トイレで読む向けブログ

全国のトイレ人よ立ち上がれ! 〜 since 2005 〜

ワルサー

01_ワルサーP38
(画像はwikipediaより転載)

 

 ワルサーP38は、1938年にドイツ国防軍に制式採用された自動拳銃である。画期的なダブルアクション機能を持ち、のちのハンドガンに多大な影響を与えた。日本ではアニメ『ルパン三世』の主人公が愛用している拳銃ということで有名である。さらに一昔前であれば、ナポレオンソロ、大藪春彦の小説にも度々登場する。

 

ワルサーP38(実銃)

 

 

性能

全長 216mm
重量 945g
口径 9mm口径
装弾数 8発
設計・開発 ワルサー社

 

開発

02_ワルサーP38
(画像はwikipediaより転載)

 

 ヴァイマル共和国軍は、それまで制式拳銃であったルガーP08の更新を計画していた。これに対してワルサー社は、1934年、PP拳銃を大型化、9mmパラベラム弾を使用できるようにしたワルサーMPを試作した。しかしこれはPPを大型化しただけで、機構はPPと同じストレートブローバックであった。このためスライドは非常に重い上に反動が非常に強く銃本体も脆弱であった。

 1935年、ワルサー社は、このMPにショートリコイル機構を搭載したAPを完成させる。しかし、このAPはハンマーが内蔵式であっため軍部には好まれなかったため、1937年、このAPを外部ハンマー化したのがHPである。このHPは、1938年にドイツ国防軍にP38として採用された。

 生産は、1939年から始まり1941年まではワルサー社のみで行われていたが、1942年からはマウザー社も製造を開始した。銃本体に刻印されたワルサー社のコードは「ac」で1941年までの製品である「ac41」までは高品質であったが、戦争が長期化するにつれ製品の品質が落ちていった。末期のP38は粗悪品も多かった。戦後は進駐してきたフランス軍に製造を命じられパーカー処理されたP38がフランス領インドシナに送られた。これらは外観の特徴から「グレイゴースト」と呼ばれている。

 1956年、ドイツ連邦軍は大量に接取されていたワルサーP38を再び制式拳銃として採用、1957年からはワルサー社もP38の生産を再開した。1963年10月にはワルサーP1と名称を変更した。1995年にはドイツ連邦軍の装備はP8に変更されたが、それまでに度々細部に改良が加えられている。

 機構はショートリコイル方式で、ダブルアクションを採用、軍用拳銃でダブルアクションを採用したのはこのP38が世界初であった。他にも革新的な機構が多くあり、ダブルアクション機構はのちのS&WM39シリーズ、オープンスライドとロッキング・ラグはベレッタ92等、現在でも主流となっている銃に大きな影響を与えた。

 

ワルサーP38(トイガン)

 

概要

 P38はトイガンでも人気が高かったため多くのメーカーが発売している。モデルガンでは、1966年にMGCがダイナミックシリーズとしてタニオアクションのアンクルタイプを発売している。ショートリコイル、デコッキング機能はない。同年、中田商店もP38を発売、設計は著名なモデルガンデザイナー六人部氏が実銃を採寸して製作したものである。ショートリコイルも再現されていた。

 1968年にはMGCがダイナミックシリーズゲシュタポモデルを発売、同年、MGCから六人部氏設計のMJQが4,000挺限定で発売されている。これはショートリコイル、デコッキング機能はない。1971年にはCMCがP38を発売、1973年にはBLK式を発売している。1973年には中田商店のモデルガンを「丸真ダイカスト」として実際に製作していたマルシン工業が中田商店の金型を受け継いで金属製P38を発売する。

 1980年にはマルシン工業がショートリコイル式ABS製P38を発売、1982年にはマルゼンがエアーコッキング式を発売、1984年にはマルシン工業も同様にエアーコッキング式P38を発売した。ガスガンでは1990年にWAが固定式ガスガンを発売している。2003年にはマルゼンがガスブローバック式P38を発売。実銃の図面を基にしたものでP38の決定版といっていい。

 

マルゼン ワルサーP38 AC41ブラックモデル 18歳以上ガスブローバック

性能

全長 215mm
重量 720g
装弾数 12発

 外観の完成度は非常に高い。ショートリコイルはもちろん、細かな刻印やファイアリングピン、インジケーターも再現されている。フロントサイト、リアサイト共に金属製の別パーツ。初速は70m/s前後と平均的である。マルゼン製のガスガンなので命中精度は非常に高い。欠点としては、マガジンがシングルカラムのため冷えには弱いというのと実銃とガスガンの射程距離の違いからフロントサイトの高さが実銃よりも低いことである。価格も安く、これまでのトイガンP38の最高傑作といえる。スポット生産品である。

 

東京マルイ ワルサー P38【ホップアップ】 エアーハンドガン(10才用モデル)

性能

全長 231mm
重量 - g
装弾数 15発

 10歳以上対象のエアーコッキングガン。性能を重視しているため外観の完成度はかなり低く、マガジンも「割箸マガジン」である。初速は30m/s程度であるが、命中精度は非常に高いので室内向けであろう。

 

まとめ

 

 ワルサーP38は、世界初のダブルアクション機能を採用した軍用ハンドガンである。命中精度は高く、大戦中はルガーP08と並んで連合国軍兵士の「みやげ」として人気だった。戦後もほとんど設計に変更なく1995年までドイツ連邦軍の制式採用拳銃でありつづけた名銃である。

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

01_mp
(画像はwikipediaより転載)

 

 MPL(K)とは、1963年にワルサー社が開発したサブマシンガンである。レシーバー、グリップは薄いプレス板で形成されており、発射機構はブローバック式オープンボルトであった。近代的なサブマシンガンであったが、今ひとつ影の薄い存在であったといっていい。

 

MPL(K)(実銃)

 

 

性能(MPL)

全長 259mm
重量 2,830g
口径 9mm
使用弾薬 9mmパラベラム弾
装弾数 32発
設計・開発 ワルサー社

 

開発

 1950年代後半にドイツのカール・ワルサー社は西ドイツ軍、警察の再軍備計画に沿って短機関銃の開発をスタートさせた。その結果、1963年にはMPの完成を見ることとなった。このサブマシンガンは、レシーバーやグリップは薄いスチール板のプレス加工で製造され、折り畳み式のショルダーストックはパイプを曲げて製作されている。発射機構はブローバック式、オープンボルトというシンプルな構造になっている。グリップ上方にはアンビタイプのセイフティ・セレクタースイッチがあり、これを切り替えることでセミ・フルオートでの発射が可能となる。

 完成するとすぐに西ドイツの情報機関、ドイツ駐留の米軍特殊部隊に採用された他、米海軍特殊部隊SEAL、デルタフォースでも装備がM3グリースガンからMP5に変更される過渡期に一時的に採用されている。1983年に売上が低迷したため生産中止となったが、それまでに27,000挺が製造されている。バリエーションは銃身長の違う2種類のみで、長銃身モデルがMPL、短銃身モデルがMPKである。

 

MPL(K)(トイガン)

 

概要

 トイガンでは1986年に東京マルイがエアコッキングガンとしてMPK、MPLを発売、翌年にはポンプ式が発売され、1988年には排莢式のMPLが発売された。東京マルイ以外では同じく1988年にヨネザワからガスモーター式MPLが発売されている。

 

まとめ

 

 ワルサーMPは1963年に開発されたブローバック、オープンボルトのサブマシンガンであった。近代的なサブマシンガンであったものの、数年後にはH&K社が高い命中精度を誇るクローズドボルト方式の傑作サブマシンガンMP5を発売したため影の薄い存在となってしまい1983年に製造中止となったというあまり目立たないサブマシンガンであった。

 

 


ミリタリーランキング

01_ワルサーP99
(画像はwikipediaより転載)

 

 ワルサーP99とは、P5、P88と失敗続きだったワルサー社が涙の一球としてこの世に送り出した9mmオートである。時代の趨勢に逆らわず、同社で初めてポリマーフレームを採用したハンドガンで、映画『007』の主人公ジェームズボンドの新しい愛銃として有名である。

 

P99(実銃)

 

 

性能

全長 180mm
重量 750g
口径 9mm
使用弾薬 9mmパラベラム弾
装弾数 16発
設計・開発 ホルスト・ウェスプ / ワルサー社

 

概要

02_ワルサーP99
(画像はwikipediaより転載)

 

 ワルサーP99は、ワルサー社の設計者ホルスト・ウェスプによって設計された自動拳銃である。同社のP88の後継拳銃として1994年に設計開始、1996年に設計が完了、1997年に発売されたワルサー社初のポリマーフレームモデルである。グリップは人間工学を基に設計され、特に他社のポリマーフレームモデルに比べて特徴的なのはグリップ後部のバックストラップの交換可能で三段階の形状が用意されており、射手の手に合うように調整することが出来る。初期のモデルは9mmパラベラム弾仕様の装弾数が16発、40S&W弾仕様が12発であったが、その後改良され、それぞれ15発、11発に変更されマガジン後部に確認用の窓が容易されるようになった。

 構造はティルトバレル式ショートリコイル、撃針はストライカー方式を採用している。ショートリコイルとはカートリッジを激発させた際の高圧ガスが安定するまで排莢しないようにするための機構でバレルを上下させることで時間を稼ぐ方法がティルトバレル式である。

 スライドを引いて初弾を装填するとシングルアクションの状態になるが、スライド上部のデコッカーを押すことでダブルアクションにすることも可能である。装弾されていることはスライド後退にストライカーが付きだしていることやスライド側面のエキストラクターによって確認することが出来る。

 2004年には再設計されたワルサーP99第二世代モデルが発表された。内部機構に変更は無いが、トリガーガード下部の「こぶ」が廃止され、マガジンキャッチが左側から左右付け替え可能になった。さらにグリップの形状も変更されている。

 

バリエーション

03_ワルサーP99
(画像はwikipediaより転載)

 

 バリエーションはダブルアクションのみのP990やP99ミリタリーモデルを始め、S&Wによるライセンス生産品のSW99、ラドム社による生産品、さらには日本のマルゼンによるガスガン等がある。P99AS(アンチストレス)は、2004年、第二世代発売と同時に導入されたモデルで発射は通常のシングルアクションであるが、トリガーストロークはダブルアクション並みに長いというもので緊急時の射手による暴発に対応したモデルである。

 P99DAOは、ダブルアクションのみのモデルで、P99QA(クイックアクション)は、グロックに近いトリガーシステムでファイアリングピンが半ばコックされた状態になっており、トリガーを引くことで完全にコック&発射を行うことが出来る。2000年に発表されたが、2011年に生産終了した。これらのモデルにはそれぞれP99cDAO、P99cAS、P99cQAというコンパクトモデルが存在する。

 

P99(トイガン)

 

 トイガンではガスガンが日本製ではマルゼン製、We-Tech製があり、電動フルオートエアガンが東京マルイ、エアコッキングガンがUmarexから発売されている。

 

マルゼン ワルサー P99 18歳以上ガスブローバック

マルゼン
低圧ガス作動方式

 マルゼン製はワルサー社との正式契約により、実銃の図面を取り寄せて製作したもの。完成度は高い。日本のエアガンの老舗であり、品質は高く修理などのアフターサービスもしっかりしている。競技用エアガンを製作しているメーカーなのでパワーも適正、命中精度も十分に信頼できる。

 

We-Tech ワルサー P99 ガスブローバック ガスガン

We-Tech
低圧ガス作動方式

 マルゼン製と同じく低圧ガスで作動する。We-Techのものはスライドが金属製なので実銃により近い。リアリティを追及する方には良い。海外製のため修理や部品の供給に難があるがアルミスライド仕様としては価格が安価なのは良い。

 

東京マルイ No.2 ワルサーP99 フルオート 10歳以上電動ブローバック

東京マルイ
電動エアガン

 東京マルイが10歳以上モデルとして電動ガンを発売している。無論、P99にフルオート機能はないのだが、おもちゃとしてハンドガンのフルオートは楽しめる。東京マルイ製だけに命中精度は高いが10歳以上対象なのでパワーは弱い。特に室内で遊ぶには面白いと思う。

 

Umarex P99 エアコッキング ハンドガン ブラック

 エアコッキングガンとしてはUmarexが発売している。Umarex社もワルサー社との正式契約をしてるので刻印もしっかり入れられている。エアコッキングガンなので価格も5000円前後と安価なのが魅力だ。ランニングコストも低いので室内プリンキング、練習用には良い。

 

まとめ

 

 P99は、ワルサー社初のポリマーフレームモデルでP88の後継機に該当する銃であった。ワルサー社の9mmオートは最高傑作P38から始まり、その改良型のP5、さらにダブルカラムモデルのP88があったが、市場での評判は今ひとつであった。一発逆転を狙ったこのP99はドイツ軍制式採用とはならなかったが、ポーランドやオランダ、マレーシア等の警察始め法執行機関で多く採用されている。

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

ワルサーP5
(画像はwikipediaより転載)

 

 ワルサーP5とは、ワルサーP38の直系の後継銃である。P38のメカニズムを継承した上で小型化、近代化したモデルで1976年に西ドイツ警察に制式採用された口径9mmのシングルカラム銃である。装弾数は8発で9mmパラベラム弾を使用する。

 

P5(実銃)

 

 

性能

全長 180mm
重量 795g
口径 9mm
使用弾薬 9mmパラベラム弾
装弾数 8+1発
設計・開発 ワルサー社

 

概要

 ワルサーP5は西ドイツ警察のトライアルのために製作された大型拳銃だ。当時、西ドイツ警察はワルサーPPKを装備していたが、1968年に結成されたドイツ赤軍のテロ活動に対して威力不足を痛感していた。ここで、ワルサー社はワルサーPPKをベースにより強力な9mmポリス弾を使用するワルサーPPスーパーを西ドイツ警察のトライアルに提出するが、西ドイツ警察が9mm弾を正式採用したために採用は見送られた。

 これに対し、ワルサー社はP38メカニズムを踏襲して9mm弾を使用する大型拳銃を開発、トライアルに提出。1976年、P5として西ドイツ警察に制式採用された。機構は、P38譲りのロッキングラグが特徴でショートリコイル機構を搭載している。サムセイフティを廃止し、代わりにトリガー直後の位置にデコッキングレバーを装備した。これにより装填した状態で安全に携行できるようになっている。薬莢は左に排莢されるのが特徴的である。1977年から1993年まで製造された。

 

バリエーション

 P5にはいくつかのバリエーションが存在する。まずは、ドイツ警察の訓練用として開発されたP5プラクティス。これは警察官の練習用に実弾ではなくプラスチック弾を発射するモデルである。低威力のプラスチック弾を発射するために内部が改造されている。このために実弾を発射することは出来ない。さらに銃身を長くし命中精度を高めたロングバレルモデルやP38設計50年記念モデルとして全体に彫刻を施したデラックスモデル、コンパクトモデルも存在する。

 

P5(トイガン)

 

 トイガンではほとんど発売されていない。マツシロがいわゆる「タニオアクション」モデルガンとしてて発売したのが最初である。ガスガンでは1989年にマルコシ(スーパー9を作っていたメーカー)がガスガンで発売していたのみである。

 

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング

↑このページのトップヘ