トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

戸高一成

戸高一成 著
KADOKAWA (2012/2/10)

 

 戸高氏の『海戦からみた』シリーズの多分2作目。タイトルの通り日清戦争を描くのだが、幕末の海軍伝習所から始まるのがあたり前といえば当たり前だが、ちょっと面白い。幕末に幕府内で海防が問題となった時に、「軍艦だけではダメだ。海軍生の養成が第一だ」という意見書を出した下っ端役人がいた。それが勝海舟だったという。

 勝海舟が優秀であり、自分の意見をはっきりと主張したのもすごいが、下っ端(非役の旗本・御家人)の意見を国防方針として採用した幕府もすごい。これは幕府が柔軟だったというよりも明確な方針が無かったというのが正しいだろう。それはそうと、日本と清国はそもそも連繋して列強と対抗するという考えもあった。しかし清国は有力な政治勢力を持たない上にお互いの対抗心や脅威感から連携相手とはみなさなくなったという。その結果、戦争が始まる。

 

日清戦争は単なる軍隊としてではなく、「科学技術の総合組織としての海軍の戦闘能力を示した戦争であり、その勝敗は両国の近代化の達成度を象徴するものだったのである。
(『海戦からみた日清戦争』より引用)

 

 日本が近代化を始めて最初の戦争が日清戦争であった。戦争の勝敗は科学技術のレベルに左右される。相手に対して高性能な軍艦や兵器を装備すればそれだけ勝率があがるのは今も昔も同じだ。さらに高性能な兵器を製造できる工場、その兵器の部品を作る工場、さらにその兵器を運用できる人間を育てること等の総合力が戦争の勝敗を決することとなった。

 本書で面白かったのは、日本の他国との戦争はすべて朝鮮半島をめぐる争いに端を発しているという視点だ。白村江から太平洋戦争に至るまで確かに朝鮮半島に端を発しているといえなくもない。それと登場してからまだ20年程しか経っていない新兵器の水雷艇を集中運用して作戦を行うという発想はまだ能力が証明され切っていない航空機で真珠湾の戦艦群を攻撃するという発想と通じているという指摘も面白かった。日本軍も意外と独創性があったのだなと感じる。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

人気ブログランキング

戸高一成 著
KADOKAWA (2012/6/10)

 

 たまたま購入した戸高氏の『海戦からみた太平洋戦争』があまりにも良かったためについつい購入してしまった。今日紹介するのは『海戦からみた日露戦争』である。

 

【目次】
はじめに―「完全勝利の物語」を海戦史から再検証する
第一章 海軍戦略思想はいかに生まれたか
 第一節 開戦の決意
 第二節 対露軍備の足場固め
 第三節 関係を深める日英海軍
第二章 実戦に臨む日本海軍と”丁字戦法”
 第一節 基本戦策”丁字戦法”の誕生
 第二節 開戦から旅順口閉塞作戦まで
 第三節 黄海海戦の苦い教訓
 第四節 ロシア極東艦隊の殲滅
第三章 バルチック艦隊の撃滅
 第一節 ”丁字戦法”からの脱却
 第二節 二日間の日本海海戦
第四章
 日本の「完全勝利」とは何だったのか
おわりに

 

 

 最近、私の中で密かな日露戦争ブームが起こっているのだが、それはどうでもいい。戸高氏の著作は客観的で的確、読んでいて夢中になってしまう。日本海海戦といえば一番有名なのは秋山真之が考案した丁字戦法であるが、実はこれは誰が考案したのかははっきりしないようだ。元海軍士官で歴史学者の野村氏は著書『日本海海戦の真実』で、考案者は山屋他人であるとしているが、戸高氏はそれを踏まえた上で不明としている。

 そしてその丁字戦法であるが、日本海海戦に先立つ各海戦で実践してみたがどれも失敗したという。そこでこりゃ駄目だということで連合艦隊の司令部は一つの奇策を用意していた。それが連繋機雷である。連繋機雷とは4つの機雷をロープでつなぎ艦が通るとロープによって艦に機雷が引き寄せられるというもの。で結構画期的だったようだ。小型艦艇による巧みな陽動で敵艦隊全面に連繋機雷を敷設する予定だったようだ。しかし、

 

「天気晴朗なれども波高し」

 

 ということになってしまった。これはどういうことかというと、波が高いために小型艦艇による奇策が実行できないということだ。要するに机上の計画に終わってしまったのだ。それでは丁字戦法をやったのかというと。。。

 

ターン後の丁字状態の戦闘時間は、かなり「イ字」が崩れた状態を含めてもわずか三分だったという
(『海戦からみた日露戦争』より引用)

 

 結局、やっていないんだなぁー。実は日本海海戦は丁字戦法ではなく単純な併航戦だったようである。

 

少なくとも東郷ターンの直後、また以後の併航戦において丁字戦法は存在しなかったといえる
(『海戦からみた日露戦争』より引用)

 

 ズバリ書くとそうなってしまうようだ。結局のところ勝利したのだが、その勝利の原因というのはではなんだったのだろうか。実はこれはものすごい合理的な理由だった。バルチック艦隊ははるばる地球を半周してへとへとだった。その上、速力も遅く、火力も弱く性能もまちまちだった。さらに長い航海で船底には海草や貝類が付着し速力が出なかった。

 さらに各艦喫水が下がる程に石炭を満載していた上に照準装置も日本海軍が最新鋭の照準望遠鏡であったのに対してバルチック艦隊は肉眼であった。その上、バルチック艦隊の兵員の三分の一は予備兵力であったのに対して、日本は統一した性能の艦で猛訓練を行っていた。要するに。。。

 

日本海海戦が、事前の準備や装備、将兵の練度や士気等において優勢にあった日本側の圧倒的な勝利に終わったことは、連合艦隊がバルチック艦隊に対して正面から戦いを挑み得たことから生じる当然の結果であったといえる。
(『海戦からみた日露戦争』より引用)

 

 という身もふたもない結論になってしまうのであった。結局、連合艦隊首脳部が考案した戦法は全て役には立たなかったということだ。世界海戦史上稀に見ぬパーフェクトゲームだったことについて、当時、第二艦隊の参謀であった佐藤鉄太郎中将は、海軍兵学校五二期への記念講演で要約するとこのようなことを言っている。

 

偶然でした!

 

 秋山真之に至っては大本教に入信し人知の及ばない世界に傾倒してしまった。あっちの人になってしまった訳だ。それはそうと、なぜ丁字戦法なるものが勝利の決め手になったと信じられることになったのかというと連繋機雷の存在を隠すためだったようだ。やはり戸高氏の著書は面白い。これ以外にも、広瀬中佐の最期について、

 

「自ら三度船内を捜索した後、巨弾、中佐の頭部を撃ち、中佐の体は一遍の肉塊を艇内に残して、海中に墜落したるものなり」と記されている。
(『海戦からみた日露戦争』より引用)

 

 とある。私は広瀬中佐は艦の中に杉野を探して入ったっきり出て来なかったと思っていたが、脱出した後に戦死したようだ。さらにバルチック艦隊に対して、日本海軍は仮装巡洋艦を使って偽情報を流していたり、実は津軽海峡は機雷で封鎖されていたりと知らなかったことだらけだった。感想としては、

 

面白かった!

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

人気ブログランキング

戸高一成 著
PHP研究所 (2009/7/22)

 

 本書は、著者が海軍士官を中心とする方々との交流の中で聞いたエピソードをまとめたものである。内容は非常に興味深く、今まで知られていなかったエピソードも多い。著者の戸高氏はあまり自分の意見を前面に出さす記録者として本書を執筆している姿勢に好感が持てる。14章立てで1章一人なので1章読み切りという感じでついつい読むのが止まらなくなってしまう。本当に面白かった。

 本書は著者が戦後生き残った海軍士官から直接話を聞いた内容を書いている。厳密に言うと13人の海軍士官と1人の報道カメラマンである。戸高氏の著書は以前、古書店で偶然見つけた『海戦からみた太平洋戦争』があまりにも面白かったので、同氏の別の著作を購入したのだ。

 内容は一貫性が無いという批判もあるが、聞き書きなので当たり前だ。逆に私は簡潔にそれぞれの人の興味深い話が短編として記されているので、読みだしたら止まらなくなってしまった。話の内容が人によって違うので退屈しないのだ。

 

 聞き書きに登場する海軍士官は、以下の通りである(カッコ内は著書)。

 

第1章、大井篤(『海上護衛戦』)
第2章、藤田怡与蔵(『零戦隊長藤田怡与蔵の戦い』※藤田氏の著作ではない)
第3章、関野英夫
第4章、山本正治
第5章、大西新蔵(『海軍生活放談』)
第6章、三原 誠
第7章、日辻常雄(『最後の飛行艇
第8章、新見政一(『第二次世界大戦戦争指導史』)
第9章、小瀬本國雄(『激闘艦爆隊』)
第10章、中島親孝(『聯合艦隊作戦室から見た太平洋戦争』)
第11章、千早正隆(『連合艦隊興亡記』等多数)
第12章、山下清隆
第13章、豊田隈雄
第14章、牧島貞一(『炎の海』)

 

 大井篤氏、日辻常雄氏等半数程の方は著書を持っており、戦記物をよく読む人だったら知っているかもしれない。一応、私の分かる限りで著書を挙げておいた。本書の内容は多岐にわたり、末期の瑞鶴は天山艦攻が3機余計に積めるようになっていた等、あまり知られていない情報や現場の人間しか分からないことが満載されている。

 私が面白かったのは、第3章の関野英夫氏が遠洋航海でサンフランシスコに行った時、野村吉三郎長官が日系人に万が一日米が戦争になったとき、我々はどうするべきかということを質問されたところだ。それに対して野村長官の対応が面白い。

 

<その場の雰囲気は、長官が「日本に忠誠を尽くせ」ということを期待していたようでした。ところが野村長官は「君たちはアメリカ国籍なのだから、立派なアメリカ人としてアメリカに忠誠を尽くさなければならない。それが大和民族の正しい忠誠心というものだ」とはっきり言ったそうです。

 

 この言葉に関野氏は感動したという。さらに戦後、米海軍基地のパーティーで関野氏が、

 

「我々日本海軍軍人だった人間は、米海軍がいかに勇猛でかつ突撃精神を持っているか、またどのような任務でも全力で戦う海軍であることを知っている。だからこそ米海軍は信頼できると思っている。

 

 と発言したのに対して、米軍側は、

 

「我々も日本海軍がどんな困難な任務でも命をかけて最後までそれを果たす海軍であることを良く知っている。だからこそ信頼できると思っている」

 

と返してきたという。これは北村淳『米軍が見た自衛隊の実力』でも米軍軍人の言葉として同様のことが記されている。これはリップサービスではなく、米軍軍人の本心であると私は思っている。ただ、戦時中、日本軍には捕虜の人権を無視していたというような残念な話もある。

 本書で紹介されている士官の最高位である新見政一中将が装甲巡洋艦出雲で遠洋航海に行った際、サンフランシスコで火災に出くわした。その時、出雲でも消防隊を出したのだが、アメリカ側は当然、ポンプ車やはしご車を出したのに対して、鳶口や高張提灯という江戸時代さながらの装束で駆け付けたというちょっと恥ずかしいエピソードも載せている。

 著者曰く、新見氏は分析や研究能力は高かったが、押しの弱い性格だったようだ。その新見氏の著作『第二次世界大戦戦争指導史』に対して昭和天皇が「これはいい本だから皇太子にも読ませたい」と語ったというエピソードも面白い。私は皇太子ではないが、さっそくアマゾンで購入してしまった。

 中島親孝氏の章も面白い。栗田健男中将の艦隊はまともに敵に突っ込んだことがないことや「仙人参謀」黒島亀人大佐はかなり独りよがりの性格であったことなど面白い。因みに黒島大佐については千早氏も宇垣纏『戦藻録』の一部を紛失したことについて自分に都合の悪い部分があったので処分したのではないかと語っている。

 戦艦武蔵の副砲は最上型巡洋艦の主砲であり、装甲が薄い。ここに命中弾を食らったら弾薬に引火して致命傷になるということに誰も気が付かなかったことも初めて知った。戦艦大和型に関しては戸高氏の著書『海戦からみた太平洋戦争』でも大和型は着弾の振動によって主砲の照準器が使えなくなるという欠点があったことが書かれている。

 その他、殺人光線の開発に従事した山本正治氏や有名な坂井三郎氏が負傷して単機で帰る途中の零戦を作家の丹羽文雄氏が見ていたこと、著名な航空機設計者クルトタンク氏と語り合った豊田隈雄氏や戦後軍人の公職追放はマッカーサーはむしろ批判的であったのに日本人が強硬に主張していたことなど、興味深いエピソードが多い。

 

↓良かったらクリックして下さい。

人気ブログランキング

↑このページのトップヘ