トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

01_九九式双軽爆撃機
(画像はwikipediaより転載)

 

 九九式双軽爆撃機とは、1940年に制式採用された日本陸軍の双発軽爆撃機である。三式戦闘機飛燕の設計で有名な土井武夫技師の設計である。航続距離、爆弾搭載量こそは少なかったものの、速度、運動性能は抜群であり太平洋戦争終戦まで活躍した。双発爆撃機でありながら急降下爆撃も可能であり汎用性の高い機体であった。

 

九九式双軽爆撃機 〜概要〜

 

 

性能

全幅 17.47m
全長 12.88m
全高 4.32m
自重 4,550kg
最大速度 505km/h(高度5,600m)
上昇力 5,000mまで8分30秒
上昇限度 10,100m
エンジン出力 1130馬力2基
航続距離 2,400km
武装 7.92mm連装機銃1挺、7.92mm機銃2門挺
爆弾搭載量 300〜500kg
設計・開発 土井武夫 / 川崎航空機

 

陸軍爆撃機が航続距離が短く爆弾搭載量が少ない理由

 日本陸軍の爆撃機は、航続距離が短く爆弾搭載量が少ない機体が多い。これは、地上部隊との協同が主な任務であったことやソビエトを仮想敵国としていたことから国境付近に展開している敵を攻撃することが主眼となっていたためであった。地上部隊との協同、国境付近の敵への攻撃には長距離を飛行する必要がなく、頻繁に往復することが可能であるため爆弾搭載量も少なくても問題無かった。むしろ敵戦闘機に対抗するために運動性能、速度が重視された結果であった。

 

開発

02_九九式双軽爆撃機
(画像はwikipediaより転載)

 

 1937年12月末、陸軍は、旧式化した九三式双軽爆撃機に代わる軽爆撃機キ48の開発を川崎航空機に指示した。これを受けた川崎航空機は、のちに二式複戦屠龍や三式戦闘機飛燕の開発で有名になる土井武夫技師を設計主務者として開発を開始した。

 エンジンはハ25(1,000馬力。海軍名「栄」)を搭載。プロペラは直径2.8m3翅プロペラを採用、爆弾は全弾胴体内に収納できるよう設計されていた。爆弾倉の扉はそれまでの単純な左右に開く方式だと機体の安定が悪く、命中率が低下していた。そこでキ48では爆弾扉は二重繰り上げ方式という独自の方式を採用していた。機銃は7.7mm機銃で後上方に連装1基、前方、後下方に1挺の合計4挺が設置された(後期生産型では7.92mm機銃)。脚は引込脚を採用し、尾輪も引込式であった。

 1939年4月に設計完了、同年7月上旬には試作1号機が完成した。8月から基本審査、11月から実用審査が行われた。最大速度は480km/h(高度3,500m)、5,000mまでの上昇時間が9分、実用上昇限度は9,500m、航続距離が2,400kmという圧倒的な高性能を示した。このため審査は順調に進み、爆撃審査では苦心して開発した二重繰り上げ方式爆弾扉の効果で命中率は90%近かった。増加試作機も発注され、1940年5月11日に九九式1型双軽爆撃機として制式採用された。

 この機体設計の完成度の高さから本機は複座戦闘機キ45改のベースとなっている。キ45改の設計主務者も本機と同じ土井技師である。これに対して、米軍からの評価は、爆弾搭載量は単座爆撃機並で少なく、防御力も貧弱であるとかなり低い。事実、太平洋戦争中期以降になると陳腐化は甚だしく高性能の連合国軍戦闘機に対して損害を重ねていった。戦後は中華民国軍、人民解放軍の双方で使用されている。

 

2型甲

 1940年6月、エンジンを二速過給器付きハ115(1,130馬力。海軍名「栄21型」)に換装した性能向上型の設計を開始した。設計は1941年2月に完了したがエンジンの製作が遅延していたため試作機の完成は遅れ、1年後の1942年2月に試作1号機が完成した。最大速度は25km/h向上した他、武装も強化され、機銃の数は変わらなかったが、口径は7.7mmから7.92mm機銃に変更された。搭載爆弾もそれまでの100kg爆弾から250kg爆弾の搭載が可能となった。1943年2月、九九式2型双軽爆撃機として制式採用された。

 

2型乙

 キ66用に開発された制動板(急降下爆撃時に機体の速度を落とすための板)を装着した急降下爆撃機型で搭載爆弾も500kg爆弾の搭載が可能となった。九九式2型双軽爆撃機乙型として制式採用された。この乙型は制動板以外にも急降下爆撃用に各所に改良が加えられている。乙型をベースに後上方機銃を12.7mm機関砲に改修、機首側面に7.92mm機銃が追加された2型丙も製作されている。

 

生産数

 1型試作機は4機、増加試作機5機、量産機が557機生産されている。2型試作機は3機、2型甲は1942年4月から1944年10月まで550機が生産されている。乙型が1943年5月から1944年10月まで858機が生産されている。総生産数は1,977機である。

 

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_九七式司令部偵察機
(画像はwikipediaより転載)

 

 九七式司令部偵察機は三菱重工が開発した世界初の戦略偵察機で最高速度は陸軍の性能要求を上回る480km/hを発揮、当時最新鋭の陸軍の主力戦闘機九七式戦闘機の最高速度444km/hを40km/h近く上回っていた高速偵察機であった。この高性能は海軍にも注目され、九八式陸上偵察機として制式採用された。

 

九七式司令部偵察機 〜概要〜

 

 

性能

全幅 12.00m
全長 8.70m
全高3.34m
自重 1,592kg
最大速度 510km/h(高度4,330m)
上昇力 5,000mまで6分49秒
上昇限度 11,900m
エンジン出力 900馬力
航続距離 2,400km
武装 7.7mm旋回機関銃(テ4)
設計・開発 久保富夫 三菱重工

 

偵察機の違い

 日本陸軍には軍偵察機、直協偵察機、司令部偵察機という3種類の偵察機があった。当初は単に偵察機と称していたが、1935年末に初めて遠距離偵察をする航空機、部隊に直接協同する偵察機の2種類に分けられた。そして1937年になるとこれらに司令部偵察機が加わり、3種類の偵察機が存在するようになった。

 具体的には遠距離偵察・爆撃を専門とする偵察機は「軍偵察機(軍偵)」、地上部隊(特に砲兵)への協力・指揮連絡を行う偵察機を直協偵察機(直協)、そして航空情報の蒐集、戦略上の要地の偵察を行うのが司令部偵察機である。

 この司令部偵察機が要求されている性能とは、当時の最優秀戦闘機よりも高速であること、高高度で隠密偵察が出来ること、そして複座であることが求められている。最後の複座であることは、当時、電子機器が未発達のため偵察員の搭乗を意味する。これらを満たすことを条件として九七式司令部偵察機は計画されることとなった。

 

開発

 1935年7月23日(11日説もあり)、陸軍は三菱重工に対してキ15という名称で司令部偵察機の試作指示を出した。三菱では久保富夫技師を設計主務者として設計を開始、1936年5月には1号機を完成させた。発動機はハ8(750馬力)を採用、固定脚ではあったが、沈頭鋲を採用した全金属製の低翼単葉機でカウリング等も空気抵抗の少ない形状を採用していた。

 試作機は2機製作され、早速、審査が行われた。試作指示の段階で陸軍が要求していた性能要求は最高速度450km/h以上であったが、この試作機は最高速度480km/hを記録、性能要求よりも30km/hも高速を発揮した。前方の視界不良等のいくつかの点で問題はあったもののおおむね問題は無かったが、当時、未だ戦略偵察機の価値を理解しない一部の論者は採用に難色を示した。

 1937年2月になると前述の偵察機3種類の分類が決定、これを受け同年5月には増加試作機が完成、各部に微修正が施された後、1937年5月九七式司令部偵察機として制式採用された。この試作機の内、2号機は朝日新聞社に払い下げられ神風号と命名、1937年4月6日、立川飛行場を離陸、台湾、中東、イタリア、フランスを経由し、4月9日ロンドンへ着陸する。これは世界初の偉業であった。

 

2型

 エンジンを空冷14気筒ハ26機900馬力)に換装した型。1938年1月に先行試作機が完成、6月には試作が指示された。この2型は最高速度が30km/h向上、510km/hとなり、同時に上昇性能も向上した。1939年9月に制式採用され生産が開始された。

 

九八式陸上偵察機(海軍)

 当時、長距離偵察機の必要性を痛感していた海軍は、この九七式司令部偵察機2型の高性能に注目、陸軍の了承の下に発動機を瑞星12型に換装し各種艤装を海軍式に変更したものを九八式陸上偵察機11型として制式採用した。さらに1941年、エンジンを零戦と同じ栄12型(940馬力)エンジンにしたものを12型として制式採用した。

 

3型

 1939年発動機をハ102(1,080馬力)に換装した3型が試作された。これにより最高速度が530km/hに達したが、すでに後継機としてキ46(のちの百式司令部偵察機)がさらに高性能を記録していたため2機が試作されたのみで製作は中止された。

 

生産数

 合計で437機が製造された。九八式陸上偵察機は11型が20機、12型が30機である。

 

戦歴

 九七式司偵の活躍の場はすぐに訪れた。制式採用の2ヶ月後の1937年7月7日、盧溝橋事件が発生、同月26日には九七式司偵による偵察が行われている。その後1機が北支に進出、さらに2機が増強された。そして1938年3月14日には臨時独立飛行第1中隊が編成、1939年秋頃からは2型も配備されるようになり、仏印進駐、ノモンハン事件でも重要な役割を果たした。

 太平洋戦争が始まると九七式司偵は飛行第2戦隊、8戦隊、81戦隊、独飛50、51、63、70、76、81、101中隊に配備され各地の偵察に活躍、多くの犠牲を出しながらも任務を遂行していたものの、1941年8月頃から百式司偵の配備が進み九七式司偵は前線から徐々に消えていった。

 

まとめ

 

 九七式司令部偵察機は世界初の戦略偵察機として日中戦争から太平洋戦争中期まで活躍、その座を百式司令部偵察機に譲った。特に試作2号機が東京からロンドンまで51時間で飛行、世界新記録を樹立したことが有名である。三菱が生んだ傑作機である。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_キ115剣
(画像はwikipediaより転載)

 

 キ115剣とは、太平洋戦争末期に中島飛行機が開発した特攻専用のレシプロ機である。大量に余ったエンジンを有効活用するために木材や鋼鉄などの入手が容易な材料で簡単に製造できるように設計されていた。完成した試作機は長所が一つもないと言ってもいいくらい性能は劣悪であったため制式採用されることはなかった。

 

キ115剣 〜概要〜

 

性能

全幅 8.60m
全長 8.55m
全高 3.30m
自重 1,690kg
最大速度 550km/h(高度 - m)
上昇力  -
上昇限度  -
エンジン出力 1,150馬力(ハ115海軍名「栄21型」)1基
航続距離 1,200km(増槽装備時)
乗員 1名
爆装 800kg爆弾(または500kg)
設計・開発 青木邦弘 / 中島飛行機

 

開発

02_キ115剣
(画像はwikipediaより転載)

 

 中島飛行機は工場に大量に残されたハ25(栄12型)やハ115(栄21型)エンジンの活用を考えた結果、簡易的な攻撃機を大量に生産することを思い付いた。これは500〜800kgの爆弾を搭載した600km/h程度の速度の突撃機で脚は離陸後投棄して着陸は胴体着陸とする。さらに機体の材料は木材や鉄板を活用するという「廃材利用機」ともいえるものであった。

 この計画は、暗に特攻を示唆するものであったため、当初は陸軍によって拒否されたが、戦局がひっ迫した1945年1月20日、中島飛行機に開発指示がでた。これに対して中島は青木邦弘技師を設計主務者として開発を開始、わずか1ヶ月半後の3月5日に試作1号機が完成した。

 機体は徹底的に簡素化され、入手しやすい材料によって簡単に大量生産ができるようになっていた。このため主脚にはショックアブソーバーもなく、風防は半解放式で前面はガラスだが、後方のガラスは一部のみであった。離陸には離陸促進用ロケットを使用、爆弾は胴体下面の切り欠きに半分胴体に内蔵した形で搭載するという設計であった。エンジンはハ115(1,130馬力)でプロペラは2.9mハミルトン定速3翅プロペラであった。翼面積が小さく機体重量はそれなりにあるため翼面荷重は212kg/屬販軅錣簇擦2倍という非常に高いものであった。

 審査は3月から開始されたが、視界不良、ショックアブソーバーが無いため離着陸が難しい上に50kg以上の爆弾を搭載するとバウンドして転覆する可能性が高かった。他にも安定性、操縦性、運動性全てが悪い上に強度不足で最高速度も計画値に達していなかった。ため、6月下旬に審査主任の高島亮一少佐は不採用と判定した。この際、キ115を使用した作戦での推定攻撃効果という数値が算出されているが、これによるとキ115の内、30%は離陸に失敗、離陸した70%の内50%は敵機に撃墜される。残りの20%の内対空砲火により15%は撃墜され、5%が命中もしくは命中に近いものとなるが、実際に効果があるのは3%で、さらにこの3%も大きい艦艇に対しては効果は薄いというものであった。つまりは100機出撃して、その内3機が小艦艇に損害を与えることが可能ということである。

 

生産数

03_キ115剣
(画像はwikipediaより転載)

 

 終戦までに105機が生産されている。

 

まとめ

 

 キ115剣は特攻専用に開発されたレシプロ機であった。海軍の桜花と異なり完全な特攻機としてではなく帰還することも想定はされていたが、それは建て前上であり実際には完全な特攻機であったと考えてよいだろう。全ての性能は劣悪であり、爆弾を装備すると離陸時に転覆するという酷い機体であった。それでも実戦配備を要求し続けた上層部に対して審査主任の高島亮一少佐は要求を撥ね付け続けた結果、実戦に使用されることなく終戦を迎えた。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

↑このページのトップヘ