トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

戦闘303飛行隊

01_零戦22型
(画像はwikipediaより転載)

 

近藤政市少尉の略歴

 

 1917年11月5日愛媛県に生まれる。1935年7月27期操練を卒業。大村空を経て1936年11月空母龍驤乗組で日中戦争が勃発した。1938年加賀乗組。6月には15空に異動、11月内地に帰還した。1939年10月には12空に配属され再び中国大陸に出動した。1942年7月には瑞鳳乗組、南太平洋海戦に参加した。11月隼鷹に移動、第3次ソロモン海戦、「い」号作戦等に参加。1943年5月には一時的に内地へ帰還したが、7月2日にはブイン基地進出。ベララベラ攻撃にて負傷を負ったため内地に送還された。1年3ヶ月に及ぶ入院生活を終えて203空戦闘303飛行隊に配属されたが、実戦に出ないまま終戦を迎えた。

 

母艦戦闘機隊を渡り歩いた男

 

 近藤政市は操練27期出身で同期は12名、訓練は1935年1月から同年7月まで行われた。当時は日中戦争も始まっておらず、海軍の搭乗員養成は少数精鋭の教育であった。3名が事故死しており、1名が日中戦争で戦死、4名が太平洋戦争で戦死、内3名がソロモン方面での戦死で、終戦を迎えることが出来たのは4名のみであった。25%が事故で亡くなっていることからも分かるように、この時代の航空機はまだまだ危険な乗り物であった。

 わずか17歳で操練を修了した近藤一空兵は大村空を出た後、1936年11月空母龍驤乗組みとなる。母艦航空隊に配属されたことからも操縦に適性があったのだろう。この龍驤乗組時に日中戦争の勃発が勃発する。のちに3空零戦隊を率いてポートダーウィン進攻に活躍する鈴木實中尉の2番機として1937年8月には早くも撃墜2機を報告。さらに1938年には空母加賀に異動、蝶野二郎一空曹の3番機を務めた。その後、15空に異動したのち同年11月に内地に帰還した。

 内地では恐らく教員配置に就いていたものと思われるが、1939年10月、12空付として再び中国大陸に進出した。1942年7月には再び母艦戦闘機隊搭乗員として瑞鳳戦闘機隊に配属、日高盛康大尉の指揮の下、河原政秋飛曹長(操練26期)の2番機として10月26日には南太平洋海戦に参加している。この海戦で瑞鳳戦闘機隊は味方攻撃隊を護衛中にエンタープライズの攻撃隊とすれ違ったため、日高大尉率いる戦闘機隊が攻撃隊の護衛を放棄してエンタープライズ攻撃隊に対して攻撃を開始した。

 この攻撃が正否が後々問題となるのだが、近藤一飛曹もこの空戦に参加している。翌月には空母隼鷹乗組となり、第3次ソロモン海戦、「い」号作戦等、母艦搭乗員としてソロモン航空戦に参加している。1943年5月には一時的に内地に帰還するも同年7月には最前線基地のブインに進出、べララベラ攻撃において空戦中に左足に重傷を負い、そのまま本土に送還された。

 この療養は1年3ヶ月に及び、太平洋戦争後期には203空戦闘303飛行隊に復帰したものの、実戦に出ることなく終戦を迎えた。総撃墜数は13機といわれているが実数は不明、2007年5月12日に89歳で他界した。

 

近藤政市少尉の関係書籍

 

神立尚紀『証言 零戦 生存率二割の戦場を生き抜いた男たち』

 ゼロファイター列伝を文庫化したもので著者独自の人脈によって、それまで口を閉ざしていた戦闘機搭乗員達のインタビューを収録。登場する搭乗員は、三上一禧、田中國義、原田要、日高盛康、小町定、志賀淑雄、吉田勝義、山田良市(敬称略)である。特に日高盛康氏、志賀淑雄氏、三上一禧氏は沈黙を貫いていた方々であり、インタビューは非常に貴重である。日高盛康氏は近藤政市少尉が瑞鳳戦闘機隊時代の隊長である。

 

まとめ

 

 操練は海軍在隊者から搭乗員を選抜する課程でのちに予科練に統合されるが、在隊者から選抜されるために同期であっても経歴や階級には違いがあった。近藤少尉は17歳というほぼ最短で操練に合格したため操練20期台ではあるが、年齢的には操練34期の岩本徹三中尉、35期の原田要中尉、38期の坂井三郎中尉よりも若いし階級も下であった。しかし戦闘機搭乗員としての実戦を経験したのは早い。操練は年齢や階級と経験が一致しない場合がままある。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_零戦52型丙
(画像はwikipediaより転載)

 

要約

 

 戦闘303飛行隊とは、太平洋戦争後期に編成された特設飛行隊で、開隊から終戦まで隊長は実力人望共に豊かなベテラン指揮官岡嶋清熊少佐である。1944年に厚木で開隊した戦闘303飛行隊は、台湾沖航空戦、レイテ沖海戦等に活躍、最初の特攻隊である敷島隊の援護も行った。本土防空戦では最前線の九州に展開、特攻隊が数多く出撃する中、制空部隊として終戦まで活躍した。海軍のエースとして著名な岩本徹三少尉、西澤廣義飛曹長、谷水竹雄上飛曹等も所属していた。

 

海軍の「エース部隊」

 

02_零戦21型
(画像はwikipediaより転載)

 

 旧日本海軍の最強戦闘機隊といえば何だろうか?著名な零戦搭乗員である坂井三郎氏が所属した台南空、知名度は低いものの実は部隊練度では台南空を上回っていた3空、最前線のラバウルで米軍の攻撃を防ぎ続けた204空等がある。但し、戦争初期から中期にかけては海軍の戦闘機隊は高い練度を誇っていた。つまりはどの部隊も「エース部隊」であったのだ。陸軍も含めた日本空軍の練度の高さは尋常ではない。それは日本空軍の教育が、厳しい試験を勝ち抜いた少数の優秀な搭乗員に対して「職人技」とも言われる高度な技量を教え込む少数精鋭教育であったことが理由である。

 しかし、太平洋戦争は物量と物量のぶつかり合いであった。航空機搭乗員は次々と戦死していく。米軍の場合はパイロットの保護が非常に重視されていたためパイロットの生還率は非常に高いが、日本軍、特に日本海軍は決戦主義であったため搭乗員の人命を第一に考えるという発想はなかった。つまりは搭乗員は全員戦死してしまっても次の決戦までに育成すればよいからだ。

 その発想で突入した太平洋戦争は前述の通り物量のぶつかり合いであったため搭乗員は非常な勢いで失われていく。そして戦争後期になるとそれまで「消耗品」として扱われていた搭乗員は「宝石よりも貴重」とまで言われるようになった。このため離島に孤立した熟練搭乗員をわざわざ潜水艦で救出するというような戦争初期では考えられなかったようなことも行われるようになった。

 

戦争後期になると状況は一変

 

03_芙蓉部隊
(画像はwikipediaより転載)

 

 このような状況になった戦争後期、構成する搭乗員によって部隊の練度は大きく異なるようになった。つまりは部隊間の実力差が大きくなってきたのだ。この戦争後期で優秀な搭乗員を多く集めたことで有名なのは、局地戦闘機紫電改で編成された「剣」部隊343空であると一般には言われている。これは司令官の源田実大佐の政治力の賜物で、海軍では唯一といっていい最新の米軍機に対抗できる戦闘機紫電改を自分の部隊に集中運用させ、優秀な搭乗員を優先してヘッドハンティングしたと言われている。

 しかし実際はそうともいえない。343空に優秀な搭乗員が多く配属されたのは事実ではあるが、それはあくまで基幹搭乗員であって、優秀な搭乗員を引き抜くという評判が立った理由は、操縦が難しく「殺人機」とまで言われた局地戦闘機雷電の操縦が出来た若年搭乗員達を大量に343空に引き抜いたためだと言われている。実際には熟練搭乗員の比率は他の部隊とそれほど変わらなかったようだ。

 343空に比べて知名度は低いが、実は戦争末期の海軍でナンバー2の練度を誇った部隊がある。それは芙蓉部隊である。これは美濃部正少佐率いる夜間攻撃専門部隊である。当時比較的熟練者の多かった水上機からの転科者が多く、さらに工夫した訓練法で練度を増した。特攻には断固反対で結果、部隊の練度を上げるのに成功したのだ。

 しかし、その芙蓉部隊も海軍最強ではない。当時、海軍には部隊の練度を評価する基準があった。搭乗員の練度を測定するものだった。搭乗員はAランクから順に区分されていた。その基準で当時、最もAランクの搭乗員を擁していたのが今日紹介する戦闘303飛行隊なのだ。

 この戦闘303飛行隊というのは、私の感覚では戦史ファンや戦闘機ファンにはあまり知られていない部隊ではないかと思う。使用機は普通の零戦で戦争末期には九州地区での制空任務に活躍した部隊で、日本海軍のトップエースといわれる岩本徹三、西沢広義、谷水竹雄等、歴戦の搭乗員が在籍していた部隊だ。

 

戦闘303飛行隊の戦い

 

04_零戦52型丙
(画像はwikipediaより転載)

 

 私がチャラく調べたところによると戦闘303飛行隊は、1944年3月1日、特設飛行隊制度発足によって203空隷下部隊として厚木に誕生した。当時の飛行隊長は海兵63期の岡嶋清熊少佐。搭乗員には当初から日本のトップエースの一人である西沢広義、操練35期のベテラン長田延義、同54期の倉田信高、丙飛4期の本多慎吾、丙飛3期の加藤好一郎等の熟練搭乗員が名を連ねていた。

 1944年3月30日(4月末とも)、千歳基地に展開する(安倍正治「忘れざる熱血零戦隊」『私はラバウルの撃墜王だった』)。それはそうと、4月末にさらに幌筵島武蔵基地に移動する(安倍氏前著では5月中旬)。これは武蔵基地に展開していた281空が転出したためだ。その後、1944年8月11日に美幌基地へ移動。9月2日に一時的に百里原基地に展開するが9月14日にはまた美幌基地に戻る。9月18日にT部隊編入が下令され茂原に移動、さらに鹿児島の鴨池基地へ移動待機する。その後、台湾沖航空戦に参加したのち、10月24日フィリピンに到着する。

 10月27日、レイテ沖海戦の一環として特攻作戦が開始された。この特攻機を援護するために海軍でも指折りの実戦経験を持つ西澤廣義飛曹長が任命され、特攻掩護に就く。関行男大尉率いる特攻隊、敷島隊は体当たりに成功、米護衛空母部隊に大損害を与えた。西澤飛曹長は戦果確認後、零戦を現地部隊に引き渡し輸送機によって帰還するが、その帰還途中に米軍機に襲撃され撃墜されてしまう。

 開隊以来の熟練搭乗員西澤廣義飛曹長を失った戦闘303飛行隊は、翌11月15日に本隊は鹿児島へ撤収したようだ。所属航空隊も201空やら221空やらに変わったようであるが、正直、ここら辺はよく分からない。諸説あるものの、本隊がここら辺で内地に帰還したのは間違いないようだ。

 台湾沖航空戦、フィリピンの戦闘でかなりの消耗をした戦闘303飛行隊であったが、1945年から隊員を増強し始める。まず、3月15日に零戦虎徹こと岩本徹三少尉がヘッドハンティングされる。この時点での部隊規模は機材が32機、搭乗員57名であった。3月26日にラバウル帰りのベテラン谷水上飛曹、操練27期の大ベテラン近藤政市少尉が着任している。

 これだけ見ると何か数人のベテラン搭乗員だけしかいないような印象があるが、この戦闘303飛行隊の練度は全海軍中トップクラスであった。因みに谷水上飛曹が有名な撃墜マークを描いたのも戦闘303飛行隊にいた時だ。戦闘303飛行隊は九州に展開する宇垣纒中将指揮下の第五航空艦隊第203空の一隊として以後、終戦まで唯一の制空部隊として本土防衛にまい進する。

 

まとめ

 

 今日は何かダラダラと戦闘303飛行隊について調べたことを書いてしまったのであまり面白くなかったかもしれない。特に戦史に興味の無い人にはなんじゃこりゃーな話なのだが、私は昔から妙に興味があるのでついつい書いてしまった。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_台湾沖航空戦
(画像はwikipediaより転載)

 

 台湾沖航空戦とは、空母17隻、航空機1,100機の陣容を誇る米海軍第38任務部隊をコテンパンにやっつけようと陸海軍の航空機によって総攻撃をかけたところ攻撃は大成功。空母19隻を撃沈する戦果を挙げ米海軍を壊滅させたと思っていたのだが、実際の戦果は全部誤認で、実は日本の航空部隊が壊滅していたという作戦。米国ではフォルモサ航空戦(フォルモサとは台湾の別称)と呼ばれている。

 

台湾沖航空戦 〜概要〜

 

02_第38任務部隊
(画像は第38任務部隊 wikipediaより転載)

 

 日本軍が勝手に設定した絶対国防圏を容易に突破した米海軍に対して、海軍では762空が編成された。これは通称「T攻撃部隊」と称され、海軍の熟練搭乗員と気鋭の若年搭乗員で編成された荒天時や夜間の攻撃を主任務とする決戦部隊であった。特に台湾沖に頻繁に発生する台風と共に接近、攻撃をかける戦法を企図していた部隊で名称の由来は「Typoon(台風)」の頭文字、はたまた「Torpedo(魚雷)」の頭文字とも言われている。当時の粗悪乱造で性能の低下した航空機とメチャクチャ練度が低い搭乗員でやるには難しすぎる任務である気もするが、陸軍からも飛行第7戦隊、98戦隊が編入されて米機動部隊の襲来を今や遅しと待ち構えていた。

 そんなさ中の1944年10月10日、太平洋艦隊司令官ニミッツに台湾攻撃を命じられたハルゼー大将は沖縄諸島の日本軍拠点を攻撃する。10月12日にT攻撃部隊が出撃、第38任務部隊に対して以降4日間にわたって航空攻撃を敢行する。その結果、日本軍の戦果は空母19隻、戦艦4隻、巡洋艦7隻撃沈、その他15隻撃沈・撃破という大戦果を挙げた。

 これに対して日本軍の損害は航空機の損失312機。空前の大戦果に日本は沸き立ったが、後日、それが全て誤認戦果であることが発覚、実際の戦果は航空機89機撃墜と重巡2隻大破程度であった。

 

幻の大戦果が生まれるワケ

 

03_大本営発表
(画像は開戦時の大本営発表 wikipediaより転載)

 

 これ、一般に大本営発表の嘘として有名なのだが、軍上層部が実態を知っていながら虚報を流したと考えているのであれば完全な間違いで、当時の軍上層部のお偉方は完全に信じ切っていたのだ。何でこんな「幻の大戦果」が発生してしまったのかというと、理由は単に搭乗員の経験不足。そもそも戦果の誤認はベテランでもかなり発生する。戦後の調査でも練度の高い搭乗員で編成された開戦初期の作戦でも多くの誤認戦果が発生している。航空機の戦果では実際の戦果の倍以上に誤認されているのもザラなのだ。

 何でこんなことが起こるのかというと、戦闘中はもちろん冷静でいられない。敵は大きく見え、希望的観測によって自身の戦果は過大に認識してしまう。ましてや実戦経験の少ない若年搭乗員や初めて雷撃を行う陸軍航空隊員が戦果を確認しにくい夜間攻撃を行えばその誤認たるや目を覆うばかりである。

 例えば、雷撃機が魚雷を発射!敵艦に命中、闇夜に火柱が上がる。そしてすぐに火柱は消える。実際は、命中はしたものの敵艦の乗組員の処置により即座に鎮火していても、搭乗員からしてみると「大爆発!一瞬で轟沈!」となる。元々敵は大きく見えるのだが、闇夜ともなればそれは駆逐艦が戦艦になってしまう。そこで「戦艦1隻轟沈!」という戦果が報告されるのだ。

 それを複数の航空機の搭乗員がそれぞれに報告する。そうすると実は駆逐艦1隻が大破した程度であっても「戦艦3隻撃沈!」というような誤認戦果が生まれる。報告を受ける上官としてみても、当の搭乗員達は本気で信じているし、自分が実際に現場に行った訳でもないので否定する要素は何もない。さらには部下の戦果を認めてやりたい気持ちや自身の願望が重なってそのまま戦果として認めてしまう。その報告がどんどん上に上がり「幻の大戦果」が生まれるのである。

 

まとめ

 

 この台湾沖航空戦の当時、大本営陸軍部の「マッカーサーの参謀」こと堀栄三氏は当初からこの大戦果を不審に思い、帰還した搭乗員に対してヒアリングを行っていた。結果、誤認戦果であると推測していた。さすがマッカーサーのレイテ上陸をぴったり的中させた情報参謀である。でも、普通の人はみな信じたいことを信じるのだ。

 

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

↑このページのトップヘ