三氏等の著作を読むと、日本軍は来襲する敵機をバッタバッタと端から撃墜しているような印象を受ける。しかし、『日本海軍戦闘機隊』巻末の彼我の戦果報告と損害報告を見ると実はかなりの誤認戦果があったことが分る。当然といえば当然だが、ほとんどの場合、実数よりも戦果は大きくなる。これは空戦という極限状態での戦果確認となるので仕方が無いことだ。ラバウル航空戦を例にとれば部隊に報告された戦果と実数の差は大きい時で10倍にまで膨れ上がったりする。

 「撃墜王オタク」だった私としては、憧れの撃墜王が「本当は何機撃墜しているのだろうか」というのがとても気になるところ。そこを出来る限り資料を突き合わせて調べたのが梅本氏の著書だ。梅本氏の著作は値段は割高に感じてしまうが調べる手間を考えるとむしろ割安といってもいいと思う。興味のある人は是非購入してほしい。それはともかく、梅本氏の著作を読んでいて気になったことがあったのでちょっと書いてみたい。

 

ブラックドラゴン飛行隊と零戦ナゴヤタイプ

 

 みなさんは「ブラックドラゴン飛行隊」というのをご存じだろうか。これは日本軍がビルマ方面の航空戦に投入したエース部隊だ。隊長機は黒塗りのメッサーシュミットBf-109で、6機の零戦を従えている。この部隊はガダルカナルの戦場からビルマに展開した部隊でとんでもなく練度の高い部隊だ。このように書くと、よくある架空戦記物かと思われがちだが、実際に米軍の公式記録に記載されているもののようだ。

 さらにその「ブラックドラゴン飛行隊」が活躍したガダルカナルでは、昭和17年にしばしば新型の零戦「ナゴヤタイプ」が目撃されている。この「ナゴヤタイプ」は零戦の徹底的な軽量化を行い、他の零戦に比べて信じられないような機動性を発揮する。さらに速度はグラマン(F4Fか?)に比して111kmは速いという。要するにナゴヤタイプは650kmくらいは出せるということだ。しかし、軽量化のために防弾性能や自動消火装置を排除してしまったので機体としての性能はグラマンの方がいいというのが対戦したパイロットの報告であった。

 

結局は、航空戦も人間同士の戦い。

 

 もちろん、これらの情報は全て誤認だ。Bf-109がビルマ戦線で活躍したという事実はないし、確かその当時、零戦隊はビルマ方面には展開していなかったはずだ。そもそも隊長機だけが機種が違うというのはアニメの世界だけの話だ。実際は補給やらメンテナンスの関係で飛行隊は基本的には同一機種となる。「ナゴヤタイプ」に関しては周知のようにそのような機体は存在しない。そもそもただでさえ強度の弱い零戦をさらに軽量化してしまったらあっという間に空中分解してしまう。

 面白いのはこれらの情報が出た時は日米の戦力が日本優勢、若しくは拮抗していたということだ。「ブラックドラゴン飛行隊」も零戦「ナゴヤタイプ」も人の恐怖心が見せた幻想だったようだ。逆に日本空軍の搭乗員からこのような怪情報が出たというのをあまり聞かない。日本の搭乗員の間でもこのような伝説はあったのだろうか。誰か知っている人がいれば教えて欲しい。ともかくも、近代戦というと機械と機械のぶつかり合いという印象が強くなってしまうが、このような事例を知るにつけ、戦争とは人間同士が戦っているということを実感する。

 

関係書籍

 

 「ブラックドラゴン飛行隊」について書いてあるのはこれ。
  ↓↓↓

第二次大戦の隼のエース

 航空史家梅本弘氏の著作。第二次世界大戦時の陸軍戦闘機隊の活躍を描く。特に本書では隼に登場した「エースパイロット」について詳しく描いている。彼我の戦果報告書を丹念に読み解くという精緻な研究で知られている梅本氏であるが、本書では連合軍パイロットや陸軍戦闘機隊員の人柄までもがわかる。戦闘といってもどちらも同じ人と人なのだ。

 

 「ナゴヤタイプ」について書いているのはこれ。
  ↓↓↓

梅本弘『ガ島航空戦』上

 本書は私にとっての名著『海軍零戦隊撃墜戦記』を上梓した梅本氏の新刊である。本書の特徴は著者が日米豪英等のあらゆる史料から航空戦の実態を再現していることだ。これは想像通りかなりのハードな作業だ。相当な時間がかかったと推測される。

 『海軍零戦隊撃墜戦記』は宮崎駿氏おススメの本で、有名なラバウル航空戦の後半部分を史料を元にして再現したものだ。後半部分というのは私の憧れ、岩本徹三飛曹長が活躍した時期の前後だ。本書はそのラバウル航空戦の初期の戦いについて記している。

 興味があれば読んでみると面白いですよ。撃墜数云々という話はともかく、彼我の記録を辿ることでどちらの搭乗員も苦しんだり悩んだりする普通の人であることが分る。梅本氏の著作はこういう面も分かることがよい。

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

↑このページのトップヘ