トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

タグ:土井武夫

(画像はwikipediaより転載)    九九式双軽爆撃機とは、1940年に制式採用された日本陸軍の双発軽爆撃機である。三式戦闘機飛燕の設計で有名な土井武夫技師の設計である。航続距離、爆弾搭載量こそは少なかったものの、速度、運動性能は抜群であり太平洋戦争終戦まで活躍し ...

(画像はwikipediaより転載)    キ102とは、キ45(二式複戦屠龍)をベースとして開発された高性能双発機で複座型の襲撃機タイプ、単座の高高度戦闘機タイプが存在した。制式採用はされていなかったが実戦部隊にも配属された。高高度戦闘機タイプは実戦でB-29撃墜も記録さ ...

(画像はwikipediaより転載)    キ60は太平洋戦争開戦前に開発された液冷重戦闘機で、三式戦闘機飛燕とは「姉妹機」に当たる。最高速度は560km/hを記録、運動性能も比較的良好であったが同時に開発されていた三式戦闘機飛燕が高性能を発揮したため試作機のみの製作となっ ...

(画像はwikipediaより転載)    九五式戦闘機は川崎航空機が1935年に開発した陸軍主力戦闘機で初期の日中戦争で活躍した複葉機である。複葉機としては究極の高性能であり、最高速度は400km/hと海軍の九五式艦戦を50km/h近く上回り、九六式艦上戦闘機とほぼ同じ速度であっ ...

(画像はwikipediaより転載)   要約    日米の航空機は一見、互角であったと考えられる。しかし基礎技術、基礎工業力の貧弱な日本と諸外国では技術の水準に天と地ほどの差があった。これらは短期的に高めることができず、向上させるには長い期間が必要となる。   ...

↑このページのトップヘ