トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

九七式大艇

01_呉第三特別陸戦隊
(画像はwikipediaより転載)

 

フロリダ諸島の戦いとは、

 

 1942年8月7日、米軍第一海兵師団は日本軍が攻略したソロモン諸島フロリダ諸島にあるツラギ島、ガブツ島、タナンボゴ島に上陸、同地を守る日本軍部隊と戦闘状態に突入した。この戦闘で日本軍守備隊は全滅。米軍は同日行われたガダルカナル島上陸と並んでソロモン諸島に米軍の橋頭保を築くことに成功した。米軍のガダルカナル島上陸はあまりにも有名な話であるが、同時に行われたフロリダ諸島の戦いはあまり注目されていないために知名度は低い。

 まず、この戦いに至るまでの経緯を簡単に説明してみたい。そもそも何でこんなところに日本軍がいるのよ?という話である。太平洋戦争開戦以来、破竹の進撃を続ける日本軍。1942年1月23日には、ニューブリテン島ラバウル、ニューアイルランド島カビエンを占領した。さらにそこからニューギニア東部のラエも占領。ラエの南側にある連合軍拠点のポートモレスビーをも攻略しようとする。しかしラエとポートモレスビーの間にはオーエンスタンレー山脈という富士山並に標高の高い山脈が連なっており、陸路からはなかなか難しい。そこで海路から侵攻するMO作戦が決定された。

 このMO作戦に先立ち、水上機が輸送船団の周辺を哨戒するために前進基地が必要となり、適地を探したところ、フロリダ諸島のフロリダ島、ツラギ島、ガブツ島、タナンボゴ島が水上機の基地として適していると判断され、5月3日に呉第三特別陸戦隊を主力とした部隊で上陸占領された。これら占領した島には、ツラギ島に第84警備隊約400名、ガブツ島には横浜空の病院班、舟艇班、工作半100名、タナンボゴ島には九七式大艇10機と横浜空大艇隊等350名、フロリダ島には二式水戦隊60名が進出した。その後、MO作戦は失敗したもののフロリダ諸島の日本軍は駐留を続けた。

 

その頃米軍は。。。

02_ツラギに上陸する米軍
(画像はwikipediaより転載)

 

 1942年3月14日、米軍統合参謀本部は、太平洋。大西洋方面での基本方針を策定。ウォッチタワー作戦と命名された。これは太平洋方面で押され気味の米軍の反抗作戦で、米本土の安全の確保、米豪交通路の確保等が盛り込まれていた。この作戦は同年6月25日に発令、第一段作戦は、総指揮官はニミッツ大将で、サンタクルーズ諸島、ツラギ周辺の攻略を目標としていた。保有戦力は空母サラトガ、エンタープライズ、ワスプの3隻と新型戦艦ノースカロライナ合わせて26隻、リッチモンド・ターナー少将率いる輸送船23隻、巡洋艦8隻、駆逐艦15隻、掃海部隊1個群の水陸両用部隊、アレクサンダー・ヴァンデグリフト少将麾下の第1海兵師団約19,000人であった。参加する航空機は合計541機にも上る。

 作戦発動は8月1日であったが、日本軍がガダルカナル島に飛行場を設営していることを発見したため急遽、ガダルカナル島を目標に追加、サンタクルーズ諸島は中止された。このため作戦発動日は遅れて、8月7日となった。

 

そもそもおかしいのだ

03_米軍上陸ルート
(画像はwikipediaより転載)

 

 そして運命の8月7日、米軍は大挙してフロリダ諸島に上陸してきた。この作戦に動員された米軍の戦力は第1海兵師団およそ8,000名で航空隊や後方支援部隊が中心の日本軍1,100名を圧倒していた。日本軍は事前に米軍の侵攻を察知することが出来ず、米軍は完全な奇襲に成功したといっていい。このため、日本軍守備隊はほぼ全滅。伝統の横浜空は壊滅した。対して米軍の戦死者は122名で米軍圧勝の戦いであった。同日に行われたガダルカナル島上陸と併せて太平洋戦争の転換点となった戦いである。

 米軍の周到な作戦に対して、日本側は善戦はしたものの戦略的には相当な問題のある戦いであったといえるだろう。当初、米軍が上陸してきた際に日本側は本格的な反撃とは認識していなかったようである。上陸当日に急遽、ラバウルの航空隊をガダルカナル島に急行させたことはさせたが、そんな少数の航空機ではどうなる問題ではない。この後、ガダルカナル島へは戦力の逐次投入が繰り返され、総数30,000名の陸海軍兵力が投入されたが、生還したのはわずか10,000名程度であった。

 ガダルカナル島の問題はともかく、フロリダ諸島の水上機基地には相当な問題がある。このフロリダ諸島フロリダ島、ツラギ島、ガブツ島、タナンボゴ島はガダルカナル島の向かいに位置する島で日本軍の最前線に位置していた。この場所に非力な水上機群を展開させるというのは「攻撃してください」と言っているようなものである。確かにこの位置に飛行艇を配置すれば珊瑚海からラバウル方面まで広く海域をカバーすることはできる。しかしほぼ無防備な飛行艇基地を最前線に設置すれば攻撃されることは火を見るよりも明らかである。

 飛行艇というのは、長大な航続距離を生かして後方基地から出撃して偵察した後に後方基地に帰還する。そのための長大な航続距離のはずだ。このような飛行艇の運用法自体が貴重な大型飛行艇を失い、何よりも育成に10年はかかると言われているベテラン搭乗員、整備員等を多く失ってしまう結果となった。これは米軍の戦略、戦術が素晴らしかったというよりも日本軍のそれらが稚拙であったと言っても過言ではないだろう。

 

 

 


ミリタリーランキング

01_九七式大艇
(画像はwikipediaより転載)

 

 戦前、戦中と日本が掛け値なしで世界一だったのは大型飛行艇である。飛行艇が高性能だった理由は、全周囲が海に囲まれた日本の地理的要因が大きかったのかもしれない。国産最大級の九七式大艇、その後継の二式大艇と間違いなく世界で最も高性能の飛行艇であった。

 

九七式大型飛行艇概要

 

 

<性能(23型)>

全長 25.6m
全幅 40m
全高 6.27m
全備重量 17.5トン/過荷重23トン
最高速度 385km/h
航続距離 6771km
武装 20mm旋回銃1挺、7.7mm機銃4挺、航空魚雷2または爆弾2トン
設計・開発 菊原静男 / 川西航空機

 

開発・生産

 1934年初め、九試大艇の名称で開発が指示されたのがのちの九七式大艇である。海軍は大型飛行艇でありながら陸上機並みの速度に爆装、雷装でもできる遠距離攻撃機を想定していた。海軍は川西航空機に開発を指示、川西は菊原静男技師を設計主務者として開発を開始、指示されてから2年後の1936年7月14日、九試大艇は初飛行をし、25日には軍に領収された。1938年1月8日、海軍は試作機を九七式大艇1号飛行艇、量産型を九七式2号飛行艇1型として制式採用した。試作機は4機生産され、1号機から4号機までで840馬力光二型エンジンを装備していたがのちに1号機以外の3機は1000馬力金星43型に換装された。

 

11型

 量産型の九七式2号飛行艇1型(のち九七式飛行艇11型)は、全部で12機生産されており、5〜16号機が該当する。5〜14号機の10機は当初から金星43型エンジンを装備しており、内、7〜8号機の2機は輸送機に改造された。15〜16号機の2機は当初から輸送用として改造されている。 重量16トン。武装は尾部に20mm機銃1挺、機首、後方に7.7mm機銃1挺。最大速度は332km/h。5000mまでの上昇時間3分58秒。実用上昇限度7600m。航続距離4130km。

 

22型

 九七式飛行艇22型は2号2型と呼ばれるタイプと2号3型と呼ばれるタイプの2種類が存在する。  1940年4月16日に制式採用された九七式2号2型は、金星43型エンジン装備、武装が新たに側方左右に7.7mm機銃が装備された。1941年8月5日に制式採用されたは、九七式2号3型は、940馬力金星46型を装備、重量17トン。エンジンを換装したことにより最大速度が340km/h、5000mまでの上昇時間3分31秒、実用上昇限度9610m、航続距離6081km。武装は2号2型と同じ。22型は125機製造された。

 

23型

九七式大艇03

 

 九七式飛行艇23型が最終生産型で1942年8月に制式採用された。エンジンが金星51型、1300馬力53型に換装され最大速度が385km/h、5000mまでの上昇時間が3分23秒、航続距離6770km。重量23トン。生産数36機。さらには九七式大艇の輸送機型である九七式輸送飛行艇が、1939年7月(8月2日説もあり)制式採用された。

 武装を撤去し10人分のソファが装備、さらには寝室、手荷物室、客室、化粧室が設けられた。乗員は8名。11型ベースのもの22型ベースのものの2種類があった。全備重量17.1トンまたは23トン。11型ベースのもので最大速度は333.4km/h、航続距離4328.1kmである。20機が海軍、18機が大日本航空で使用された。民間使用機は川西式四発型飛行艇と呼ばれる。生産数は34機。

 

生産数

 九七式大艇の生産数は試作機が4機、11型が12機、22型が127機、23型が36機で合計179機、輸送型が36機である。179機中2機が輸送型に改造されているので正確には九七式大艇177機、輸送型38機である。  年度毎の生産数は、1936年度が試作機1機、37年度試作機2機、38年度試作機1機、量産機8機、39年度20機、40年度33機、41年度65機、42年度49機、輸送型は1940年が5機、41年が3機、42年が25機、43年1機である。なお終戦時には5機が残存していた。

 

戦歴

九七式大艇02

 

 1937年半ば、新設された飛行艇隊である横浜航空隊(浜空)に九七式大艇が配備された。1938年には大湊での耐寒訓練が行われたが、これは当時難航中であったソビエトとの漁業交渉を有利に展開させるための圧力であったといわれる。そうであるならばこれが最初の任務ということになるのかもしれない。その後、九七式大艇はその長大な航続力を生かし南洋調査に活躍、これが太平洋戦争開戦後に非常に役立つこととなる。

 1940年11月15日には2番目の九七式大艇の部隊である東港空が台湾東港に開隊、定数24機が割り振られた。太平洋戦争開戦時の飛行艇部隊はこの2隊と横空に2機、佐世保空に15機であった。太平洋戦争開戦時には横浜空はメジュロ環礁、東港空はパラオに展開していた。横浜空はその後、ラバウルに進出、ポートモレスビー爆撃に活躍した。

 これに対して東港空はパラオからダバオに進出、1941年12月31日には雷装した九七式大艇がオランダ海軍水上機母艦を雷撃したが命中せず、逆に九七式大艇1機を失うこととなった。この雷撃が第二次世界大戦での飛行艇による唯一の雷撃であった。その後東港空は蘭印方面の作戦に従事、1942年4月以降はインド洋の作戦に参加した。

 1942年4月1日には新たに14空がマーシャル諸島の一島ヤルート島で開隊、マーシャル諸島での哨戒任務に従事した。28日には横浜空主力は、ラバウルからショートランド島、そしてツラギに進出したが8月7日の米軍の上陸時に全滅している。以降、残った横浜空の九七式大艇と東港空派遣隊、さらに増援された九七式大艇がラバウル、ショートランドに進出、哨戒に従事した。この哨戒時に複数回にわたってB-17と空戦を行っている。

 電探(レーダー)装備の九七式大艇が最初に配備されたのは851空で1942年12月のことであった。1943年12月には海上護衛専門部隊である901空が開隊、32機もの九七式大艇を装備していた。当時、飛行艇の主力は最新の二式大艇となっていたが、海上哨戒には低速で安定性のある九七式大艇が非常に優れていた。他にも各所で輸送や哨戒、偵察任務に活躍、終戦時に残存していた機体はわずかに5機であった。

 

九七式大艇の模型

 

ハセガワ 川西 H6K5 九七式大型飛行艇 23型

 1942年8月に制式採用された九七式大艇の最終型。最も高性能の九七式大艇。太平洋戦争の前半から終戦まで活躍した機体。

 

ハセガワ 1/72 日本海軍 川西 H6K5 九七式大型飛行艇 23型 魚雷搭載機 横浜航空隊

 開戦当初は九七式大艇に魚雷を装備し敵主力艦隊を漸減させる戦法が考案されていた。開戦当初、連合国軍水上機母艦に雷撃を行ったが、飛行艇は大型で速度が遅く恰好の標的となってしまい、雷撃を行った3機中1機が撃墜され、雷撃も失敗した。これは開戦当初の飛行艇隊「横浜航空隊」の貴重な雷撃機仕様の九七式大艇。

 

ハセガワ 1/72 日本海軍 川西 H6K5 九七式大型飛行艇 23型 電探装備機 対潜哨戒 プラモデル

 戦争後半には電探を装備した九七式大艇も登場する。特攻隊の嚮導機や偵察機として活躍するが、戦力が劣勢だったため損害も甚大だった。

 

ピットロード 1/700 スカイウェーブシリーズ 日本海軍機セット 2 九七式大艇&二式大艇

 九七式大艇と後継機の二式大艇。二式大艇は飛行艇としては高速、重武装、重装甲だったため米軍から脅威と考えられていた。しかし離水時のポーポイズ事故が多く、九七式大艇ほどの操縦性はなかった。

 

九七式大艇関係書籍

 

日辻常雄『最後の飛行艇』

日辻常雄 著
潮書房光人新社 (2013/10/31)

 海軍飛行艇部隊では著名な搭乗員の日辻氏の著書。日辻氏は海軍飛行艇隊士官として開戦当初から空戦に参加、飛行艇による魚雷攻撃も行った猛者だ。搭乗員の墓場と言われた南方にも進出し、B17と空中戦を行ったという稀有な経験を持っている。  終戦時には最後に残った二式大艇を米軍に引き渡すために空輸した最後の飛行艇乗りだった。その二式大艇は現在は海上自衛隊鹿屋基地に保管されている。

 

北出大太『奇蹟の飛行艇』

北出大太 著
光人社; 新装版 (2004/12/1)

 超ベテラン搭乗員の北出氏による手記。操練21期出身者の飛行艇搭乗員。二式大艇は離水時にポーポイズと呼ばれる現象が多発する癖があった。このため離着水に不安がない九七大艇を愛機とした飛行艇乗りの手記。  最後の九七式大艇を操縦した男。著者の機ではないが、真珠湾攻撃時の作戦参謀で有名な源田實氏が飛行艇便乗時に操縦に文句を言ったために階級が下の機長に一喝されてしまうが、自身の非を認める潔さを持っていたことなど面白いエピソードが多い。

 

戸高一成『聞き書き日本海軍史』

戸高一成 著
PHP研究所 (2009/7/22)

 証言した元海軍軍人(ほとんどが士官)もすでにほとんどの方が他界されてしまっている。元連合艦隊参謀等、高級軍人の貴重な証言。太平洋戦争開戦前に標的艦摂津が台湾、フィリピン方面に遊弋し、機動部隊の符合を発信して空母部隊を艤装していたり、九七式大艇の日の丸を消し強行偵察を行っていたことなどあまり知られていない話が貴重。  九七式大艇に関しては日辻少佐が太平洋戦争開戦前から作戦で使用していた。海軍上層部では、魚雷を2本搭載できる九七式大艇で雷撃を行うことを望んだが、大型機の低速で雷撃は効果が薄い上に損害が多かった。  戦勝で沸き立っていた頃すでに開戦当初に11人いた飛行艇専修の士官パイロットは1年経たないうちに1名になってしまったこと等、壮絶な現実がある。

 

まとめ

 

 九七式大型飛行艇は太平洋戦争開戦前に完成した傑作飛行艇である。開戦後すぐに二式大型飛行艇が完成するが操縦性の高さはベテラン搭乗員に好まれた。海軍上層部が飛行艇の特性を把握していなかったため多くの熟練搭乗員と機体を失った。200機以上生産された九七式大艇は、終戦時にはわずか5機を残すのみとなった。しかし終戦後も九七式大艇は医療品等の輸送に活躍したのだった。

 

【お願い】
下記のリンクを踏んで何らかの商品を購入して頂くと私にちょっとだけお金が入ります。良い記事だと思われたら投げ銭代わりにお願いします。


ミリタリーランキング

北出大太 著
光人社 (2004/12/1)

 

 最近、飛行艇物に首ったけな私である。今度は北出大太『奇跡の飛行艇』を読んでみた。北出氏は海軍の飛行艇乗りで操縦練習生21期という開戦時にはすでにベテラン搭乗員であった凄腕の飛行艇乗りだ。操縦練習生21期というのがどれくらいすごいのか分からない方も多いと思う。伝説のエース坂井三郎氏は操縦練習生38期である。操練21期は昭和8年に修了で操練38期は昭和12年。坂井氏より4年も多くの飛行経験を積んでいるということだ。

 

 

 『二式大艇空戦記』の著者である長峯五郎氏もそうだったが、本書の著者北出大太氏も向こう気が強い。私の飛行艇乗りは温和という価値観を木端微塵に粉砕してくれた。しかし北出氏は単なる向こう見ずな性格ではなく、戦争中に戦争とは経済の余裕があって初めて勝利できると考える合理的な人である。

 本書で私が一番気になったのは水戦搭乗員の河口猛飛曹長の活躍であった。河口飛曹長は戦死してしまうがそれまでに二式水戦で38機を撃墜したという。昭和18年の時点で飛曹長ということは操練でいえば20期台後半から30期台前半、甲飛でいえば2、3期、乙飛では3〜5期くらいだろうか。著者は地上から河口飛曹長の空戦を見ているのだが、かなり詳細に書いている。その戦い方は圧巻だ。その河口飛曹長も戦死してしまうのだが。。。

 それ以外にもフィリピンから金塊やダイヤ等を大量に運んだ話、内部が二階建てになっている二式大艇よりも九七大艇の方が操縦しやすいこと、日本では1機で双発6機分相当の予算がかかる4発重爆は技術的にはもちろん可能であったが、コストの関係で作れなかったことなどが面白い。それと著者が大阪川西飛行機でみたという6発の大型飛行艇というのは何なのだろうか。木製のモックアップが存在したという可能性はあるようなので著者はこれをみたのだろうか。それにしても実際に飛行できる機体があるかのような書き方だ。

 

 それにしても飛行艇戦記は面白い。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_予科練の空
(画像はwikipediaより転載)

 

「石塚兵曹、敵が射線に入ったら知らせろ。機をすべらす、遅れるな」
「ハイッ!射線に入ったら知らせます」

 

こちらが海面を這うようにしているので、敵も効率のよい急角度では突っ込んでこれない。後上方の浅い角度に定針しようとしている。

後席の機銃がこれに連射をつづける。突っ込む敵機の機軸が、こっちに正向する。その直前、

 

「射点に入る、すべらせー!」

 

と叫ぶやいなや、途端に体がガクンと機体にぶっつけられる。旋回計の鉄球があらぬ方に飛んで、すごい力で体が機体に押しつけられ、肩と頭でようやく支える。

その一瞬、ダダダダと重機銃の斉射音とともに赤、青の曵痕跡が、右の機翼をかすめて流れた。危機一髪、まずは第一撃はかわし得た。

(本間猛『予科練の空』より引用)

 

 1944年10月フィリピン。著者、本間猛兵曹が偵察員を務める重巡利根所属の零式三座水偵はF6Fヘルキャットの追尾を受けていた。操練30期出身のベテラン操縦員松本良治少尉の操縦で零式水偵は山間部を低速、低空で飛行する。高速の新鋭戦闘機ヘルキャットでは速度が早すぎるため迂闊に突っ込むことができない。零式水偵の低速を活かした熟練の戦いであった。

 

本間猛『予科練の空』

本間猛 著
光人社 (2002/11/1)

 

予科練とは・・・

 本間猛氏は予科練乙種9期。太平洋戦争で最も活躍したクラスだ。それだけに死亡率も異常に高い。同期は191名。その内167名は戦死、さらに生き残った24名もほとんどが戦傷を受けている。五体満足で終戦を迎えた同期はわずか3〜4名であった。

 当時、海軍の搭乗員になるには海軍兵学校から飛行学生へ行くコース、水兵から操縦練習生になるコース、そして15〜16歳の少年からパイロットを養成する予科練の3つのコースがあった。本間氏はその9期。同期には台南空の撃墜王として著名な羽藤一志がいる。

 予科練の訓練は時期により変わるが本間氏の時代では約4年。まず海軍軍人としての基礎や数学などの基礎科目を学び航空隊員として成長していく。当時の搭乗員には操縦する操縦員と航法、偵察を専門に行う偵察員に分けられる。当然、訓練生のほとんどは操縦員、特に華やかな戦闘機搭乗員を目指していた。

 

高度な専門性が必要な偵察員

 本間氏は飛行艇偵察員。著者はこの配置に対する感想を書いていない。しかし飛行艇偵察員とは操縦員に匹敵する非常に高度な知識を経験を必要とする職種である。当時の航空機は無論GPSなどなく、偵察員と呼ばれる航法専門の搭乗員が測量する。測量には天体航法、地文航法、推測航法の3種類の航法がある。

 天体航法とは星の位置から現在地を割り出す方法、地文航法とは地形の形から現在地を割り出す方法である。これらの中で最も難易度が高いのが推測航法であった。航法とは基本的には速度と距離、方角で現在地を割り出す。しかし航空機の場合、風に流されるのでその偏差を修正しなければならない。推測航法とは地形や天測を行わずこれらの数値だけで位置を測定する方法である。

 

実戦部隊配属、南方の最前線へ

02_九七式大艇
(画像は九七式大艇 wikipediaより転載)

 

 これら高度な技術を身に付けた本間氏が最初に配属されたのは飛行艇部隊のメッカ横浜航空隊である。当時の横浜航空隊は九七式大型飛行艇、通称九七大艇である。この九七大艇は全幅40mの巨人機であった。航続距離は6771kmという凄まじいものだった。しかし武装となると20mm機銃1挺に7.7mm機銃4挺と貧弱な上、装甲は無きに等しかった。

 飛行艇は通常、戦闘任務ではなく偵察、輸送、人命救助などの支援任務に就く。しかし当時の海軍航空隊は飛行艇での雷撃も行った程で横浜航空隊も後方とは程遠いマーシャル諸島に派遣され最前線での活動となった。このため「消耗品」と呼ばれた搭乗員の負担は激しく、精神的な疲労と共に戦友達の多くは冥界に旅立ってしまった。本間氏はソロモン方面含め数々の修羅場を体験していく。この間に乗機は「空中巡洋艦」と称された二式大艇に変更された。

 

 

 

重巡利根水偵隊へ転属

03_重巡利根
(画像は重巡洋艦利根 wikipediaより転載)

 

 1944年2月、本間氏に内地での教員配置が命ぜられる。平和な空気を満喫したのもつかの間、半年後には重巡洋艦利根搭載水上機の搭乗員を命ぜられる。乗機は三座水偵で、1940年に制式採用された愛知飛行機製水上偵察機である。最高速度367km/hと低速ではあるが、太平洋戦争初戦期には活躍した機体であった。

 当時の戦艦や巡洋艦に搭載されていた水上機の搭乗員は実戦に出る機会が少なく比較的練度の高い搭乗員が多く在籍していた。本間氏の操縦員松本良治少尉も下士官から士官に昇進した特務士官であり本間氏の上を行く熟練搭乗員であった。

 

高速偵察機「彩雲」搭乗員として

04_彩雲
(画像は偵察機彩雲 wikipediaより転載)

 

 このペア(同乗している搭乗員をそう呼ぶ)で本間氏はあのレイテ沖海戦に参加することになる。その結果は周知の通り惨敗。大型艦の出番が無くなったため艦載水偵隊は解散することとなる。解散した熟練者揃いの水偵隊の搭乗員は陸上機に転科することになるが、低速水偵で苦い思いをした水偵隊員達の一番人気は高速偵察機彩雲であった。

 水偵隊が陸上機に転科する時、ペアはそのまま維持される。本間氏のペアも彩雲を希望した結果、希望が通り水偵時代そのままのペアで偵察機彩雲で最後の戦場に出るのだった。

 

 

まとめ

 

 本間猛『予科練の空』は、あまり注目されない飛行艇偵察員の戦記である。熟練搭乗員であった本間氏は太平洋戦争初戦から終戦まで最前線で戦い続ける。登場した航空機も九七式大艇、二式大艇、零式水上機、彩雲と多彩である。搭乗員から見た航空機という視点は重要である。地獄の戦場を体験することは多くの人にとってはないだろう。本書はその経験を凄まじい臨場感を以って伝えてくれる。夢中になって読んでしまった。

 

↓良かったらクリックして下さい。

人気ブログランキング

↑このページのトップヘ