トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

南太平洋海戦

01_零戦22型
(画像はwikipediaより転載)

 

大森茂高少尉の略歴

 

 1916年1月15日山梨県に生まれる。1933年5月海軍に入団。1936年9月操練33期卒業。1938年2月13空に配属。日中戦争に参加する。3月12空に異動。12月赤城乗組ののち、筑波空、大湊空を経て、鳳翔乗組で太平洋戦争開戦を迎える。1942年5月赤城乗組。6月ミッドウェー海戦に参加。その後翔鶴乗組。南太平洋海戦には母艦上空直掩の任務に就いたが、米艦爆が翔鶴へ投弾するのを防ぐために体当たりして戦死した。戦死後全軍布告、二階級特進で特務少尉となった。

 

母艦戦闘機隊一筋に生きた男

 

 大森茂高少尉は操練33期出身で戦闘機専修の同期はわずか6名である。この時期は少数精鋭教育の時代ではあったが、6名の内、2名が転科しているので、当時流行していた戦闘機不要論の影響があったのかもしれない。この戦闘機不要論とは海軍の場合、九六陸攻が当時の主力戦闘機九〇式艦戦を上回る高速を発揮したため、陸攻だけで十分であり戦闘機は不要であると短絡的に考えた海軍の一部高級士官が唱えた論である。

 無論、九〇式艦戦と九六陸攻は世代が全く違うため新鋭機の性能が圧倒しているのは当たり前であった。当時の航空機は3年で旧式となるほどの発達期であり、6年の差は大きかった。その後、九六陸攻の速度を上回る九六艦戦の完成や実戦で戦闘機の援護の無い攻撃機に大損害が出たためこの論は消え去ったが、一時的にしろ戦闘機搭乗員を削減したことは後々大きく影響することとなる。

 操練33期は1936年2月から訓練を開始、同年9月に終了している。この前後のクラスは日中戦争開始前に十分な訓練を受け、その後日中戦争で実戦経験を積み、太平洋戦争開戦時には中堅搭乗員として活躍したクラスで著名な搭乗員である武藤金義少尉(32期)、岩本徹三中尉(34期)、原田要中尉(35期)坂井三郎中尉(38期)等、太平洋戦争全般において中核となったクラスであった。それだけに戦闘機不要論の影響は大きかったといえる。

 訓練課程を修了した大森少尉は1938年2月に中国大陸に展開する13空に配属、同月には初めての実戦を経験する。翌月には12空に異動、引き続き中国大陸で活躍した。12月には空母赤城乗組を経て筑波空、大湊空と陸上基地勤務を経て空母鳳翔戦闘機隊員として太平洋戦争開戦を迎えた。この鳳翔は太平洋戦争開戦時には二線級の空母であったが、旧式であるために飛行甲板が狭く、離着艦に高い技量が必要とさえる。それ故、大森少尉のような熟練者が任命されたのかもしれない。

 1942年5月、空母赤城に異動となる。翌月にはミッドウェー海戦に参加、大森少尉はミッドウェー島攻撃隊の直掩として出撃、帰還後は直掩機として防空任務に就いた。防空任務では6機撃墜を報告したものの母艦は被弾し炎上、唯一健在であった空母飛龍に着艦して引き続き防空任務に努めたが飛龍も撃沈されたため海上に不時着、救助された。

 内地に帰還後、翔鶴戦闘機隊に配属される。1938年末以来、一時期の陸上基地勤務を除けば母艦一筋である。8月、瑞鶴、瑞鳳と共に第一航空戦隊を編成した翔鶴はソロモン海に向け出撃、同月24日には第二次ソロモン海戦に参加する。さらに10月26日には南太平洋海戦に参加、大森少尉(当時一飛曹)も参加、母艦上空直掩任務に就いた。母艦上空での空戦では5機の撃墜を報告したが、米艦爆の内1機が投弾体勢に入っていたが、大森少尉は攻撃が不可能と判断すると米艦爆に体当たりして戦死した。

 この海戦において翔鶴は大破したものの撃沈は免れた。この大森少尉の行為に対して海軍は全軍に布告、二階級特進として特務少尉に任じた(戦死時は一飛曹)。この二階級特進であるが、戦死してしまって階級が上がることに意味がないのではないかと思われるかもしれないが、これは多少異なる。

 もちろん本人は戦死してしまっているので全く意味がないのであるが、大森少尉の遺族は「少尉」の軍人恩給をもらうことが出来る。全軍布告は単なる名誉であるが、二階級特進は遺族に対する恩給の金額が上がるため戦死者の遺族にとっては生活の助けになるという側面もある。総撃墜数は13機といわれている。

 

大森茂高少尉の関係書籍

 

まとめ

 

 操練33期は6名であったが、2名が他機種に転科、のちに1名が戦闘機に転科しているため5名であった。この内、太平洋戦争終戦を迎えられたのは1名のみで、1名は日中戦争で、3名が太平洋戦争で戦死している。この内1名は1945年8月9日で終戦のわずか6日前であった。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_エンタープライズ
(画像はwikipediaより転載)

 

要約

 

 南太平洋海戦とは、1942年10月26日にソロモン海域で行われた海戦で、ガダルカナル島ヘンダーソン飛行場を奪回する陸軍を援護するために行われた海戦であった。日本側は空母4隻、米側は空母2隻を投入、正面から戦闘を行った結果、米側は空母1隻、駆逐艦1隻が撃沈、日本側は大破した艦が2隻あったものの撃沈された艦はなかったが、ヘンダーソン飛行場の奪取には失敗した。このため戦術的には日本側勝利、戦略的には米側勝利と言われている。

 

南太平洋海戦 〜概要〜

 

02_ホーネット
(画像はwikipediaより転載)

 

 1942年8月7日、米軍のガダルカナル島以降、米軍の対日反抗の拠点となったヘンダーソン飛行場の再奪取を目論む日本陸軍第17軍は10月下旬に総攻撃を計画、支援を海軍に要請した。これに対して海軍は空母翔鶴、瑞鶴、瑞鳳から成る第一航空戦隊(一航戦。司令官南雲忠一中将)、空母隼鷹の第二航空戦隊(二航戦。司令官角田覚治少将)、前衛部隊として戦艦金剛、榛名をを中心とする戦艦、重巡部隊をソロモン海域に出撃させた。

 対する米軍も同海域に空母エンタープライズを基幹とする第16任務部隊、空母ホーネットを基幹とする第17任務部隊、戦艦ワシントンを中心とする第64任務部隊が派遣された。10月25日、二航戦とラバウルの基地航空隊がヘンダーソン飛行場への攻撃を行う。同日、日米機動部隊は同海域に相手側も機動部隊を派遣していることを確認した。

 1942年10月26日、双方がほぼ同時に相手側機動部隊の位置を確認、日本側は第1次攻撃隊62機を発進、第2次攻撃隊も発進させたがレーダーが敵機の接近を確認したため各母艦毎に別個に発進することになった。同時刻に米側も攻撃隊73機を発進、日米の攻撃隊は進撃途中にすれ違うこととなった。双方、自軍の攻撃隊を援護する必要性から攻撃を見送るが、この時、日高盛康大尉率いる瑞鳳戦闘機隊が反転、米側攻撃隊の一隊であるエンタープライズ隊19機に対して攻撃を行った。これが後に大きな問題となる。

 日本側第1次攻撃隊は空母ホーネットを攻撃、大破させるが、米側もまた日本軍機動部隊の空母2隻を発見(瑞鳳は米軍偵察機の奇襲により被弾し戦線より後退している)、空母翔鶴に命中弾2発を与えている。続いて日本側第2次攻撃隊が米機動部隊を発見、エンタープライズを攻撃している。さらに敵機動部隊発見の報により二航戦がヘンダーソン飛行場攻撃を中止、エンタープライズ攻撃に第1次攻撃隊を派遣、攻撃を行った。これらの攻撃によりエンタープライズは中破、戦列を離れることとなった。

 これにより日本側の攻撃目標は空母ホーネットに集中、二航戦は第2次攻撃隊を編成して炎上中のホーネットに攻撃をかけた。また一航戦も第3次攻撃隊を編成、同空母を攻撃している。さらに二航戦が第3次攻撃隊を発進、ホーネットに攻撃をかけた。さらに近藤信竹中将が指揮する前衛部隊が水上戦闘を挑むために追撃戦を開始した。これらの攻撃に対して米側は空母ホーネットを放棄、総員退艦の後、駆逐艦の砲雷撃を行った。

 日本軍の前衛部隊が空母ホーネットに到着した時、ホーネットは未だ浮いていたため連合艦隊司令部は一時、ホーネットの鹵獲を試みるが、結局、雷撃により撃沈された。

 

瑞鳳戦闘機隊の反転

 

03_南太平洋海戦の翔鶴零戦隊
(画像はwikipediaより転載)

 

 第1次攻撃隊が進撃途中に米攻撃隊とすれ違った際、日高盛康大尉率いる瑞鳳戦闘機隊9機が攻撃隊の護衛を中止して米攻撃隊への攻撃を行った。この攻撃を受けたエンタープライズ隊は19機中5機が撃墜され、1機が不時着、2機が被弾のため母艦へ帰投した。これに対して瑞鳳戦闘機隊も2機が撃墜され、2機が帰途行方不明となり合計4機が失われた。

 エンタープライズ隊は残った11機で進撃を続けたが、空戦で燃料を消費していたのと高度が下がっていたため日本側機動部隊への攻撃は出来ず、前衛部隊への攻撃を行っている。この攻撃により重巡筑摩が大破している。

 この攻撃により日本側は損害を未然に防ぐことが出来た反面、攻撃隊を援護する戦闘機が9機減少したことにより苦戦を強いられた。この日高大尉の行動に対しては部内でも批判的な意見が出た反面、肯定する意見も多かった。これに対して日高大尉は命令違反として処分されることはなかったが、戦後も一切弁明することはなかった。

 

まとめ

 

 南太平洋海戦における双方の損害は、日本側が空母1隻、重巡1隻大破、航空機92機を失った。対して米側は空母1隻、駆逐艦1隻撃沈、駆逐艦1隻が大破した。航空機の損失は81機であったが、日本軍の作戦目標であったヘンダーソン飛行場の奪取には失敗する。このことから戦術的には日本側勝利したものの、ヘンダーソン飛行場を確保した米国が戦略的には勝利したと評価されている。

 確かに艦艇、航空機の損害で判断すれば日本側に軍配が上がるが、この海戦による搭乗員の戦死者は日本側148名に対して米側26名と極端に異なる。日本側は開戦以来、珊瑚海、ミッドウェー、第2次ソロモン海戦、そしてこの海戦により開戦以来の練度の高い母艦搭乗員をほぼ失ったといってよい。以後、終戦まで同レベルの練度を持った母艦搭乗員で機動部隊を編成することは出来なくなった。この点も含めて日本側の戦略的敗北といっていいだろう。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

↑このページのトップヘ